目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

86 / 136ページ

D-33 【湿原のホタル】

近年見ることが少なくなったホタルですが、釧路湿原の西側、恩根内から入る右岸堤防沿いに、7月下旬から8月下旬(時期は年により多少異なる)にかけてみることができます。釧路湿原で見られるのはヘイケボタルですがそのあらましは次の通りです。
○湿原ボタルのあらまし
・からだの形…大きさは雌10㎜、雄8㎜、色は黒色、胸の背中側(前胸背板)はうすだいだい色で、真ん中に黒い太いすじがあります。お腹側は、灰色で、光を出すところ(発光器)はうすいクリーム色で、中にピンクの部分がありルーペで見るととてもきれいです。

○光の出し方・・光を出すところ(発光器)で、燃料(ルシフェリン)が、酵素(ルシフェラーゼ)やマグネシウムなども手伝って燃え、熱やエネルギーの代わりに光をだし、神経にょってコントロールされます。呼吸とは関わりないようです。
●湿原のホタル(ヘイケボタル)
ゲンジボタルほど光は強くありません。しかし、雄はきらめきのある光を1秒間に2回ずつ、忙しく出します。また、ゲンジボタルのように、微光・フラッシュ発行・刺激発行など、複雑ではなく、簡単な点いたり消えたりを繰り返しますが、雄やメスがそれぞれ相手を見つける役にはなっているようです。でもまだ詳しいことは分かっていません。皆さんが研究してみてください。

●湿原のホタルの一生
 7~8月にかけて、湿原の草や木で雄と雌が結婚します。メスはミズゴケなどに100個ほどの卵を産みます。たまごは、1か月あまりでふ化して幼虫になります。幼虫になると水ごけのブルトから水の中に入り、ヒメモノアラガイ、タニシなどを食べて大きくなります。翌年の5~6月頃に水中から陸に上がり、土やミズゴケの中に潜り(潜土)7~8月頃親になって(成虫)出てきて飛び回ります。

D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】

釧路湿原の昆虫で注目すべき分布がトンボ類です。46種が生息し、エゾカオジロトンボ、イイジマルリボシヤンマは、日本では釧路湿原をほぼ唯一の生息地とする北方の寒冷地(シベリア北ヨーロッパ)の種類です。
 その他、本州では、東北や高山の湿原に局地的に生息するカラカネトンボ、オオトラフトンボ、ホソミモリトンボ、キバネモリトンボ、ムツアカネ、カオジロトンボ、などが、湿原に散在する池や沼で普通に見受けられます。

 釧路湿原のトンボ歳時記
湿原東縁の3湖沼のトンボ
 釧路湿原の東の縁にある、シラルトロ湖、塘路湖、達古武沼は広い水面をたたえ、水生昆虫の一大生息地となっています。
 5月上旬のオツネントンボの出現から始まります。この小さな枯れ草色のイトトンボは北海道で唯一の成虫越冬のトンボで、氷点下30度を超える厳寒の冬を物陰にひそんでじっと耐え抜いたのです。
 6月中旬までに、いわゆる春季出現型の種が出そろい、湖畔はにわかに活気を帯びてきます。エゾイトトンボ、ゴトウアカメイイトトンボ、コサナエ、オオトラフトンボ、カラカネトンボ、たちです。ゴトウアカメイトトンボは、その名の通り、雄の複眼が美しい赤で染まっている種で、北見地方のチミケップ湖で最初に発見され、釧路湿原が第二の発見地となったものです。
 6月中旬から7月にかけて、夏から秋に活動するトンボたちが現れます。すなわち、クロイトトンボ、アオイトトンボ、ホンサナエ、コオニヤンマ、ルリボシヤンマ属三種、エゾトンボ属各種、シオカラトンボ、それにアカトンボ属8種類が揃って賑やかです。
 釧路地方は、エゾトンボの仲間の宝庫でもあります。なかでもエゾトンボは多数発生し、8月には成虫が車道や空き地を含め、至る所でみられます。


D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】

 日本には16種類のサンショウウオが生息し、北海道には本州からわたってきたエゾサンショウウオと釧路湿原だけに生息するキタサンショウウオの2種があります。
 キタサンショウウオは氷河期の遺存種といわれ、約2万年前樺太と北海道が陸続きのとき北方から渡ってきて生き延び、釧路湿原が日本唯一の生息地です。
 全長は11センチ前後、頭から尾にかけて背面の中央部に黄色の太い縦縞が2本あり、後ろ脚の指が4本であることでエゾサンショウウオ(5本)と見分けられます。 腹部は背面より色が淡く、暗青色の斑点が多数散布し、背面に13本、腹面に11から12本のしわがあります。
 4月中旬から5月中旬、雌は水草の茎などに60~90個の卵が連なったひも状の卵塊を2本産み付け、直後に雄がとりつき受精します。卵塊のゼリー質が吸水すると、長さ13センチ、太さ3センチほどの房状になり、卵塊を包む卵のう膜は光にあたると紫の蛍光色を発し美しい。 5月下旬頃全長7㎜ほどの幼生がふ化し、8月頃には全長4センチほどの亜成体となって陸上生活に移り、成体になるまで二夏以上かかります。
 これまで、釧路市北斗、愛国、新富士、星ヶ浦、大楽毛、標茶町塘路、釧路町鳥通、鶴居村恩根内で生息地が発見され、最初の発見地北斗の生息地は、昭和50年釧路市


