閉じる


<<最初から読む

4 / 9ページ

赤川鉄橋を渡る配給電車

じゅうはちもん鉄橋(赤川鉄橋)は、複線用に建設されましたが、城東貨物線は、単線であるため、余った部分に、歩行者及び自転車専用の木製の人道橋が架けられています。

 

 この人道橋から、鉄橋を渡る城東貨物線の列車を間近で見ることができます。

 写真は、じゅうはちもん鉄橋を渡る配給電車です。

 この頃は、城東貨物線から分岐し、都島区にあった淀川電車区がまだあったので、淀川電車区への配給列車と思われます。

 淀川電車区は、1985年に廃止されました。この様に、電車の回送があったため、城東貨物線は、一部電化されていました。

 

 配給電車は、旧型電車を改造した荷台のあるクモル24021を先頭に、たまたまやってきました。

もちろん今は、この様な古い形式の配給電車は見られません。

 

 


特急車両を牽引する旧型電車

城東貨物線の沿線には車両工場(近畿車輛)があるので、車両工場からの回送列車もたまに走っていました。

 

 この辺りの淀川河川敷は広く、じゅうはちもん鉄橋の中央部付近の河川敷は、あまり整備されていなかったため、まるでジャングルみたいになっていました。

 そこを特急車両を運ぶ回送電車が通り過ぎていきます。

 

 特急車両を牽引していたのは、旧型電車モハ72系を改造したクモヤ90004です。

 クモヤ90形は、この様に、回送列車の牽引などに使われていました。

 このクモヤ90形も既に廃止になっています。


特急車両の回送列車

  回送される特急車両は、この頃の新鋭車両、振り子電車の381系と思われます。

 この回送特急車両の前後に、クモヤ90形が連結されていました。

 後ろに連結されているのは、写真のクモヤ90006です。 

 

 この回送列車が通り過ぎると、淀川河川敷に、再び静寂が戻りました。


じゅうはちもん鉄橋の夕景

淀川河川敷の中央部にある大きなわんど付近にて、

堤防からは、かなりの距離があるため、この付近まで来る人はまばらでした。

 

河川敷の葦原に、日が沈む瞬間、貨車を連ねた貨物列車が、じゅうはちもん鉄橋を渡ってきました。

 


じゅうはちもん鉄橋の夕景2

貨物列車は、ゆっくりと轟音をたてて、目の前を通過し、

最後尾に連結されている車掌車が通り過ぎて行きます。

 

もうすぐ日が沈みますが、手前のすすき野に囲まれたわんどでは、少年達が、平気で遊んでいました。



読者登録

M-Hiraiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について