目次
はじめに
第1回「『資本論』を読む会」の案内
第1回「『資本論』を読む会」の報告
第2回「『資本論』を読む会」の案内
第2回「『資本論』を読む会」の報告
第3回「『資本論』を読む会」の案内
第3回「『資本論』を読む会」の報告
第4回「『資本論』を読む会」の案内
第4回「『資本論』を読む会」の報告
第5回「『資本論』を読む会」の案内
第5回「『資本論』を読む会」の報告
第6回「『資本論』を読む会」の案内
第6回「『資本論』を読む会」の報告
第7回「『資本論』を読む会」の案内
第7回「『資本論』を読む会」の報告
第8回「『資本論』を読む会」の案内
第8回「『資本論』を読む会」の報告
第9回「『資本論』を読む会」の案内
第9回「『資本論』を読む会」の報告
第10回「『資本論』を読む会」の案内
第10回「『資本論』を読む会」の報告
第11回「『資本論』を読む会」の案内
第11回「『資本論』を読む会」の報告
第12回「『資本論』を読む会」の案内
第12回「『資本論』を読む会」の報告
第13回「『資本論』を読む会」の案内
第13回「『資本論』を読む会」の報告
第14回「『資本論』を読む会」の案内
第14回「『資本論』を読む会」の報告
第15回「『資本論』を読む会」の案内
第15回「『資本論』を読む会」の報告
第16回「『資本論』を読む会」の案内
第16回「『資本論』を読む会」の報告
第17回「『資本論』を読む会」の案内
第17回「『資本論』を読む会」の報告
第18回「『資本論』を読む会」の案内
第18回「『資本論』を読む会」の報告
第19回「『資本論』を読む会」の案内
第19回「『資本論』を読む会」の報告
第20回「『資本論』を読む会」の案内
第20回「『資本論』を読む会」の報告
第21回「『資本論』を読む会」の案内
第21回「『資本論』を読む会」の報告
第22回「『資本論』を読む会」の案内
第22回「『資本論』を読む会」の報告
第23回「『資本論』を読む会」の案内
第23回「『資本論』を読む会」の報告
第24回「『資本論』を読む会」の案内
第24回「『資本論』を読む会」の報告
第25回「『資本論』を読む会」の案内
第25回「『資本論』を読む会」の報告
第26回「『資本論』を読む会」の案内
第26回「『資本論』を読む会」の報告
第27回「『資本論』を読む会」の案内
第27回「『資本論』を読む会」の報告
第28回「『資本論』を読む会」の案内
第28回「『資本論』を読む会」の報告
第29回「『資本論』を読む会」の案内
第29回「『資本論』を読む会」の報告
第30回「『資本論』を読む会」の案内
第30回「『資本論』を読む会」の報告
第31回「『資本論』を読む会」の案内
第31回「『資本論』を読む会」の報告
第32回「『資本論』を読む会」の案内
第32回「『資本論』を読む会」の報告
第33回「『資本論』を読む会」の案内
第33回「『資本論』を読む会」の報告
第34回「『資本論』を読む会」の案内
第34回「『資本論』を読む会」の報告
第35回「『資本論』を読む会」の案内
第35回「『資本論』を読む会」の報告
第36回「『資本論』を読む会」 の案内
第36回「『資本論』を読む会」の報告
第37回「『資本論』を読む会」の案内
第37回「『資本論』を読む会」の報告
第38回「『資本論』を読む会」の案内
第38回「『資本論』を読む会」の報告
第39回「『資本論』を読む会」の案内
第39回「『資本論』を読む会」の報告
第40回「『資本論』を読む会」の案内
第40回「『資本論』を読む会」の報告
第41回「『資本論』を読む会」の案内
第41回「『資本論』を読む会」の報告
第42回「『資本論』を読む会」の案内
第42回「『資本論』を読む会」の報告
第43回「『資本論』を読む会」の案内
第43回「『資本論』を読む会」の報告
第44回「『資本論』を読む会」の案内
第44回「『資本論』を読む会」の報告
第45回「『資本論』を読む会」の案内
第45回「『資本論』を読む会」の報告
第46回「『資本論』を読む会」の案内
第46回「『資本論』を読む会」の報告
第47回「『資本論』を読む会」の案内
第47回「『資本論』を読む会」の報告
第48回「『資本論』を読む会」の案内
第48回「『資本論』を読む会」の報告
第49回「『資本論』を読む会」の案内
第49回「『資本論』を読む会」の報告
第50回「『資本論』を読む会」の報告
第50回「『資本論』を読む会」の報告(補足)

閉じる


<<最初から読む

55 / 101ページ

第27回「『資本論』を読む会」の報告

第27回「『資本論』を読む会」の報告

 

 

◎残暑、厳しいおり

 

 今年の暑さは記録的でした。大阪では9月になっても、まだ猛暑日が続いています。8月29日の第27回「『資本論』を読む会」の開催日も厳しい残暑のなかで行われました。

 

  “猛暑特需”というものがあるらしく、連日の猛暑様々でアイス製造業など一部の業界は潤っているのだそうです。しかし“猛暑特需”があるなら、“猛暑枯れ”もあるのではないでしょうか。植木の話ではありません。こんな猛暑日の昼日中にのこのこと炎暑のなかを出かけようなどと誰も思わないだろうということです。そのためともいえませんが、おかげで第27回「『資本論』を読む会」は、常連の参加者さえ姿を見せず、いつものことながら寂しい開催になりました。

 

 しかしまあ、愚痴を言っていても始まりません。今回は〈B 全体的な、または展開された価値形態〉の〈三 全体的な、または展開された価値形態の欠陥〉からやりましたが、Bの最後まで終えることができました。さっそく、その報告に移りましょう。

 

◎どうして「欠陥」なのか?

 

 まず、今回の表題〈三 全体的な、または展開された価値形態の欠陥〉が問題になりました。つまりどうして「欠陥」なのか? というのです。

 

  前回までは〈B 全体的な、または展開された価値形態〉の相対的価値形態と等価形態について、それぞれ考察が行われましたが、今回からは、それらの考察を踏まえて、それらを統一した上で、〈全体的な、または展開された価値形態の欠陥〉が考察の対象になっています。しかしBの全体としての考察が、どうしてその「欠陥」の考察になるのでしょうか。また「欠陥」というのは、何から較べての「欠陥」なのでしょうか?

 

  それは私たちが先に見た、Bの相対的価値形態(その質的および両的考察)と等価形態のそれぞれの考察は、A(単純な価値形態)の考察を踏まえたB(展開された価値形態)に固有の課題を明らかにするものであると指摘しましたが、それは同時にAの不十分な点が如何にしてBにおいて克服されているのかの考察でもあったのです。Aの最後で次のように言われていました。

 

 〈単純な価値形態、すなわち一連の諸変態を経てはじめて価格形態にまで成熟するこの萌芽形態の不十分さは、一見して明らかである〉(全集版83頁)

 

 つまり単純な価値形態の「不十分さ」というのは、〈一連の諸変態を経てはじめて価格形態にまで成熟するこの萌芽形態としての不十分さ〉なのです。つまり価値形態が価格形態(=貨幣形態)にまで発展することによって、価値はその概念にもっとも相応しい形態を獲得し、自立した姿態を得るとともに、諸商品を質的に同じで量的に比較可能なものとして表すことができるようになるのですが、価値形態の各発展段階は、だからそうしたもっとも発展した貨幣形態からみた場合に、いまだその「不十分さ」や「欠陥」があると言うことなのです。だから単純な価値形態の最後にその「不十分さ」が指摘されたように、展開された価値形態の場合も、その最後に、その欠陥が指摘され、次の発展段階への移行の必然性が明らかにされるという展開になっているわけです。

 

  とにかく、具体的に、以下、文節ごとに詳しく見て行くことにしましょう。

 

