目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

33 / 136ページ

C-1 【湿原には3つのタイプがある】

 湿原に生育する植物群落は他の群落に比較してきわめて生活力の弱い、多湿あるいは、湛水というきびしい自然環境とつりあって生育しています。したがって一面的で厳しい自然環境には耐え得るが人為的影響に対しては敏感で容易に破壊されやすい植物群落です。日本には233箇所、約36000ヘクタールの湿原が分布しますが、北海道サロベツ原野のツルコケモモーミズゴケ湿原から沖縄県西表島の浦内川河口のマングローブ林周辺のミミモチシダ群落までの多様な群落を含んでいます。湿原はその自然環境及び生活形により次の3つのタイプに分けられます。

・高層湿原(Sphagnum bog, reised bog, Hoxhmoor) とは、高位泥炭湿原とも呼ばれ、ミズゴケ類Sphagnumを主とする泥炭(Torf)がその基盤となっている。したがって低温・多湿・強酸性というもっとも厳しい環境条件下に生育する植物群落で代表される。高層湿原の植物群落は主として降水によって生活している。

・中間湿原(Mixed S phagnum bog, sedge bog, Zwischenmoor)は高層湿原の周辺部や山地斜面部あるいは扇状地などスゲ類はイネ科植物を主とした泥炭層を基盤として生育している。中位泥炭湿原とも呼ばれる。したがって泥炭層はきわめて浅く平均10~20センチ程度の厚さの地域もある。その大部分は地下水と降水により生育している。

・低層湿原(sedge bog,wet meadow, Flachmoor)は流水域やその周辺の地下水の高い地域で無機土壌上に生育している植物群落で構成される。
高層湿原、中間湿原、低層湿原ともそれぞれ隣接して生育することが多い。
 (第2回自然環境保全基礎調査報告書より)




C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?

 釧路湿原を見下ろす展望地から遠望すると、ハンノキ林と平らな草原と曲がりくねった川筋そして小さな水溜りが見えるでしょう。この中の一見平でどこも同じような広がりは、季節をかえて見ることによって、また接近してみることによって一様ではないことが解ってきます。湿原の面積約20000ヘクタールのうちヨシ~スゲ原が多くを占める低層湿原は約80%で、中・高層湿原は約2%とわずかです。ですから平らに見えるところのヨシースゲ原が釧路湿原の代表的な景観としてとらえられます。しかし曲がりくねった旧河川跡や現河川が入り組んでいるため、地下水位(冠水~乾燥化)や土壌条件(富栄養~貧栄養)の差が生じ、ヨシースゲ原と一括してはいても混生する植物の種類は多様になってきます。
 ヨシ(Reed) …自然堤防地や水位の変動が激しい湿地は土壌が堆積して、いくぶん富栄養となり、そこにアシまたはキタヨシともいわれるイネ科ヨシが優占します。葉は7月中旬急に伸長、展開し、草丈は2メートルを越え、8月にはヨシの存在がクローズアップされます。花期は8~9月、茎はそのまま立ち枯れし、スゲ類とともに秋の湿原を黄金色に彩る主役と菜rマス。
 ヨシはよしずやすだれの材料になり、古くは垣根の材料にも使われたといわれます。
 スゲ (Sedge)類…カヤツリグサ科スゲ属のなかまです。花期は5~6月。ヨシと混生する場合は、8月に入ってヨシに草丈が追い越されるまではスゲの緑色が目立ちます。枯れると倒れ、降雪の際は雪原となります。かつての湖沼の中央域や旧河川の淵など、ヨシより水位の高い湿地に多く分布します。最も広く分布するビロードスゲ、ムジナスゲ、大型のオオカサスゲ、冠水する低地を含む過湿地にはヤラメスゲやオニナルコスゲ、プール状の浅い湛水地にサギスゲ、地下水位の低いやや乾いたところにはツルスゲなど多くの種類があります。また湿原の周辺部やそれに続く緩傾斜の沢にヒラギシスゲ、カブスゲ、オオアゼスゲなどの谷地坊主をつくるスゲの仲間が見られます。
 お正月のしめ飾りの材料に使われるのはヤラメスゲ、オオカサスゲなどです。

