閉じる


<<最初から読む

15 / 27ページ

試し読みできます

加悦鉄道、加悦駅

加悦鉄道の終着駅、加悦(かや)駅です。

 

加悦鉄道は、京都府北部、日本三景のひとつ天の橋立の近くを走っていたローカル私鉄です。

 

路線は、旧国鉄宮津線(現北近畿タンゴ鉄道)の丹後山田(現野田川)と加悦の間、

5.7kmを走っていました。

 

加悦町は古くから丹後ちりめんの産地として有名で、丹後ちりめんの輸送を主な目的で

1926年(大正15年)に非電化の蒸気鉄道として加悦鉄道は、開業しました。

 

1976年に加悦駅を訪れた時、車庫のある構内には、

古典的な蒸気機関車や客車、旧式の気動車等が、ゴロゴロ置いてありました。

 

当時としては、珍しく、入場券を払って、構内を自由に見学する事ができました。

 

写真の気動車は、自社発注の古典的なバケット付気動車キハ101で、

車軸が、片側がボギーの珍しい3軸車です。

 

古い駅舎から外に出ると、駅前には、商店等、何もありませんでした。

 

旅客が少なく、ニッケル製錬所までの貨物輸送が、主の収入であった加悦鉄道ですが、

1985年に国鉄宮津線の貨物輸送の廃止に伴い、貨物輸送ができなくなる事から

1985年4月末で、惜しまれながら廃線になりました。

 

廃線後も加悦鉄道の車両の多くが保存され、

旧加悦駅から少し離れた加悦SL広場で今も見ることができます。

 

加悦SL広場

http://www.kyt-net.ne.jp/kayaslhiroba/index.html

 


試し読みできます

京福電鉄、北野線、北野白梅町駅

 京福電鉄、北野線、北野白梅町駅

 京都の街を走る京福電鉄嵐山本線の帷子ノ辻駅から分岐し北野白梅町駅に至る3.8kmの

北野線の終着駅です。

 北野線は、嵐山本線と含めて、通称、嵐電(らんでん)と呼ばれています。

 実際には、北野線の起点駅ですが、単線区間が多い北野線は、嵐山本線の支線としての色合いが

濃く、北野白梅町駅は、京都市街の小さな終着駅と言えると思います。

 その姿は、今も昔もあまり変化が無い様で、京都の悠久の流れに、

すっかり溶け込んでいると言っていいと思います。

 近くに北野天満宮がありますが、少し離れていて、これはかつて北野天満宮の南の北野駅まで

路線が、あったのですが、今出川通りの拡張工事により、路線は現在の北野白梅町駅まで、

短縮された経緯があります。

 よって、北野天満宮の最寄駅としても中途半端で、地元京都の人以外は、

あまり訪れない駅と思います。写真は1983年に訪れた時の様子です。

 電車は、モボ121型の125、モボ121型は、嵐電タイプと呼ばれる

嵐電独特なスタイルの電車でしたが、今は廃車となっています。


試し読みできます

阪急嵐山線、嵐山駅

阪急嵐山線の嵐山駅に到着する阪急電車

 

嵐山線は、観光路線として、1928年(昭和4年)に、京阪系列の新京阪電鉄により開業し、

 

当初は複線で、終着駅の嵐山駅は大きな駅でしたが、戦時下の1944年(昭和19年)には、資材供出のため

 

全線単線となり、戦後は、阪急電鉄の路線となりました。今も全線単線です。

 

嵐山駅は、京都有数の観光地、嵐山の玄関駅です。

 

写真は、1977年頃の撮影、電車は2300系、この頃は、まだ冷房が付いておらず屋根はスッキリしています。

 


試し読みできます

南海鉄道、高野線、極楽橋駅

南海鉄道、高野線、極楽橋駅。

 

南海電鉄の高野山への参拝路線高野線の終着駅が、極楽橋駅です。

 

極楽橋駅からは、ケーブルに乗り換え高野山に行くことができます。

 

1977年に極楽橋駅に訪れた時、特急こうや号が止まっていました。

車両は20000系で、特急専用車両で『デラックスズームカー』と呼ばれていました。

 

極楽橋駅は勾配の続く高野線を登り詰めた所にあり、まさに天空の終着駅です。

 

最近では観光列車『天空』も運転されています。

 

『デラックスズームカー』20000系は、後継車の30000系が登場すると引退し、

1985年1月に、廃車となりました。


試し読みできます

能勢電鉄、妙見口駅

能勢電鉄の終着駅、妙見口駅です。

大阪府の北部にある妙見山の麓のある中小私鉄で、妙見口駅は、妙見山へのハイキングコースの

出発駅で、土日は、ハイキング客等で賑わいます。電車は阪急のお古が、いつも回ってきます。

 



読者登録

M-Hiraiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について