 (イ)第一に、商品の相対的価値表現は未完成である。というのは、その表示の列は完結することがないからである。 (ロ)一つの価値等式が他の等式につながってつくる連鎖は、新たな価値表現の材料を与える新たな商品種類が現われることに、相変わらずいくらでも引き伸ばされるものである。 (ハ)第二に、この連鎖はばらばらな雑多な価値表現の多彩な寄木細工をなしている。 (ニ)最後に、それぞれの商品の相対的価値が、当然そうならざるをえないこととして、この展開された形態で表現されるならば、どの商品の相対的価値形態も、他のどの商品の相対的価値形態とも違った無限の価値表現列である。 (ホ)――展開された相対的価値形態の欠陥は、それに対応する等価形態に反映する。 (ヘ)ここでは各個の商品種類の現物形態が、無数の他の特殊的等価形態と並んで一つの特殊的等価形態なのだから、およそただそれぞれが互いに排除しあう制限された等価形態があるだけである。 (ト)同様に、それぞれの特殊的商品等価物に含まれている特定の具体的な有用な労働種類も、ただ、人間労働の特殊的な、したがって尽きるところのない現象形態でしかない。 (チ)人間労働は、その完全な、または全体的な現象形態を、たしかにあの特殊的諸現象形態の総範囲のうちにもってはいる。(リ)しかし、そこでは人間労働は統一的な現象形態をもってはいないのである。〉

 

 〈全体的な、または展開された価値形態の欠陥〉も、やはり相対的価値形態と等価形態にわけてそれぞれが考察されています。まず相対的価値形態の欠陥です。

 

 (イ)、(ロ )第一に、商品の相対的価値表現は、未完成です。というのは、その表現の列は完結することがないからです。というのは、新たな商品種類が現われるごとに、価値等式の列は、相変わらずいくらで引き伸ばされて、限りがないからです。

 

 (ハ) 第二に、この価値表現の繋がりは、さまざまな表現の寄せ集めのままです。

 

 〈この第二形態は同じ商品の価値のために相対的な諸表現の雑多きわまる寄木細工を与える〉(初版本文、国民文庫版58頁)

 

 (ロ) 最後に、それぞれの商品の相対的価値は、この展開された形態で表現されるならば、当然のことながら、どの商品の(展開された)相対的価値形態も、他のどの商品の(展開された)相対的価値形態とも違った無限の価値表現の列になります。つまり諸商品それぞれが違った展開された価値形態で自らの価値を表現するわけですが、それらがすべて違っているわけです。

 

 次は等価形態の欠陥です。

 

 (ホ) 展開された相対的価値形態の欠陥は、それに対応する等価形態の欠陥として反映します。

 

 (ヘ) ここでは各個の商品の現物形態が、無数の他の特殊的等価形態と並んで、一つの特殊的等価形態ですから、それらは互いに排除しあう限られた等価形態があるだけです。

 

 (ト) 同じように、それぞれの特殊的な等価物に含まれている特定の具体的な有用労働種類も、ただ人間労働の特殊的な、したがって尽きることのない現象形態でしかありません。

 

 (チ)、(リ) 人間労働は、その完全な、または全体的な現象形態を、特殊的諸現象形態の総範囲のうちに持っていますが、しかし、人間労働は統一的な現象形態をまだ持っていないのです。

 

  この部分はフランス語版では次のようになっています。

 

 〈人間労働は確かに、その完全なあるいは総和の表示形態を、その特殊な形態の総体のうちにもっている。だが、形態と表現との統一が欠けている。〉(36-7頁)

 

 そして山内清氏はこの部分をフランス語版と関連させて次のように説明しています。理解をより深めるために、紹介しておきましょう。

 

   〈仏語版がいうように、第二形態は、その形態的内実と形態的形式とが不一致である。第二形態は、その形態にある限りですべての商品の質的同等性を表現するが、そういう形態的内実を、全体性、総範囲性という形態的形式で示しているにすぎず、本来そうあるべき、単純性、統一性、共同性の形式をもっていないのである。〉(山内清著『資本論商品章詳注』97頁)

 

◎全体的な価値形態から一般的な価値形態への移行

 

 次のパラグラフとの間に初版付録には〈(五) 全体的な価値形態から一般的な価値形態への移行〉という表題があることが指摘されました(国民文庫版158頁)。つまりここからは、価値形態の次の発展段階への移行が問題になるわけです。

 

 (イ)とはいえ、展開された相対的価値形態は、単純な相対的価値表現すなわち第一の形態の諸等式の総計から成っているにすぎない。 

 (ロ)たとえば、 

    20エレのリンネル=1着の上着 

    20エレのリンネル=10ポンドの茶 

  などの総計からである。〉

 

 (イ)、(ロ) しかし、展開された相対的価値形態は、単純な相対的価値形態、すなわち第一形態の諸等式の総計からなっているにすぎません。すなわち、 

    20エレのリンネル=1着の上着 

    20エレのリンネル=10ポンドの茶 

  などの総計からです。

 

 〈 (イ) しかし、これらの等式は、それぞれ、逆にすればまた次のような同じ意味の等式をも含んでいる。 

   (ロ) すなわち 

    1着の上着=20エレのリンネル 

    10ポンドの茶=20エレのリンネル 

  などを含んでいる。〉

 

 (イ)、(ロ) そして、これらの等式は、それぞれを逆にすれば、次のような同じ意味の等式を含んでいます。すなわち、    

   1着の上着=20エレのリンネル 

    10ポンドの茶=20エレのリンネル 

  という等式をです。

 

 (イ)じっさい、ある人が彼のリンネルを他の多くの商品と交換し、したがってまたリンネルの価値を一連の他の商品で表現するならば、必然的に他の多くの商品所持者もまた彼らの商品をリンネルと交換しなければならず、したがってまた彼らのいろいろな商品の価値を同じ第三の商品で、すなわちリンネルで表現しなければならない。―― (ロ)そこで、20エレのリンネル=1着の上着 または=10ポンドの茶 または=etc. という列を逆にすれば、すなわち事実上すでにこの列に含まれている逆関係を言い表わしてみれば、次のような形態が与えられる。〉

 

 (イ) そして、実際の交換関係を考えてみますと、ある人が彼のリンネルを他の多くの商品と交換して、自分の価値を一連の他の商品で表現するとしますと、それは必然的に他の多くの商品の所持者も彼らの商品を同じ第三の商品であるリンネルと交換しなければなりませんし、だから彼らはいろいろな商品の価値をリンネルで表現しなければならないことになります。

 

 ところでここでマルクスがリンネルを〈同じ第三の商品〉と述べていることに異論を唱えている人がいます(山内清前掲書)。つまり〈リンネルは、第二形態では当事者の一方であるから、「第三の」は疑問〉(前掲99頁)だというのです。しかし上記の一文をよく読むと、マルクスは〈彼らのいろいろな商品の価値を〉と述べています。つまりリンネルと交換して自分たちの商品の価値を表現する〈他の多くの商品所持者〉にとっては、彼らの商品相互の関係から見ると、リンネルは〈同じ(あるいは共通の)第三の商品〉になると述べているのです。ここでは、すでに表式が逆転して、リンネルがすでに一般的等価形態になっているのですから、こうした表現はそれを示唆しているものと考えられ、何ら問題はないと思います。

 

 (ロ) だから、20エレのリンネル=1着の上着 または=10ポンドの茶 または=etc. という列を逆にすれば、すなわち実際上は、これらの列に含まれている逆関係を表わしてみますと、次のような形態が与えられるわけです。

 

 そしてその与えられる新しい価値形態こそ、一般的価値形態であり、次の項目では、以下のような等式が示されています。

 

〈 C 一般的価値形態

   1着の上着       =

    10ポンドの茶     =

    40ポンドのコーヒー =

    1クォーターの小麦 =        20エレのリンネル

     2オンスの金     =

     1/2トンの鉄    =

     x量の商品A     =

     等々の商品     =             〉

 

