目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

113 / 136ページ

G-3 【日本の自然公園制度】

 自然公園には、国立公園、国定公園、都道府県立自然公園がありますが、昭和6年に制定されたそれまでの国立公園法にかわって昭和32年制定された自然公園法によって指定されています。この法律は「すぐれた自然の風景地を保護することとともに、その利用の増進を図り、もって国民の保険、休養及び教化に資することを」目的としていますが、国立公園は「我が国の風景を代表するに他散る傑出した自然の風景地で」環境庁長官が指定します。国定公園は国立公園に準ずるすぐれた自然の風景地であって都道府県の申し出によって環境庁長官が指定するものです。都道府県立自然公園は都道府県が指定します。


国土面積は 37,771,976ヘクタールです。(国土地理院の資料)


G-4 【世界の国立公園】

〇世界で初めての国立公園は、アメリカ合衆国のイエローストーン国立公園で1872年に指定されました。1870年この地域を調査したウォシュバン・ランクフォード探検隊によって「国家のシンボルとなるような大自然は、国家の財産として現在及び未来の人々のために保護していく必要がある。永久的に国民の公園として管理するために国立公園として留保する」というアイディアが出され国立公園が誕生しました。
〇それから間もなくオーストラリア、ケニア、カナダ、ニュージーランドなどで次々と国立公園が指定されました。これらの国は、新大陸の国で広大な原始地域があり、しかも国有地が多く公園の指定は容易でした。
〇アジア、ヨーロッパ、日本など人口が多く古くから土地利用が進んでいた国では、アメリカ型の国立公園の指定は容易ではなく、独自の制度を設け20世紀に入ってから国立公園の指定が進みました。
〇1985年現在、国立公園がある国は103か国1030か所、総面積は234,379,886ヘクタールです世界の全陸地面積の1.73%にあたります。

【世界の国立公園と日本の国立公園】
アメリカ・カナダ型国立公園(常造物公園)
 国立公園の土地は原則として国有地で、国が公園専用地域として管理するもので、「常造物公園」と呼ばれます。日本でも、都市公園や環境庁が所管する国民公園(新宿御苑、皇居外苑、京都御苑など)は営造物公園です。

日本・イギリス型国立公園(地域制の公園)
 日本の国立公園の中の土地は国有地、公有地あり、民有地もありで様々で、公園専用地域はごくわずかです。国有地であっても大半が国有林であるなど公園専用地域ではありません。このように土地の所有形態にかかわりなく、法律によって一定の地域を指定し、自然の風致・景観を保護するために、各種行為を制限する制度で「地域制の公園」と呼ばれます。日本の自然公園は皆同じです。


G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史

〇タンチョウ保護の歴史と天然記念物指定
1935:(昭和10年8月27日)釧路湿原のうち2,700ヘクタールが、史跡名勝天然記念物保存法に基づき「釧路丹頂鶴藩殖地」として天然記念物に指定される。
1952:(昭和27年3月29日)史跡名勝天然記念物保存法に代わって制定された文化財保護法に基づき、上記地域が「釧路のタンチョウ及びその繁殖地」として名称変更されるとともに、特別天然記念物に指定される。面積が2,749ヘクタールとなる。
1967:(昭和42年6月22日)タンチョウそのものが、生息地に関係なく特別天然記念物に指定される。
(昭和42年7月6日) 天然記念物の地域は、4.、02ヘクタールに拡大され、名勝「釧路湿原」となる。

〇鳥獣保護区等の指定
1972:「タンチョウ」が特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律に基づく特殊鳥類となる。
1969:(昭和44年3月26日)天然記念物地域と同じ5,012ヘクタールが「鳥獣保護及び狩猟ニ関スル法律にもとづき「国設クッチャロ太鳥獣保護区」が設定され、うち3,833ヘクタールが特別保護地区に指定される。
1989:(平成元年4月1日)鳥獣保護区が10,940ヘクタールに拡大され、うち特別保護地区が6,490ヘクタールとなり、名称が「国設釧路湿原鳥獣保護区」に変更される。

〇ラムサール条約登録
1980:(昭和55年10月17日)鳥獣保護区5,012ヘクタールが「ラムサール条約」(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)の登録湿地に指定される。
1989:(平成元年7月6日)ラムサール条約登録面積が7,726ヘクタールに拡大される。

〇国立公園の指定
1987:(昭和62年7月31日)釧路湿原と周辺丘陵地を含み、釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村にまたがる26,861ヘクタールが、我が国28番目の国立公園、釧路湿原国立公園に指定される。
(同年10月1日)釧路湿原国立公園管理事務所開設(釧路市内)


