目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

75 / 136ページ

D-22 【タンチョウ小史】…②

 昭和に入ってタンチョウの保護気運が徐々に盛り上がり、昭和10年にはタンチョウとその生息地2,700ヘクタールが天然記念物に指定され、同27年これが特別天然記念物に指定されました。さらに同42年にはタンチョウそのものが特別天然記念物に指定され、5,012ヘクタールに拡大された釧路湿原の区域は天然記念物に指定され今日に至っています。

4.給餌の始まり
 昭和27年2月釧路地方一帯は猛吹雪におそわれ幾日も続きました。その雪の中で餌を探しているタンチョウの群れを発見、阿寒町の人たちがトウモロコシを与えたところこれをついばみ、その後も同じ場所で食うことを覚えました。 同じころ、鶴居村の幌呂小学校でも同じ方法で餌を与えることができ、その後各地で餌につくようになりました。
 給餌の成功によってタンチョウは人を恐れなくなり、年々、数が増えていることが昭和27年以降続けられている生息数の一斉調査で確認されています。


D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】

 釧路湿原とその周辺で見られるワシ、タカのなかまは、トビ、オジロワシ、ツミ、ハイタカ、ケアシノスリ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、チュウヒのほか、まれにはオオワシ、オオタカもみられます。肉食で雄より雌の方がやや大きく捕えた獲物を引き裂くかぎ形のくちばしと、鋭いつめの足を持ちます。

 ツミ…全長はオス25センチ、メス30センチと特にその差がある。 タカのなかまでは最も小型、本州では留鳥、北海道では夏鳥として山地で増殖し、秋から冬のかけて平地に下りて過ごします。小鳥、ネズミ、昆虫を食べます。

 ハイタカ…全長35センチ、日本各地の森林で増殖し、冬平地に移動するものもあり、小鳥やネズミを食べます。 タカ狩りのタカで、釧路には珍しいタカですが、冬場には市街地にも現れます。

 チュウヒ…全長52センチ程の中型のタカ、アジア北部からヨーロッパにかけて増殖、冬鳥として渡来し、河川、湖沼の草原に棲み低空飛行で小型の鳥獣を捕えて食べます。たしかではないが釧路湿原周辺でh繁殖するともいわれています。

 ノスリ…全長55センチ、トビよりやや小型、山地の林で繁殖し、冬は低地に移動します。飛び方や鳴き方はトビによく似ており、まぐそたかとか、くそとんびの別名があります。

 ケアシノスリ…千島列島から北の方で増殖し冬鳥として北日本で見られますが、数は極く少ないので釧路では滅多に見られません。

 トビ…全長60センチから65センチくらい、最も普通に見られるタカの仲間。上昇気流に乗るのが得意、よく空中、羽を水平に広げくるりと輪をかいてとびピーヒョロロと鳴く光景は誰もが馴染み深く、望郷の想いを起こさせる光景ではないでしょうか。生餌は滅多に捕らず、死んだ動物などを食べます、。「とんびが鷹を生んだ」とか「とんびに油揚げさらわれた」「とんびも居住まいから鷹に見える」、また定職を持たないでぶらぶらしている人を「とんび」というそうですが、これらのたとえは、平和主義のトビに失礼なのでは。

 ハイイロチュウヒ…冬鳥ですが見かけることはまれ、雄は頭、体、尾羽が明るい灰色、湿原に飛来し低く飛ぶことが多い。日本では繁殖しません。

 オジロワシ…北海道では留鳥、本州以南では冬鳥。天然記念物で数は多くありませんが、冬、水辺で見かけることができます。

 オオワシ…冬鳥で北海道の北東海岸以外では少ない。 嘴が巨大であざやかな黄色。天然記念物。 冬、結氷したシラルトロ沼、塘路湖上で見られることがあります。

 オオタカ…留鳥。本州、北海道の山林で繁殖し、冬は平地にもきます。


D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】

 シマフクロウは留鳥として北海道に生息します。全長約71センチ。日本にはフクロウ科に属するものが10種生息していますがシマフクロウが最大です。
 シマフクロウは群れは作らず、単独またはつがいで行動し、巣はミズナラやカツラの樹洞で、巣材を使いません。雄がごく低い声で「ボーボー」と鳴くと、雌が「ウー」とこたえ、「ボーボー、ウー」と聞こえます。

 フクロウ類は他の鳥と違うところがあります。顔がハート型をし、目の位置と構造に特徴があります。ほかの鳥は両側に目がありますが、フクロウは人と同じ正面に目があります。視野はシギ(360度)やハト(337度)に比べ110℃と狭い。しかし立体視ができる角度が70℃とほかの鳥よりはるかに広いのです。また、耳の位置が左右不相称であるため音源も立体的に把握することができるのです。
 フクロウは夜行性の猛禽であり、わずかな音や光で獲物が捕らえられるような機能が備わっているのです。
 アイヌ民族はシマフクロウを「コタンクルカムイ」(村をつかさどる神)、あるいは「カムイチカップ(神の鳥)」と呼び、「コタン」(村)や「アイヌ」(人間)を守る最高の神としてあがめられてきたといわれます。


