目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

110 / 136ページ

F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②

〇モヤサム:入り江の奥。 やはり塘路湖畔の地名
〇ワッカオイ:ワッカ・オ・イ 水が・沸いている・所
〇オモシロンベツ川:オ・モシリ・ウン・ペ川尻に・島・ある・川(者)であるが現実の川尻に島があるようにはみえない。
〇アレキナイ川:旧くはアルキナイであるが、「阿歴内」の字を当てたのでアレキナイになってしまったものか。意味は解明されていない。アレキナイ川は昔からの交通路であったことから「アルキ・ナイ来る・沢」かとも推定されている。
〇モアレキナイ川:モ・アレキナイ小さい(子の)・アレキナイ。アレキナイ川の支流のひとつ
〇チョクベツ川:これもアレキナイ川の支流。古くはチョロヘツ。チ・ホロ・ペツ我ら・(水に)漬ける・川で、オヒョウニレの多いところでその樹皮から繊維をとるためにつけた川であったのだろうとする説。
〇コッタロ川:豊島三右衛門「豊島地名解」(1882)の引用、「コッタロト云ハ深キト云言也 ロヲ云ハ静ヲ云名ナリ 此処ハ小サキ小川ナレトモ底深シ 水ノ流レ静ナルヲ名付ルナリ」。音だけからはコツ・タロ沢の低地となるが、解釈は諸説あって定説。
〇ヌマオロ川:ヌマ・オロ、ヌマは毛髪、ヲロは在る、生える。シカの骨が非常に多かったとのことで、ヌマはあるいは毛、毛皮のこととも考えられているが明解ではないようである。
〇オソベツ川:オソッ・ペッ川尻の滝。湿原の中で滝があるとは思えない。未解明。


G-1 【日本の自然保護制度】

 昭和46年7月に環境庁が設置され、それまで厚生省国立公園部で行われていた自然公園に関する行政と林野庁において行われていた野生鳥獣の保護及び狩猟関係の行政が一本化され、自然保護行政は、環境庁において一元的に推進されることになりました。
 現在、我が国の自然環境保全のための行政は、環境庁が所管する法律ばかりでなく、裏面の図にまとめられるような法律によって行われていますが、これら以外の法律の中にも部分的ではあるにせよ、何らかの形で自然環境の保全に関する規定が入っているものが多くあります。これらの法体系は自然環境保全法を基本とし、環境庁が関係行政機関の総合調整をおこないつつ運営にあたっています。 
 自然環境保全法は、自然環境の保全に関し基本となる事項を定めるとともに、自然公園法など他の自然環境の保全を目的とする法律と相まって、自然環境の適正な保全を総合的に推進することを目的としています。この法律に基づき①自然環境保全基本方針の策定(昭和48年策定)、②「緑の国勢調査」と呼ばれる自然環境保全基礎調査の実施、③原生自然環境保全地域(人の活動の影響を受けることなく原生の状態を維持している地域)、自然環境保全地域(高山・亜高山植生、優れた天然林等優れた自然環境を維持している地域)の指定などを行っています。


G-2 【日本の自然公園制度の歴史】

 日本で「国立公園」をつくろうという初めての動きが起きたのは明治44年(1911)のことです。この年、衆議院で富士山一体を「国設大公園」にしようという「国設大公園設置ニ関スル建議案」が提案され、この時、自然保護についての議論もされたということです。当時はまだ、国立公園という名称は一般的ではなかったので国設大公園という言葉が使われたのでしょう。しかしこの建議案が実現するのはだいぶ後のことです。政府として国立公園を作るための法律の準備や、国立公園法が制定されたのは大正9年(1920)頃からのことです。そして国立公園法が制定されたのは昭和6年(1931)、国立公園が実際に指定されたのは昭和9年(1934)のことでした。昭和9年3月には瀬戸内海、雲仙、霧島、12月に阿寒、大雪山、日光、中部山岳、阿蘇国立公園が指定され、続いて昭和11年には4つの国立公園が指定され12の国立公園が誕生しました。
 次は、戦後の昭和21年の伊勢志摩の国立公園の指定ですが、昭和32年には、それまでの「国立公園法」に代わって「自然公園法」が制定され、ここに初めて3種類の自然公園、すなわち、国立公園の他に新しく国定公園、都道府県立自然公園が生まれることになりました。 自然公園行政は今、昭和46年発足した環境庁に引き継がれています。


G-3 【日本の自然公園制度】

 自然公園には、国立公園、国定公園、都道府県立自然公園がありますが、昭和6年に制定されたそれまでの国立公園法にかわって昭和32年制定された自然公園法によって指定されています。この法律は「すぐれた自然の風景地を保護することとともに、その利用の増進を図り、もって国民の保険、休養及び教化に資することを」目的としていますが、国立公園は「我が国の風景を代表するに他散る傑出した自然の風景地で」環境庁長官が指定します。国定公園は国立公園に準ずるすぐれた自然の風景地であって都道府県の申し出によって環境庁長官が指定するものです。都道府県立自然公園は都道府県が指定します。


国土面積は 37,771,976ヘクタールです。(国土地理院の資料)


G-4 【世界の国立公園】

〇世界で初めての国立公園は、アメリカ合衆国のイエローストーン国立公園で1872年に指定されました。1870年この地域を調査したウォシュバン・ランクフォード探検隊によって「国家のシンボルとなるような大自然は、国家の財産として現在及び未来の人々のために保護していく必要がある。永久的に国民の公園として管理するために国立公園として留保する」というアイディアが出され国立公園が誕生しました。
〇それから間もなくオーストラリア、ケニア、カナダ、ニュージーランドなどで次々と国立公園が指定されました。これらの国は、新大陸の国で広大な原始地域があり、しかも国有地が多く公園の指定は容易でした。
〇アジア、ヨーロッパ、日本など人口が多く古くから土地利用が進んでいた国では、アメリカ型の国立公園の指定は容易ではなく、独自の制度を設け20世紀に入ってから国立公園の指定が進みました。
〇1985年現在、国立公園がある国は103か国1030か所、総面積は234,379,886ヘクタールです世界の全陸地面積の1.73%にあたります。

【世界の国立公園と日本の国立公園】
アメリカ・カナダ型国立公園(常造物公園)
 国立公園の土地は原則として国有地で、国が公園専用地域として管理するもので、「常造物公園」と呼ばれます。日本でも、都市公園や環境庁が所管する国民公園(新宿御苑、皇居外苑、京都御苑など)は営造物公園です。

日本・イギリス型国立公園(地域制の公園)
 日本の国立公園の中の土地は国有地、公有地あり、民有地もありで様々で、公園専用地域はごくわずかです。国有地であっても大半が国有林であるなど公園専用地域ではありません。このように土地の所有形態にかかわりなく、法律によって一定の地域を指定し、自然の風致・景観を保護するために、各種行為を制限する制度で「地域制の公園」と呼ばれます。日本の自然公園は皆同じです。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について