G-6 【釧路湿原国立公園】

 昭和62年7月31日、わが国28番目の国立公園として誕生した釧路湿原国立公園は釧路湿原の主要な部分16,552ヘクタールと湿原の東側のシラルトロ沼、塘路湖、達古武沼の海跡湖、及び周辺丘陵部を含み、釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村の1市2町1村にまたがる26,861ヘクタールの区域です。この公演は、山、森と湖、海といった、それまでの国立公園の風景のタイプとは違って、湿原という、平野部に残された広大な水平的風景であることに その特徴があるといえます。環境庁の第2回自然環境保全基礎調査(緑の国勢調査)によれば、釧路湿原はわが国最大の湿原で、その面積21,440ヘクタールはわが国に存在する湿原総面積の約60%を占めています。かつては全国的に分布していた平野部の湿原の多くが水田になり、あるいは市街地化するなどして分断され、消失していった中で、釧路湿原がなお我が国を代表するに足りる傑出した自然の風景地としての資質を保っていたことも、国立公園指定の大きな理由になりました。
 釧路湿原はまた、高層、中間、低層湿原それぞれに特徴的な植生が見られるばかりでなく、特別天然記念物のタンチョウはじめ、わが国最大の淡水魚イトウ、氷河期からの遺存種キタサンショウウオ、エゾカオジロトンボなど貴重な野生動物の生息地としても重要な地域でもあります。

釧路湿原国立公園土地利用現況


釧路湿原国立公園保護計画
 保護に関する方針
 本公園の核心部となる釧路湿原の優れた景観、豊かな自然性を厳正に保護することを主眼とする。
 塘路湖等の湖沼は湿原警官に変化を添える優れた景観構成要素であり、また、適正な利用の増進の観点からも重要であることから適切な保護を図る。
 湿原及び湖沼をとりまく丘陵地については、湿原と一体的な景観をなす風景の保護、湿原生態系の保護を図るための集水域の保全、展望利用のための良好な利用環境の確保等の観点から適切な保護を図る。

G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制

 自然公園については、その指定の目的である、自然の保護と利用の増進を図るための公園計画が定められ、これに基づいて、森林の伐採、建物の建築など、風致景観の現状を変更する行為を規制するとともに、利用のための施設などを整備する事業が計画的に行われる仕組みがとられています。
 国立、国定公園の区域は、その風致景観を保護する必要性の度合いに応じて、特別保護地区、第一種特別地域、第二種特別地域、第三種特別地域及び普通地域に区分され、普通地域以外の区域(これを特別地域と総称します。)においてはその区域内の自然環境に影響を及ぼす行為、例えば立木の伐採、宅地の造成、工作物の設置などを行う場合には、環境庁長官あるいは都道府県知事の許可を受けなければなりません。
 許可を必要とする行為の範囲や許可の基準は上記の区域の種類ごとに異なりますが、特別保護地区が最も強い規制を受けます。普通地域における行為については、許可を受ける必要はありませんが、事前に届け出を行うこととされています。
 なお、都道府県立自然公園においては特別保護地区および海中公園地区の指定は行われませんが、それ以外については、条例により、国立、国定公園とほぼ同様な規制が行われています。

【参考】
 自然公園(国立・国定公園)の特別地域の中では次にあげる行為をするときは国立公園では環境庁長官の、国定公園では都道府県知事の許可を受けなければなりません。
1.工作物を新築し、改築し、または増築すること
2.木竹を伐採すること。
3.鉱物を掘採し、または土石を採取すること。
4、河川、湖沼等の推移または水量に増減を及ぼさせること
4-2 環境庁長官が指定する湖沼または湿原及びこれらの周辺1キロメートルの区域内において当該湖沼もしくは湿原またはこれらに流水が流入する水域もしくは水路に汚水又は廃水を排水設備を設けて排出すること。
5、広告物そのたこれに類するものを掲出し、若しくは設置し、または広告そのたこれに類するものを工作物等に表示すること
6.水面を埋め立て、または干拓すること
7.土地を開墾しその他土地の形状を変更すること
8、高山植物その他これに類する植物で環境庁長官が指定するものを採取すること。
9.屋根、壁面、へい、橋、鉄塔、送水管その他これらに類するものの色彩を変更すること。

また、特別保護地区の中では、上にあげた行為に加えて、次の行為をするときも許可が必要です。
1.前条第3項各号に掲げる行為(上にあげた9つの行為の事です。)
2.木竹を植栽すること
3.家畜を放牧すること
4、屋外に置いてものを集積し、又は貯蔵すること
5.火入又はたき火をすること
6、植物または落ち葉若しくは落枝を採取すること
7.動物を捕獲し、又は動物の卵を採取すること
8.道路及び広場以外の地域内へ車馬を入れること。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について