◎第二形態から第三形態への移行をめぐる論争

 

 このマルクスの第二形態(全体的な、または展開された価値形態)から第三形態(一般的価値形態)への移行については、賛否両論があり、従来から論争が繰り返されてきました。それらは大きくは、マルクスが「逆関係」を使って説明しているのを否定する主張と、それを肯定する主張とに分けることができます。今、その代表的なものを知るために、白須五男氏がまとめたものを紹介してみましょう。

 

 〈【逆連関否定の移行論】

   I

  (1) 価値形態の中に交換過程的論理を導入し、商品所有者の相互的な欲望表現を価値表現と同一視し、その表現の不一致から発生する交換の困難を解決するものとして第三形態を措定しようとする説--宇野弘蔵氏および宇野学派の多くの論者の見解 。

  (2) マルクスの価値表現を相互的価値表現であると批判し、価値実体も商品所有者の欲望もともに前提せず、交換過程的論理を排除した「純化された価値形態的論理」それ自体の内で、価値と使用価値の二要因の矛盾が展開されることを通して第三形態を導出しようとする説--中野正氏、鈴木鴻一郎氏(および玉野井芳郎氏) の見解。   

  II

  (3) 価値形態論の内部では第二形態から第三形態への移行を理論的に説くことには本質的困難が伴い、その発展過程に交換過程の全面的外化の矛盾を対応させることによって第三形態の成立が可能になるとする説--冨塚良三氏の見解 。

  (4) 逆連関を前提せずに、価値概念とその定在様式(価値形態)との矛盾の展開だけから第三形態の成立を措定しようとする説--武田信照氏の見解 。

 III

 (5) 価値形態論を価値表現の「類型論」として位置付け、第二形態から第三形態への移行は本来交換過程論の課題であって、価値形態論の内部ではその移行の論理は始めから説きえないとする説--大島雄一氏の見解 。   

 

【逆連関肯定の移行論】

 (6) 価値概念と価値の定在様式との不一致(矛盾)を形態移行の動力として価値概念に照応する第三形態を導出し、貨幣の現実的必然性が問題となる交換過程はその第二形態から第三形態への移行を媒介するものと捉える説--見田石介氏、尼寺義弘氏の見解。

 (7) 価値表現の両極性と両項の互換性についての「独自な」解釈に基いて、第二形態およびその逆連関としての第三形態が同一時点では必ずただ一つだけ成立可能と捉える説--頭川博氏の見解。〉(『マルクス価値論の地平と原理』158-9頁)

 

 なかなか、これだけでは、それぞれの主張を理解することはできませんが、さまざまな主張が入り乱れて論争が行われていることは了解頂けたのではないでしょうか。そのすべてについて具体的に検討することは、ほとんど不可能であるし、またその必要性もないと思いますので、ここでは、逆関係を否定する代表的な主張として、富塚氏の主張を批判的に検討してみることにしましょう。富塚氏の主張は次の一文に典型的に現われています。

 

 〈元来、20ヤールの亜麻布=1着の上衣 という等式関係は、亜麻布商品の所有者が「上衣一着とならば亜麻布20ヤールを交換してもよい」といっていることを表現しているにすぎないのであって、それは全く亜麻布所有者にとっての私事にすぎず、亜麻布所有者がそういっているからといって、上衣の所有者がそれに応じなければならないという理由は全くない。上衣の所有者はその商品を亜麻布と交換することを望まないかもしれず、仮りに亜麻布と交換しようとする揚合にも、20ヤールでは不足だとするかもしれない。要するに、20ヤールの亜麻布=1着の上衣 という亜麻布にとっての価値表現の関係は、20ヤールの亜麻布が必ず一着の上衣と交換されるということを表現してはおらず、1着の上衣=20ヤールの亜麻布 という逆の価値表現の関係を当初から予定してはいないのである。〉(『恐慌論研究』244頁)

 

 こうした富塚氏の主張は、明らかに価値形態を見誤っているとか言いようがありません。富塚氏は、マルクスが商品の価値を分析するのに、商品の交換関係から考察を開始したことを忘れています。マルクスは第1章で次のように書いています。

 

 〈交換価値は、まず第一に、ある一種類の使用価値が他の種類の使用価値と交換される量的関係、すなわち割合として現われる。〉(下線は引用者、全集版49頁)

  〈さらに、二つの商品、たとえば小麦と鉄とをとってみよう。それらの交換関係がどうであろうと、この関係は、つねに、与えられた量の 小麦がどれだけかの量の鉄に等置されるという一つの等式で表わすことができる。たとえば 1クォーターの小麦=aツェントナーの鉄 というように。この等式はなにを意味しているのか?〉云々(下線は引用者、同50頁)

 

 こうした考察から出発して、私たちは商品の価値をつかみだし、その実体を考察したのです。マルクスは、価値の実体を考察したあと、その量的考察に移る前に次のように述べていました。

 

 〈だから、商品の交換関係または交換価値のうちに現われる共通物は、商品の価値なのである。研究の進行は、われわれを、価値の必然的な表現様式または現象形態としての交換価値につれもどすことになるであろう。しかし、この価値は、さしあたりまずこの形態にはかかわりなしに考察されなければならない。〉(同52頁)

 

 だから第三節から始まった価値形態の分析は、マルクスがここでいう〈価値の必然的な表現様式または現象形態としての交換価値〉の分析に他ならないのです。だから価値形態の分析においては、常にその背景として交換関係が前提されているということが留意されていなければならないのです。そして二商品の交換関係を前提すれば、リンネルと上着との交換には、当然、上着とリンネルとの交換が含まれており、リンネルの価値を上着で表すということと同時に、上着の価値をリンネルで表すという逆の関係が常に含まれていることはあまりにも当然のことではないでしょうか。価値形態の考察においては、二商品のこうした交換関係から商品所有者やその欲望を捨象して、二商品の交換という事実だけを取り出して、観察し、分析しているわけです。

 

 こうした第二形態から第三形態への発展を、マルクスはモスト著『資本論入門』のなかでは歴史的に次のように描いています。

 

 〈交換のその次に高い段階(第二形態--引用者)を、われわれはこんにちでもまだ、たとえばシベリアの狩猟種族のところで見いだす。彼らが提供するのは、交換向けのほとんどただ一つの財貨、つまり毛皮である。ナイフ、武器、火酒(かしゆ)、塩等々といった彼らに供給される他人のすべての商品が、彼らにとってはそっくりそのまま、彼ら自身の財貨のさまざまの等価物として役立つ。毛皮の価値がこうして受け取る表現が多様であることは、この価値を生産物の使用価値から分離して表象することを習慣にするが、他方では、同一の価値をたえず増大する数のさまざまの等価物で計量することが必要となる結果、この価値の大きさの規定が固定するようになる。つまり、ここでは毛皮の交換価値はすでに、以前ばらばらに行なわれていただけの生産物交換の場合(第一形態--引用者)に比べて、はるかにはっきりした姿をもっているのであり、したがってまた、いまではこれらの物そのものもすでに、はるかに高い程度で商品という性格をもっているのである。

 

  こんどはこの取引を、異郷の商品所持者の側から観察してみよう彼らのおのおのはシベリアの狩人たちにたいして、自分の財貨の価値を毛皮で表現しなければならない。こうして毛皮は、一般的等価物になる。一般的等価物は、他人のすべての商品と直接に交換可能であるばかりでなく、また他人のすべての商品にとって、共通の価値表現のために、したがってまた価値を計るものおよび価値を比較するものとしても役立つ。言い換えれば、毛皮は生産物交換のこの範囲のなかでは、貨幣となるのである。〉(大谷禎之介訳10-11頁)

 

◎第二形態から第三形態への発展には、どういう商品形態の発展が対応しているのか?

