目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

107 / 136ページ

F-7 【アイヌ語─地名の話─】

 アイヌ語地名は言葉の順、音が日本語とほとんど同じで単語を覚えれば気軽に読め、親近感のある地名だと言われ「文化遺産である」といわれます。
 地名は、その時代の生活環境の反映だと言われ、日本語地名では黒田とか山田とか「田」が多いことは、それが稲作農業経済の土地であったことの反映で、アイヌ語地名には田などは出てこず、たとえばベツとナイ(共に川の意」のつく地名が多い。これはそこが主食である魚を取る場所であり、狩りに行くにも沢筋を通ったなど狩猟採取にかかわっているといえます。
 また、北海道には同じ地名、似た地名が至るところにあります。古い時代、アイヌの人々は小さなコタン(村)と、その周辺の狩猟採集地の中で、自給自足の生活をしていました。 アイヌ語地名はそのほとんどが地形を呼んだもので、当時はどこの村でも同じような生活慣習で、どこの村に行っても同じような地名があったに違いなく、これが転じて現在の地名になったため、同じ地名、似た地名が多くあるのです。地名は、人類がその地に集団を形成し、生活の営みをするようになって発見したものであり、人間の歴史と証でもあります。地名のもつ意味を正しく知ることは歴史を理解するうえで大きな助けになると思います。

【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】

(1)川筋の地名

・ベツとナイ(共に川の意。アイヌ民族は川筋にコタンを持ち生活。別とか内のつく地名が特に多い。)・ポロ(大きい、多い)・ポン(小さい、少ない)・フシコーペツ(古い川)・アシリーベツ(新しい川)・ホロカーナイ(後戻りする川)・ソ(ソー・滝)・ト(トー・湖・沼・池)・クッチャロ(喉口)・パンケ(川下のところ・の)・ペンケ(川上のところの・の)パンケ・トー(下の・沼)・ペンケ・トー(上の沼)

(2)海辺・山野の地形・地物

・アトゥイ(海)・オタ(砂・砂浜)・レブ(沖)・コイ(波)・エトウ(鼻・転じて岬)ノッ(あご・岬)・シレトコ(地の・頭・の突出部・岬)・ヌプリ(ふつうは高い、聳えた山)・シリ(山)・マツネ・シリ(女である・山)・ピンネ・シリ(男である・山・雌阿寒がマツネシリ・雄阿寒はピンネシリ)・フル・(丘)・ビラ(崖・ペシは奥地の方に多い崖)・ニタッ(低湿荒野・やち)・トマム(奥地に多いやち)・サル(あし原)・ヌプ(野・草原)・ル(道)・コッ(窪地)・シュマ(スマ・石)・シラル(岩)・ワッカ(石)


F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】

〇釧路:由来には3つの説があります。その1 クシュル説。クシュルは越える道、通る道の意味で、釧路は昔から交通の要所であったことから名づけられたとする説。その2クッチャロ説。クッチャロは本来は咽喉の意。寛永年間、時の松前藩がクッチャロ(屈斜路)湖畔のアイヌを今の釧路に移住させてそこをクスリ場所としたとする説。クッチャロ─クスリ─釧路と発音が天かしたもの。その3クスリ説。クスリの本来の意味はクスリ、あるいは温泉の意。クッチャロ湖の原名、クスリ湖を水源とするクスリ川、すなわち釧路川にちなんで、その河口にある集落をクスリと名付けたとする説。
〇仁々志別:(ニニシベツ) 樹木や魚の豊富な川
〇幌呂:(ホロロ) ポロ・大きい、ル・道で、大きい道
〇久著呂:(クチョロ) 人間の咽喉の意で、入り口、川の入り口、沼の入り口
〇恩根内:(オンネナイ)オンネ・ナイは親・川。大きな川、年老いた川、支流の多い川など。
〇雪裡:(セツリ)セッチリウシまたはシチリウシに由来し、クマや鷹の多いところ
〇達古武(タッコブ、タブコブ、小さな丘のある常呂、離れてポツンと建っている円山、瘤のような丘に由来する。
〇遠矢(トオヤ) 沼岸の丘。
〇塘路(トウロ) トー・オロ沼あるいは湖・の所。なお、ポロ・トーは大きな・沼、親沼の意味もある。
〇ポンピラ:ポン・ヒラ(ピラ)小さい・崖
〇サルボ:サル・ボ(ポ) 葦原(湿原)の・子。ポは指、元々の意味は子。小さい葦原(湿原)の意味。
〇エオルト沼:繊維をとるために、ニレノ木の皮を漬けておく沼。
〇マクントー・マク・ウン・トー奥へ・入る・沼
〇ポント:ポン・トー小さい・沼
〇シラルトロ沼:シラリ:ウトル岩ないし岩磯の・間であるがシラルトロ沼には岩や磯浜はない。この沼の水源シラルトロエトロ川の上流にあるという岩の間を流れ下る水が流れ込む沼なのでシラルトロ・トーになったという解釈がある。
〇タンネウシ:タンネ・ウシ長い・所。湖岸がまっすぐに長く続いている所。
〇タンネヌタフ:タンネ・ヌタフ長い・湾曲内の土地。ヌタフまたはヌタブは湾曲する川に囲まれた土地、川沿いの岩崖の上の平地などの意味がある。塘路湖を川に見立てて呼んだものか。5万文の1地形図ではタンネヌタップとなっている。

