目次
page 1
A
A-1 【釧路湿原国立公園交通事情】 … 概況
A-2 【釧路湿原国立公園交通事情】 ・・・ 道路情報
A-3 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して①
A-4 【釧路湿原国立公園交通事情】・・・JR釧網本線を利用して・・・②
A-5 【釧路湿原国立公園交通事情】…バスを利用して
A-6 【釧路湿原国立公園交通事情】…その他の交通手段
A-7 【釧路湿原国立公園交通事情】…釧路川堤防の利用について
A-8 【湿原展望地ミニガイド】…①岩保木山・岩保木水門周辺
A-9 【湿原展望地ミニガイド】…②細岡・達古武沼周辺
A-10 【湿原展望地ミニガイド】 …③塘路湖・サルボ周辺周辺
A-11 【湿原展望地ミニガイド】…④シラルトロ沼周辺
A-12 【湿原展望地ミニガイド】…⑤ コッタロ湿原周辺
A-13 【湿原展望地ミニガイド】…⑥キラコタン岬周辺
A-14 【湿原展望地ミニガイド】…⑦宮島岬岬周辺
A-15 【湿原展望地ミニガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その1)
A-16 【湿原展望地観にガイド】…⑧北斗、温根内周辺(その2)
A-17 【細岡展望台からの鳥瞰】
A-18 【野営場(キャンプ場)情報
A-19 【公園内外の行事やお祭】
A-20  【タンチョウの給餌場情報】 …その1
A-21 【タンチョウの給餌場情報】 …その2
A-22 【タンチョウの給餌場情報】 …その3
B
B-1 【釧路湿原の生い立ち】
B-2 【釧路湿原のまわりには多くの遺跡がある】
B-3 【釧路川】…①概況
B-4 【釧路川】…②釧路川推計とその流域
B-5 【釧路川】 ③大正9年の大洪水
B-6 【釧路川】 ④釧路川の治水 その1
B-7 【釧路川】…⑤釧路川の治水(その2)
B-8 【湿原の瞳。谷地眼】
B-9 【海跡湖】
C
C-1 【湿原には3つのタイプがある】
C-2 【ヨシとスゲ】 …湿原の主役?脇役?
C-3 【ヨシとスゲの観察】
C-4 【ミズゴケ湿原】 …その発達は年1ミリ
C-5 【湿原景観の演出家・ハンノキ林】
C-6 【湖沼に生活する直物(水草)】
C-7 【マリモの種類と生育地】
C-8 【湿原周辺で見られる樹木は約30種】
C-9 【釧路湿原の花暦】…①
C-10 【釧路湿原の花暦】…②
C-11 【釧路湿原の花暦】…③
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-12 【谷地(野地)坊主はどうして作られる】
C-13 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵①
C-14 【湿原の植物と人間】…"湿原の植物生産性"と北方民族の知恵②
C-15 【湿原と人間社会のかかわり】 …湿原の機能と利用①
C-16 【アイヌ民族における有用植物】…①
C-17 【ヨシはアイヌ民族の大事な建築資材】
C-18 【ヒシの実、ペカンペ】…pe(水)ka(の上)un(にある)pe(もの)
C-19 【ノリウツギ(糊空木)】 …北海道ではサビタ
C-20 【マコモの実は野生の米(ワイルドライス)】
D
D-1 【釧路湿原の動物相】
D-2 【釧路湿原の哺乳類】
D-3 【エゾシカの生活】
D-4 【湿原のエゾシカ】
D-5 【リス】 …齧歯目・リス科の小型哺乳類
D-6 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥①
D-7 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …森林・高山の鳥②
D-8 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥①
D-9 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …原野、低木林の鳥②
