目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

40 / 136ページ

C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】

 湿原丘陵部に成育する樹木の種類は以外に多く、次のようなものがみられるのでFIELDで確かめてみよう。なお、カッコ書きは別名、通称など。
 オニグルミ・ケヤマハンノキ(ヤマハン)・ハンノキ(ヤチハン)・シラカンバ(シラカバ)・ミズナラ・ハルニレ(ニレ・アカダモ)・ヤマグワ・カツラ・コブシ・ホウノキ・ノリウツギ(サビタ)・エゾノコリンゴ(ヒロハオオズミ)・エゾヤマザクラ・シウリザクラ(シウリ)・アズキナシ(カナスギ)・ナナカマド・イヌエンジュ(エンジュ)・キハダ(シロコ)・ヤマウルシ(キウルシ)・ツリバナ(エリマキ)・エゾイタヤ(イタヤカエデ・イタヤモミジ)・ヤマモミジ(モミジ)・シナノキ(シナ)・ハリギリ(セン)・ヤチダモ(タモ)・アオダモ・ハシドイ(ドスナラ・ヤチカンバ)・ヤナギ科はヤマナラシ・ドノロキ・ネコヤナギなどがあります。 上の物はすべて広葉樹ですが、天然に見られる針葉樹はほとんどなく、植林されたものではトドマツ・アカエゾマツ・カラマツなどがみられます。


C-9 【釧路湿原の花暦】…①

4月上~5月上 フクジュソウ
4月~5月 チシマネコノメソウ、ネコヤナギ
4月下~5月中 キバナノアマナ、アズマイチゲ、ザゼンソウ
4月下~5月した エゾエンゴサク、ヒメイチゲ
5月 アキタブキ、ヤチヤナギ、ミズバショウ、レンブクソウ、フツキソウ、キタコブシ
4月~6月 キジムシロ、ハンノキ
5月~6月 ヤチダモ、ニリンソウ、ミドリニリンソウ、フデリンドウ、ヒラギシスゲ、オオバナノエンレイソウ、ミヤマエンレイソウ、コミヤマカタバミ、ワタスゲ、ヒメワタスゲ、オニグルミ、ミズナラ、シラカバ、エゾオオサクラソウ、チゴユリ、エンコンソウ、ホロムイツツジ、オランダガラシ、エゾキケマン、クシロワチガイソウ、ガンコウラン、ツルネコノメソウ、エゾネコノメソウ
5月下~6月 エゾクサイチゴ、マイズルソウ、キジカクシ、エゾノウワミズザクラ、ツバメオモト
5月下~7月した ミツガシワ
6月上~78月 オオヤマフスマニシキギ
6月上~8月 クロユリ
6月中~7月上 エゾニワトコ
6月~7月中 コツマトリソウ
6月下 マユミ
6月下~7月中 ミツバウツギ


C-10 【釧路湿原の花暦】…②

6月 クロハツリバナツリバナヒオウギアヤメ、ヤマグワ、ズダヤクシュ、エゾスグリ、イチイ、ルイヨウボタン、ヤマブドウ、アカミノルイヨウショウマ、オオアマドコロ、スズラン、スミレ
6月~7月 クサノオウ、ユキサギチョウセンゴミシ、ウメガサソウ、オオヤマオダマキ、コンロンソウ、クスロハナシノブ、コケイラン、アオチドリ、ヒメシャクナゲ、コケモモ、ツルコケモモ、クロミノウグイソカグラ、フタマタイチゲコウライテンナンショウ、カラフトイバラ、トキソウ、ハリエンジュ、ギンリョウソウ、フタリシズカ、ヒトリシズカ、ヒメカイウ、クロイチゴ、オオタカネイバラ、
6月中~7月 エゾイソツツジ、、クルマバツクバネソウ、エゾゼンテイカ、
6月下~7月 ハシドイ、カンボク、ベニバナヤマシャクヤク、エゾイチゴ、クマイチゴ
6月~8月 ヤマブキショウマ、コウリンタンポポ
6月 と9月 センボンヤリ
7月 クロバナロウゲ、ニガナ、エゾスカシユリ、サルナシ、オオカサモチ、ミズチドリ、イヌスギナ、セリ
7月~8月 ホロムイソウ、エゾオオヤマハコベ、タマミクリ、ヒシ、エゾノレンリソウ、バイケイソウ、カラマツソウ、エゾイヌゴマ、タチギボウシ、ヤナギトラノオ、エゾノシモツケソウ、オオツメクサ、オニノヤガラ、オオウバユリ、オオダイコンソウ、タラノキ、ヤマトキソウ ヤナギラン


