目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

21 / 136ページ

A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1

 タンチョウの冬の給餌場じゃ道東一円で24箇所(釧路町1、浜中町3、標茶町4、阿寒町6、鶴居村8、音別町2)あります。今いるタンチョウのほとんどが、冬は、これらの給餌場に集まりますが、1989年の調査では、その92%が阿寒、中雪裡、下雪裡の三大給餌場に集まっていました。タンチョウに関する詳しい解説はDの動物の項に譲るとしてここではこの三つの給餌場他について紹介します。

 【鶴見台】…鶴居村下雪裡第2、道々釧路鶴居弟子屈沿いにあり渡部トメさんの給餌場で「鶴見台」と呼ばれています。この給餌場は、昭和38年、当時冬になると下雪裡小学校付近に集まるタンチョウに、この小学校の先生、生徒がともども餌を与え「鶴公園」を開設したことに始まります。そして愛鳥優良校として教育長賞や知事賞を受賞したり、その活動はテレビで全国放送されたりしましたが、昭和49年廃校になってしまいました。給餌はその後生徒達に代わって近くに済む渡部トメさんが続けています。渡部さんは今では、タンチョウを自分の子供のように可愛がり、ツルのおばさんと呼ばれています。この時期、近くの雪裡川にかかる音羽橋から早朝、雪裡川で夜を過ごすタンチョウの集団が観察できます。

 交通:釧路駅前バスターミナル発鶴居、または川湯温泉行き(阿寒バス)45分。「鶴見台」下車、見学自由。駐車場有り。


A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2

「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」 …ここは伊藤良孝さんが長年給餌人を務めている給餌場で、ここに日本野鳥の会が「タンチョウの越冬期の生息環境を保全することを目的にタンチョウのための聖域、タンチョウサンクチュアリを設定したところです。このサンクチュアリは、日本のツルの保護の問題を専門に考えていくため1984年に組織された「日本野鳥の会ツル保護特別委員会」の提案により計画され、全国、多くの方々からの募金によって作られたもので、1987年オープンしました。ここには伊藤さんの土地の一部を譲り受けて建設されたタンチョウの保護活動の拠点「ネイチャーセンター」があって、伊藤さんを含め二人のレンジャーが訪れる人々にタンチョウについてはもちろん湿原の野鳥と自然についても解説をしています。また、タンチョウに関する資料も展示されています。

 所在地・鶴居村字中雪裡南
 (ネイチャーセンター) 0154-64-2620
 開館期間:10月1日~3月31日 開館時間:9:00~16:30 入館無料。
 交通・釧路駅バスターミナル発鶴居、または川湯温泉行きバス(阿寒バス)で約1時間。「鶴居村役場前」下車。



A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3

「阿寒町タンチョウ観察センター」…釧路市と阿寒湖畔を結ぶ国道240号線、通称まりも国道をたどり、阿寒町の市街を過ぎて2kmほどのところの丹頂の里があります。国道から東に少し入った所に「阿寒町タンチョウ観察センター」があります。ここはこの地で農業を営んでおられた故・山崎定次郎さんが、厳寒のなかで飢えていた丹頂をかわいそうに思い、昭和25年から餌を与え続け、タンチョウとの交流を深めたところです。山崎さんはいわばタンチョウの給餌の草分けとも言うべき人です。
 昭和52年には山崎さんの用地の一部に、タンチョウが羽を広げたような形の観察センターが完成しました。一階は資料展示室と食堂、2階はテラスや観察用の望遠鏡があり、屋外は撮影用に開放され、12月から3月のシーズンには各地からのカメラマンで賑わいます。
-*-*-*-
 所在地・~館長23線19番地 0154-66-3460
開館時期:11月上旬~4月上旬
入館料:大人250円 小・中学生150円
開館時間: 8:30~16:30
交通:釧路駅バスセンター発阿寒湖行きバス(阿寒バス)で約1時間10分、「丹頂の里」下車、徒歩約5分