 

 第二形態から第三形態への移行を逆の関係から説明するマルクスのやり方を肯定するにしても、では、第二形態から第三形態への移行においては、ただ観察の視点の転換だけが問題なのでしょうか。〈全体的な、または展開された価値形態〉を、それまでリンネルの側から見ていたのを、ひっくり返して、それまで等価形態に置かれていた諸商品の側から見て、それらの相対的な価値の表現として見ただけなのでしょうか。そうではなく、やはり第二形態から第三形態への移行にも、商品形態の発展が対応しているのでしょうか、それが問題です。  大谷氏はこの点で、先のマルクスの『入門』の説明は、〈やや舌足らずで、誤解を招く可能性がある〉と指摘しています。確かにそういう面がないとはいえませんが、しかし『入門』の説明でも、商品形態の発展を物語っているようにも思えます(それは後に紹介します)。しかし、とりあえず、この点では大谷氏の説明が参考になるので、紹介しておくことにしましょう。

 

  大谷氏は『価値形態』経済志林』61巻2号)で次のように述べています。

 

 〈じっさい,ある人が自分のリンネルを他の多くの商品と交換し,したがってまたリンネルの価値をそれらの商品で表現するならば,必然的に,他の多くの商品所持者もそれぞれ自分の商品をリンネルと交換しなければならず,したがってまたそれぞれ自分の商品の価値を,みな同じ商品,リンネルで表現しなければならないわけである。

 

  すでに述べたように,これらの他商品が相互にまったく無関係に存在して,相互にまったく無関係にリンネルと交換するのであれば,それらの商品がもつ価値形態は単純な価値形態でしかない。けれども,ここで生じる交換関係の発展の方向は,リンネルばかりでなく,これら他商品のほうでも他の多くの諸商品と交換関係を結び,したがってこれらの諸商品がみな同一の場で交換されるようになっていく,というものであるほかはない。その行き着くところは,リンネルの開展された価値形態を潜めている交換関係のなかで,リンネルにたいする多くの他商品の側でも,互いに商品として関わりをもち,同じ商品世界を形成しているということ,どの他商品もリンネルと交換しようとしているということである。そして,一方の側に開展された価値形態を含む交換関係は,他方の側にそのような多くの商品が立っことを排除するものではないのである。〉(212頁)

 

 つまりこういうことです。モストの『入門』の例を参考に考えてみましょう。シベリアの狩猟種族が彼らの獲物である毛皮を、狩りの旅の途中で出会うさまざまな種族と、それらの種族の生産した武器や火酒、塩等々と交換していく場合、毛皮は展開された価値形態を獲得します。しかし、毛皮と交換される武器や火酒、塩等々の側から見ると、それらの交換はいまだそれらの生産者にとっては偶然的なものにすぎません。だからそれらの商品から見た場合は、それらはいまだ単純な価値形態に過ぎないわけです。

 

  しかしそうした交換がさらに発展して行くと、武器や火酒や塩等々を生産する種族たちにとっても、商品の交換はますます偶然的なものではなくなり、彼らの間でも互いに商品を交換し合う関係が発展してくるわけです。そうした場合に、彼らは互いの商品交換において、それぞれの価値をまずは毛皮で表現して、彼らの商品の価値を比較しあうようになります。その上で、彼らは互いの商品を交換し合うわけです。そして、これがすなわち一般的な価値形態なのです。だから第二形態から第三形態への発展にも、商品交換の、よってまた商品形態の発展が対応していると考えられるわけです。先の『入門』を丁寧に読めば、マルクスは、こうした商品交換の歴史的な発展を描いていることが読み取ることができると思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【付属資料】

 

●【1】パラグラフに関連して

 

《初版本文》

 

 〈第一の形態 20エレのリンネル=1着の上着 は二つの商品の価値のために二つの相対的な表現を与えた。この第二の形態は同じ商品の価値のために相対的な諸表現の雑多きわまる寄木細工を与える。価値の大きさの表現のためにもなんらかのものが得られたようには見えない。なぜならば、20エレのリンネル=1着の上着 においては、じっさいどの表現においても同じままであるリンネルの価値の大きさが、ちょうど 20エレのリンネル=u量の茶 等々におけるのと同じに、あますところなく示されているからである。また、等価物の形態規定のためにもなんらかのものが得られたようには見えない。なぜならば、20エレのリンネル=u量のコーヒー 等々においては、コーヒー等々は、上着がそうだったのとまったく同じように、ただ個別的な等価物であるにすぎないからである。〉(国民文庫版58-9頁)

 

《初版付録》

 

 〈第一に、リンネルの相対的な価値表現は未完成である。というのは、その表示の動は完結することがないからである。第二に、それはぼらばらな雑多な価値表現の多彩な寄木細工をなしている。最後に、これはそうならざるをえないことであるが、それぞれの商品の相対的な価値がこの展開された形態で表現されるならば、どの商品の相対的価値形態も、他のどの商品の相対的価値形態とも違った無限な価値表現列である。--展開された相対的価値形態の欠陥は、それに対応する等価形態に反映する。各個の商品種類の現物形態がここでは無数の他の特殊的な等価形態と並んで一つの特殊的な等価形態であるのだから、およそ、ただ、それぞれが互いに排除し合う制限された等価形態があるだけである。同様に、それぞれの特殊的な商品等価物に含まれている特定の具体的な有用な労働種類も、ただ、人間労働の特殊的な、したがって尽きることのない現象形態でしかない。人間労働は、その完全な、または全体的な現象形態を、たしかにあの特殊的な諸現象形態の総範囲のうちにもってはいる。しかし、こうして人間労働は統一的な現象形態をもってはいないのである。〉(同158頁)

 

《フランス語版》

 

 〈まず、相対的な価値表現は、その表現系列がけっして終結されないために、未完成である。それぞれの価値比較を環とする鎖は、ある新たな商品種類が新たな表現の材料を提供するにつれて、随意に伸ばすことができる。もしさらに、そうならざるをえないとおりに、この形態が、すべての商品種類に適用されることによつて一般化されるならば、結局は、諸商品の価値表現と同数の、さまざまな際限のない諸系列が、得られるであろう。発展した相対的価値形態の不備は、この形態に対応する等価形態に反映する。それぞれの商品種類の自然形態がここでは、他の無数の特殊な等価形態とならんで、一つの特殊な等価形態を提供するから、一般的に言って、それぞれが他を排除するような断片的な等価形態のみが存在する。これと同じように、それぞれの等価物のうちに含まれている具体的な有用労働種類も、そこでは、人間労働の特殊な形態、すなわち、人間労働の不完全な表示のみを表わす。人間労働は確かに、その完全なあるいは総和の表示形態を、その特殊な形態の総体のうちにもっている。だが、形態と表現との統一が欠けている。〉(江夏訳36-7頁)

 

●【初版付録にのみある表題】

 

 〈(五) 全体的な価値形態から一般的な価値形態への移行〉(前掲158頁)

 

●【2】パラグラフに関連して

 

《初版付録》

 

 〈とはいえ、全体的なまたは展開された相対的価値形態は、ただ、単純な相対的な価値表現すなわち第一の形態の諸等式の総計から成っているにすぎない。たとえば、

   20エレのリンネル=1着の上着

   20エレのリンネル=10ポンドの茶、等々

  の総計からである〉(同159頁)

 

《フランス語版》--次のパラグラフとくっついている

 

●【3】パラグラフに関連して

 

《初版付録》

 

 〈しかし、これらの等式は、それぞれ、逆関係的には次のような同じ意味の諸等式をも含んでいる。すなわち、

    1着の上着=20エレのリンネル

    10ポンドの茶=20エレのリンネル、等々

  を含んでいる。〉(同159頁)

 

《フランス語版》

 

