目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

62 / 136ページ

D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②

○ノビタキ…鳴き方は上手ではないが、オスはとても美しく、小さいながら気品のある鳥。4月下旬頃南方から渡来し繁殖する。いつも地上から1~2メートルくらいの丈の草や低木類に止まる。飛んでいる虫を飛び上がって上手に捕らえることもする。
○キジバト…ヤマバトともいう。北海道では夏の鳥。まだ残雪のある3月末渡ってきて、デデポッポー、デデポッポーと低く眠そうに鳴く。木の実、夏の種子、穀類が主食だが幼虫を食べることもある。昔からキジバトはヒナを育てるとき「鳩乳」を飲ませることが知られている。鳩乳とは親鳥の食べた食物の消化したカユ状のものを口移しでヒナに飲ませること。
○ハクセキレイ…5月頃飛来しヒナを育て10月頃本州に渡って越年する。足を交互に出し、長い尾をひまなく振りながら歩き、飛ぶときはチチッ、チチッと鳴きながら波状形を描く。
○ノゴマ…夏鳥として渡来し泥炭地で繁殖している。雌雄の背面はオリーブ褐色で同色だが、雄の喉にはくさび形の大きな紅色斑があり、日の丸という別名がついているほどで、他の鳥とすぐ見分けが付く。


D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥

○カイツブリ科…釧路湿原では、夏鳥として普通なカイツブリ、アカエリカイツブリ、まれに旅鳥としてハジロカイツブリ、ミミカイツブリの4種がみられる。 5月頃本州から渡来し、常に水上生活をする。水草や藻を集めて皿型の浮き巣を作り、卵を5~6個生む。もぐることが上手で、小魚、水生昆虫、カエルなどを食べる。親鳥がヒナを背に乗せたまま泳いでいることもあり、親子が親密でほほえましい。
○ガン類…ガン類ではヒシクイが旅鳥として春秋、湖沼に立ち寄る。ヒシクイはシベリアの北で繁殖し、サハリン、北海道を経由して本州に渡るものや、日本海を横断して直接北陸地方に渡るもの、朝鮮経由で九州方面に渡るものなど3つのコースがあるという。ヒシの実を好んで食べるところからヒシクイと呼ばれるようになったとか。日中は湖沼、草原などで休んでいるが、常に1羽の見張りをおいて、他の鳥は頭を背羽の間に入れ、片足で立って眠っている。人などが近づくと警戒して、頭を高く垂直に立てて見張っている。
ガンは雁行(への字型)を描いて飛ぶ。
○カモ類…留鳥としてマガモ、カルガモ。コガモ、ヨシガモ、ホシハジロ、キンクロハジロは少数繁殖する留鳥だが大部分は冬鳥として渡来する。キンクロハジロの他は少ない。夏鳥はオシドリだが少ない。冬鳥は9種。ヒドリガモ、スズガモ、ホオジロガモは普通に見られるが、オナガガモ、ハシビロガモ、ビロ-ドキンクロ、ミコアイサ、ウミアイサ、カワアイサは少ない。他に旅鳥としてまれにシマアジが見られる。
 カモ類は一般に雄の法が美しいが、カルガモは雌雄同色。マガモの雄は青首といわれ、雌雄の色彩は全く異なる。
 俗にオシドリの契りといわれるが、オシドリは果たして一夫一婦であろうか。どうも群れの中では押すが少なくメスが多い。他のカモ類と同様オシドリも一夫多雌が本当らしい。


D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥

 ○カラス : 日本に定住あるいは渡来するカラス科の鳥は10種、そのうち7種が繁殖する。北海道にはカケス、ホシガラスなど5種が確認されていますが、なんといっても普通に見られるのはハシボソガラスとハシブトガラスです。
 両種の見分け方は、ハシボソガラスは細めのくちばし、ガァーッ、ガァーッとにごった声で鳴き、鳴くとき身体を上下させ、ハシブトガラスはくちばしが先まで太く、おでこがでっぱった感じ、カァー、カァとすんだ声で鳴く。
 カラスはいろいろは汚物、屍肉を食べるなど掃除屋として有益な面もないではないが、人間を相手に悪さをするほうが多い。「権兵衛がタネまきゃカラスがほじくる」とはよく言ったもので、カラスはとても利口で人間の弱点を知り尽くして、人間に近づき、つきまとい、人間から利益の何%かとピンハネしていく。
 ハシブトガラスは都会や集落の中、あるいはその周辺の高い木や鉄塔など人間社会により近いところに巣の持ち場があり、ハシボソガラスはこれより遠く離れた山間や海浜の林の中に巣の持ち場を定めています。
 小学校唱歌に「…7つの子があるからよ」と7つの卵を産むことになっていますが、ハシブトガラスで4~6子、ハシボソガラスはこれより少なく4~5子のタマゴしかモタナイといいます。
 ○ムクドリ … 湿原や丘陵地にも住みますが、秋になって寒くなると都市郊外に集まってきます。田畑の外注を好んで食べ害虫駆除に役立っています。夫婦仲が良く、雌雄交替で卵を温めたり、ヒナには両親で餌を与えるなど、他の鳥にくらべて繁殖条件がよいよいです。
 ムクドリは普通に見られますが、コムクドリは少ない。
 ○スズメ…スズメは人間と共に生きています。人家の軒や屋根裏などに巣を作り、食物と住宅が保証されている。そのくせ人間にはなかなかなれません。1回に5~6個のタマゴを生み、年に3~4回繁殖するので数が減少することはありません。
 スズメは朝寝坊で有名ですが、これも人家の周囲に住んで餌が豊富なせいかもしれません。昆虫やクモ類もとって食べるので庭の害虫駆除に貢献していますが、秋になると稲穂に集まってモミを食べるので害鳥になるところもあります。
 ニュウナイスズメは、夏鳥として湿原や丘陵地に住み、昆虫を主食としてヒナを育て、8月末から9月中旬には本州に渡り稲作被害を与えるといわれます。