D-25【日本に渡来するハクチョウ】

 日本に来るのは、オオハクチョウとコハクチョウのほか、コブハクチョウはまれです。オオハクチョウは最も大型の水鳥で、コハクチョウはこれよりやや小型で、ともにユーラシア大陸北部などで繁殖し、越冬のため渡来します。
 冬季の食べ物は、田の落ちモミ、水生植物の茎、根などですが、渡来地で穀類、パンくずなどを給餌しているところもあります。越冬期間は家族でまとまって鼓動し、いくつもの家族が集合して大きな群れをつくるのが普通です。
 おもに昼行性で、家族で朝ねぐらを出発し給餌へでかけ、夕方ねぐらへ戻ります。 日本での主な越冬地は、オオハクチョウでは北海道の風連湖、鐺沸湖、青森県の大湊港、新潟県の瓢湖など、コハクチョウでは北海道のクッチャロ湖に、秋と春の渡りのとき大群が渡来し、越冬は、青森県小川原湖、福島県猪苗代湖、琵琶湖その他があります。コブハクチョウはヨーロッパが繁殖地で日本には迷鳥とし渡来するにすぎません。皇居のお堀で飼育、繁殖したものが各地の公園、動物園で飼われています。
 釧路湿原の河川、湖沼には10月中頃オオハクチョウが美しい姿を現し、水面が凍てつく頃には更に南下し、春、北帰行の途中、又立ち寄ります。中には越冬するものもいますが、いわば彼らのドライブインといえます。

 【伝説に由来する「白鳥」の話】
 白鳥の歌 白鳥は一生に一度、死ぬ前にだけ美しい声で歌う、という伝説がヨーロッパにあり、従って作(曲)家が死ぬ前の作品や演奏を「白鳥の歌」というそうです。シューベルト(オーストリアで活躍)が死ぬ前に作曲した歌曲14編を友人たちが彼の死後、伝説に合わせて「白鳥の歌」と命名したそうです。

 白鳥処女説話 白鳥によって女性、特に処女性を象徴する寓話、世界各地にいろいろな形で伝わっています。日本の「天女の羽衣」がそれです。

 白鳥の湖 1895年以来各国で最も上演回数の多いバレー作品、遠く湖の見える城内で、王子ジークフリートの成年を祝う舞踏会が開かれる。王子は魔法使いのためハクチョウにされたオデット姫を愛したが、魔法使いは自分の娘を姫の姿に変えて王子の花嫁に決めてしまう。しかし最後には王子とオデット姫は結ばれる、という四幕でした。

 白鳥座 ゼウスがスパルタ王妃レダのもとに通うため変身した白鳥の姿を星座になぞらえたものです。


D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】

 シギの仲間は種類が多く、又その多くは北極圏のツンドラ地帯で繁殖し、南方で冬を越します。旅鳥で日本には渡りの途中、春と秋に立ち寄り少数は日本で繁殖し、冬を越すものもいます。日本では45種が記録されているそうです。
 釧路では専門家によって5種が記録されていますが、「オオジンギ」以外あまりなじみがありません。「オオジンギ」は日本とオーストラリアの間だけを渡る夏鳥で日本の本州中部の産地、北海道の草原で繁殖します。 日本、オーストラリア間無着陸飛行をするものと考えられており、正に渡りのチャンピオンです。
 湿原の初夏の朝まだき、空高くからの急降下バクゲキに安眠を破られる。ジジジ、ジーヤク、タマヤク、キモヤク、ジジゴォー…を繰り返します。 繁殖期の修正とか、雄の雌に対する示威とも思われます。ゴォーは羽音です。

 【私はサギの仲間「アオサギ」】
 私はアオサギ、サギの仲間では最も大きく全長は93センチ、嘴が長くとがっていて、体の割に頭が小さくて、首と脚が長いのが特徴です。水辺に棲み、浅瀬を渡り歩き獲物(魚類)を捕まえて食べます。翼は体に比べ幅が広くて大きく、首を肩のところに縮め、脚を後方に伸ばしてゆるやかに羽ばたいて飛び、ガァーとかギャァーとか悪声でゴメンナサイ。集団で繁殖するのが私たちのきまりなのです。
 釧路市湿原展望台から東に約2㎞地点のハンノキ林が私たちのコロニー(集団営巣地)です。国内最大と言われ自慢しています。3月下旬からみんなでお邪魔して巣作りをします。新しく作る仲間もいるけれど、ほとんどは去年の巣を補修して使うので余り手間はかかりませんですハイ…。3,4年は補修で使います。
 だいたい4月中頃までに3から5個産卵をすませます。抱卵は夫婦交代で仲良く致します。25日でふ化しますが、それからの子育てがたいへん、巣立ちまで50日もかかるのです。
 北海道から九州にかけて繁殖(留鳥)し、本州以南で越冬しています。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について