目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

120 / 136ページ

 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用

 自然公園は多くの人々によって利用されていますが、自然が長い歳月をかけて創り出した景観を、今生きている私たちが利用させてもらっているともいえます。 私たちは自然公園を利用することによってこれをむやみに壊してしまわないようにする義務も負っています。
 自然公園の利用は、一言でいえば、優れた自然の風景地において、澄んだ大気の中で、日ごろ疎遠になりがちな自然とふれあい、心身の保養、健康の増進を図るとともに、自然の中から多くの事を学ぶことにその本来の姿があるように思われます。
 このような観点から、自然公園においては、できるだけ自分の体で、自分の目や耳で、直接に自然に接触することが望ましいと思われます。山や野を「歩き」、海で「泳ぎ」、キャンプなど自然の中で「泊り」、風景や鳥や植物を「見る」ことなどがその例としてあげられるでしょう。特に、自然に接触するためには、自分の足であるくことが基礎となるものですし、汗を流して山野を跋渉することによって得られる心身の爽快感はこれを味わった人には忘れられないものとなるでしょう。このような意味で「歩く」ことはいわば自然の扉おw開き、自然との一体感を体得するために不可欠な行為であるといっても過言ではありません。
 自然はまた私たちに生命の神秘を教えてくれる優れた教室です。自然公園においては、自然教育のための施設として、その地域にみられる動植物や地形、地質の特色などについて解説し、あるいは標本等を展示したビジターセンターや、散策しながら自然の姿や営みを観察するための自然研究路などの整備が進められているのでこれらの施設の積極的な利用が望まれます。


G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備

 自然公園の利用を促進するためには道路、駐車場、宿舎、ビジターセンター、キャンプ場などの施設が、周辺の自然環境を損なわないように、適切に整備される必要があります。このため、あらかじめ公園計画において、これらの施設の配置が認められ、個別の事業の実施にあたっても、それが適切なものであるかどうか、認可等によって確認されるしくみがとられています。
 また、これらの施設のうち、道路、駐車場、ビジターセンター、キャンプ場などの公共的な施設は国や地方公共団体が整備します。ホテル、旅館などの有料施設については、国民休暇村や国民宿舎など公的機関が設置、運営するものもありますが、一般的に民間の業者が設置、運営を行っています。
 なお、環境庁は、自ら公共的な施設の整備を行うほか、都道府県がこれを行う場合にも補助金を交付し、施設整備の促進に努めています。


G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】

 長寿保護区は環境庁長官(国設)又は都道府県知事(都道府県設)が鳥獣の保護繁殖を図るため必要があると認めるとき「鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律」に基づき設定されますが、釧路湿原の核心部、天然記念物地域と同じ5,012ヘクタールは、昭和44年3月26日「国設クッチャロ太鳥獣保護区」として設定され、内3,833ヘクタールが特別保護地区に指定されました。そして、平成元年4月1日には、名称が「国設釧路湿原鳥獣保護区」に変更されるとともに、それまでの「道設シラルトロ・塘路鳥獣保護区も取り込んで、面積が10,940ヘクタールに拡大され、特別保護地区も、国立公園の特別保護地区と同じ区域6,490ヘクタールになりました。
 鳥獣保護区はそれぞれ設定目的を持っています。多くの種とその個体数も多い森林、干潟、湖沼、湿地などの集団渡来地、あるいは集団繁殖地を保護するためなどですが、釧路湿原はタンチョウを対象とした「絶滅のおそれのある鳥獣又はそれに準ずる鳥獣の保護を図るための)特定鳥獣生息地の保護区です。
 鳥獣保護区では鳥獣の捕獲が禁止されるほか、国又は都道府県によって保護繁殖のための施設が設置されます。また、特別保護地区では、水面の埋め立て、立木竹の伐採、工作物の設置等については、軽微なものを除き、環境庁長官又は都道府県知事の許可を必要とします。


G-13 【天然記念物・釧路湿原】

 天然記念物保護行政は大正8年(1919)、わが国のすぐれた風景や名勝さらには学術上貴重な動植物、岩石、地形、地質などを保護、保存することを目的として「史跡名勝天然記念物保存法」が制定されたことに始まります。
 その後、昭和25年(1950)年に、この法律と国宝保存法、重要美術品等保存ニ関法律が統合強化され「文化財保護法」が制定され今日に至っています。
 天然記念物は学術上貴重で我が国の自然を記念する①動物②植物③地質鉱物④天然保護区域(保護すべき天然記念物に富んだ代表的一定の区域)が一定の基準に従って指定され、特別天然記念物は、天然記念物のうち世界的に又国家的に価値が特に高いものが指定されます。
 釧路湿原は、昭和10年8月27日(1935)、その一部2,700ヘクタールが「釧路丹頂鶴藩殖地」として天然記念物に指定され、昭和27年3月29日(1952)には「釧路のタンチョウ及びその繁殖地」として名称変更されるとともに、特別天然記念物に指定され、面積が2.749ヘクタールとなりました。さらに、昭和42年6月22日(1967)、タンチョウそのものが、生息地に関係なく特別天然記念物に指定されるとともに、昭和42年7月6日、「釧路湿原」は、5,012ヘクタールに拡大された地域が「天然保護区域」として天然記念物となりました。


G-14 【野生動植物保護と国際協力】

 野生動植物の保護のために必要な手段は、まず、生息あるいは生息する環境が十分に保全されること、乱獲が行われないようにすることです。また、外来種の移入によって在来種が悪影響を受けないような配慮も必要です。このような保護の対策はそれぞれの国によって異なりますが、わが国では自然公園、自然環境保全地域、鳥獣保護のような地域を設けたり、狩猟や採取を規制したりして、その保護を図っています。しかし、渡り鳥や国境を越えて生息する動物の保護を考える場合には、一つの国だけの保護措置では十分とはいえず、国と国との間の協力が必要となってきます。たとえば、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地を保全するためのラムサール条約や、渡り鳥の保護に関する条約があるのもこのためです。
 我が国も子のラムサール条約に加盟しているほか、アメリカ、中国、オーストラリア、ソ連とそれぞれ条約や協定を結んで渡り鳥の保護や情報の交換をしています。
 さらに、経済的価値の高い野生動植物は、需要が多ければ商取引の対象となりがちで、結果として乱獲される恐れも強いことから、国際取引に関しても一定の規制が必要になります。




読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について