D-10 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …河川、湖沼の鳥
D-11 【湿原周辺で見られる鳥の特徴】 …田園、都会の鳥
D-12 【釧路湿原とその周辺で見られる主な野鳥】 …①
D-13 【タンチョウの生活】…①
D-14 【タンチョウの生活】…②
D-15 【タンチョウの生活】…③
D-16 【タンチョウの生活】…④
D-17 【タンチョウの生活】…⑤
D-18 【タンチョウの保護増殖事業】
D-19 【タンチョウの給餌場の条件】
D-20 【タンチョウの被害と事故】
D-21【タンチョウ小史】…①
D-22 【タンチョウ小史】…②
D-23 【釧路湿原で見られるワシ、タカ類】
D-24【シマフクロウ(亜種、エゾシマフクロウ)は神の鳥】
D-25【日本に渡来するハクチョウ】
D-26 【渡りのチャンピオン「オオジンギ」】
D-27【動物たちのメッセージ(足跡)】
D-28 【おしゃれな旅人(カモ類)】
D-29 【森の中は住宅難(巣穴)】
D-30 【動物たちの食事あと(食痕)】
D-31 【釧路湿原にすむ魚】
D-32 【湿原の主「イトウ」】
D-33 【湿原のホタル】
D-34【トンボ─釧路湿原は日本で貴重な生息地】
D-35 【釧路湿原だけにすむ「キタサンショウウオ」】
E
E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】
E-2 【釧路湿原を作った気候】
E-3 【釧路はなぜ霧が多い】
E-4 【湿原おろし】
E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】
E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】
E-7 【塘路湖の御神渡り】
E-8 【スター・ウォッチングと星座】
E-9 【四季の星座】
F
F-1 【開拓夜話(1)・鳥取士族】
F-2 【開拓夜話(2)・貫誠社】
F-2 【釧路川を五十石船が行く】 ─地名の話─
F-3 【塘路湖のペカンペ祭り】
F-4 【アイヌ民話】 ─釧路湿原にクジラがいた─
【アイヌ民話 ─湿原と丹頂─】
F-5 【アイヌ民話 ─遠矢のチャシとタンチョウヅル─】
【アイヌ民話 ─オオジンギ(白糠に伝わる神話)─】
F-6 【アイヌ民話─蚊の長老の娘とアイヌの英雄─】
F-7 【アイヌ語─地名の話─】
【アイヌ語─地名に出てくる主な単語─】
F-8 【アイヌ語─地名の解釈─】
F-9 【アイヌ語─地名の解釈─】…②
G
G-1 【日本の自然保護制度】
G-2 【日本の自然公園制度の歴史】
G-3 【日本の自然公園制度】
G-4 【世界の国立公園】
G-5 【釧路湿原国立公園の誕生まで】 …釧路湿原保護行政の歴史
G-6 【釧路湿原国立公園】
G-7 【自然公園の保護と利用】…①保護のための規制
G-8 【自然公園の保護と利用】…②保護のための開発規制
G-9 【自然公園の保護と利用】…③保護のための費用負担
 G-10 【自然公園の保護と利用】…④自然公園の利用
G-11 【自然公園の保護と利用】…⑤利用のための施設等の整備
G-12 【国設・釧路湿原鳥獣保護区】
G-13 【天然記念物・釧路湿原】
G-14 【野生動植物保護と国際協力】
G-15 【ラムサール条約】…①
G-16 【ラムサール条約】…②
G-17 【渡り鳥保護の国際協力】
G-18 【渡り鳥保護条約】
G-19 【ワシントン条約って何】
G-20 【昭和60年釧路湿原の火災】
G-21 【釧路湿原の水利用】
G-22 【8月第一日曜日は「自然公園クリーンデー】
G-23 【自然解説の目的と考え方】
G-24 【自然解説(観察)の実際】
エピローグ
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


