目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

59 / 136ページ

D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①

○ミヤマカケス…顔に似合わず鳴き方が上手。ニワトリやネコ、ときには人語も真似するあいきょう者だが、他の鳥のえさを横取りするずるかしこさもある。
 雑食性で特にナラ、ブドウ、コクワの実が好物。地面を歩行し昆虫やノネズミも食べる。食物を隠す習性があり、食道にたくさん飲み込んでそれをよそに運んで隠す。「カケスの植林」といって、カケスが秋、ナラの実(どんぐり)を食道いっぱいつめて他の場所に隠し、これが地上に落下し、母樹のないところにナラの若木が生えるといわれます。
○シジュウカラ…全体として灰色。首から下腹にかけて太い黒ネクタイ。すばしこい鳥で、枝から枝へと低いところを渡り歩き、越冬中の昆虫の卵や蛹などを食べるので、庭木の害虫を駆除する有難い鳥。春から夏にかけて森林で繁殖し、秋から冬にかけて小群をなして庭先に飛んでくる。
○ハシブトガラ…シジュウカラよりも小さく、北海道の丘陵地の林に住み、秋から冬には市街地にも来る。
○コガラ…ハシブトガラとほぼ同じ大きさで良く似ている。北海道から九州の山地の林に住む。コガラ、ハシブトガラともに軽快な動きをし、気が強い。ハシブトガラはコガラに比べ嘴が太い。
○アカゲラ…5月・6月頃森の中でカラカラカラン…という音をック。アカゲラが鋭い嘴で枯れ木をたたいて虫を探している。また、鋭い声で、キョッ、キョッと鳴く。単にキツツキ、ケラとも呼び、森の大工さんというところ。翼に逆八の字型の白斑があり、腹部は白く下腹が赤い。主食は昆虫、クモ類だが、ブドウなどの種子も食べ、警戒心の強い鳥。
○コゲラ…こげ茶の白の斑紋、スズメ位で一番小さなキツツキの仲間。ギィー、ギィーと軋るような鳴き方をし、森林に生息するが冬は平地でも見られ、人になつきやすい。
○コアカゲラ…アカゲラよりやや大きく、オスの頭頂は全体が赤く、体色は赤と白と黒のまだらのキツツキ。全国に住み、冬は平地にもおりてくる。
○ヤマゲラ…ハトくらいの大きさで、背面が緑色、下面は灰色味のある白色。青ゲラは背面はほぼ同じだが、下面に多数の黒っぽい斑点があり区別する。青ゲラは本州以南に住むが、ヤマゲラは北海道の平地から山地に住む。
○アリスイ…キツツキの仲間。その名の通りアリを吸うことに巧み。スズメより大きく前進灰色味をおびた褐色で、灰色、黒褐色の小斑紋がたくさんある。


D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②

○ヒヨドリ・夏は主として森林に生息し、冬になると里山、人家近くに来て、ピィッ、ピイッと高い声でなく。黒っぽく見えるすすけた灰色。飛ぶとき、短くて幅の広い翼をはばたいて体につけ、著しい波状飛行をする。
○キビタキ・夏鳥として5月ごろ飛来し、平地から森林内で繁殖する。他の鳥の鳴きまねもする変化の多い鳴き方のできる鳥。食物は昆虫類が主で、地上の昆虫を見つけると飛び降りて捕まえるとまたもとの枝に戻る習性がある。
○アカショウビン・釧路湿原では少ないが、ナンバンのように赤い鳥。5月ごろ飛来し、森林に生息し、樹洞や樹木の孔に酢を作り、6、7月頃白い卵を5,6個産む。カワセミ科に属し、もともと南方系の鳥。
○カッコウ:カッコウの初鳴きは、多少の差はあっても決まっており、(5月中・下旬)それが過ぎても聞かれない年は凶作だといわれた。カッコウの声はまだ長い冬の終わり、新緑の春の訪れを告げるもの。カッコウは自分では酢を作らず、他の鳥の巣に卵を産んでヒナを育ててもらう「託卵」という習性を持つことで知られている。6月はじめ頃、仮親とすべき鳥のよく鳴いている付近を偵察し、どの素に自分の卵を託すべくかをねらっている。
 狙いをつけた仮親が2、3個の卵を産んだ頃を見計らって、仮親の卵を1個取り出して捨て、自分の卵を産んで数を合わせておく。カッコウの卵は仮親の卵より1~3日早く負荷する。孵化したばかりのカッコウのヒナは全力を尽くして仮親の卵を巣外に弾きだす奇習がある。本能によるものとはいえ残酷な仕打ちでもある。仮親は自分の卵がカッコウの子に全部捨てられたことも知らずに、せっせとえさを運んで20~30日も子育てをする。
 仮親になるのはオオヨシキリ、コヨシキリ、モズ、ノビタキなどが最も多いという。
○ツツドリ・カッコウの仲間でカッコウより2週間ほど早く飛来し、ポンポンとなく。その習性はカッコウと同様他の鳥に託卵し、体はカッコウそっくりだが、腹部の横縞がカッコウよりあらい。森林内に住み昆虫を食べている。


