目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

51 / 136ページ

C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)

 ヒシの実は「kisara(その耳を)・tarara(立てている)・pekanpe(ヒシの実)」というように、見る人に生き物を想像させる何とも奇妙な形をしています。がく片が変化した長く太く丈夫な刺があります。いつ、どこが、どうなってこんな形の実が出来上がるのでしょうか。熟した実は落ちやすく、落ちると水の底に沈み、刺が錨のような役目を果たし、泥に食い込んで固定し翌年芽を出します。茎は水面まで細く長く伸び、その先にたくさんの菱形の葉が集まって広く水面を覆います。長い葉柄の中ほどが膨らんで浮き袋の役目を果たします。8月上旬より白色の花を開き、8月下旬より熟します。「水中にもぐると茎が身体にからみ、実も引き寄せられ、チクチクあたって痛くて大変」という話を聞きました。
 ヒシの実はアイヌにとって最も重要な食料の一つで、採る前に紙に許しを乞い、感謝する儀式"ペカンペ祭"をしました。採取は水に落ちた実を集めたり、沈んだ実は冬、凍った湖面に穴を開け、長い柄のついた手網ですくいあげました。収穫した実は乾燥して貯蔵し、食べる時には、茹でてそのまま皮をむいて食べたり、皮をむいて中の澱粉質の白い実を出して粥を作りました。その中にギョウジャニンニクの干した芽を刻んだものやオオウバユリの根を臼でついて干し固めたものを砕いて入れて炊いて食べたりしました。


C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ

 知里真志保博士によれば「アイヌ語では木や草の部分部分の菜はあるが、その木、その草全体を表す名称は存在しなかった。生活に利害関係を有する植物にのみ名がつき、しかもその利害関係を有する部分にのみ先ず名がつきます。」
 ノリウツギについてもほとんどがその茎に付けられた名です。

・rasupa (槍の柄と穂先を継ぐ棒) ─茎、─胆振、日高、足寄、美幌、斜里、名寄。
・rasupa-ni (ラスパを作る木) ─茎、─長万部、幌別、足寄。
・opsa (op・槍 - sa・前) ─茎、─萩伏、宇原川、様に、屈斜路、常呂。
・kirneni(kir・髄-ne・になている-ni・木) ─茎─真岡。
・kisirini(きせる・木) -茎-真岡。

ノリウツギの材で槍、矛、銛の柄と穂先を継ぐ棒を作り、この木の柔らかい髄(中心部)を抜いて煙管を作ったり、火バサミ、火箸、へら箸、編み針、花矢、矢の柄なども作りました。いずれも茎が使われ、それに対して名が付けられました。
 針金などで簡単に中空になる芯(髄)を持つ木、また和紙をすくための糊がとれるので、”糊空木”。和名の法もアイヌ語の名前の付け方に似ています。
 純白な木質を生かしたペンダント、指輪など民芸土産品として有名なサビタ細工ですが、近年材料の入手難で、余り見ることがないと聞きます。

C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】

 マコモはイネ科の大型多年草で、高さは1.5~2.5メートルにもなり、ヨシを越え、ヨシに比べ葉も長く幅広で緑も濃く、ヨシの穂は垂れるがマコモは真っ直ぐ立ち、冬は、ヨシは立ち枯れ田ままですがマコモは倒伏します。湿原の湖沼や春採湖に自生し、シラルトロ沼が分布の東限といわれています。
 マコモの実"ワイルドライス"は黒褐色で細長く普通の米の2倍の大きさで、とても硬く、やわらかくするのに時間がかかり、たっぷりの水でじっくり煮るとか、水に一晩つけておくなどの工夫が必要です。
 カナダインディアンはマコモの実を食料にし、アメリカにも輸出され、今でも料理の付け合せやスープなどに使われ、高価なグルメ材料として珍重されているようです。マコモ属はアフリカ、インド、中国など広く分布し、昔から多くの民族が食料として利用して来ました。
 アイヌ民族はマコモ
の実を食用にしたのでしょうか。アイヌ民族がマコモをどの様に呼んでどのように利用したのか明確なことは解っていませんが、120種以上の植物を食用として利用したと言われています。この中に入っていることも想像できます。
 マコモはまた漢方薬として著名で、二日酔いに良く効くそうです。