E

E-1 【釧路地方1年の気象の移り変わり】

釧路市(釧路地方気象台のある位置)は、東経144度24.北緯42度59に位置しますが、釧路地方の気象には二つの特徴があります。一つは、全国の気象官著(気象台や測候所)の置かれている気象観測店の中で、富士山頂を除いて、釧路の年平均気温が最も低いことと、もう一つは、生物が最も活発に活動する夏に霧の発生が多く、6~8月の日照時間が我が国で最も少なくなることです。

 春の訪れとなる桜前線は5月の中、下旬に釧路に到達し、日本最後の花見シーズンを迎えます。湿原が緑の装いを始めるのもやっとこの頃ですが、5月は比較的好天に恵まれ乾燥しますので林野火災の発生しやすい季節でもあります。枯れたヨシ、スゲ原の湿原では特に火の用心が肝心です。
 6月に入ると、内陸では気温が上昇しますが、太平洋沿岸では「ガス」と呼ばれる海霧(移流霧と呼ばれます)が発生し、時には海岸から、100㎞も内陸に侵入してきます。釧路の年平均霧日数は113日で、その60%は5月から8月に集中し、生物の活動が盛んな時期に日照時間が少なくなることが湿原の泥炭形成に大きな役割を果たしていると言われています。

 7月~8月は海霧のため日照率は30%内外で、気温は上がらず、反面湿度は90%んも達し涼しい夏となり、湿原は7月下旬頃ようやく緑一色の装いをします。

 9月に入ると秋雨前線のため多少雨が多くなりますが、霧の日はだんだん少なくなります。10、11月ともなると朝夕の冷え込みは増すものの晴天日が多くなり、空はどこまでも澄み、湿原は黄金色に輝き一年中で最も美しい季節を迎えます。
 この時期、上空はすでに氷点下になるので、上昇した水蒸気は氷晶(氷の結晶)となり、うろこ雲やすじ雲など繊細な雲が見られます。雲の厚さがごく薄いため文字通り「天高く」感じられますが、すじ雲が広がりしだいに厚く全店を覆うようになると天気が崩れる前兆です。
 秋も深まり10月から11月に入ると、初霜、初氷、初雪が訪れ冬支度に入ります。このころから厳寒期にかけては、薄く結氷した湖面や川面に積もった雪の上にできる幾何学模様「氷紋」、全面結氷した湖面の凍りが割れて盛り上がる「御神渡り」、空気中の氷の結晶に日光があたってキラキラと輝いて見える「ダイヤモンドダスト」、さらに河口付近では、真水によって海水の塩分が薄められてできる「ハス葉氷(海氷)」などの自然界の不思議な現象が見られます。

 釧路の冬は雪は少なく晴天の日が多く、各月の日照率は60%以上、と夏とは反対に北海道内では最も高いと言われます。よく晴れて冷え込んだ朝、海水と空気の温度差で発生する「けあらし」と呼ばれる霧や、内陸部では放射冷却現象によって地表の空気が冷やされ、水蒸気が凝結してできる「放射霧」もみられます。


E-2 【釧路湿原を作った気候】

 湿原とは水を多く含んだ草原、あるいは過湿な草原といえます。 湿原ができるには、水と気温、そこに生息する植物などの条件が作用しあい、釧路湿原はそれに適する広大な地形条件があって形成されました。
 釧路の年平均気温は5.6℃で、根室5.7℃、網走、帯広5.9℃、札幌7.8℃で、札幌を除けばさほど差はありません。しかし、釧路では夏、海霧が発生し日照時間が短く気温が上がらない、よく夏がないといわれています。このように春から夏にかけて冷涼多湿な気候、水条件などが釧路湿原を作りました。
 湿原に生育する植物は秋には枯れてその遺体が堆積しますが、寒冷な気温のため分解することなく次々と堆積していきます。これを泥炭地と呼んでいます。
 高層湿原は塩類の供給が乏しい低温、過湿のところにできる湿原で、ミズゴケを主とするので、ミズゴケ湿原ともいいます。低層湿原は湖沼や河の水辺や、地下水位の高いところにできる平らな湿原で、ヨシやスゲが多いので、ヨシ・スゲ湿原ともいいます。釧路湿原は我が国全体の湿原面積の約60%を占めています。
 中間湿原は低層から高層湿原に移る途中にできるものであまり大きなものはないといわれています。


E-3 【釧路はなぜ霧が多い】

 霧は「ガス」とか「濃霧」と呼ばれ、人々に風物詩的な印象を与えますが、太陽が遮られ気温は上がらず、湿度が高い、視界が悪くなりなどその土地で生活する者には歓迎されていないようです。年平均の霧日数は釧路113日、根室111日と1年の3分の1近くが霧のベールに包まれ、”霧の街”になります。
 なぜ釧路、根室地方の太平洋側で霧が多いのだろうか。裏面の図で示すように千島列島沖から北海道の太平洋沿岸んを通って三陸沖に達する水温の低い親潮が南下している一方、本州の太平洋側の沖は水温の高い黒潮が北上しています。夏期は太平洋高気圧の強い時期です。またオホーツク海高気圧もその中心が北海道の南東海上まで南下します。 そのため北海道は南風が吹きやすくなります。この南風は、黒潮の上で気温が高くなり、水蒸気を多量に含みこれが親潮の上に来ると急に冷やされて水蒸気は凝結し霧になります。このため、釧路、根室地方は夏期に霧の日が多いのです。内陸で発生する霧は「放射霧」といって朝発生し間もなく消えますが、釧路の霧は「移流霧」とも呼ばれ終日消えず、釧路空港では飛行機の欠航がたびたびです。気象予報では霧による視界の距離によってそれぞれ「濃霧」は200m未満のとき、「キリ」は1km未満のとき、「モヤ」は1kmから10kmのとき、と分けて呼ばれています。


