目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 136ページ

B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域

 幹川流路(本流)である釧路川と釧路川に合流する支川及び湖沼を合わせて釧路川水系と言います。また、降水(雨、雪)がこの水系に集まってくる範囲を流域、または集水域といいます。釧路川水系の流域面積は2,510平方キロメートルで流域内の年平均降水量は1,100~1,200mm.です。

 河川は、河川法によって、国が指定し管理する一級河川、知事が指定し管理する二級河川及び市町村長が指定し管理する準用河川(普通河川)に分けられます。一級、二級河川の呼び方は個別の川をいうのではなく、水系全体をいいますが、釧路川は合流する37の支川、派川(本流から分かれて流下する川:旧釧路川)と湖沼を合わせて一級河川釧路水系と呼ばれ、総延長は56.5kmです。ただしこれは河川法に基づいて定められた名称、区間で、定められたもの以外にも多くの川があり、定められた各支川の流路もさらにその先に延びています。これらを普通河川あるいは準用河川と呼んでいます。釧路、根室支庁管内では、一級河川は釧路川水系だけであり、実際の管理は、釧路川本流は国(釧路開発建設部)が管理していますが、支流は北海道(釧路土木現業所)に委任されています。

 釧路川本流の山地と平地の割合は5:5で、全国平均の7:3よりはるかに平地が多く、このことは釧路川の勾配の緩さを裏付けています。



B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水

 釧路地方一体に大被害をもたらした「大正9年大洪水」あるいは「8月大正大洪水」とは、大正9年8月の5日から12日の8日間に330mmの連続した降雨があり、特に8日から9日の2日間で178mmが降って、釧路川、阿寒川が8日から12日にわたって大氾濫を起こし、14日にいたってようやく減水したという記録的な大洪水のことをいいます。この8月には424mmの降雨量を記録しており、この記録はいまだに、釧路地方で降雨量が最も多かった月の一位です。次の記録が昭和32年8月の349mm、当時の8月の平年の降雨量が160mm、現在の釧路の8月の平年値(1951~1980年の30年間の平均値)は125.6mmであることを比べてみても、この大正9年の降雨量がいかに多かったかと物語っています。
 この大洪水で、それまでは釧路川の最も大きな支流であった阿寒川が流れを変え大楽毛川に合流して直接太平洋に流れ込み、釧路川水系から独立してしまうという現象が起きました。
 大洪水のわりには死者、行方不明者は各5名と少なかったものの、被害は、釧路市外の冠水、鉄道、道路の損壊、農業日会、電気、通信網の途絶など日常生活全般にわたり、また、釧路港から流出した木材は下北半島から三陸・気仙沼まで漂着するなど、搬出枕木全盛時代の木材産業にも大きな影響を及ぼしました。



B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1

 大正9年の大洪水以前の釧路川水系の治水事業は、当時まだ、釧路川第一の支流であった阿寒川を対象に行われました。釧路地方の開拓は、明治17・18年の鳥取士族の阿寒川下流地帯への入植に始まりますが、明治18、19、22年と連続する阿寒川の氾濫によって被災し、「開拓とは治水なり」とまでいわれ入植当初から阿寒川氾濫との戦いであったといわれます。 そこで「「救農土木事業」をあわせた阿寒川治水対策が始められました。

 明治23年には、阿寒川の水をオンネピラ(山花)から大楽毛へ分水する第一分水溝の開削、明治32年からは第二分水溝の開削が始められました。

 また、釧路川の河口を利用した自然港湾であった釧路港の本格的な港湾工事は明治42年から始められましたが、多量の土砂を運んでくる釧路川の支流、阿寒川の治水対策も築港工事の大きな課題の一つに成っていました。そこで、釧路港外へ土砂を誘導するため、大正3年、阿寒川を釧路川から切り離すための水路、阿寒新川の開削が着工され、同6年ほぼ完成しました。

