目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

54 / 136ページ

D-1 【釧路湿原の動物相】

 釧路湿原は、特別天然記念物タンチョウをはじめ、氷河期の遺存種で北方系のキタサンショウウオ、エゾカオジロトンボ、イイジマルリボシヤンマなど多くの希少種、貴重種が生息し、豊かな動物相を形成しています。釧路湿原の保全はこれら野生動物の保護の上からも重要です。釧路湿原とその周辺部を含めて、現在までに確認されている動物は次の通りです。
(ア)哺乳類:小型のものではネズミ類、野生化したミンクのほか、周辺部にはウサギ、リスの類、キタキツネ、エゾシカなど9科24種が生息。
(イ)両生類:注目すべきキタサンショウウオの他エゾサンショウウオ、エゾアカガエル、アマガエルの3科4種が生息する。
(ウ)爬虫類:トカゲ、シマヘビ、アオダイショウ、カナヘビ、ジムグリの3科5種が生息する。
(エ)鳥類:特別天然記念物タンチョウ、天然記念物オジロワシ、オオワシなどのほか水鳥類も多く38科164種が確認されています。
(オ)魚類:日本最大の淡水魚、幻の魚と呼ばれ、絶滅が危惧されるイトウはじめ、釧路川本流域に23種、支流域に15種、湖沼には17種が生息し全体では11科30種が確認されている。
(カ)昆虫類:北海道だけに分布する北方系種のエゾカオジロトンボ、イイジマルリボシヤンマなどトンボ類46種、蝶類84種、ガ類892種、その他121種、合計で1,142種が記録されています。
----------------------------------------------------------
わが国に生息する野生動物の概要(環境庁自然保護局資料)
【動物】哺乳類130種(うち鳥獣保護法対象種 79種)
    鳥類506種(うち鳥獣保護法対象種506種)
    両生類50種
    爬虫類80種
    魚類(淡水) 約180種
    昆虫類    約10万種
    くも類    1000種
    貝類(海産を除く)約730種
    十脚類(海産を除く)約150種
【植物】 約5500種(シダ以上の高等植物)

D-2 【釧路湿原の哺乳類】

 鹿は偶蹄目(ぐうていもく)シカ科シカ属に分類され、北海道にはエゾシカ、本州にはホンシュウジカ、四国、九州にはキュウシュウジカが、屋久島にはヤクシカが生息します。北海道に住むエゾシカが最も大きく、南にいくに従い小型になります。低温動物は、同じ種でも、近縁種の間でも寒冷地程大型になる傾向があるというベルクマンの規則の例といえます。体重に対する対表面積の割合を小さくして耐熱の発散を防ぐものと説明されています。エゾシカはいわば寒冷地仕様と言うわけです。シカの生息地は、雪の少ないミヤコザサ地帯に多く、北海道の日本海側や、本州では東北地方日本海側など雪の多いところには少ないようです。
 湿原とその周辺部に住む哺乳類は大型のものではシカのほかヒグマ、中型ではキタキツネ、エゾタヌキ、エゾユキウサギなどがあります。小型のものではホンドイタチ、コエゾイタチ(イイズナ)、エゾイタチ(オコジョ)のほか野生化したミンクが生息します。ネズミでは、ミカドネズミ、エゾヤチネズミ、エゾアカネズミのほかにモグラに近い仲間のトガリネズミが住んでいます。樹木に被害を与えるのは湿地を好んで住むエゾヤチネズミです。
 なお、ニホンカモシカ、ニホンザルは青森県下北半島が北限で北海道には生息しません。

D-3 【エゾシカの生活】

 日本に住むシカではエゾシカが最も大きく80kg以上、ホンシュウジカは60~70kg、キュウシュウジカは50kg以下でヤクシカはこれより更に小さくなります。
 エゾシカの方までの高さは100cmくらい、角は雄だけにあり長さ75センチで毎年生え変わります。満1歳までは角は生えず、2歳から生え始め3歳であの立派な枝分れした角になります。
 シカの生活場所は林の中や周辺部から草地ですが、ササや低木の葉を好んで食べ、えさが不足すると木の皮や里に出て農作物も食べます。冬、積雪の多い地帯では採食活動が困難なため生息数は少なくなります。
 シカは警戒心の強い動物で、常に耳をそばだてて周りを見渡し、危険を察知すると鋭い声で仲間に知らせ、尻鏡(しりかがみ、真っ白な尻)を開きいち早く逃げ出します。山野ではよく等高線に沿ったシカ道(けもの道)が見られ、また、ほぼ同じ場所で多く見かけます。行動圏が決まっているのかもしれません。最近は、シカと車の交通事故が多発しています。シカが増えたからなのか、あるいは車道がシカの通り道を分断した結果なのでしょうか。
 アイヌの人々はエゾシカを、”神が天上でウサギ狩りをする時の猟犬”として崇めていたといいます。