E-4 【湿原おろし】

湿原に円やかな雪化粧がなされると、白色の顔に眉をかいたようにハンノキ林がくっきりと見えます。晴れた冬空には一片のちぎれ雲も無く、いつもなら湿原を縦横に遊ぶ北風の叫び声も聞こえません。終日晴天無風のこのような日は、湿原は本当にニッコリと笑っているように思われます。しかし、平穏で静かな風景の内奥で自然は次の気象変化を用意しているらしいのです。

 やがて太陽が白糠丘陵へ落ちると、湿原では少しずつ星のイルミネーションが輝きを増します。そして、シンとした夜半、昼間からの条件がそろうと放射冷却現象が生じます。湿原から放射された赤外線は上空でさえぎるものがないため満天へ脱出してしまい、地表面の温度が異常に下がると設置する大気の気温も降下します。放射冷却現象で冷えた釧路湿原の空気は、一夜明けて大気の動きとともに釧路川の川筋にそって運ばれます。寒冷なこの北風は、だれが名づけたか「湿原おろし」と言われるようになりました。冷たいけれど清浄な空気は幣舞橋や久寿里橋を渡る人々の肺に健康なインパクトを与え、冬の深まりを体感させてくれる湿原からのプレゼントでもあります。


E-5 【天気を当てる ─観天望気とは─】

 気象通報や天気図などに頼らず、空を仰いで、雲の種類、動き、その他の自然現象を手掛かりに天気の予測をすることを「観天望気」といいます。
 昔からそれぞれの土地で、多年の経験から割り出した観天望気についてのことわざがあり、これらの中には確率の高いものがあり覚えておくと役に立ち安栖。
 日本列島の場合、天気はだいたい西から変わること、気圧や気団の動きは、およそ時速40㎞前後のスピードであること、天気が崩れるときは高層雲からだんだん雲量を増し、雲が厚くなっていうくことなどが観天望気の基礎となっています。
 重要な要素は、雲・風・気温であり、この変化を鋭く捕え、とりわけ、西の空の状況に注意することが大切です。
 その土地の言い伝えをたくさん集め、自分で確かめ、自分の判断が当たったかどうかメモし、チェックするなどしたらよいと思います。
 観天望気では雲を読み取ることが大切であり、雲の形を知っておく必要もあります。


E-6 【釧路地方のお天気・一口メモ】

釧路地方の天気の特徴を表す言葉に次のようなものがあります。
 【霧白色なる時は晴れ、深黒色は雨】:霧が白色に見えるのは水分が少なく比較的乾いた状態で日中気温が上昇するに従い消散し晴れる。深黒色は濃霧で水分多く、消散し難く霧雨が雨となる。
 【好天は4日以上続くのが普通】:晴れ、または快晴の場合4日以上続くのは75%、5日以上続く可能性は50%、5日続いた場合は9日以上続く。
 【晴れ・の予報は80%当たる】・冬期の天気は改正、晴れが多く特に12月から2月の3月は80%天気が良い。内陸部の弟子屈や根室海岸部に比べ2倍の日数。
 【風は4~6日毎に強くなる。】:強風は西高東低の気圧配置や道東南岸を低気圧が強まる傾向が最も高く、次いで倍の12日毎となっている。
 【天気は悪くなるのも早いが回復も早い】:雪が降る場合、快晴のところへ雲が出始めて、3~9時間後に雪が降り(約70%)、雪がやんでから3~4時間後は快晴になりやすい(約60%)
 【強いシバレは嵐の二日後に】:冬期に低気圧が通過するとすぐ後面の寒気が入っているが、月2~3回程度の厳しい寒さはこの低気圧発生後約48時間位後でなければ入ってこない。
 【寒い朝は霧笛が鳴る】・釧路地方で、冬の朝にシバレ、最低気温が-15度前後まで下がると、河口から港にかけて一面けあらしが発生する。これは川霧の一種で港付近はもうもうと霧が立ち込めて警報が鳴る。けあらしは太陽が昇るとともにきえてゆくが「けあらしがあると日中天気良い。」
 【丹頂鶴の天気占い】:丹頂鶴が夕方遅くなっても餌場を去らず異常な食欲を見せるとその日の晩か、翌日には天気が崩れる。また丹頂がけたたましく鳴くと地震が起きる。
 全国に通用し、科学的にも意味ある天気に関することわざ観天望気には次のようなものがあります。
 【朝にじは雨、夕にじは晴れ】:【朝焼けは雨、夕焼けは翌日晴れ】・【日がさ、月がさ懸れば雨】・「星のきらめきが強い翌日は大風になる」・「レンズ雲が出ると風が強くなる」


