目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

4 / 136ページ

A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①

 JR釧網本線は、釧路市から網走市に通ずる全長約170kmの鉄道で、釧路湿原の東、釧路川に沿ってほぼ南北に縦断しています。 それまでの交通・輸送路としての釧路川にとって代わって、この鉄道が全通したのは昭和6年のことです。

 湿原の各観察ポイントへの交通手段としての利用はもちろんですが、列車そのものも全校の自然観察手段です。 その車窓には釧路川と広大な湿原の風景が展開します。 また、季節によってはタンチョウ、オジロワシ、多くの水鳥、エゾシカやキタキツネなどの野生動物が多くみられます。 多くの人に紹介したい利用方法だと思います。
 列車は1日8往復、ほぼ2時間に1本の割合で運行されています。 ダイヤが改定されるごとに時刻表のコピーをこのカードに添付しておくと便利でしょう。

 各観察ポイントへの最寄駅となるのは「遠矢」、「釧路湿原」「細岡」、「塘路」、「茅沼」「五十石」の各駅ですが、釧路湿原国立公園指定を契機に昭和63年新設された季節駅「釧路湿原駅」は細岡展望台への最寄駅、茅沼駅はタンチョウの来る駅として知られています。 また、遠く明治年間、釧路川を曳舟によって遡った五十石船の運航限界点がこの地であったことからつけられた地名「五十石」が駅名として残っています。



ノロッコ号
 釧路湿原を探勝するために1日2往復運航される季節列車です。 釧路駅と塘路駅間を普通列車のおよそ半分のスピードで走ります。 運行期間は6月下旬から7月中旬までは土曜、日曜、7月中旬から8月中旬は毎日、8月下旬は土曜・日曜、9月も、1往復になりますが、15日の敬老の日までの休日に運転されます。 その年の情報を入手しておくと便利かと思います。 (問合せは釧路駅へ : TEL0154-22-4314)

A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②

☆観察ポイントと最寄駅

*遠矢駅から・・・この駅から釧路町道(トリトウシ4号線)を北西に約4㎞で釧路川左岸堤防に至る。新旧の岩保木水門もこの位置。 湿原の好展望地、岩保木山へや町道2㎞手前を右折、丘陵地帯に上る町道達古武7号線をたどる

*釧路湿原駅から・・・随一の湿原展望地、細岡展望台(細岡大観望)への最寄駅で、この細岡展望台を訪れる人のために、昭和63年7月オープンした新駅。 駅前からの急坂を上り300m程で細岡展望台。

*細岡駅から・・・達古武沼に至近距離の駅。釧路川でのイトウ、アメマス釣り、冬季達古武沼でのワカサギ釣りなどに利用される。 釧路湿原駅閉鎖中は細岡展望台への最寄駅となります。(2㎞、30分)

*塘路駅から・・・標茶町南端の集落「塘路」の市街地にある駅。 塘路湖はじめサルルントー、ポントー、エオルトー、マクントーの大小湖沼が駅の近くに点在。 駅から国道391号線を北に1.5㎞程でサルボ展望台の入り口。

*茅沼駅から・・・タンチョウの来る駅、茅沼駅はシラルトロ沼への最寄駅。 南1㎞に標茶町立の温泉宿舎「憩いの家・かやぬま」があり、ここを起終点とするサイクリングロードの先端から塘路までの歩道(木道)が整備されつつある。



 釧網本線は、釧路湿原国立公園の他阿寒国立公園、網走国定公園を通って網走に至る、優れた自然探勝路線です。 また、知床国立公園への交通手段でもあります。

A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して

☆ 各観察ポイントへの到達手段として利用できる定期バス路線


*釧路駅前発川湯温泉行き(阿寒バス)…釧路市失言展望台、鶴見台を経由する。

           釧路市湿原展望台までは所要時間32分です。

           夏季には一日10往復程度が運行されるが、季節により、平日、土日、祝祭日の別により、時刻、便数が異なるので常に新情報を入手しておきたい。


*釧路駅前発阿寒湖畔、美幌駅行き(阿寒バス)…丹頂鶴自然公園、阿寒町タンチョウ観察センター(丹頂の里)を経由する。


*釧路湿原一周号(阿寒バス)…釧路駅前発、釧路市湿原展望台、コッタロ展望台、細岡展望台を経由して釧路湿原を3時間35分で一周する予約制の季節定期刊行バス。4月29日から10月10日まで運行。