D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①

○シマアオジ…4月頃飛来し10月ごろまで泥炭原野でヨシやススキの散生しているような環境を好んで生息する。ヨシやハンノキの枝に止まり、胸をはって、貴公子然として朝から夕方まで、ヒョー、ヒョー、チリ、チリ、チョウ、チョウ、ビリ、ビイヒョウとリズム感あふれる声で高らかに鳴く。
○ホオジロ…4月、木陰の雪も消える頃訪れ、林縁の疎開地や雑木林などで繁殖。繁殖期に雄は巣の近くの小木のこずえにとまって、胸を針、美声で、チョン、チョン、ピーッツ、チョン、チュリー、チョンと囀る。昔から、「一筆啓上仕り候」と聞きなされている。
○アオジ…平野から山地の樹林地で繁殖。ホオジロよりも陰性の土地を好む。あまり人目につかないが鳴き声は上品で美声。アオジは「蒿雀」とも書き、蒿は丈の高い草の意味で、その中に住む小鳥という意味である。
○オオジュリン…泥炭原野の湿性植物の生えている根元付近の地上に営巣する。枯れススキに止まって囀っているが、風や自体の重みで揺れると、尾をパッ、パッと開いてバランスをとる習性がある。この鳥は非常に臆病な鳥で、人を寄せ付けず、警戒心が強い。
○ヒバリ…3月の末、日当たりのよいところで、雪が解けたまだらに地面が見えるようになる頃、その頃、一番早く北海道を訪れる小鳥がヒバリである。北海道農業は揚雲雀の快調なメロディーにあわせて始まるといい、青空高く舞い上がり、ピーチク、ピーチクと鳴く。歌や句に多くよまれる。
○モズ…5月頃渡来し、キィー、キィー、キチ、キチと絹を裂くような声でなく。警戒心が強く、酢の場所を誇示しやかましく鳴く。目が鋭く、嘴は鋭いかぎ形。肉食で他の鳥を追い回すなど乱暴な鳥。地面すれすれに低く飛び、舞上がり気味にして木の梢にとまる習性がある。
○ココヨシキリ…主に湿原などの草原で繁殖する夏鳥。地上20~30センチくらいの低いところの茎に巣を作る。湿原で多く見られるが、コヨシキリより大形のオオヨシキリは少ない。ヨシキリ類の巣のあるところには、カッコウがきまって、託卵をねらって偵察している。
○エゾセンニュウ…トッピンカケタカ、トッッピンカケタカ…と昼夜をわかたず鳴く。沢沿いのササ地や湿原の草地の中を飛び回るので、声はすれども姿は見えずで姿を見ることは難しい。シマセンニュウとともに夏鳥として普通だが、シマセンニュウはエゾセンニュウよりも少し小さく、鳴き方が違う。


D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②

○ノビタキ…鳴き方は上手ではないが、オスはとても美しく、小さいながら気品のある鳥。4月下旬頃南方から渡来し繁殖する。いつも地上から1~2メートルくらいの丈の草や低木類に止まる。飛んでいる虫を飛び上がって上手に捕らえることもする。
○キジバト…ヤマバトともいう。北海道では夏の鳥。まだ残雪のある3月末渡ってきて、デデポッポー、デデポッポーと低く眠そうに鳴く。木の実、夏の種子、穀類が主食だが幼虫を食べることもある。昔からキジバトはヒナを育てるとき「鳩乳」を飲ませることが知られている。鳩乳とは親鳥の食べた食物の消化したカユ状のものを口移しでヒナに飲ませること。
○ハクセキレイ…5月頃飛来しヒナを育て10月頃本州に渡って越年する。足を交互に出し、長い尾をひまなく振りながら歩き、飛ぶときはチチッ、チチッと鳴きながら波状形を描く。
○ノゴマ…夏鳥として渡来し泥炭地で繁殖している。雌雄の背面はオリーブ褐色で同色だが、雄の喉にはくさび形の大きな紅色斑があり、日の丸という別名がついているほどで、他の鳥とすぐ見分けが付く。


D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥

○カイツブリ科…釧路湿原では、夏鳥として普通なカイツブリ、アカエリカイツブリ、まれに旅鳥としてハジロカイツブリ、ミミカイツブリの4種がみられる。 5月頃本州から渡来し、常に水上生活をする。水草や藻を集めて皿型の浮き巣を作り、卵を5~6個生む。もぐることが上手で、小魚、水生昆虫、カエルなどを食べる。親鳥がヒナを背に乗せたまま泳いでいることもあり、親子が親密でほほえましい。
○ガン類…ガン類ではヒシクイが旅鳥として春秋、湖沼に立ち寄る。ヒシクイはシベリアの北で繁殖し、サハリン、北海道を経由して本州に渡るものや、日本海を横断して直接北陸地方に渡るもの、朝鮮経由で九州方面に渡るものなど3つのコースがあるという。ヒシの実を好んで食べるところからヒシクイと呼ばれるようになったとか。日中は湖沼、草原などで休んでいるが、常に1羽の見張りをおいて、他の鳥は頭を背羽の間に入れ、片足で立って眠っている。人などが近づくと警戒して、頭を高く垂直に立てて見張っている。
ガンは雁行(への字型)を描いて飛ぶ。
○カモ類…留鳥としてマガモ、カルガモ。コガモ、ヨシガモ、ホシハジロ、キンクロハジロは少数繁殖する留鳥だが大部分は冬鳥として渡来する。キンクロハジロの他は少ない。夏鳥はオシドリだが少ない。冬鳥は9種。ヒドリガモ、スズガモ、ホオジロガモは普通に見られるが、オナガガモ、ハシビロガモ、ビロ-ドキンクロ、ミコアイサ、ウミアイサ、カワアイサは少ない。他に旅鳥としてまれにシマアジが見られる。
 カモ類は一般に雄の法が美しいが、カルガモは雌雄同色。マガモの雄は青首といわれ、雌雄の色彩は全く異なる。
 俗にオシドリの契りといわれるが、オシドリは果たして一夫一婦であろうか。どうも群れの中では押すが少なくメスが多い。他のカモ類と同様オシドリも一夫多雌が本当らしい。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について