目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

131 / 136ページ

G-21 【釧路湿原の水利用】

 釧路湿原と地域社会とのかかわりとして釧路川水系の水利用があります。水道用、工業用、養魚用などを用途目的とした水利権が設定されており、公園区域内では、釧路市の水道用(1,356立方メートル)、十條製紙の工業用(2.50立方メートル)、旧日本国有鉄道の雑用(0.0048立方メートル)が岩保木から下流の釧路川から取水されています。これらのほか、水系上流では数多くの水利用がなされており深く社会生活とかかわっています。
 水の直接利用のほかに河川利用として内水面共同漁業権の設定があります。これは「北海道内水面漁業調整規則」という規則によって漁業権者、区域、魚種などが決められています。公園区域にかかるものとしては表にあるとおり釧路市漁業協同組合、塘路漁業協同組合の2つがあります。
 さけ・ます(さくらます(やまべを除く)・からふとます・べにます・ぎんます及びますのすけという)。は周年禁漁であり、やまべの禁止期間は釧路支庁管内では5月1日から6がウ30日までとなっています。
 魚介類を捕獲することは自然公園法で規制されていませんが、釣りを楽しむ人と水の公共利用、水産動植物保護などから有害なものを捨てるなどして水質の汚染、環境を損なうことはしてはいけません。


G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】

 毎年8月の第一日曜日は「自然公園クリーンデー」の日とされていますが、その経緯と趣旨は次の通りです。
 昭和56年に自然公園制度50周年を記念して「国立公園クリーン作戦」を実施し、公園利用者の集中する地区において、関係者の協力を得て、大規模な美化清掃運動が展開されました。この運動は自然公園の美化清掃活動を推進するとともに一般の公園利用者に対して美化思想を普及させるという点で、大きな成果を上げました。この運動を契機に、58年度より「国立公園クリーンデー」を「自然公園クリーンデー」とし、広く自然公園を対象として本運動を実施することによって、自然公園の美化思想をより広く普及させることを目的としています。
 行事の内容は、環境庁、道、市町村、関係諸団体、一般ボランティアなど広く関係者が協力の上、利用者の集中する地区を中心として、ゴミ持ち帰りの呼びかけ、地区の一斉清掃などのほか、地域の特性に応じ、創意工夫をこらした美化清掃運動を実施するものとしています。また、この運動を効果的にするため、広報活動を積極的に行うことにしています。釧路湿原でも国立公園指定後、北斗、細岡、塘路などを中心として実施してきましたが、今後も公園利用者はもちろん、地区の方々にも理解を得て快適な公園になるよう努める必要があります。


G-23 【自然解説の目的と考え方】

 自然解説の目的は、それぞれの自然が持っている資質を訪れる人々が正しく理解し、効果的に利用するようその手助けを行うことです。
 その目的と考え方は次の「6原則」にまとめられます。

自然解説の6原則
(1)自然解説は対象者の考えの違いや経験の度合いを考えて行わなければならない。
(2)自然解説は、情報に基づいて行われる啓発であって知識を与えることではない。
(3)自然解説は、いくつもの部門を組み合わせた複合芸術です。
(4)自然解説のねらいは、教えることではなく興味を刺激することである。
(5)自然解説は自然の一部でなく全体を解説するよう努め、またあらゆる人を対象にしなければならない。
(6)子供を対象にする場合は、やさしくするだけでなく違った観点から考えなければならない。

自然解説の心得
 自然観察会などの指導者はよりフィールドマナーが求められます。次の事に注意しよう。
1.服装は特に決まったものはないが、野外活動にふさわしいもの、自然の色に溶け合うものが適当です。
2.筆記用具、地図、図鑑類のほか、雨具、ごみぶくろ、時刻表なども持っていると便利であり、たばこを吸う人は必ず携帯用灰皿を持ち歩くようにします。
3.ナチュラリストは当然ながら自然保護の姿勢が求められます。自然を傷つけ、損ねる結果とならないよう言動に注意する必要があります。
4.自らがその自然を好きなることが聞く人にそのことが伝わり理解してもらう早道でもあると言えます。
5.公園内で不審な場面に出会った場合どうするか、違反行為かそうでないかをよく確かめることも大切ですが、相手は知らないでやっていることも考えられるので、なぜいけないかを教え、理解させ注意する姿勢でのぞみます。


G-24 【自然解説(観察)の実際】

A.自然解説をするのは。
1.自然を好きになってもらう。(自然とのふれあいを通訳する。)
2.自然は素晴らしいと感じてもらう。(自然が大好きな人間)
3.自然は大切、守りたいと思う人を増やす。(自然の中の人間)
B.自然が大好き、自然に感動する人を増やすには。
1.まず、自分自身が心底から自然にふれ、楽しみ、自然好き人間になる。(「自然大好き病」の伝染力を強める)
2.自分自身の全感覚を動員して自然と向かい合う。(好奇心と愛情を持って見つめ、気づき、発見する。)
C.自然解説(観察)を向上させるためには。
1.自分のフィールドを持とう。(身近なほどベター。毎日、週、月)
2.よき友、仲間、師、本etcとの出会い
3.自然観察会は人集めが肝心です
D.自然解説を実際にするときは。
1.誰にでもでき、どこでもできる。(あまり細かい説明はしない)
2.相手が主役、気づいてもらう、発見してもらう、名前は簡単に教えない。(たとえばクイズ形式で)


[参考文献]

釧路叢書第11巻「釧路川」
釧路叢書第17巻「タンチョウの釧路」
釧路叢書第18巻「釧路湿原」
釧路叢書第14巻「釧根歳時記」
釧路叢書第16巻「釧路湿原」
滝田謙譲「東北海道の植物」
学研「日本の植生」
牧野「新日本植物図鑑」
犬養哲夫「北方文化研究報告」
田村道夫他「植物の系統と進化」
知里真志保「分類アイヌ語辞典」
合田勇太郎「釧路司法の植物総論」
荒澤勝太郎「釧路湿原の花」
養賢堂「家畜比較解剖図説」
保育社「原色日本哺乳類図鑑」
井上元則「北国の自然と野鳥」
世界文化社「生物大図鑑」
釧路地方気象台「釧路測候100年」
大日本図書「星座12か月」
東海林明雄「氷の世界」
北海道新聞社「北海道の地名」
角川書店「北海道地名大辞典」
北海道自然保護協会「森と私たち」
日本自然保護協会「自然観察ハンドブック」
北海道自然保護課「みんなのタンチョウ」
「青い星のツルたち」
新釧路市史、鳥取町史、鶴居村史、その他環境庁、国立公園協会、日本環境協会等資料、他。

読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について