 〈しかし、総和のあるいは発展した相対的価値形態は、単純な相対的表現の総計、すなわち、次のような第一形態の等式、

   20メートルのリンネル1着の上衣

   20メートルのリンネル10ポンドの茶、等、

  の総計からのみ成り立っているが、この等式の一つ一つが、次のような同一の等式を逆に含んでいるのである。

   1着の上衣  20メートルのリンネル

  10ポンドの茶20メートルのリンネル、等〉(前掲37頁)

 

●【4】パラグラフに関連して

 

《初版本文》

 

 〈第二の形態は、第一の形態の諸等式だけの合計から成り立っている。しかし、これらの等式のそれぞれ、たとえば 20エレのリンネル=1着の上着 は、その逆の関係 1着の上着=20エレのリンネル をも包括しているのであって、ここでは上着が自分の価値をリンネルで示しており、まさにそれゆえにリンネルを等価物として示しているのである。ところで、こういうことはリンネルの無数の相対的な価値表現のどれにもあてはまるのだから、そこでわれわれは次のような形態を得るのである。〉前掲(61頁)

 

《初版付録》

 

 〈じっさい、リンネルの所持者が彼の商品を多くの他の商品と交換し、したがってまた彼の商品の価値を一連の他の商品で表現するならば、必然的に多くの他の商品所持者もまた彼らの商品をリンネルと交換するにちがいなく、したがってまた彼らのいろいろな商品の価値同じ第三の商品で、すなわちリンネルで表現するにちがいない。--そこで、20エレのリンネル=1着の上着 または =10ポンドの茶 または =等々、という列を逆にすれば、すなわち、それ自体としてすでにこの列のなかに含まれている逆関係を言い表わしてみれば、われわれは次のような形態を得る。〉(同159-160頁)

 

《フランス語版》

 

 〈実際のところ、リンネルの所有者がリンネルを他の多数の商品と交換し、したがって、その価値を一連の同じ数だけの項のうちに表現するならば、他の商品の所有者たちは、自分たちの商品をリンネルと交換して、自分たちのさまざまな商品の価値を、リンネルという同一の項のうちに表現せざるをえない。20メートルのリンネル=1着の上衣、または=10ポンドの茶 または=その他 という系列を転倒するならば、すなわち、この系列のうちにすでに暗々裡に含まれている相反等式を表現するならば、次の形態が得られる。〉(前掲37-8頁)

 

 

 


第28回「『資本論』を読む会」の案内

『 資  本  論 』  を  読  ん  で  み  ま  せ  ん  か

                                    

                                    

 民主党の代表選挙が、菅直人首相と小沢一郎元幹事長との一騎討ちとなり、 党を二分する激しい選挙戦が闘われています。

 

 停滞する日本経済を如何に建て直すか、折りからの急速な円高にどう対応するか等々も一つの争点です。日本記者クラブで行われた公開討論会でも対応が問われましたが、なかなか両候補とも有効な手段が打ち出せないというのが本当のところではないでしょうか。

 

 

 以前にも指摘しましたが(第25回案内参照)、「為替」というのは、遠隔地間の諸支払を銀行など金融機関を媒介して振り替えることによって、現金を運ばずに決済するための信用用具(有価証券)であり、だから決して厳密な意味での「通貨」と同じではないし、為替相場は通貨の交換レートとは概念的には異なるものなのです。

 

  通貨と為替とはまったく異なる流通(一方は商品市場、他方は貨幣市場)に属し、通常は直接的には関連しないが、しかし間接的には関連しているし、その関連を理論的に解明することが重要であるが、それを正しく説明しているものはほとんど見かけないとも指摘しました。だから今回は、この点を少し説明したいと思います。

 

 菅首相は、先の討論会で、記者の質問に答えて、「今回の急激な円高の背景には、アメリカ経済が期待されたほどの回復にいたっていないという、(米連邦準備制度理事会議長の)バーナンキさんなんかの自らの発言もあって、ある意味ドル安という形で円高になってきている」と答えていました。

 

 ここで「ドル安という形で円高になってきている」という意味は、ドルの“減価”が背景にあると言いたいのだと思います。もちろん、菅首相が通貨と為替との区別ができているとは思えませんが、こうした指摘には一定の客観的な根拠がないとはいえません。

 

 ニューヨーク金市場における金価格のここ2カ月間の推移をみますと、図にあるように、7月始めから9月始めにかけて、金価格は1オンス1200ドルから1250ドルへと高値に推移しています(つまりそれだけドルの代表する金量は減り、ドルは“減価”しています)。

 

 

 これに対して、東京金市場では、同じ期間、1グラムの金の価格は3400円前後を上下しているだけで、一方的な上昇傾向を示しているわけではありません。

 1グラム=0.03215トロイオンスで換算した場合、1ドル札と1万円札はそれぞれどれだけの金量を代表し、それがどのように推移したのかを見てみますと、7月初めごろの円とドルの通貨の実際のレートは1円=89.4ドルであるのに対して、9月初めにはそれが1円=84.6ドルになっています。

 

 これは通常言われている「為替レート」とは異なり、実際のアメリカ国内で流通しているドル札の代表する金量と日本国内で流通する円札の代表する金量との比較から計算した、その意味ではその概念にかなった「通貨レート」なのです。

 

 為替相場における、ドル建て、円建てのそれぞれの為替の価格も、当然、こうした各国の通貨の“価値”(代表する金量)をもとにしていることはいうまでもありません。金が諸商品の価値を尺度する唯一の貨幣商品であることは今日でも変わっていないのです。人によっては、金はすでに貨幣ではなく、「潜在的な貨幣としてあるだけだ」(状況の変化によっては貨幣になりうる可能性はあるが、現実には貨幣ではない)と言います。しかしそれは間違っています。金が「潜在的に貨幣」であるといいうるのは、金が鉱山から採掘されて、まだ金採掘業者がそれを他の諸商品との交換に出す前の段階にある金に言いうることであって、例えば金が世界のさまざまな金融機関、特に中央銀行やあるいは諸個人によって貯蔵されている場合については言い得ません。それらは本源的な蓄蔵貨幣として存在する金であり、だからそれらは“正真正銘”の貨幣そのもの(「本来的な貨幣」、あるはマルクスがいうところの「第三の規定による貨幣」)なのです。こうした誤った主張が出てくるのは、貨幣についての正しい概念が欠落しているからだと思います。実際に流通していなければ貨幣とはいえないというのは、古典派経済学的な間違った貨幣論に戻ることにほかなりません。

 

 そもそも諸商品の価値とは、与えられた生産諸力のもとで諸商品の使用価値が表している社会的分業にもとづいて、それらの使用価値を生産するために、社会の総労働を如何に配分されるべきかを示す指標なのです。それによって基本的な社会の物質代謝は維持されているのです。そしてその価値を目に見えるように表現し尺度するのが貨幣なのです。というのは、この社会ではそうした総労働の配分は意識的に行われるのではなく、ただ諸商品の交換の結果として客観的に貫かれるものとして存在するからです。だから諸商品の価値はただ別の共通な一商品によって相対的にしか表現できないし、尺度出来ないのです。そして商品世界から排除されて、そうした諸商品の価値を表現し尺度するものこそ貨幣なのです。

 

 だから今日の社会で諸商品が生産され、それがさまざまな形で売買されて、それを必要とするところに配分され、生産的にかあるいは個人的に消費されて、社会の物質代謝が維持されていることは誰もが認めることです。ということはこの社会に厳然として価値法則が貫いていること、諸商品を流通させるに必要な貨幣量が、それぞれの国ごとに客観的な法則として厳然として存在していることを、それらは示しているのです。

 

 実際にアメリカ国内で流通しているドル札であるとか、日本国内で流通している円札などは、そうした客観的に決まってくる流通必要貨幣量(流通必要金量)をただ代理しているだけなのです。

 