E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】

釧路市(釧路地方気象台のある位置)は、東経144度24.北緯42度59に位置しますが、釧路地方の気象には二つの特徴があります。一つは、全国の気象官著(気象台や測候所)の置かれている気象観測店の中で、富士山頂を除いて、釧路の年平均気温が最も低いことと、もう一つは、生物が最も活発に活動する夏に霧の発生が多く、6~8月の日照時間が我が国で最も少なくなることです。

 春の訪れとなる桜前線は5月の中、下旬に釧路に到達し、日本最後の花見シーズンを迎えます。湿原が緑の装いを始めるのもやっとこの頃ですが、5月は比較的好天に恵まれ乾燥しますので林野火災の発生しやすい季節でもあります。枯れたヨシ、スゲ原の湿原では特に火の用心が肝心です。
 6月に入ると、内陸では気温が上昇しますが、太平洋沿岸では「ガス」と呼ばれる海霧(移流霧と呼ばれます)が発生し、時には海岸から、100㎞も内陸に侵入してきます。釧路の年平均霧日数は113日で、その60%は5月から8月に集中し、生物の活動が盛んな時期に日照時間が少なくなることが湿原の泥炭形成に大きな役割を果たしていると言われています。

 7月~8月は海霧のため日照率は30%内外で、気温は上がらず、反面湿度は90%んも達し涼しい夏となり、湿原は7月下旬頃ようやく緑一色の装いをします。

 9月に入ると秋雨前線のため多少雨が多くなりますが、霧の日はだんだん少なくなります。10、11月ともなると朝夕の冷え込みは増すものの晴天日が多くなり、空はどこまでも澄み、湿原は黄金色に輝き一年中で最も美しい季節を迎えます。
 この時期、上空はすでに氷点下になるので、上昇した水蒸気は氷晶(氷の結晶)となり、うろこ雲やすじ雲など繊細な雲が見られます。雲の厚さがごく薄いため文字通り「天高く」感じられますが、すじ雲が広がりしだいに厚く全店を覆うようになると天気が崩れる前兆です。
 秋も深まり10月から11月に入ると、初霜、初氷、初雪が訪れ冬支度に入ります。このころから厳寒期にかけては、薄く結氷した湖面や川面に積もった雪の上にできる幾何学模様「氷紋」、全面結氷した湖面の凍りが割れて盛り上がる「御神渡り」、空気中の氷の結晶に日光があたってキラキラと輝いて見える「ダイヤモンドダスト」、さらに河口付近では、真水によって海水の塩分が薄められてできる「ハス葉氷(海氷)」などの自然界の不思議な現象が見られます。

 釧路の冬は雪は少なく晴天の日が多く、各月の日照率は60%以上、と夏とは反対に北海道内では最も高いと言われます。よく晴れて冷え込んだ朝、海水と空気の温度差で発生する「けあらし」と呼ばれる霧や、内陸部では放射冷却現象によって地表の空気が冷やされ、水蒸気が凝結してできる「放射霧」もみられます。


E-2 【釧路湿原を作った気候】

 湿原とは水を多く含んだ草原、あるいは過湿な草原といえます。 湿原ができるには、水と気温、そこに生息する植物などの条件が作用しあい、釧路湿原はそれに適する広大な地形条件があって形成されました。
 釧路の年平均気温は5.6℃で、根室5.7℃、網走、帯広5.9℃、札幌7.8℃で、札幌を除けばさほど差はありません。しかし、釧路では夏、海霧が発生し日照時間が短く気温が上がらない、よく夏がないといわれています。このように春から夏にかけて冷涼多湿な気候、水条件などが釧路湿原を作りました。
 湿原に生育する植物は秋には枯れてその遺体が堆積しますが、寒冷な気温のため分解することなく次々と堆積していきます。これを泥炭地と呼んでいます。
 高層湿原は塩類の供給が乏しい低温、過湿のところにできる湿原で、ミズゴケを主とするので、ミズゴケ湿原ともいいます。低層湿原は湖沼や河の水辺や、地下水位の高いところにできる平らな湿原で、ヨシやスゲが多いので、ヨシ・スゲ湿原ともいいます。釧路湿原は我が国全体の湿原面積の約60%を占めています。
 中間湿原は低層から高層湿原に移る途中にできるものであまり大きなものはないといわれています。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について