C-11 【釧路湿原の花暦】…③

7月~8月 フトイ、サワラン、ノハナショウブ、クサフジ、ヒメコウガイゼキショウ、エゾヒツジグサ、ネムロコウヒネ、ガマ、エゾタツナミソウ、バアソブ、ヒルガオ、トリアシショウマ、エゾムラサキニガナ、ネジバナ、イケマアカソ、モウセンゴケ、ウメバチモ、ホソバイラクサ、アキカラマツ、コタヌキモ、ムラサキミミカキグサ、トモエソウ、ゴトウヅル、エゾミソハギ
7月~9月 ナンテンハギ、ヒロハマンテマ、ハリイ、ナガボノシロワレモコウ、アレチマツヨイグサ
8月 ウマスギゴケ、ホザキナナカマド、クルマユリ、オニユリ、ドクゼリ、ミズオトギリ
8月~9月 サジオモダカ、ツユクサ、エゾノミツモトソウ、カワミドリ、ミヤマニガウリ、サラシナショウマ、ホザキシモツケ、ハッカ、ハンゴンソウ、ツリガネニンジン、ミツバフウロ、イヌタデ、エゾトリカブト、キツリフネ、ツリフネソウ、ノリウツギ、キンミズヒキ、コメナモミ、エゾノミスタデ、ミゾソバ、ヤマハハコ、サワギキョウ、エゾヤマハギ、ミミコウモリ、クサレダマ、ヨブスマソウ、ヒメハッカ、タカアザミ、イシミカワ、ヨシ、エゾノキツネアザミ、サワヒヨドリ
8月~10月 ヒヨドリバナ、コガネギク
9月 アキノウナギツカミ
9月~10月 エゾノコギリソウ、エゾリンドウ、ウメバチソウ、ナギナタコウジュ


C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】

 谷地坊主は道東では知らない人はないほどで、半分は親しみを寄せ、半分はこの利用価値のない谷地坊主に不毛の北国の厳しさを感じ取っていたのではないでしょうか。谷地坊主は、釧路湿原では湿原の周辺部やハンノキ林内に多く見られますが、この逆徳利型に盛り上がってゆく隆起現象がどのようにしてできるのかよくわからないところもありますが次のように考えられています。

 谷地坊主はヒラギシスゲやカブスゲなどのスゲ類が繁茂した株を作りかつそれが隆起したもので「隆起叢株」と呼ばれています。これらのスゲ類は分けつ(分岐)作用が旺盛で、前年の根から地下茎を伸ばし、翌年の根を繁茂させて毎年連続して生長します。そして冬季に土壌凍結で株ごと隆起(しばれ上る)し、やがて春先、まだ土壌が凍結している状態で雪解け水は降雨水などの流水が株の根元の土壌を抉り取る。このような条件が毎年重なり合って谷地坊主になると考えられています。高さは数十年で40~50センチになるといわれており、中にはハンノキの古株が残っているものもあり、これらは古株を取り込んで発達したものと考えられています。大きな株には他の植物、ヒメシダ、エゾオオヤマハコベ、ネジバナなどが共生し、アリが巣を作るなど湿原生物の生活の場ともなっています。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について