 それらがどれだけの金量を代理しているかは、不換制の今日では法的・制度的には決まっていません。しかし法的・制度的に決まっていないからといって、それらが一定の金量を代理している現実そのものが無くなるわけではありません。実際に流通しているドル札や円札がどれだけの金量を代理しているかは、現実の経済過程(実際の商品流通の現実)によって決まってくるのです。

 

 そもそも流通代理物がどれだけの金量を代理しているかは、何か法的・制度的に決められるものではなくて、あくまでも現実の経済過程そのものが決めるのです。兌換制は、実際の経済過程で決まってくる金量を(だからそれは常に変動するわけですが)、常に一定の量に戻す力が働くように制度的に保障しているだけなのです。

 

 歴史的には、金鋳貨が流通しているときでさえ、それらの鋳貨は現実の流通過程では象徴と化すために、実際の金の市場価格とのずれが生じてくるのであって、そうした結果、時の権力者(国王など)は金貨の度量標準の変更を余儀なくされたりしたのです。

 

 では、実際に流通しているドル札や円札がどれだけの金量を代理しているのかを知るのはどうすれば出来るのでしょうか。

 

 それをわれわれが知りうるは、それぞれの国における金の市場価格以外にはありません。

 

 金の市場価格は、さまざまな要因によって決まり、変動します。一つは金の価値そのものの変化によって、あるいは現実の流通必要金量の変化によって、流通代理物の量が流通の外部から強制的な注入によって変化することによって、さらには直接的な金の需給によってです。だから時々刻々変化する実際の金の市場価格そのものは、直接にそれぞれの通貨がどれだけの金量を代理しているのかを必ずしも正確に表しているとはいえませんが、しかし直接的な需給の変動を均せば、やはりそれは流通代理物がどれけの金量を代理しているのかをわれわれに教えているのです。

 

 しかし実際には、金は他の商品と同じように売買されており、単なる一つの商品にすぎないように見えます。しかしこれは単なる外観であって、決して金の売買と他の商品の売買とは同じではありません。もちろん、金も例えば工業用の材料として売買されるなら、それは他の商品と同じです。しかし金取り引きの多くはそうした金の使用価値を実現する(金を何らかの生産に使う)ためのものではありません。多くの人(あるいは法人・機関)は金を購入したからといって、金を消費するわけでは無いのです。だから金商品の購入というのは一つの外観であって、実際にはそれは流通貨幣を蓄蔵貨幣に転換しているのです。むしろこうした金の売買の現実こそが、金が依然として貨幣であることを物語っているのです。

 

 金を蓄蔵しているのは、石油やレアアースを備蓄しているのはわけがちがうのです。後者はやがてはそれを使用する(消費する)ために備蓄しているのですが(だから物質代謝の一過程ですが)、金の備蓄(蓄蔵)はただ価値の絶対的な形態を手にしているだけで、必要とあればいつでも通貨(流通貨幣)に転換して、諸商品の購入に充てることを考えて蓄蔵されているのです(だからそれは物質代謝を媒介するだけで、物質代謝の一過程ではない)。

 

 さて問題は、為替です。各国の通貨(ドル札や円札)そのものは、すでに何度も述べたように、決して為替とは直接には関係せず、その“価値”(代表する金量)はそれぞれの国内の商品市場の現実(流通する商品の価格総額、流通速度、諸支払の相殺度合い)に規定されているのであり、その限りでは独立変数なのです。

 

 実際の為替の相場そのものは直接には為替の需給に左右されますが、しかしそうした為替の売買には、国際的な諸商品の売買が反映しており(もちろん、為替は国際的な価値の移転だけのためにも売買されますが)、そして諸商品が売買される価格は、それぞれの国の通貨の“価値”によって規定されていることはいうまでもありません。だから為替の売買も、そのベースにはそれぞれの通貨の“価値”の比率が存在するといえるわけです。

 

 だから菅首相の肩をもつわけではありませんが、今回の円高には両国の通貨“価値”の比率の変化がある程度反映しているといえるかも知れません。

 

 為替と通貨との区別と関連はなかなか難しいものですが、そうした問題も『資本論』を研究するなかで、理論的に解明していくことが可能です。貴方も是非、共に『資本論』を読んでみませんか。

 


第28回「『資本論』を読む会」の報告

第28回「『資本論』を読む会」の報告

 

 

◎ようやく訪れた秋

 

  少し前まで厳しい残暑に悪態をついていたかと思ったら、急速な秋の深まりです。

 

  今回報告する第28回「『資本論』を読む会」が開催された9月19日は、まだまだ厳しい残暑があり、報告者は泉が丘駅で配布していたチラシ(ハンバーグの安売りの宣伝)を、捨てる場所もないまま持って図書館に急いだのですが、真夏を思わせる日差しに、そのチラシを頭の上にかざして、日傘の代わりとして利用して、これはなかなかグッドアイディアだと思ったほどなのですが、今日この頃のこの寒さはどうでしょうか。  季節の変わり目における体調の維持と管理には、お互い気をつけなければなりません。おかげでこの報告もずいぶんと遅くなってしまいました。しかし今回から入った〈C 一般的価値形態〉は、なかなか重要な部分でもあり、進んだのはわずかに5つのパラグラフだけでしたが、議論は充実したものとなりました。さっそく、その報告を行うことにしましょう。

 

◎何度も書き換えられた「一般的価値形態」

 

  「一般的価値形態」のところは、「単純な価値形態」のところと同じように、マルクスによって何度も推考され書き換えられたところです。初版本文と同付録との間ではその構成に大きな変化が見られ、「補足と改訂」でもさらなる考察が加えられ、現行版とほぼ同じ第二版へと繋がっています。少しその変化の目立った特徴を紹介しておきましょう。

 

 《初版本文と初版付録との相違》

 

  初版本文と初版付録との構成上の大きな違いは、初版本文の「第1章 商品と貨幣」の価値形態論と思われる部分には、「貨幣形態」が出て来ないことです。初版本文では「貨幣形態」の代わりに、「形態Ⅳ」が位置づけられています。この「形態Ⅳ」の理解もなかなか難しく、さまざまな議論もありますが、ここではその詳細には触れないでおきます(また論じる機会があるかもしれません)。その「形態Ⅳ」とは、次のようなものです。

 

 〈 だから、われわれは最後に次の形態を得ることになる。

 

 形態Ⅳ

 

 20エレのリンネル=1着の上着、または=u量のコーヒー、または=v量の茶、または=x量の鉄、または=y量の小麦、または=等々

 1着の上着=20エレのリンネル、または=u量のコーヒー、または=v量の茶、または=x量の鉄、または=y量の小麦、または=等々

  u量のコーヒー=20エレのリンネル、または=1着の上着、または=v量の茶、または=x量の鉄、または=y量の小麦、または=等々  〉(江夏訳56-7頁)

 

 つまり「形態Ⅳ」というのは、「形態II」をさまざまな商品ごとに並列させたものなのです。なぜこうしたものになるのかはここでは詳述できませんが、これを見ても、現行版とは大きく異なる展開になっていることが分かると思います。

 

 初版付録にはすでに現行版と同じように「III 一般的な価値形態」のあとに「Ⅳ 貨幣形態」があります。また初版付録では初版本文とは異なり、全体が小さな項目で分けられて、その展開が一目で分かるようになっているのは、他の部分とも同じですが、これは今回の部分においても、現行版の構成を考える上でも参考になるので、項目だけを紹介しておきましょう。最初に現行版の項目を紹介し、それが初版付録ではどうなっているのかを較べてみましょう。

 

 現行版の項目

 

 〈 C 一般的価値形態

 

 1 価値形態の変化した性格

 

 2 相対的価値形態と等価形態との発展関係

 

 3 一般的価値形態から貨幣形態への移行 〉

 

 初版付録の項目

 

 〈 III 一般的な価値形態

 

 (1) 相対的価値形態の変化した姿

 

 (2) 等価形態の変化した姿

 

