目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

67 / 136ページ

D-14 【タンチョウの生活】…②

○営巣地:3月中旬ごろ営巣が始まります。夫婦で営巣場所を捜し歩き、位置が決まると夫婦ともども作業を行います。巣は枯れたスゲ類のマットが覆いかかっている谷地坊主数個を土台に、周囲のヨシを刈り取って積んでいき、3日ほどで、ほぼ円形の巣を完成させます。巣の直径は1.3m~2.0m、厚さ30センチ前後、産座は径30センチほどで3センチくらいに切ったヨシが敷き詰められています。
○産卵:3月順から4月下旬に産卵します。産卵があると普通の鳴き合いに比べ一段と高い声で鳴きあいます。産卵は2卵が普通で、2卵目産出は1卵目の2日後が多く、卵は白色無斑のものと有色有斑のものがあり、大きさは長径98~115mm、短径62.5mm~68mm、重さ202~243gでやや細長い形をしています。
○抱卵:1卵を産出すると始まり、2卵産出後はほぼ24時間連続しての抱卵が約32日間、卵の孵化まで続きます。雌雄の抱卵交替も行われ、昼は4時間おきくらいに、夜間は雌だけで抱卵するのが普通です。交代時に鳴き合いをすることが多いようです。


D-15 【タンチョウの生活】…③

○ヒナの誕生:産卵後多くは32日で孵化しますが、孵化の三日程前からピーピーとヒナの発声が始まり、24時間くらい前になるとヒナが卵殻を割ろうとする嘴打が始まります。雌親が抱卵中に誕生するのがほとんどですが親が孵化を手伝うことはありません。誕生後3~4時間で羽毛が乾き、半日位で動けるようになり、3日ほどっで自由に立って歩けるようになります。2卵目は1日遅れて孵化します。
○子育て:孵化後3日、ヒナが自由に歩けるようになると、親はヒナを連れて巣を離れます。昼間は親と餌を探して歩いたり、親に抱いて暖めてもらったりし、夜は親が抱いて寝ます。ヒナへの給餌は雌雄共に行い、3ヶ月で親と変わらない程に大きくなり、孵化後100日くらいで跳ぶことも出来るようになります。
○子別れ:親子関係は翌春まで続きますが、2月下旬、親ツルの繁殖活動が始まる頃、親は、それまでのヒナを保護する行動からヒナを威嚇、攻撃し、排斥する行動に変わります。ヒナはピーピーとさびしそうに鳴きながら親の後を追いますが、親は突いたり蹴るなど攻撃し、子はいやいやながらも独立していきます。子別れの季節は野生に生きるものの厳しさと強さを感じさせるときです


D-16 【タンチョウの生活】…④

○ツルのからだ: 孵化時は慎重13センチ、体重130g程度、成鳥では翼を広げると2mを超え、背丈は首を伸ばすと170センチ近く、体重は15kgくらいです。雌雄を外観から判別することは難しいが雄のほうが一回り大きい。2歳になると頭の毛が抜け皮膚が裸出し、うすい橙色になり、3歳でいわゆるタンチョウ(丹頂)となります。
○頭頂:いつも鮮やかな紅色とは限らず、季節、天候、感情などにより様々に変化します。寒い冬は小さく縮み、色も黒ずんだ赤であり、繁殖期を迎えると鮮やかな紅となり、一段と大きく見えます。興奮すると真っ赤に、後ろ側に大きく伸ばされ、まさに頭にきている状態を示します。
○羽根:初列風切羽は10枚で白く、次列と3列切羽は16枚と6枚で漆黒。翼をたたんでいると尾が黒いように見えるのは、長い3列風切羽が白い尾を覆い隠すためです。6~8月にかけて換羽します。首、旨、腹、背の小羽は毎年換わりますが風切羽や尾羽は不規則で、風切羽は隔年で換羽するようです。
○食性:幅広く雑食性で、とうもろこし、セリ、牧草の若芽、白菜、レタスなどの野菜、スゲ、ヨシの根など植物質のものから魚、小鳥、昆虫、カエル、ネズミなど動物質のものまで何でもよく食べる。特にウグイ、ドジョウは大好物。小鳥のヒナや野ネズミ、トンボなども好物です。


D-17 【タンチョウの生活】…⑤

○冬の生活:冬季間のタンチョウはトウモロコシの人口給餌に強く依存しています。 昼間は給餌場を中心として採餌し、夜間は阿寒川や雪裡川など近くの凍らない河川をねぐらとして集団で眠りについています。
○ツルと天候:夕方遅くなっても餌場を離れず異常な食欲を見せるとその晩か翌朝には天候が大きく崩れます。 雪が降るとなぜか気が荒くなります。

○ツルと色と音:タンチョウは犬をも攻撃する強い鳥。人間以外には成鳥の声明を脅かす動物はいませんが、卵やヒナにとって危険な動物は多くいます。カラスは一番の外敵。親ヅルがちょっと巣を離れた際に卵をくわえ去る。ノスリなどのタカ類、フクロウなどもタンチョウの卵やヒナにとって危険な敵、これらが飛来すると親ヅルは威嚇の鳴き合いをして追い払います。 野良ネコ、イタチ、キツネ、ミンクなどにも親鳥は共同で攻撃します。外敵を首尾よく撃退すると、しばらくの間、ツル達は勝鬨をあげるかのように鳴きながら走り回ります。

○ツルの寿命:昔から鶴、カメはめでたい動物とされ、千年、万年長生きするといわれてきましたがそんなに長生きする動物はいません。ヒグマ、キツネなどの哺乳類は歯に形成される年輪から年齢がわかりますが、タンチョウにはこのような方法がなく、明確な根拠はありませんが、せいぜい30~40年くらいだろうとみられています。


D-18 【タンチョウの保護増殖事業】

 タンチョウの給餌、生息数の一斉調査、監視等の保護増殖事業は環境庁の委託により北海道が実施しています。

 タンチョウの人工給餌事業は平成元年現在、釧路支庁管内24か所、根室支庁管内5か所、十勝支庁管内1か所の計30か所で行われています。 人工給餌は冬期間のタンチョウの餌不足を補うために行っているもので、昭和27年2月、阿寒町の人たちと、鶴居村幌呂小学校の先生、生徒によって始められたと言われています。10月から翌年3月末まで、30名の給餌人の方々がトウモロコシの給餌にあたっています。釧路支庁管内の給餌場は、釧路町1、浜中町
3、標茶町4、阿寒町6、鶴居村8、音別町2の計24か所で、約24トンのトウモロコシが配布されています。

 生息数の一斉調査は、昭和27年12月に33羽が確認されて以来、毎年12月5日を中心に全道一斉に行われ、生息数の推移、生息状況などを調査し、保護増殖事業の基礎資料としています。昭和63年12月の調査は、17市町村、283か所、1590名の協力を得て行われ、485羽(釧路469、根室7、十勝9)が確認されました。

 このほか、釧路、根室地域に11人の監視員が配置され、通年、監視や採鳥指導などにあたっています。昭和62年10月発足した環境庁釧路湿原国立公園管理事務所もこの保護増殖事業に参画しています。




読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について