目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

9 / 136ページ

A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺

 岩保木水門は、大正9年の釧路川洪水を契機に翌大正10年から実施された治水事業、釧路川の分流・直線化工事の一環として建設されたもので、昭和6年に完成しましtあ。 釧路川の木材流送に必要なため作られましたが、時を同じくして開通した釧網本線に木材運搬の主役を譲り、この水門は完成以来開けられたことがないと言われます。水門につながる堤防の上に立つと、豊かな釧路川の流れを介して広がる湿原、遠く阿寒連山を望み、広大な釧路湿原が実感できます。特に、初秋の落日風景は圧巻。 最近はカヌー下りの到達地点としても利用されています。この堤防を2.5km程南、下流方向へ行くとサケ・マス捕獲場があり、秋から冬にかけて約15万匹の捕獲、採卵がおこなれています。

 岩保木山へは遠矢から釧路町道(砂利道)を約5㎞。 町道から展望地への道は複雑に入り組み、路面も無いので車での侵入は控えたい。 好展望地は二点。 南寄りの点は湿原南部と旧釧路川、釧路市街を眼下に一望できます。 北寄りの地点は、釧路川の蛇行と点在する池沼、広がる湿原が空撮写真を見るような好展望地。 また、湿原を走る列車を撮影する適地とか。

[一口メモ] 岩保木はアイヌ語のイワ・ポキ(山の下・下)が語源と言われ、周辺丘陵地には集落跡などの遺跡もある。



A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺

 細岡展望台へは遠矢と達古武で国道391号線から分岐する釧路町道を行く方法と、JR釧路湿原駅(5月1日から11月30日まで営業の季節駅)から行く方法があります。 達古武からは約7㎞、遠矢からは約10㎞です。 展望台の整備されている地点は国立公園指定以前から「大観望」と呼ばれ知られていました。 釧路湿原の東側丘陵地の中央に」位置し、釧路川の蛇行と湿原パノラマが展開し、「大観望」の名にふさわしい展望地です。 公園指定の後、展望園地、駐車場、トイレ、歩道が整備され四季折々の湿原景観が楽しめ訪れる人も多い。 特に秋の湿原を染める夕日、早朝湿原を覆う神秘的な朝もやの時期にはアマチュアカメラマンのメッカとなります。

 達古武沼は、周囲5㎞、深さ3m、面積1.36平方キロメートルの海跡湖。 沼の北岸には釧路町営のキャンプ場があります。 沼は、季節によって多くの水鳥、オジロワシなどがみられ野鳥の楽園。 周辺道路沿いなどにはオオバナノエンレイソウの群落も見られる。 釧路川沿い及び沼の南岸には縄文前中期のカキ貝塚があり、釧路湿原がかつて海だったことを証拠立てている。 冬、ワカサギの氷下釣りが風物詩。

[一口メモ] 達古武(たつこぶ)はアイヌ語のタプコプ(ぽこんと盛り上がっている小山)が語源。



A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺

塘路湖は周囲18km、深さ7MCフーズ、面積6.37平方キロメートルで釧路湿原の三つの海跡湖沼(達古武沼、塘路湖,シラルトロ沼)のうち最も大きい。湖の西には4つの沼(サルルン沼、ポントー、エオルト沼、マクントー)が点在する。水鳥はじめ多くの野鳥が観察できる地域です。湖にはフナ、コイ、ヤチウグイ、等が生息し、冬にはワカサギの氷下釣りができます(有料)。また12月下旬湖面の結氷が進むときには「御神渡現象」が見られます。湖にペカンペ(菱の実)の実る9月上旬にはアイヌの人たちにより「ペカンペ」祭りが行われます。湖畔にはキャンプ場と標茶町郷土館(開館は5~10月、無料)がありますが、郷土館は明治18年標茶に開設された釧路集治監(刑務所の前身)の建物を昭和44年現在地に移設、復元したものです。この地方の先史時代からの歴史資料、動物標本、特に蛾類を中心とした展示物は必見の価値があります。
 サルボ展望台は湖の北、国道から分岐する歩道を10分程登ります。ここからと近くの三角点(79.5m)から湖沼群が一望できます。湖の周辺、サルボから二本松にかけては湿原周辺でも特に遺跡が多く生活に適していたことがうかがわれる。

(一口メモ)  塘路はト・オロ、沼の所の意、サルボはサル(葦原)ポ(子)、小さい葦原の意の、いずれもアイヌ語を語源とする地名。



A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺

 シラルトロ沼は周囲9.8㎞、水深最大2.8m、面積1.81平方メートルでかぎ型。 達古武沼、塘路湖と同じ海跡湖。 水鳥を主として野鳥が多く、特にシラルトロエトロ川の流入部、キャンプ場付近は冬も結氷しないため、渡ってきたオオハクチョウが越冬し、オジロワシ、オオワシもみられます。 冬、周辺丘陵地ではエゾシカを見ることgあありますが、道路に飛び出してくることもあり、特に夕方から早朝にかけては要注意です。 沼の東岸に沿って走る国道391号線からの眺望が優れ、特に初秋、冷泉橋から眺める湖面に映える夕日は美しいが、駐車場がないので、自然観察などの際には交通安全の確認は不可欠です。

 現在無人のJR茅沼駅は冬、タンチョウの来る駅として知られています。 かつて駅員がいた頃、餌を与えたのがきっかけと言われますが、今は地元の人が給餌にあたっています。

 標茶町営の温泉宿舎「憩いの家・かや沼」では町で飼育している羊、サホーク朱のラムステーキ、シャブシャブが提供されており、野外バーベキューもできます。近くにはキャンプ場もあり家族連れで楽しめる所といえます。 また、ここを起終点とする一周2.4㎞のサイクリングロードがあり、その先端部から塘路に向けて湿原探勝歩道の整備が進められています。



A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺

 塘路から鶴居村下久著呂に至る道々、クチョロ原野塘路線約10kmは湿原を横断する唯一の車道で、二本松橋を渡り釧路川、コッタロ川に沿って北上します。コッタロはアイヌ語が語源であることに違いないのですが、地名解に定説はないようです。コッタロ湿原は人手の加わらないヨシ、スゲの湿原とコッタロ川とその支流の蛇行する河川が美しい。湿原には、池沼にミズドクサやミツガシワなどの群落が見られ、また氷河期の遺存種ハナタネツケバナも生育します。タンチョウ、アオサギ、オオハクチョウなどの野鳥、冬にはエゾシカを湿原の中で見ることもあります。また5月から9月にかけては、池沼やその周辺で標茶町指定天然記念物のエゾカオジロトンボはじめ、キタイトトンボなどの北海道特産種を含め多くのトンボ類が観察できます。

 道々沿いに好展望地二箇所。第一展望地点では背後の砂山を登ると270℃の展望が開けます。これより1.5kmほど北の第二展望地点は道路左の小高い丘に登るとコッタロ湿原全体が眺望できます。
 昭和4年から昭和38年まで、塘路から久著呂方面への交通手段として馬曳きの殖民軌道が運行され、荷物や旅客の運搬に当たりましたが、道々の途中に、その軌道軌跡が見られます。


 

読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について