E-7 【塘路湖の御神渡り】

 塘路湖は、周囲18㎞、面積6.2平方キロメートル、最大水深7m、平均水深5mの海跡地ですが、12月下旬から1月にかけて「御神渡り」現象を見ることができます。
 御神渡りは、長野県の諏訪湖、北海道では屈斜路湖が有名ですが、塘路湖でも南岸から北岸に向かって500m程のものが2本、1本は南岸の土佐市宅前あたりから北に、1本は同じく筒井氏宅前から北岸、神社のあるタンネヌタップに向かってできます。
 伝承による御神渡りの由来は、諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとに通う道と言われ、諏訪湖では今から約600年前の応永4年からの記録が残っており、今でも神事が行われています。
 ではなぜ氷のミニ山脈ができるのでしょうか。11月末から12月に入ると寒波がやってきて湖面には氷が張り、だんだんその厚さを増していきます。夜中や、明け方など寒さがさらに厳しくなると氷がちぢんで湖の氷の面積が不足します。 そのため氷は音を立てて割れ、細い水面ができますが、すぐに薄い氷が張ります。やがて夜が明けて気温が上昇すると、逆に氷が膨張し表面積が過大になるため、そのエネルギーが弱い氷の部分に集中し、大きな音を立てて数百メートルにわたって立ち上がるのです。氷の割れるとき、立ち上がる時の音、それはあたかも海底からとどろく神々の叫び声のように聞く人の心を打つと言います。


E-8 【スター・ウォッチングと星座】

 1930年国際天文学連合によって、全天88星座が整理されました。内訳は、黄道12・北天28、南天48星座です。
 星座は時間とともに少しずつ西に動いていきます。 そして夜半には次の季節の星座が南の空高く昇ってきて、さらに夜明け近くにはその次の季節の星座が姿をみせてくれます。一晩中で3シーズンの星座を楽しむことができます。翌日、前日より3分56秒早い時間に同じ方向に同じ星座を見ることが出来ますが、このことは、星座の見え方は地球に自転による一日の動きと、地球が太陽のまわりをゆっくりと公転することによる季節の動きの二つが組み合わさって表れていることを示しています。
 スター・ウォッチングはまず一年中いつでも牧田に輝いている北極星を見つけて、全天図の北の方向を北極星に向け頭上にかざして見比べて、星座の様子と全天図の星の並びを一致させることからはじめます。スター・ウォッチングの道具として意外に役立つのは双眼鏡です。手持ちだと視野が揺れて見えにくいので体を壁や柱に寄せるか、カメラの三脚などに固定してみるのがコツといえます。あなたも湿原でのスター・ウォッチングをお楽しみください。


E-9 【四季の星座】

〇春の星座
 春になると東の空に、?マークを裏返しにしたような星の群れに気が付くと思います。このマークの↓の部分に1等星のレグルスが静かに光っています。ギリシャ神話の世界一強い男、ヘラクレスにアルゴスの王が試練のため12種の荒行をさせ、そのひとつに、牛や羊、人を食うネメヤの森に済む「シシ」を退治せよと言われました。ヘルクレスに殺されたシシは天上の星座になりました。

〇夏の星座
 東の空から、白鳥座、こと座、さそり座が見えると夏になります。天の川をはさんで、1等星の明星ベガ(織女)とアルタイル(牽牛)、その間を流れる天の川の中に白鳥座(北十字星)を見つけることができます。北十字星の端にあるアルビレオは、全天で1番美しい二重星として有名です。

〇秋の星座
 秋になって、北斗七星が地平線に近づいて見えにくくなると、反対にカシオペア座が北天高くのぼってきます。天の川に、Wを横にした形の5つの星です。ミザールとデルタを結んだ線の真ん中に北極星があり、天の北極もこの線上です。

〇冬の星座
 冬になると南空の頭上高く美しい星が輝きます。私たちの目をひきつけるのが、3つ星を中心としたオリオン座です。オリオンはギリシャ神話の海の神ネプチューンの子で勇壮な漁師でした。でも高慢であったため大神の命令によりサソリに殺されてしまい星座になったという話もあります。