 (3) 相対的価値形態と等価形態との均斉のとれた発展関係

 

 (4) 相対的価値形態と等価形態との対極性の発展

 

 (5) 一般的価値形態から、貨幣形態への移行 〉(夏目訳)

 

 この初版付録の項目を見ると、現行版の展開がどのようになっているのかが一目瞭然となります。つまり現行版の〈1 価値形態の変化した性格〉は、〈相対的価値形態の変化した姿〉と〈等価形態の変化した姿〉という順序で考察されていることが分かります。実際には、〈相対的価値形態の変化した姿〉も、その質的な考察(【1】~【6】パラグラフ)と(この質的な考察における初版付録と現行版との一つの大きな相違は、『補足と改訂』のところでも紹介しますが、後者には前者にはない歴史的な考察が加わっていることです)量的な考察(【7】パラグラフ)とに分けられて、そのあと〈等価形態の変化した姿〉(【8】パラグラフ)が考察され、さらに〈価値形態の変化全体のまとめ〉(【9】パラグラフ)が加わっています。

 

 また現行版の〈2 相対的価値形態と等価形態との発展関係〉は、〈相対的価値形態と等価形態との均斉のとれた発展関係〉(【1】【2】)と〈相対的価値形態と等価形態との対極性の発展〉(【3】~【6】)とが、この順序で考察されていることも分かります。

 

 〈一般的価値形態から貨幣形態への移行〉は現行版がより簡潔になっているとはいえ初版付録とには目立った相違はありません(初版付録にはここに若干の歴史的考察が加えられているが、現行版ではそれが無くなっている)。

 

 《『補足と改訂』における変化》

 

 マルクスは第二版の準備のために初版に手を入れた『補足と改訂』を書きましたが、そこには「一般的価値形態」の冒頭部分の同じところ(「§1.相対的価値形態の変化した姿」)を、主要なものとしては、[A]、[B]、[C]の三つの書き直した原稿(しかしそれぞれ長さは違います)が残されています(【付属資料】参照。但し今回は[B]をすべて収録すると余りにも資料が大きくなってしまうので、今回の問題に直接には関連しない部分は割愛しています)。一般的価値形態の最初のあたりでは、[A]はそれほど長いものではなく、書き出しなどは初版とそれほどの違いはありません。[B]は、初版本文や同付録、そして現行版にもない詳細な展開を見ることができます。その中には現行版の「第4節 商品の物神的性格とその秘密」に該当するような考察もみられ、そこには〈これは全部、商品にかんする最後の章(「章の最後」の誤訳?--引用者)に置かれるべきである〉というコメントがあったりします。一般的な相対的価値形態の質的考察における歴史的な考察の挿入は、[B]から行われたことが分かりますが、それがどういう位置づけのもとに挿入されるようになったのかは、[A]との比較検討で類推することができます。それは[A]で〈その一般的性格によってはじめて価値形態は価値概念に対応する〉云々というパラグラフがあるのですが、その部分を全体として詳述し膨らませたものが、[B]で出てくる歴史的な考察や内容的には第4節につながるような考察が行われている部分であることが分かるのです。つまり一般的価値形態においてはじめて価値形態は価値概念に対応したものになるのだということを価値形態の論理的・歴史的な発展をあとづけて説明しようとしたところがそうした詳細な考察に繋がって行ったことがよく分かるのです。そしてそうした考察を踏まえて書かれた[C]は、第二版(現行版)とほぼ同じものになっています。このように『補足と改訂』は、推考を重ねるなかでマルクスの問題意識がどのように変化して第二版として結実して行ったかをわれわれに教えてくれています。この『補足と改訂』はそれ自体として詳細な研究の対象になるべき文献だとつくづく今回、思いました。

 

 前書きはこれぐらいにして、本文の解読に移ることにしましょう。今回も各パラグラフをまず紹介し、それを文節ごとに解読していくようにします。

 

 

◎「一般的価値形態」の具体的な例示

 

 まず、次のような図示から始まっています。

 

 〈    C 一般的価値形態

   1着の上着       =

    10ポンドの茶     =

    40ポンドのコーヒー=

    1クォーターの小麦 =  20エレのリンネル

    2オンスの金      =

    1/2トンの鉄     =

    x量の商品A      =

    等々の商品      =    〉

 

 これだけを紹介しても、それまでの展開との関連がなかなかわかりづらいと思いますので、その一つ前の「B 全体的な、または展開された価値形態」の最後のパラグラフを振り返っておきましょう。それは次のようなものでした。

 

  〈じっさい、ある人が彼のリンネルを他の多くの商品と交換し、したがってまたリンネルの価値を一連の他の商品で表現するならば、必然的に他の多くの商品所持者もまた彼らの商品をリンネルと交換しなければならず、したがってまた彼らのいろいろな商品の価値を同じ第三の商品で、すなわちリンネルで表現しなければならない。――そこで、20エレのリンネル=1着の上着 または=10ポンドの茶 または=etc. という列を逆にすれば、すなわち事実上すでにこの列に含まれている逆関係を言い表わしてみれば、次のような形態が与えられる。〉

 

 つまり「」の冒頭で、最初に提示された「全体的な、または展開された価値形態」の具体例というのは次のようなものでした。

 

 〈(20エレのリンネル=1着の上着 または=10ポンドの茶 または=40ポンドのコーヒー または=1クォーターの小麦 または=2オンスの金 または=1/2トンの鉄 または=等々)〉

 

 これを図示しますと、次のようになります。

 

             = 1着の上着

             = 10ポンドの茶

             = 40ポンドのコーヒー

20エレのリンネル = 1クォーターの小麦

             = 2オンスの金

             = 1/2トンの鉄

             = 等々     

 

 そしてこれを左右ひっくり返したものが、今回、新たに得られた「一般的価値形態」になるというわけです。どうしてこうしたことが言いうるのかということは、すでに前回の報告のなかで紹介したと思います(第27回報告を参照)。

 

◎「一般的価値形態」の「相対的価値形態の変化した姿」の質的分析

 

 これは、すでに述べたように、【1】~【6】パラグラフで展開されています。だから今回私たちは【5】パラグラフまでで終わったのですが、その意味では、やや中途半端な終わり方であったと言えます。各パラグラフごとに見て行きましょう。

 

 【1】〈 (イ)いろいろな商品はそれぞれの価値をここでは(1)単純に表わしている、というのは、ただ一つの商品で表わしているからであり、そして(2)統一的に表わしている、というのは、同じ商品で表わしているからである。 (ロ)諸商品の価値形態は単純で共通であり、したがって一般的である。〉

 

 (イ) まずこれは一般的価値形態の直接的な考察です。一般的価値形態の図示された具体例をみて、直接得られる表象からその特徴を並べているわけです。まず気づくのは、すべての商品が自らの価値を一つの商品、リンネルで表していることです。マルクスはそれを〈単純に表している〉としています。そして〈統一的に表している〉とも述べています。というのは同じ商品ですべての商品の価値を表しているからです。つまり同じ商品ですべての商品の価値が統一的に表現されているというわけです。

 

 (ロ) そして最後に、こうした特徴から、諸商品の価値形態は〈単純で〉〈共通で〉、したがって〈一般的〉だというのです。

 

 学習会では、どうして〈単純で共通〉なら、〈一般的〉と言えるのかという疑問が出されました。そこでこのパラグラフをよく見ると、最初は〈単純〉であることと〈統一的〉であることが指摘されながら、最後の文節では〈単純〉と〈共通〉が指摘され、だから〈一般的〉だとされています。そして(2)の記述を見ると、〈統一的〉である理由として、〈同じ商品で表しているから〉だと述べています。つまり〈共通〉だからだというわけです。しかしこのパラグラフの文章を詳細に分析しても、なかなか、何故、〈単純〉で〈統一的〉で、〈共通〉であれば、〈一般的〉と言いうるのかという納得のゆく理解が出てきません。実はこれはある意味では当然なのです。というのは【2】パラグラフ以降は、まさにその理由を説明しているともいえるのだからです。そこでこうした疑問を持ったまま、次のパラグラフに進むことにしましょう。

