目次
はじめに
はじめに
Puddleby: パドルビー
Puddleby:パドルビー 1
Puddleby:パドルビー 2
Animal Language: 動物の言葉
Animal Language:動物の言葉 1
Animal Language:動物の言葉 2
Animal Language:動物の言葉 3
Animal Language:動物の言葉 4
More Money Troubles: さらなる金銭トラブル
More Money Troubles:さらなる金銭トラブル 1
More Money Troubles:さらなる金銭トラブル 2
More Money Troubles:さらなる金銭トラブル 3
A Message From Africa: アフリカからの知らせ
A Message From Africa: アフリカからの知らせ 1
A Message From Africa: アフリカからの知らせ 2
The Great Journey:大旅行
The Great Journey:大旅行 1
The Great Journey:大旅行 2
The Great Journey:大旅行 3
Polynesia And The King:ポリネシアと王様
Polynesia And The King:ポリネシアと王様 1
Polynesia And The King:ポリネシアと王様 2
The Bridge Of Apes:お猿橋
The Bridge Of Apes:お猿橋 1
The Bridge Of Apes:お猿橋 2
The Bridge Of Apes:お猿橋 3
The Leader Of The Lions:ライオンの長
The Leader Of The Lions:ライオンの長 1
The Leader Of The Lions:ライオンの長 2
The Monkeys Council:お猿会議
The Monkeys Council:お猿会議 1
The Monkeys Council:お猿会議 2
The Rarest Animal Of All:世界で一番珍しい動物
The Rarest Animal Of All:世界で一番珍しい動物 1
The Rarest Animal Of All:世界で一番珍しい動物 2
The Rarest Animal Of All:世界で一番珍しい動物 3
The Black Prince:黒人王子
The Black Prince:黒人王子 1
The Black Prince:黒人王子 2
Medicine And Magic:医術と魔術
Medicine And Magic:医術と魔術 1
Medicine And Magic:医術と魔術 2
Medicine And Magic:医術と魔術 3
Medicine And Magic:医術と魔術 4
Red Sails And Blue Wings:赤い帆と青い翼
Red Sails And Blue Wings:赤い帆と青い翼 1
Red Sails And Blue Wings:赤い帆と青い翼 2
The Rats Warning:ネズミの警告
The Rats Warning:ネズミの警告 1
The Rats Warning:ネズミの警告 2
The Barbary Dragon:バーバリーの龍
The Barbary Dragon:バーバリーの龍 1
The Barbary Dragon:バーバリーの龍 2
The Barbary Dragon:バーバリーの龍 3
Too-Too, The Listener:好聴手・トートー
Too-Too, The Listener:好聴手・トートー 1
Too-Too, The Listener:好聴手・トートー 2
The Ocean Gossips:海のゴシップ屋
The Ocean Gossips:海のゴシップ屋 1
The Ocean Gossips:海のゴシップ屋 2
Smells:におい
Smells:におい 1
Smells:におい 2
Smells:におい 3
The Rock:岩
The Rock:岩 1
The Rock:岩 2
The Rock:岩 3
The Fisherman's Town:漁師の町
The Fisherman's Town:漁師の町 1
The Fisherman's Town:漁師の町 2
Home Again:ただいま
Home Again:ただいま 1
Home Again:ただいま 2
おわりに
おわりに

閉じる


はじめに

試し読みできます

はじめに

"The Story of Dr. Dolittle"の作者Hugh Lofting(ヒュー・ロフティング)は1886年にイギリスはロンドン近郊に生まれ、寄宿学校で教育を受けたあと、アメリカに渡ってMITで土木工学を学びました。

 

もっともアメリカに合わなかったのか、MITのカリキュラムが厳しすぎたのか、卒業はせずにイギリスに戻って、ロンドンの工科大学で学びなおしました。学校を出た後はカナダやキューバ、アフリカなど大西洋を股に掛けて土木の仕事をし、1912年にアメリカで結婚します。

 

しかし落ち着く間もなく、第一次世界大戦が勃発(1914年)。ロフティングはアイルランド軍の一員として出征します。なぜアイルランドかというと、ロフティングはアイルランド人の血を半分引いていたからです。もっとも当時アイルランドはイギリスの植民地だったので、実質イギリス軍兵士として参戦したのでした。

 

そしてフランドルの戦場から自分の子供に童話を書いて送りましたが、これがドリトル先生の原型です。


アイルランド軍が受け持った西部戦線は熾烈なもので、1917年ロフティングは重傷を負い、アイルランドに送られて療養につきます。戦争自体はその翌年に終わるのですが、今度はアイルランド独立を巡ってアイルランドとイギリスの間で戦争になります。

 

これを嫌ってか、ロフティングは見舞いに来ていた家族とともに、アメリカに戻ります。、その船旅のなかでイギリスの詩人と出会い、「ドリトル先生」の出版を強く勧められました。そこで自作の挿絵をつけて出版したのが1920年のことです。

物語の舞台は19世紀前半のイギリスですが、当時のイギリスでは産業革命がリアルタイムで進行中であり、社会が大きく変動していました。国力は大きく伸び、大英帝国は絶頂期を迎えていました。ロフティングの自由闊達な筆運びからは、そのような活力が随所に感じ取れます。

 

アメリカで出版された「ドリトル先生」は人気となり、ロフティングは技師をやめて作家になります。住居も東海岸のコネチカットから西海岸のロサンゼルスに移り、作品はシリーズ化され、九冊発表されたところで、ロフティングは亡くなりました(1947年)。しかし死後、遺稿から三冊が刊行され、現在では合計12冊を読むことができます。

 

けれども残念なことに作中に黒人差別的な部分があり、1960年代以降、アメリカで黒人運動が盛んになると、ドリトル先生も批判されるようになります。結果、ついにアメリカでは発禁処分にされ、かえって日本の方で読まれているほどです。

 

しかしながらアメリカでもその後不適切な部分が修正されて再出版され、映画化もなされました。それは一重に発禁にしておくには惜しいほど、その想像力のたくましさ、詩的描写のうつくしさ、物語進行の確かさは群を抜いてすばらしいものだったからです。


ドリトル先生、というと「ああ、動物と話せる獣医の話ね」と片付ける人が多いのですが、この本がロングセラーとなった背景には、物語自体が上質だという点も見逃せないでしょう。


それではドリトル先生の第一作、「ドリトル先生のお話」をお楽しみください。

 

なお「イギリス童話翻訳協会」で、この作品の全訳・解説・輪読や、別作品の翻訳を行ってますので、興味あるかたはdogenzaka.academia@gmail.com までご連絡ください。


« 前の章