閉じる


視点の転換

第九十話 「空(クウ)」とは何か

ひきよせて 
むすべば柴の 庵にて 
とくればもとの 野はらなりけり 

「庵」とは、草木を結ぶなどして作った質素な小屋のことで、 
僧や世捨て人などが仮住まいとしたものである。 

庵は、「建築する」とはいわず、「結ぶ」といった。 
そこらへんにある柴をかきよせて結んで作ったから庵になる 

もし、結び目を解いてしまえばそこには何も無い。 
この歌が、明快に「空」を説明している。



庵は、あるのか、ないのか。 

柴を結べば庵はある。結び目を解けば庵はない。 


したがって、庵は、あるともいえるし、ないとも言える。 

それと同時に、あるともいえないし、ないとも言えない。 

庵の存在、有無は、「結び」にかかっている。 
結べば庵はあるし、結ぶまでは無かった。 

結びを解けば、庵はなくなる。 

これぞ、空である。 

空は、確かに無である。 しかし、それと同時に有でもある。 


~日本人の為の宗教原論/小室直樹~