D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①

環境区分 -- 夏鳥 -- 冬鳥 -- 留鳥

釧路湿原周辺の雑木林や低木林草原で主に見られる鳥

ツミ・チゴハヤブサ・クイナ・ヤマシギ・オオジシギ・キジバト・アオバト・ジュウイチ・カッコウ・ツツドリ・ハリオアマツバメ・アリスイ・ヒバリ・キセキレイ・ビンズイ・モズ・アカモズ・ミソサザイ・ノゴマ・コルリ・ノビタキ・トラツグミ・アカハラ・ウグイス・キビタキ・エゾセンニュウ・ シマセンニュウ・マキノセンニュウ・メボソムシクイ・エゾムシクイ・センダイムシクイ・オオルリ・サメビタキ・コサメビタキ・ホオアカ・シマアオイジ・アオイジ・オオジュリン・コカワラヒワ・ベニマシコ・ウソ・イカル・コムクドリ・ニュウナイスズメ

オジロワシ・オオワシ・キレンジャク ツグミ カシラダカ ケアシノスリ ハギマシコ

トビ ハイタカ ノスリ チュウヒ ハヤブサ タンチョウ エジライチョウ オオコノハズク エゾフクロウ エゾアカゲラ エゾオオアカゲラ コアカゲラ エゾコゲラ ハクセキレイ キクイタダキ シマエナガ ハシブトガラ ヒガラ コガラ シジュウカラ シロハラゴジュウウカラ キタキバシリ シメ ムクドリ ミヤマカケス ハシボソガラス ハスブトガラス クマゲラ

主に釧路湿原で見られる鳥

アオサギ カルガモ クイナ オオジシギ カッコウ アリスイ ハリオアマツバメ ヒバリ ビンズイ ノゴマ ノビタキ アカハラ ウグイス エゾセンニュウウ シマセンニュウ

カシラダカ ケアシノスリ

マガモ トビ ノスリ タンチョウ エゾアカゲラ エゾコゲラ ハクセキレイ シマエナガ ハシブトガラ ヒガラ シジュウカラ シロハラゴジュウカラ

【釧路湿原とその周辺で見られる野鳥】 …②
環境区分 -- 夏鳥 -- 冬鳥 -- 留鳥

主に釧路湿原で見られる鳥

コヨシキリ キビタキ センダイムシクイ シマアオジ アオジ オオジュリン コカワラヒワ ベmニマシコ ウソ ニュウナイスズメ コムクドリ

(ナシ)

キタキバシリ ムクドリ ハシブトガラス

河川や湖沼で見られる鳥

カイツブリ アオサギ アカエリカイツブリ カルガモ バン オオバン イソシギ ハリオアマツバメ ショウドウツバメ カワセミ

ヒシクイ オオハクチョウ コガモ ヒドリガモ オナガガモ ハシビロガモ キンクロハジロ スズガモ ホオジロガモ ミコアイサ ウミアイサ カワアイサ オジロワシ オオワシ ユリカモメ ミツユビカモメ

マガモ ヨシガモ ホシハジロ ノスリ タンチョウ オオセグロカモメ エゾヤマセミ ハクセキレイ ハシブトガラス トビ

湿原道路帯で見られる鳥

オオジシギ カッコウ ハリオアマツバメ ヒバリ ノビタキ シマセンニュウ マキノセンニュウ コヨシキリ シイマアオジ アオジ オオジュリン コカワラヒワ ベニマシコ

ケアシノスリ コチョウゲンホウ コミミズク マヒワ ベニヒワ ハイイロチュウヒ 

トビ ハイタカ ノスリ ハクセキレイ ハシボソガラス ハシブトガラス

D-13 【タンチョウの生活】…①

 日本のタンチョウの生息地は、道東の釧路、根室、十勝、網走支庁管内となっています。冬期(12月~3月)には、各地に分散していたタンチョウのほとんどが釧路、阿寒、鶴居の給餌場周辺に集まり越冬します。丹頂鶴自然公園の高橋良治さんの観察記録によるとタンチョウの生活は次の通りです。
○一夫一婦型 ・ 長い間番(つがい)関係を続け繁殖活動をしますが、片方が事故などで欠けると新たな番を作ることもあります。
○愛の語らい:2月中旬になると頭頂が大きく、鮮やかに輝きだし、夫婦のダンスや鳴き合いが頻繁になり繁殖を迎えます。ダンスは、身体を低める、飛び上がる、翼を広げるなど。鳴き合いは番で行い、雄が空を仰いでコーと一声発するとメスが二声カッ、カッと鳴き、コー、カッ、カッと聞こえ、20~30回連続するのが普通です。交尾は繁殖期の初めは早朝に一度が多く、3月上旬頃は午前、午後の2度。日に2度以上の交尾回数となる頃から営巣場所を捜し歩きます。産卵間近には日に3~4度の交尾となり、1タマゴ目を産出後m続き、2卵目を産むと交尾は終るのが普通です。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について