F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②

〇モヤサム:入り江の奥。 やはり塘路湖畔の地名
〇ワッカオイ:ワッカ・オ・イ 水が・沸いている・所
〇オモシロンベツ川:オ・モシリ・ウン・ペ川尻に・島・ある・川(者)であるが現実の川尻に島があるようにはみえない。
〇アレキナイ川:旧くはアルキナイであるが、「阿歴内」の字を当てたのでアレキナイになってしまったものか。意味は解明されていない。アレキナイ川は昔からの交通路であったことから「アルキ・ナイ来る・沢」かとも推定されている。
〇モアレキナイ川:モ・アレキナイ小さい(子の)・アレキナイ。アレキナイ川の支流のひとつ
〇チョクベツ川:これもアレキナイ川の支流。古くはチョロヘツ。チ・ホロ・ペツ我ら・(水に)漬ける・川で、オヒョウニレの多いところでその樹皮から繊維をとるためにつけた川であったのだろうとする説。
〇コッタロ川:豊島三右衛門「豊島地名解」(1882)の引用、「コッタロト云ハ深キト云言也 ロヲ云ハ静ヲ云名ナリ 此処ハ小サキ小川ナレトモ底深シ 水ノ流レ静ナルヲ名付ルナリ」。音だけからはコツ・タロ沢の低地となるが、解釈は諸説あって定説。
〇ヌマオロ川:ヌマ・オロ、ヌマは毛髪、ヲロは在る、生える。シカの骨が非常に多かったとのことで、ヌマはあるいは毛、毛皮のこととも考えられているが明解ではないようである。
〇オソベツ川:オソッ・ペッ川尻の滝。湿原の中で滝があるとは思えない。未解明。


G-1 【日本の自然保護制度】

 昭和46年7月に環境庁が設置され、それまで厚生省国立公園部で行われていた自然公園に関する行政と林野庁において行われていた野生鳥獣の保護及び狩猟関係の行政が一本化され、自然保護行政は、環境庁において一元的に推進されることになりました。
 現在、我が国の自然環境保全のための行政は、環境庁が所管する法律ばかりでなく、裏面の図にまとめられるような法律によって行われていますが、これら以外の法律の中にも部分的ではあるにせよ、何らかの形で自然環境の保全に関する規定が入っているものが多くあります。これらの法体系は自然環境保全法を基本とし、環境庁が関係行政機関の総合調整をおこないつつ運営にあたっています。 
 自然環境保全法は、自然環境の保全に関し基本となる事項を定めるとともに、自然公園法など他の自然環境の保全を目的とする法律と相まって、自然環境の適正な保全を総合的に推進することを目的としています。この法律に基づき①自然環境保全基本方針の策定(昭和48年策定)、②「緑の国勢調査」と呼ばれる自然環境保全基礎調査の実施、③原生自然環境保全地域(人の活動の影響を受けることなく原生の状態を維持している地域)、自然環境保全地域(高山・亜高山植生、優れた天然林等優れた自然環境を維持している地域)の指定などを行っています。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について