目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

47 / 136ページ

C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②

 北方の諸民族にとって湿原は、"そのまま"でも生産性の高い土地であったようです。
植物だけでみても、例えばカナダインディアンはヨシを原料の一部としてパンを作り、マコモの実、ツルコケモモの実などを食用にしました。また、アイヌ民族においてもその生活と関連する植物は多く、知里真志保博士は472種を挙げています。衣類、燃料、食料、丸木舟、薬、木幣、住居、道具などに利用した植物は、湿原、湿原周辺に限ってみても多数にのぼります。
 アイヌ民族が、ツルコケモモの湿原を「katam-sar」、ヨシ湿原は「sar」、ガマやスゲの多いところを「kina-usi」、林間の湿地を「nitat」、川沿いのものを「perkere」、クマやシカなど大型の獣が水浴びするためのたうちまわるような所(ヌタ場)を「pesa」と呼び分けたと聞くとき、湿原の人々の生活とのかかわりの豊かさを感じるのです。


C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①

 湿原は、"水面の見えないダム"とも言われますが、ちょうどスポンジに水を十分しみこませた状態と言われるように保水機能を持っています。大正の大水害は別としても、これまで私たちがそれと気づかないうちに、大雨を吸収して洪水被害を防いでくれたことがあったに違いありません。今も釧路湿原は、釧路川水系の遊水地として、災害防除のための重要な機能を果たしています。
 カナダ東部地方五大湖周辺は、湖の存在が気候を緩和していると聞きますが、"水面の見えないダム"湿原も全く同じような効果、機能を地域的な気候に対してもっているはずです。例えばタンチョウが生息することは凍らない水域があることを意味し凍らない水域があるということは湿原のもつ保熱能力をあらわすといえるでしょう。サロベツ湿原のデータでは、水が十分に含まれる湿原では日中の保熱量が大きく、夜間の温度低下量が乾燥した湿原よりもはるかに少ないことが示されています。アメリカはフロリダのエバーグレースでは、地下水位が下げられたため、地域の気温が低下してフロリダで霜が降りるという結果が生じたため、再び水位を上げて気候緩和能力を保持させたという例もあるのです。
 今後、湿原そのものの持つこの保水、保熱機能を生かした新たな利用が考えられるかもしれません。

【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用②
 低層湿原を代表するヨシ群落は、近年、水質浄化のための、いわばバイオフィルターとしての効用を認められ、小規模な廃水処理への利用が考えられています。オランダなどで実験的研究が行われているとのことです。
 また、ミズゴケの持つ吸湿性、断熱性を利用して古くから家屋の充填材や断熱材として用いられ、時にはホウタイや脱脂綿の代用品として医療用にも使われました。
 湿原の産物、泥炭の利用で知られるのは燃料としての利用です。東北地方では古くからサルキまたはサルケ(アイヌ語起源で「燃える土」)と呼ばれ燃料として使われ、北海道でも少し前まで泥炭ストーブがありました。ヨーロッパなどでは今でも泥炭発電所があるということです。
 その他泥炭の持つ吸湿、吸着という性質を利用して、オイルフェンスや、栽培漁業用に、余分な飼料を吸着して水質の汚濁を防ぐための吸着剤などとしても使われています。また、中国では土壌改良剤として広く使われているとのことです。

C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①

 食用(120種以上) …オオウバユリ、ギョウジャニンニク、ニリンソウ、ヤブマメ、エゾエンゴサク、ヒシなどが著名。
 住居用(20種以上) …屋根、壁、簾(すだれ)、柱、敷物、ゴザとその模様、垣。
 衣類用(20種前後) …織物とその模様、糸、沓下、脚絆、雨具、靴、わらじ、草履、靴の中にいれる保温材、下駄、笠、平紐。
 道具用(80種以上) …盆、木鉢、組、杓子、ひしゃく、へら、臼、杵、手桶、水汲桶、チンキ(小型の容器)など炊事用、食事用の道具、生活上の木工品、火気を扱うための道具、刃物の柄や鞘、弓矢を作るために、また、灯火、燃料、粘着材、矢毒用にと、様々な用途に、多くの植物が利用された。
 遊具用(14種余り) …ヨブスマソウ、ミミコウモリ、タンポポ、オオバコ、イケマ、キツリフネ、エゾムラサキツツジ、ムラサキツリバナ(クロツリバナ)、ハマナス、ナガバヤナギ、サイハイライン、チシマザサ、ヤマドリゼンマイなど。
 タバコ用(6種あまり)…ノブキ、イソツツジ、キバナシャクナゲ、エゾスカシユリ、コタニワタリ、ヤマブドウなど。
 薬用(100種以上) …特にギョウジャニンニクはあらゆる病気に用いた。現在でもその効用が認められている植物もある。

