目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

99 / 136ページ

F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】

 明治25年旧暦6月初旬、貫誠社と呼ばれる、香川県からの開拓団が塘路湖畔に入植しました。団員の多くは農民で、その他大工、左官、鍛冶職人など一行11戸47名、団長は神官の息子で高岡縫殿という青年でした、。彼らは、ただ同然で、国有未開地80万坪(約2,700ヘクタール)の払い下げを受け、この広大な土地にサトウキビ畑を作ろうと、3年分の食料を持ち、製糖機具も携えてやってきたのでした。塘路湖のほとりに八幡様の分霊をまつる社を建立し、就業、休憩、食事などすべて八幡社の太鼓を合図に、共同で働き生活したいということです。
 しかし、ここの土地は郷里の土地とはあまりにも違っていました。熊笹やヨシの根をやっとの思いで掘り起こしてみればそこは泥炭土、もちろんサトウキビ畑には適さず、おまけに蚊やブヨの大軍。一人去り、二人去り、しかもその年12月には火災で家財道具や蓄えの食料まで消失し、貫誠社の一行はとうとう離散ということになってしまいました。


F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─

 北海道の地名はアイヌ語を語源にしたものが多くあります。札幌、旭川の年もアイヌ語起源の地名です。ほかの地名もほとんど同様で、それだけアイヌ民族とのかかわりの多いことがわかります。そして、その生活文化の漂いを感じます。しかし、アイヌの伝説、伝承と同じように未解明、難解なものも多くあります。特に道東と呼ばれる釧根地方は難解な地名が多いので知られています。珍問迷答もよく耳にします。
 釧路湿原を取り巻く各地名もほとんどアイヌ語にカナや漢字をあてたものです。釧路の語源にはいくつかの解釈がありますが、その一つは、クシルまたはクスル説で、クシは「越える」、ルは「路」の意。釧路を中心に、斜里、根室などに人や物資の往来が盛んに行われたのでそう名付けられたというものです。釧路川は昔、上流の標茶まで船での往来ができましたが、標茶は、着いた船から人や荷を下ろすところ、シ・ペッ・チャ「大・川・岸」で、これを大川端と訳すことができます。アイヌ語地名ではありませんが、JR釧網本線の駅名ともなっている五十石という地名は、釧路川の航行が曳船で行われていた昔、五十石船が航行できる上流端を名づけて呼んだものと聞きます。


F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】

 まつりは、捧げものをして神「自然)と祖先とのきずなを良い状態に保つためコミュニケーションを行い、間を釣り合うように調整するという大切な意味合いがあります。このような古式のスガタを伝承している塘路湖のペカンペ(又はペカンペ、ヒシの実)まつりは、毎年9月のはじめに取り粉われます。
 オンネムシというヌサ(幣場)のある浜辺に新しいイナウ(木幣)が並べられ、祈り詞(ことば)が天上の神、湖の神、村の神にささげられてから、ユリカモメの群れを脅かさぬよう迂回をして、一行は小舟をカムイ崎にむかわせます。
 カムイ崎では、シトウイナウ(イラスト参照)に酒粕がおかれ祖先祭が始められます。朗々とした先祖への語らいは、輝きを最高に増した湖と周りの自然へと吸収されます。あとは手作りの捧げものをおいしく頂きながら、江戸期の文献に著されたような盛大なペカンペまつりをなつかしみ、語らいの時を過ごします。
 知里真志保夫人でもある萩中美枝氏は、「新しい見せるためのまつりも生まれれば、こうして気負いもてらいもなく自然に自分たちのものにしているまつりもある。アイヌの情趣が感じられるまつりである」と書いています。

F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─

 釧路湿原が海であった大昔のことです。知人岬から遠矢、塘路にわたる東側の給料と白糠丘陵から連なる標茶丘陵キラコタン、コツタロまでの西側と北部丘陵に包まれた湿原は深い入り江になっていました。そして、東に釧路アイヌ、西には白糠アイヌのコタンがありました。
 海が時化たある日の朝、一頭のクジラが遠矢の岸に打ち寄せられました。知らせを受けたアイヌのエカシ(長老)は、近くのコタンに知らせ、クジラをみんなで分け合い、人々はフンベヤン(鯨があがった)と叫び喜び踊り出しました。太鼓をたたきのろしを上げての賑わいに、対岸の白糠アイヌも加わり更に大賑わいになりました。
 それから釧路アイヌと白糠アイヌは仲良くなり、入り江に鯨が入った時は、のろしを上げて知らせ合い、クジラ漁がおこなわれるようになったといいます。知人、遠矢、北斗、キラコタンにはのろし台があったともいいます。

「フンベヤンの歌」 トオヤ フンペヤン 遠矢の浜に鯨があがる
   セイアンナニシ シコトリ 紫色の煙がたなびくよ
   ハ~ホ~ ホイヤホ~  は~ほ~ほいやほ~
(上田カム伝・佐藤直太郎 談)

【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】

 大昔、丹頂はアイヌコタンの近くに住んでいました。アイヌの人々は丹頂を家畜の様に可愛がっていました。
 ある時、釧路のアイヌコタンに千島のアイヌコタンが攻めてきました。根室、厚岸のアイヌを破って勢いのある千島アイヌとの戦いは熾烈を極め、釧路アイヌも多くの犠牲者を出しましたが、やっと勝利を収めることができました。
 その時、多くの丹頂が戦いの犠牲になりました。矢に当たって死んだ丹頂、敵に食べられた丹頂、コタンには丹頂の死骸が累々とできました。わずかに生き残った丹頂は、傷ついた哀れな姿で哀しい声を上げ啼いていました。心の優しい美しいエカシのビルカメノコは、この丹頂をいたわりながら湿原の奥深く入っていきました。
 そして、ビルカメノコも丹頂も再びコタンにその姿を見せませんでした。それから丹頂が釧路湿原に棲むようになったと言われています。
 湿原のほぼ中央に今も真冬でも凍らず、こんこんと湧き出る泉があります。ひとびとは、これを「ビルカの泉」と言っています。(八重九郎翁 談)



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について