 (地下水位が高い) …とは地表は冠水または十分湿った状態
 (地下水位が低い) …とは地表は乾燥化に傾いている状態

C-3 【ヨシとスゲの観察】

 ヨシの観察…イネ科の植物を同定するのに大切なのは花です。花は良く観察してみましょう。匂いはどうか、虫は来るか、根茎は地下をはいます。地上をはっていたら別のなかま(ツルヨシ)かもしれません。
 漢字では「葦」とかいてアシともヨシとも読みます。アシは「悪し」に通ずることを嫌って「良し」にちなんでヨシと呼んだものです。
 スゲの観察…スゲ類は実(果胞)とそばにある鱗片の形に特徴があるので実があったら見てみよう。茎は三角形のものが多く、花は雄花と雌花が1本の茎に別別につくものが多いけれど、花を見て名前をあてるのはむずかしい。
 ヨシースゲ原の混生種…ヒメシダ、コウヤワラビ、アカネムグラ、アキノウナギツカミ、ハナタネツケバナ、クシロハナシノブ、カキツバタ、ノハナショウブ、ヒオウギアヤメ、ミゾソバスァギキョウ、ホソバノヨツバムグラ、ヤナギトラノノドクゼリ、ヌマゼリ、他多数。

C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ

 河川の流氷の影響を受けなくなり,水位の比較的安定したスゲ原にはミズゴケ湿原が発達していきます。ミズゴケは高層湿原の代表的な構成要素です。鱗状の葉に貯水細胞と呼ばれる大型の細胞があり、給水力と貯水に優れています。これらは群生し、ぎっしりと束状に集合し、毛細管現象で水位を上へ上へと引き上げ、また自らも水を引き上げられる限り上へ上へと茎を伸ばしていきます。その結果、他の面より水位が引き上げられ高層湿原が作られるのです。
 ミズゴケの種類は日本に40種あまり、釧路湿原では約20種が見られます。

 ミズゴケの発達は、冠水したスゲ原にまず明るい淡緑色のやわらかいオオミズゴケ、ヒメミズゴケ、ウツクシミズゴケウロコミズゴケなどが登場し、次第に水面から盛り上がってくるとイボミズゴケやムラサキミズゴケに変わり、「ブルト」と呼ばれる小さな凸状地を作ります。さらに種類はチャミズゴケ、アカミズゴケなどに変わっていきます。この種類は非常に小型で細長く、より密に群生し、吸水力はさらに強くなり、ブルトの高さは水面から30~40センチにもなります。

 しかし、限界まで行くと頂部は乾燥し、ブルトは次第に崩壊して域、凹状地「シュレンケ」となります。そして、水位面に高さが近づくと再びミズゴケはその繁茂を繰り返します。
 ミズゴケが繁茂し堆積していくとはいってもそれは年に1ミリ程度というゆっくりとしたペースであり、長い年月をかけてのこと、人が踏みつけて10センチへこませたとしたら100年分の損失(抑圧)を与えたことになります。
 ミズゴケ湿原のブルトとシュレンケ、ここを舞台として約200種の高山植物や寒地性植物が美しい花を咲かせます。しかし、その美しさはとても繊細なもの、大切に守りたいものです。




C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】

 周辺の展望台から湿原を見るとハンノキの群落がモザイク模様をつくり、アフリカのサバンナを思わせる風景といわれます。
 ハンノキは一名ヤチハンノキ(ヤチは谷地で湿地の意味)とも呼ばれ、ヨシとともに群落をつくり、低層湿原の代表的植物・樹木です。他の樹木と違って湿原のような過湿で生育条件の悪いところでも成育できるハンノキですが、湿原の中でも、流入河川や周辺丘陵地から運ばれてくる土砂が堆積したところに群落を作ります。常に土砂の流れ込む、釧路湿原では西側の丘陵地に接するところ、河川あるいは今は水のない旧河川の自然堤防上に多く観られます。ハンノキ群落の分布は湿原内の土砂の体積分布を示しているとも見る事が出来ます。また、常に土砂が供給される丘陵地に近いところ、河川の上流部では成長は良く、湿原の中央部など水位の低いところでは成長が遅いなど、土砂の厚さや水位の高低など生育条件の違いによってハンノキの成長の様子も変わってきます。
 ハンノキは、特に湿原中央部や南部のより過湿なところでは、ある程度成長すると立ち枯れて、その根株から新しい芽を出して再び成長を始めるという萌芽更新をします。
 ハンノキは白樺などカンパ類と同じカバノキ科に属します。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について