目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

123 / 136ページ

G-13 【天然記念物・釧路湿原】

 天然記念物保護行政は大正8年(1919)、わが国のすぐれた風景や名勝さらには学術上貴重な動植物、岩石、地形、地質などを保護、保存することを目的として「史跡名勝天然記念物保存法」が制定されたことに始まります。
 その後、昭和25年(1950)年に、この法律と国宝保存法、重要美術品等保存ニ関法律が統合強化され「文化財保護法」が制定され今日に至っています。
 天然記念物は学術上貴重で我が国の自然を記念する①動物②植物③地質鉱物④天然保護区域(保護すべき天然記念物に富んだ代表的一定の区域)が一定の基準に従って指定され、特別天然記念物は、天然記念物のうち世界的に又国家的に価値が特に高いものが指定されます。
 釧路湿原は、昭和10年8月27日(1935)、その一部2,700ヘクタールが「釧路丹頂鶴藩殖地」として天然記念物に指定され、昭和27年3月29日(1952)には「釧路のタンチョウ及びその繁殖地」として名称変更されるとともに、特別天然記念物に指定され、面積が2.749ヘクタールとなりました。さらに、昭和42年6月22日(1967)、タンチョウそのものが、生息地に関係なく特別天然記念物に指定されるとともに、昭和42年7月6日、「釧路湿原」は、5,012ヘクタールに拡大された地域が「天然保護区域」として天然記念物となりました。


G-14 【野生動植物保護と国際協力】

 野生動植物の保護のために必要な手段は、まず、生息あるいは生息する環境が十分に保全されること、乱獲が行われないようにすることです。また、外来種の移入によって在来種が悪影響を受けないような配慮も必要です。このような保護の対策はそれぞれの国によって異なりますが、わが国では自然公園、自然環境保全地域、鳥獣保護のような地域を設けたり、狩猟や採取を規制したりして、その保護を図っています。しかし、渡り鳥や国境を越えて生息する動物の保護を考える場合には、一つの国だけの保護措置では十分とはいえず、国と国との間の協力が必要となってきます。たとえば、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地を保全するためのラムサール条約や、渡り鳥の保護に関する条約があるのもこのためです。
 我が国も子のラムサール条約に加盟しているほか、アメリカ、中国、オーストラリア、ソ連とそれぞれ条約や協定を結んで渡り鳥の保護や情報の交換をしています。
 さらに、経済的価値の高い野生動植物は、需要が多ければ商取引の対象となりがちで、結果として乱獲される恐れも強いことから、国際取引に関しても一定の規制が必要になります。



G-15 【ラムサール条約】…①

1.正式名称:「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」
(The Convention on Wetlands of International Importance especially as Waterfowl Habitat)
 この条約は1960年代に、湿地の保全に関心の深かったヨーロッパ諸国と国際水禽調査局(IWRB)とによって何回か開催された国際会議で起草され、1971年2月2日にイランのラムサールという都市で開催された「湿地及び水鳥の保全のための国際会議」に参加した18か国が署名し採択されました。この条約が一般にラムサール条約と呼ばれるのはこのためです。

2.生い立ち(なぜこの条約が作られたか)…湿地は地球上でもっとも生産力の高い生態系であるといわれ、何百種類もの水鳥はじめ、多種多様な生物にその住家を提供し、洪水や渇水を調節する天然の巨大なスポンジとしての役割も果たしています。
湿地はこのように生物学、水文学、そして経済学的にみても非常に重要な存在でありながら、ここ数10年間に世界上のいたるところで排水、干拓、汚染などによって驚くべき早さで姿を消してしまいました。「現在及び将来にわたって進行しつつある湿地の神職や消失を阻止する(条約前文)」ための国際的な協力体制を作り上げることを目的としてこの条約は作成されました。

[ラムサール条約加盟国]…地域別の締約国は次の通りです。このうちパナマは加盟しているものの加盟の際義務付けられている湿地を登録していません。
アフリカ:16か国…南ア、セネガル、モロッコ、チュニジア、モーリタニア、アルジェリア、ガボン、ニジェール、マリ、ガーナ、ウガンダ、エジプト、ギニアビサオ、ケニア、チャド、ブルキナファソ
アジア:8か国…イラン、パキスタン、ヨルダン、日本、インド、ネパール、ベトナム、スリランカ
東ヨーロッパ:6か国…ブルガリア、ソ連、ユーゴスラビア、ポーランド、ハンガリー、チェコ
西ヨーロッパ:18か国…フィンランド、ノルウェー、スゥェーデン、ギリシャ、イギリス、スイス、ドイツ、イタリア、デンマーク、アイスランド、オランダ、ポルトガル、スペイン、オーストリア、アイルランド、ベルギー、フランス、マルタ
中南米:8か国…チリ、ウルグアイ、スリナム、ベネズエラ、グァテマラ、ボリビア、エクアドル(パナマ)
北米:3か国…カナダ、メキシコ、USA
オセアニア:2か国…オーストラリア、ニュージーランド


G-16 【ラムサール条約】…②

3.この条約に加盟している国(締約国)…この条約は、条約の規定によりオーストラリア、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、南アフリカ、イランに次いでギリシャが7番目の締約国となった4か月後の1975年12月21日に発効しました。日本が25番目の締約国(東西ドイツが統一されたので現在は24番目)となったのはそれから5年後の1980年10月17日です。この条約に加盟する際に最低1か所の湿地を「国際的に重要な湿地に係る登録簿(List of Wetrand of International Importance)」に登録する義務がありますが、日本は釧路湿原を登録しました。現在(1990年10月)の締約国数は61か国(東西ドイツを統一ドイツとして)です。
4.登録湿地数…1990年10月現在、全世界では508か所、総面積30万平方キロメートル以上の湿地が登録されています。登録湿地数のもっとも多い国は45か所のイギリスとイタリアでそれぞれの総面積は173,257ヘクタール、54,458ヘクタールです。総面積のもっとも大きい国はカナダで30か所12,937,549ヘクタールが登録されています。次いでオーストラリアの39か所4,477,861ヘクタール、ソ連の12か所2,987,185ヘクタールです。 
 日本は条約加盟の際、釧路湿原を登録しましたが、その後2か所の湿地を登録しています。


G-17 【渡り鳥保護の国際協力】

 鳥類の多くは、非繁殖期を繁殖地から遠く離れた場所で過ごします。このように年に一度、繁殖地と非繁殖地との間を往来する季節的移動を「渡り」といい、渡りをする習性を持った鳥を「渡り鳥」と呼んでいます。渡り鳥は国境を越えてときに数千キロ数万キロの渡りをする種もいます。
 我が国では渡り鳥やその生息環境の保護などを目的とした条約または協定をアメリカ、オーストラリア、中国及びソ連との間に締結し、国際協力に努めているほか、IWRB(International Warefoel Research Bureau国際水禽調査局)などの国際機関よる活動を通じ、他の国々と情報交換などを行っています。こうした国際協力によって、渡り鳥のたどるコース全体にわたって保護が行われています。
 渡りのコースについての研究は、鳥を捕獲して足環などをつけ(バンディング)移動した場所で回収する標識調査、飛行機による追跡、レーダーによる探索など方法で行われています。日本では現在、環境庁が設置した全国55か所の鳥類観測ステーションを中心として、資格を持ったボランティアの人々の協力を得て、年間10万羽に標識の装着を行い調査しています。こうした調査によって、今日まで行先のわからなかった鳥や移動しないと考えられていた鳥についても、その実態が明らかになってきています。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について