 大正9年の大洪水によって、この阿寒川は大分水溝を通って大楽毛川に合流し、直接海に注ぐようになり、現在の阿寒川ができました。また、阿寒新川は、大洪水を機に開削された釧路川の直接水路(現新釧路川)の一部になっています。


B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)

 釧路地方に大きな災害をもたらし多大正9年の大洪水を契機として新釧路川治水計画が立てられ、翌大正10年に着工されました。「釧路市及び鳥取一帯の水害を防止すること」「釧路港内に流入する土砂年間6万立方メートルを港外に誘導すること」「新水路は沿岸一帯12,000ヘクタールの荒蕪地の開発を促進すること」などを目的として釧路川を岩保木より分流し釧路港外太平洋へ直接注ぐ、直線12kmの新水路の掘削、左右岸の築堤工事が進められ、併せて、当時重要な産業であった木材の釧路川流送の便を確保するための岩保木水門の建設、旧釧路川の浚渫も行われました。10年の歳月をかけ、新水路は昭和5年に完成しましたが、関連工事の終了を待って昭和6年9月、岩保木水門で盛大な通水式が行われたということです。
 釧路市治水町の治水は新釧路川治水からとられた地名で、治水工事が始まると、工事用の機械工場が作られ、工事に従事する人々が住宅などが建てられ、見る間に、新しい市街地ができたということです。
 昭和6年時を同じくして釧網線が全通し、木材搬送は鉄道に譲り、岩保木水門の利用は、昭和15年頃までのごく僅かな間で、その後は現在まで開かずの水門となっています。旧釧路川は、いわば、この水門の位置が上流端です。
 この治水事業完成の後は洪水被害の心配がなくなりました。
 大正9年8月の大洪水を契機に、大正10年に始められた釧路川水系の本格的な治水事業は、新水路の開削、左右岸の築堤、護岸、関連工事を行い、昭和15年に完了しましたが、その後も幾度かの計画改定を経て現在m継続して改修工事が行われています。
 現在左岸堤防の改修工事に伴い新水門の建設中ですが、既存の水門は釧路川流域の治水史をしのぶ足跡として後世に伝えるため、保存の計画があります。 釧路湿原はまた、貯水池と同じように洪水の時の水を一時この中に貯留し、一度に大量の水が流れないように調節する遊水地としての機能も果たしています。


B-8 【湿原の瞳。谷地眼】

 湿原にうっかり入り込まない方がよいのは、そこが踏みつけに弱いからだけではありません。深いものでは人や牛馬をも飲み込んでしまうほどの、口のすぼまった壺型をして、しかも水で満たされた、まるで落とし穴のような地形があるからです。これはヤチマナコと呼ばれる湿原の特殊な微地形の一つです。開水面の直径と深さには相関関係はないものの、開水面の直径が50センチくらいなら深さは1.5m~2mほどと考えられているとのことです。ではどのようにしてこれができるのでしょうか。いくつかの説がありますが、定説はないようです。

 説1…湿原がどのように形成されるかということと関係があります。今から3000年程前、釧路湿原域は海が退いて大小の湖沼が点在する沼沢地となりました。その後、水生植物や湿原植物が覆って、それらの遺体が堆積して陸化の方向をたどりました。その覆われ方は、水深の浅い所ではまわりから提水植物が広がっていき、さらにフトイやガマの島ができそれらがつながって次第に植物で埋め尽くされていきます。それに対して水深の浅い所では岸辺からミツガシワ、くろばなろうげなどがその太い根茎を網のようにからませながら水面にひろがってゆき、それを土台としてスゲ類などが成育を始めます。この土台は水面に岸がせり出したハング状となっており、元の水面が一部開けたヤチマナコの地形を作ります。

(ヤチマナコの出来方)
 説2…スゲ原にあるヤチマナコは整った円形で、高層湿原での不整形なものとは異なる点、冬にもなかなか凍らない点などから、湖沼が陸化する過程でできるというよりは、河川跡などで伏流水が湧き出ることによりできるとの考え方があります。

(水生植物や湿生植物、挺水植物については、C植物「湖沼に生活する植物」の項を参照してください。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について