閉じる


試し読みできます

国鉄宗谷本線、稚内駅

北海道の北の果て、国鉄宗谷本線の終着駅、稚内駅構内の更に最北端部です。

 

これ以上、北は防波堤があり、その先は宗谷海峡が広がっていて、日本の鉄道の最北端であり、

 

まさに日本の鉄道のRAIL ENDです。

 

訪れたのは1983年の冬で、貨物も取り扱われていて、稚内駅の北側には貨物ヤードが、広がっていました。

 

現在、これらの貨物ヤードのレールは全て撤去され、日本の鉄路の最北端部は、

 

稚内駅のホームまで、かなり南下しています。

 

また、駅前再開発等により、単線のレールのみの駅になっています。

 

 


試し読みできます

稚内駅最北端部から北を望む

稚内駅構内の最北端から北を望むと、宗谷海峡の荒涼とした冬の海が広がっていました。

 

そして、この極寒の海に、人が入り、昆布を採っていました。

 

本州からやってきた者にとっては、信じられない様なな光景でした。


試し読みできます

稚内港、北防波堤ドーム

稚内駅構内の最北端部の東側には、ドーム状の巨大な防波堤があります。

 

見たことも無い様な、巨大な防波堤が、静かに北の海に面して建っています。

 

この防波堤は、戦前、樺太と稚内を結んでいた鉄道連絡船(稚泊連絡船)の桟橋兼、

稚内港の防波堤として、1931年(昭和3年)に建設された北防波堤ドームです。

 

以前は、稚内駅からこの北防波堤ドームまで線路が延びていて、樺太へ向かう乗客は、

ここで、列車を降り、連絡船に乗り込みました。

 

かつて稚内駅は、終着駅ではなく、北へ向かう連絡駅であり、鉄路はまだまだ北に延びていたのです。

 

今は、間違えなく日本の最北端の終着駅であり、宗谷海峡を容易に渡る事はできません。

 

歴史に翻弄された終着駅です。


試し読みできます

国鉄士幌線、糠平駅

北海道の国鉄士幌線、糠平駅です。

 

国鉄士幌線は、根室本線の帯広駅から十勝三股まで至るローカル支線で、

 

特に、糠平から十勝三股までは、乗降客が極端に少なく、赤字が非常に大きい事から、

 

1978年に、バスによる代行輸送に切り換えられました。

 

しかし、糠平から十勝三股間は、廃線でなく、運休扱いで、路線としては、形式的に存続しました。

 

このため、糠平駅は、終着駅でない終着駅となりました。

 

実質的に、士幌線の終着駅となった糠平駅には、1981年に訪れましたが、人影はまばらでした。

 

士幌線はJR化前の1987年に、全線が廃線になりました。

 

 


試し読みできます

三菱石炭鉱業、南大夕張駅

三菱石炭鉱業、南大夕張駅。

 

北海道の国鉄夕張線、清水沢駅と南大夕張を結んでいた運炭鉄道の終着駅で、

 

三菱石炭鉱業は、北海道内で、旅客輸送を行う最後の運炭鉄道でもありました。

 

周囲には、夕張の炭鉱街が広がり、映画『幸福の黄色いハンカチ』の舞台にもなりました。

 

朝夕に1日3往復の写真の様な機関車が牽く、客車列車が運転されていました。

 

又、この客車列車には、石炭貨物も連結され、珍しい混合列車でした。

 

オイルショックにより、一時期、石炭が見直された事もありましたが、炭鉱事故等により、

 

閉山を余儀なくされると、鉄道の存在意義もなくなり、1987年7月に廃線となりました。

 

車両の一部は、三菱大夕張鉄道保存会により旧南大夕張駅に保存されています。

 

 



読者登録

M-Hiraiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について