*細岡展望台観光バス(くしろバス)…愛称「サルルンカムイ号」。季節定期観光バス。釧路駅前発の後、市内の東映、オリエンタル、ノースシティ、パシフィック、キャッスルの各ホテルでお客さんをピックアップ、細岡展望台を往復します。所用時間は2時間10分~2時間20分、細岡展望台では45分~50分の探勝時間があります。(便によって時間差があります)。予約制。6月上旬から10月中旬まで運行。1日3便。 

 -------------------

定期バスに関する問い合わせは

阿寒バス㈱……0154-37-2221

釧路バス㈱……0154-22-7155

 

〔釧路湿原一周号(阿寒バス)〕 4/19~10~10運行(平成2年)

釧路駅発→湿原展望台→コッタロ展望台→細岡展望台→釧路駅着

9:00……………………………………………………………12:35(6/17)

13:20…………………………………………………………16:55

(9:00発は6月17日から運転。大人2050円、子供1030円、展望台入館料は別途)

〔細岡展望台観光・サルルンカムイ号〕 6/1~10/10運行

釧路駅前発→展望台着

8:30…………9:10(45')

11:00…………11:40(50')

14:30…………15:10(50')

展望台発→釧路駅前

9:50………10:40

12:30………13:15

16:00………16:50

(市内の東映、オリエンタル、ノースシティ、パソフィック、キャッスルの各ホテル巡回乗降。大人1000円、子供500円)


A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段

①タクシー、レンタカーの利用。


  釧路市内からタクシー、ハイヤーを利用しての各観察ポイントへのおおよその料金の目安を以下に掲げましたが、この他釧路市湿原展望台、丹頂鶴自然公園を含めたタクシー観光ルートも設定されている。大型、中型、小型車の別やコースによっても料金が異なるので、釧路ハイヤー協会や釧路個人タクシー協同組合(℡…下記)、あるいは各タクシー会社に問い合わせたり、相談すると良いでしょう。


・釧路市湿原展望台(往復)…6,500円

・細岡展望台(往復)…8,500円

・鶴見台(片道)…5,500円

・芧沼憩の家(片道)…8,000円

・鶴居市街(片道)…6,000円


 レンタカーについては釧路市内や釧路公園に複数の営業所があります。電話番号のメモを作ったり、パンフレットを入手しておきましょう。

 

 釧路ハイヤー協会                  0154-52-1331

 釧路個人タクシー協同組合                 0154-22-3156

 

②空の玄関、海の玄関。


☆ 釧路湿原国立公園のいわば空の玄関、釧路空港の発着便。

           釧路─東京 全日空(ANA)と日本エアシステム(JAS)が就航。

            所要時間は90分~105分、一日5往復。

           釧路─札幌(千歳) 日本エアシステムが就航。

            所要時間は45分、一日4往復。

           釧路─札幌(丘珠) エアーニッポン(ANK)が就航。

            所要時間は65分、一日2往復。

 *いずれも発着時間や機種が臨時に変更になったりします。問い合わせは下記。

           全日空(ANA) 0154-25-5678

           日本エアシステム(JAS) 0154-22-3322

           エアーニッポン(ANK) 0154-23-1166


☆ 釧路西港フェリーターミナルからのカーフェリー。

           釧路─東京間 1,120kmを約30時間で結ぶカーフェリーが就航しています。

            問い合わせは下記。

           近海郵船釧路船客予約センター 0154-24-5134

           釧路ターミナル事務所 0154-51-8261


A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について

 釧路川の左右岸に堤防が設けられた経緯については後述しますが(B-7参照)、これは河川施設であり釧路開発建設部が管理し、嵩上げ工事が行われており、一般者の侵入は禁止です。

 戦前、釧路と鶴居を結ぶ交通手段は専ら軌道利用でしたが、戦後、この堤防を利用して、釧路・中雪裡(鶴居市街地)間に阿寒バスが定期バス路線を開設し、一般車輌も通行していました。しかし、この堤防道路は、昭和27年十勝沖地震の際、陥没するなどの大被害を受け、バスは北斗経由の山道を遠回りすることになりました。災害復旧の後も地盤が不安定なため維持費がかさみ、道路としての利用が難しいことから、北斗経由の山道を道々に昇格させて改良工事を進め、昭和31年完成とともにバス路線はこの新しい道々に変わりました。それ以来、この堤防は交通路としての役目を終え、専ら本来の堤防として管理されています。

 湿原体験のため利用する場合は徒歩、または自転車とし、かつ湿原内への立ち入りは避けるよう指導したい。



読者登録

ganboさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について