D-1 【釧路湿原の動物相】

 釧路湿原は、特別天然記念物タンチョウをはじめ、氷河期の遺存種で北方系のキタサンショウウオ、エゾカオジロトンボ、イイジマルリボシヤンマなど多くの希少種、貴重種が生息し、豊かな動物相を形成しています。釧路湿原の保全はこれら野生動物の保護の上からも重要です。釧路湿原とその周辺部を含めて、現在までに確認されている動物は次の通りです。
(ア)哺乳類:小型のものではネズミ類、野生化したミンクのほか、周辺部にはウサギ、リスの類、キタキツネ、エゾシカなど9科24種が生息。
(イ)両生類:注目すべきキタサンショウウオの他エゾサンショウウオ、エゾアカガエル、アマガエルの3科4種が生息する。
(ウ)爬虫類:トカゲ、シマヘビ、アオダイショウ、カナヘビ、ジムグリの3科5種が生息する。
(エ)鳥類:特別天然記念物タンチョウ、天然記念物オジロワシ、オオワシなどのほか水鳥類も多く38科164種が確認されています。
(オ)魚類:日本最大の淡水魚、幻の魚と呼ばれ、絶滅が危惧されるイトウはじめ、釧路川本流域に23種、支流域に15種、湖沼には17種が生息し全体では11科30種が確認されている。
(カ)昆虫類:北海道だけに分布する北方系種のエゾカオジロトンボ、イイジマルリボシヤンマなどトンボ類46種、蝶類84種、ガ類892種、その他121種、合計で1,142種が記録されています。
----------------------------------------------------------
わが国に生息する野生動物の概要(環境庁自然保護局資料)
【動物】哺乳類130種(うち鳥獣保護法対象種 79種)
    鳥類506種(うち鳥獣保護法対象種506種)
    両生類50種
    爬虫類80種
    魚類(淡水) 約180種
    昆虫類    約10万種
    くも類    1000種
    貝類(海産を除く)約730種
    十脚類(海産を除く)約150種
【植物】 約5500種(シダ以上の高等植物)

D-2 【釧路湿原の哺乳類】

 鹿は偶蹄目(ぐうていもく)シカ科シカ属に分類され、北海道にはエゾシカ、本州にはホンシュウジカ、四国、九州にはキュウシュウジカが、屋久島にはヤクシカが生息します。北海道に住むエゾシカが最も大きく、南にいくに従い小型になります。低温動物は、同じ種でも、近縁種の間でも寒冷地程大型になる傾向があるというベルクマンの規則の例といえます。体重に対する対表面積の割合を小さくして耐熱の発散を防ぐものと説明されています。エゾシカはいわば寒冷地仕様と言うわけです。シカの生息地は、雪の少ないミヤコザサ地帯に多く、北海道の日本海側や、本州では東北地方日本海側など雪の多いところには少ないようです。
 湿原とその周辺部に住む哺乳類は大型のものではシカのほかヒグマ、中型ではキタキツネ、エゾタヌキ、エゾユキウサギなどがあります。小型のものではホンドイタチ、コエゾイタチ(イイズナ)、エゾイタチ(オコジョ)のほか野生化したミンクが生息します。ネズミでは、ミカドネズミ、エゾヤチネズミ、エゾアカネズミのほかにモグラに近い仲間のトガリネズミが住んでいます。樹木に被害を与えるのは湿地を好んで住むエゾヤチネズミです。
 なお、ニホンカモシカ、ニホンザルは青森県下北半島が北限で北海道には生息しません。

読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について