twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 写真 作者 M-Hirai
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

299 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 9ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
大阪の市街を走る城東貨物線、淀川に架かる赤川橋梁(じゅうはちもん鉄橋)周辺の国鉄時代の情景の記憶です。
周囲の河川敷は、わんどもあり、市民の憩いの場です。
赤川橋梁は、珍しい、鉄道と歩行者の併用橋で、じゅうはちもん鉄橋の名で親しまれています。
現在、貨物専用線ですが、おおさか東線として、旅客線に転換される計画で、又ディーゼル機関車が貨物を牽いていますが、まもなく電気機関車の牽引に変わる予定もあり、今後、大きく変貌しようとしています。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