  【アイヌ民族における有用植物】…②
 呪術用(40種以上) …臭気や毒のある植物、味にくせのある植物、棘のある植物に除魔力を認め、木幣、墓標、お守り(人形など)、杖などに使ったり、飲食したり、立てたり、つるしたり、あるいは枕に詰めたり、火をつけたり、撒いたりして魔よけに用いた。臭気のある植物…ギョウジャニンニク、ナナカマド、エゾニワトコ、イブキボウフウ、エゾウワミズザクラ、エゾヨモギ、クルマバソウ、ナギナタコウジュ、エンジュ、エゾハッカなど。毒のある植物…イケマ、ドクゼリなど。味に癖のある植物…センダイカブラ。棘のある植物…タラノキ、ゴボウの実など。

 他に、樹液の出る植物(イタヤなど)は乳が出るように、また、果皮のはじける植物(キツリフネ)、大きく伸びる植物(ハイケイソウ)は子供がはじけるように元気であるように、大きく、すくすく伸びるように祈願するために用いられたとのことです。
 時節などの判断用…アヤメの花が咲けば魚が上がってくる。フクジュソウの花が咲き出すとイトウが上がってくる。エゾヤマハギの花の咲き始めにマス、散ってからサケがあがる。エゾノシシウドの花が咲き出す頃までにマスがとれなければその歳のマス漁は見込みが無い。


C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】

 ヨシで葺いた家をアイヌ語で、むンチセ(草・小屋)、きチセ(ヨシ・小屋)といい、ヨシは屋根を葺いたり、壁材に使ったり、すだれも編みました。秋になると鎌と荷縄を持ってヨシを刈りに行くのが婦人たちの重要な仕事でした。
 1989年3月25日の北海道新聞に次のような記事が載りました。 「"チセは省エネ住宅" 高い保温効果(アイヌの知恵を実証)…『アイヌ住居の長期温度測定』 宇佐美道教育大講師が建築学会で発表─
 旭川市郊外に復元されたチセを使って二年前から実施。一方のちせの土間では、氷点下30度にまで下がった厳冬期でも、消えない程度の微弱な火をつけ続け、全く火を使わないもう一方のチセの住居内部の地温、室温を観測記録した。その結果、測定期間中、火を使ったチセの地温は一回も氷点下にならず、1・2月の平均地温は2.1度を保ち、同時期の両チセの地温差は6.6度。時間ごとの地温変動率は火を使わないチセのほぼ1/3にとどまった。また、同期間の室温は火を使った方が氷点下5.6度、もう一方が同12.3度と6.7度の差があり、地温と室温の差はほぼ相関関係にあることも明らかになった。アイヌの伝統的な住居チセの暖房効果がいかに優れているかを研究してきた宇佐美さんは、チセの知恵を今後、現代建築に生かし、省エネ住宅の実現を模索していきたい」という。


 ヨシを壁にした小屋にいると、低気圧がきて天候が変わるときには、茎の中の空気が変化するので音がして天気予報になったといいます。
 他に笹で葺いた「ウらシチセ(笹・小屋)」樺皮で葺いた「たッチセ(樺皮小屋)」などがあります。

 チセ(家) :伝統家屋は、このように母屋に張り出しがつけられることが多い。母屋の横には子熊を飼育するオリ、その隣には乾燥させた食料を保zんする高床の小屋がある。オリをヘベレセッ、高床小屋をブーという。母屋とブー、ヘベレセットの間の奥にヌサ(祭壇)がある。

C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)

 ヒシの実は「kisara(その耳を)・tarara(立てている)・pekanpe(ヒシの実)」というように、見る人に生き物を想像させる何とも奇妙な形をしています。がく片が変化した長く太く丈夫な刺があります。いつ、どこが、どうなってこんな形の実が出来上がるのでしょうか。熟した実は落ちやすく、落ちると水の底に沈み、刺が錨のような役目を果たし、泥に食い込んで固定し翌年芽を出します。茎は水面まで細く長く伸び、その先にたくさんの菱形の葉が集まって広く水面を覆います。長い葉柄の中ほどが膨らんで浮き袋の役目を果たします。8月上旬より白色の花を開き、8月下旬より熟します。「水中にもぐると茎が身体にからみ、実も引き寄せられ、チクチクあたって痛くて大変」という話を聞きました。
 ヒシの実はアイヌにとって最も重要な食料の一つで、採る前に紙に許しを乞い、感謝する儀式"ペカンペ祭"をしました。採取は水に落ちた実を集めたり、沈んだ実は冬、凍った湖面に穴を開け、長い柄のついた手網ですくいあげました。収穫した実は乾燥して貯蔵し、食べる時には、茹でてそのまま皮をむいて食べたり、皮をむいて中の澱粉質の白い実を出して粥を作りました。その中にギョウジャニンニクの干した芽を刻んだものやオオウバユリの根を臼でついて干し固めたものを砕いて入れて炊いて食べたりしました。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について