【エゾシカの解剖・生理学的特徴】

枝角:雄のみに生える。かたい骨組織で、盛り上がった角座や肉茎に支えられる。毎年伸び毎年抜け落ちる。 1年仔には見字威嚇まっすぐ伸びた1本角(spikes)が映える。 年齢が進むとともに枝分かれし、枝角が大きくなるにつれて後方に傾斜する。枝角の大きさは、その個体の体調や栄養の適否にも影響される。発育中の枝角は多数の血管が分布しており、細かい毛に包まれた軟毛皮(袋角)に覆われているが、秋になると血管はひからびてしまい、軟毛皮はこすり落とされてしまう。

歯式: i(門歯)・c(犬歯)・p(前臼歯)・m(後臼歯) =0・1・3・3  3・1・3・3=34
乳頭 = 4つ
胃 =4室、第1胃(留胃) 、第2胃(蜂巣胃)、第3胃(葉状胃)、第4胃(腺胃)で反芻を行う
眼下線腺 = 目の下に位置する皮脂腺。 分布物をコミュニケーションに利用する。
行動・小グループを作り社会生活をする。交尾期にはハーレムを作るが、この時期のオスは凶暴である。袋角がとれると枝角を武器に、雄同士で、雌を支配するために戦い、あるいは侵入者からテリトリーを守るために闘う。
食餌:草食動物。草、小枝、葉、樹皮、若枝などいろいろな植物を食べる。

D-4 【湿原のエゾシカ】

 エゾシカは湿原周辺の丘陵地に生息しますが、臆病で用心深く、日中はなかなか人前に姿を現しません。古くから狩猟の対象として、あるいは森林の樹木や農作物を食い荒らす有害獣として人間に常に追い回されてきたからかもしれません。
 彼らは、繁殖期を除き、母と子の「メス群れ」と雄鹿からなる「オス群れ」のそれぞれの群れで生活しています。群れの中には見張り役がいて危険が迫ると「キョーン」と鋭く鳴き一斉に逃げ出します。
 御酢の角は5月ごろ根元から抜け落ち、袋角と呼ばれる丸みのある柔らかい角に生え変わり、8月頃まで成長を続け、あの立派な枝分れした角になります。角は外的から実を守る武器というより、結婚相手を求めるとき、押す同士が優劣を競うシンボルだと考えられています。秋、10月の繁殖期、雄シカは雌を求めて「ピュイヨー」と甲高く鳴きます。身ごもったメスジカは翌年の初夏、群れから離れ、丘陵地の奥でひっそりと出産します。
 夏、明るい茶色に白い斑点模様だった体毛も9月末ごろには黒褐色の固い冬毛となり、オスの角も固く角質化します。厳しい冬をすごす彼らは、雪ノ下からミヤコザサを堀り、低木の冬芽、樹皮などを食べ、春の訪れを待ちますが、食べ物が不足すると里に姿を現し、農作物に被害を及ぼすことにもなります。


D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類

 齧歯とはくさび状の歯という意味ですが、この仲間は、前歯の真ん中の上下4本の門歯がくさびのように鋭く延びています。この歯はとても丈夫で、固い木の実や種を割って食べるのに便利ですが、一生延び続ける性質があり、放っておくと上顎や下顎に食い込んでしまします。そこでこの仲間は、始終固い木や木の実をガリガリかじっては葉の長さを調節しなければなりません。
 日本に住むリス科の仲間は大きく2つのグループに分かれます。一つは、前脚と後ろ足の間に滑空するためのまく(飛まく)があるムササビ、ももんがの仲間で、彼らは飛まくを広げて、グライダーのように空中を移動します。もう一つは飛まくのないリスの仲間です。リスは尾を使ってバランスをとり枝から枝へ飛び移ることもできますが、動きの特徴は、鋭い爪を使って木上を走り回ることです。
 北海道に住むエゾリスとシマリスは、同じ森の中でも、樹上と地上とに分かれて住んでいます。エゾリスは主に樹上で暮らし、木の芽や葉、木の実を前脚でもぎ取って食べますが、シマリスはほとんど木に登らず、地上を走り回って、落ちている木の実を食べます。それに主食と成る木の実の種類が異なり、エゾリスは主にクルミの実、シマリスは主にドングリ(カシワ、ミズナラの実)です。秋の終り、エゾリスが地上に降りてきても木の実を奪い合うことはほとんどありません。
 蝦夷リスとシマリスの最も大きな違いは冬の過ごしかたです。エゾリスは冬の間でも活動していますが、シマリスは土の中に掘ったねぐらにこもって、たくわえておいた木の実を食べては眠る冬護守に入ります。ですから、雪ノ下に埋もれた木の実はエゾリスだけのものになるわけです。

*エゾリス…北海道の森林に住みますが、あまり高い山にはいません。二ホンリスよりやや大きく、毛深く、黒みが強いのが特徴です。冬ごもりはしません。夏、冬で毛がわりします。冬は耳に長い毛が伸び、夏にはその毛が抜け落ちます。 体長約25センチ、尾の長さ約20センチ

*シマリス…北海道の草原、森、高山にかけて住んでいます。背中に走っているシマは地上では保護色の役目を果たしていると思われます。口の中に袋(ほほぶくろ)があって、そこに木の実をつめてねぐらに運びます。冬はねぐらにこもって冬ごもりします。 体長約14センチ、尾の長さ約12センチ



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について