【丹頂鶴自然公園】
 釧路空港に程近い国道240号・まりも国道沿いに、タンチョウをほぼ自然の状態で観察できる世界でも唯一の「丹頂鶴自然公園」があります。昭和33年、絶滅の危機にあるタンチョウの保護増殖に取り組むとともに、多くの人がいつでも見ることが出来るようにと開設されたものです。昭和43年に人工飼育に成功、昭和45年には世界で初めて人工孵化に成功しましたが、増殖は大変困難な作業で、高橋良治・現園長の苦心談も伝えられています。園内は昭和63年に全面改装され、広さは9.8ヘクタール。高さ3メートルの金網の仕切りは、天井が無いので野生のタンチョウの出入りは自由ですが、キツネやイタチなどタンチョウにとっての害獣の侵入を防ぐため、地下1メートルの深さまで埋め込むなどの工夫も凝らされています。
管理棟では剥製や骨格標本などを展示してタンチョウのことを解説しています。
-*-*-*-
所在地:釧路市鶴岡112番地 0154-56-2219
開園時期:夏期4月20日~10月19日 9:00~17:00
冬季10月20日~4月19日 9:00~16:00(12月24日~1月5日は休園)
入園料:一般(高校生以上)300円、小・中学生100円(幼児は無料)
交通:釧路駅より阿寒湖行きバス(阿寒バス)で40分「鶴公園前」で下車。
丹頂鶴自然公園に関する問い合わせは釧路市公園緑地課へ 0154-23-5151


B-1 【釧路湿原の生い立ち】

 地球の誕生は46億年前と想像も出来ない長さですが、釧路湿原の生い立ちは約2万年前、最後の氷期、ヴュルム氷期の最盛期に始まります。この頃は今より気温が10度位低く、海面も100メートルほど低かったため、北海道はシベリア大陸と陸続きでした。この海退(海面が上昇し満潮のように内陸へ逆上ることを海進といい、海退はその反対をいう)の年代に北方系の生物が南下しましたが、この年代から、大陸との間が海に隔てられ気候の変わった今に至るまで生き残り続けてきた「遺存種」と呼ばれる生物種が釧路湿原にも生息・生育しています。キタサンショウウオ・イイジマルリボシヤンマ、植物ではクシロハナシノブ、ハナタネツケバナなどがその例です。

 長い氷河時代が終ると、気温は徐々に上昇し、氷河は解けて海面は高まり、内陸に海が侵入していきます。今から約6千年前、湿原全体はもちろん東側の各湖沼はじめ五十石辺りまでが「古釧路湾」と呼ばれる海になりました。これが「縄文海進」といわれるものです。この頃の気候は今の宮城県石巻辺りの暖かさがあり、その様な気候の証しとして暖流系のハマグリ、アカガイ、シオフキガイなどが東釧路、北斗、細岡の貝塚に混じって見られます。また、屈斜路湖の和琴半島のミンミンゼミはこの頃の遺存種といわれています。

 その後、気温は徐々に低下し「海退」が始まり、3千年から4千年前の縄文時代後期にはほぼ現在見られる地形、陸地になりました。今見られる湿原はほぼ3千年前に誕生したことになります。

 この海退の過程で東側が沈み、西側が隆起する西高東低の地盤運動によって湾の海水は東側に寄せられ、シラルトロ沼、塘路湖、達古武沼などの海跡湖(もと海であったところで海水が閉じ込められてできた湖沼)が生まれました。現在は淡水化していますが、塘路湖には海水にすむイサザアミが今も生きています。陸化の過程で伸びた川も東に偏り、釧路川はその流路を湿原の東縁に寄せて流れています。

B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】

 釧路湿原周辺をとりまく台地や丘陵地には数多くの遺跡があり、その数は400とも500とも言われ、先史時代からこの地域が人間の生活にいかに適していたかをあらわしています。釧路湿原が野生生物の宝庫であるとともに、周辺台地や丘陵地は人類史の遺産の宝庫でもあるのです。

 遺跡は、先土器時代(旧石器時代)の末期(1万年前前後)から縄文時代(8,9千年前~2千年前)、続縄文時代(2千年前~1千40んえん前)、擦文時代(1千4百年前~7百年前)、アイヌ時代(7百年前~近世)に至るそれぞれの時代のものがあります。これらの遺跡は、「埋蔵文化財包蔵地」として登録され、文化財保護法による保護の対象地となっています。

 これらの遺跡は竪穴住居跡、墓跡、貝塚、チャシ跡が主なものです。
 竪穴住居跡は、生活の拠点となった集落の後。「チャシ」は砦、館、柵囲いを意味するアイヌ語で、その機能に戦闘用、祭祀用、談合用、資源監視の見張り台などがあげられ、その遺跡は、自然的地形に恵まれた丘陵の突端にあるものが多く、丘陵の一部に壕をめぐらし、上を地ならししてあるものが多い。




読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について