 

 【2】〈形態 I とIIはどちらも、ただ、一商品の価値をその商品自身の使用価値またはその商品体とは違ったものとして表現することしかできなかった。〉

 

 マルクスはまず〈形態 I〉(単純な価値形態)と〈形態II〉(全体的な、または展開された価値形態)の欠陥というか、不十分性を指摘しています。〈一商品の価値をその商品自身の使用価値またはその商品体とは違ったものとして表現することしかできなかった〉、というのですが、どうしてこうした欠陥が指摘される必要があるのでしょうか。

 

 私たちは第1章の商品の価値の分析で、諸商品は価値としてはすべて質的に同等で量的に異なるに過ぎないことを理解しました。しかしこれまで私たちが見てきた商品の価値形態をふり返ると、単純な価値形態(形態 I )では確かにリンネルの価値は上着に等しいものとして表されましたが、しかしそれ以外の商品との質的な同一性そのものは、この形態では表現されていません。また展開された価値形態(形態II)の場合はどうかというと、リンネルの価値はさまざまな商品の使用価値で表現されることによって、その価値の他の諸商品との同一性が表現されているように見えます。しかしリンネルの価値の表現は、他方でそれ以外の商品の価値の表現を排除してしまっていることに気づきます。つまりリンネルの価値は、表現された価値としては他の商品の価値の表現と同じものとはいえないのです。というのはリンネルの展開された価値形態は、リンネルを除く他のすべての商品で表現されるように、例えば上着の展開された価値形態も、上着を除く他のすべての商品で表現されるわけですから、この二つの表現形態は同じとはいえません。つまり展開された価値形態もリンネルの価値と上着の価値の質的同一性を表現しているとはいえないわけです。だからこれらは、やはり価値の概念からみれば、その表現形態としては不完全な、欠陥を持ったものと言わざるを得ないのです。以下のパラグラフはこうした問題を論じて行くわけです。

 

 【3】〈 (イ)第一の形態は、1着の上着=20エレのリンネル、10ポンドの茶=1/2トンの鉄 などという価値等式を与えた。 (ロ)上着価値はリンネルに等しいもの、茶価値は鉄に等しいものというように表現されるのであるが、しかし、リンネルに等しいものと鉄に等しいものとは、すなわち上着や茶のこれらの価値表現は、リンネルと鉄とが違っているように違っている。 (ハ)この形態が実際にはっきりと現われるのは、ただ、労働生産物が偶然的な時折りの交換によって商品にされるような最初の時期だけのことである。〉

 

 (イ)、(ロ) 単純な価値形態(形態 I 、第一の形態)は、〈1着の上着=20エレのリンネル、10ポンドの茶=1/2トンの鉄〉などという、それぞれ異なる二つの商品の価値等式によって表されました。しかし上着の価値と茶の価値は、リンネルと鉄が異なるように違ったものとして表現されており、両者が価値として同じものとして表現されているとはとてもいえません。

 

 (ハ) これは当然であって、こうした形態が実際に現われてくるのは、ただ労働生産物が時折り偶然に交換されるような原始時代のものだからです。だから上着がリンネルと交換され、上着の価値がリンネルで表現されたとしても、それが茶の価値と比較しなければならない必要性もまたないわけです。茶が鉄と交換されるのは、上着がリンネルと交換されるのと同じように、まったく偶然の時折の出来事に過ぎず、それらの交換が互いに関連し合うこともまたないからです。

 

 【4】〈 (イ)第二の形態は第一の形態よりももっと完全に一商品の価値をその商品自身の使用価値から区別している。 (ロ)なぜならば、たとえば上着の価値は、いまではあらゆる可能な形態で、すなわちリンネルに等しいもの、鉄に等しいもの、茶に等しいもの、等々として、つまりただ上着に等しいものだけを除いて他のあらゆるものに等しいものとして、上着の現物形態に相対しているからである。 (ハ)他方、ここでは諸商品の共通な価値表現はすべて直接に排除されている。なぜならば、ここではそれぞれの商品の価値表現のなかでは他のすべての商品はただ等価物の形態で現われるだけだからである。 (ニ)展開された価値形態がはじめて実際に現われるのは、ある労働生産物、たとえば家畜がもはや例外的にではなくすでに慣習的にいろいろな他の商品と交換されるようになったときのことである。〉

 

 (イ)、(ロ) 単純な価値形態(第一の形態)に較べると展開された価値形態(第二の形態)は商品の価値をより普遍的に表現しているように思えます。というのは、例えば上着の価値は、いまでは上着を除くすべての商品によって表現されているからです。

 

 (ハ) しかし、やはりこの場合も諸商品の共通な価値表現というものはすべて直接に排除されています。というのは、上着の価値は上着を除く他のすべての商品で表されるのと同じように、茶の価値も茶を除く他のすべての商品で表されるので、この両者の価値表現は同じものとはいえないからです。だから上着と茶は共通の価値表現を持っているとはいえませんし、それはすべての商品の価値の表現についても言いうることなのです。

 

 (ニ) こうした展開された価値形態がはじめて実際に現われるのは、ある労働生産物、例えは家畜がほぼ慣習的に他のさまざまな商品と交換されるようになったときですが、しかしそれは家畜と交換される他のさまざまな商品が、いまだ必ずしも相互に商品として対峙し合うとは限らない状態のものです。だから上着の展開された価値形態が、それ以外の価値形態を排除していても大きな困難が生じなかったともいえます。

 

 しかし商品交換の発展は、やがては家畜と交換される諸商品相互の間においても、それらを互いに商品として対峙させるようになることは明らかです。そうなると、それらの商品は互いの価値を共通な等価物である家畜で表現しあうことによって、互いの価値を比較し合うことになりますが、それがすなわち一般的な価値形態なわけです。

 

 【5】〈 (イ)新たに得られた形態は、商品世界の価値を、商品世界から分離された一つの同じ商品種類、たとえばリンネルで表現し、こうして、すべての商品の価値を、その商品とリンネルとの同等性によって表わす。リンネルと等しいものとして、どの商品の価値も、いまではその商品自身の使用価値から区別されるだけではなく、いっさいの使用価値から区別され、まさにこのことによって、その商品とすべての商品とに共通なものとして表現されるのである。 (ロ)それだからこそ、この形態がはじめて現実に諸商品を互いに価値として関係させるのであり、言いかえれば諸商品を互いに交換価値として現われさせるのである。〉

 

 (イ) 一般的価値形態は、すべての商品が、その価値をただ一つの共通の商品リンネルで表現しています。リンネルだけが商品世界から分離されて、そうした価値表現の材料として役立っているわけです。リンネルは、それ以外のすべての商品の、よって商品世界の価値を表しているといえます。こうしてどの商品も自分の価値を自分自身の使用価値から区別して表現するだけではなくて、一切の使用価値からも区別されています。例えば上着の価値はリンネルとして表現されていますが、同じように茶の価値もやはりリンネルとして表現されており、あるいは鉄の価値も、金の価値も、やはり同じリンネルとして表現されているわけですから、それらの価値はすべて同じであることが、この価値形態によって初めて表現されているわけです。つまり上着の価値は、単に上着の使用価値から区別されるだけではなくて、他のすべての使用価値からも区別されているからこそ、その価値は、他の諸商品の価値と同じものとして、共通なものとして表現されているといえるわけです。

 

 (ロ) こうして、この形態がはじめて現実の諸商品を互いに価値として関係させるのであり、質的に同一で量的に比較可能な形態に置くのです。言い換えれば、諸商品を互いに交換価値として、すなわち価値の現象形態として、価値が目に見える形で現われているものとして関係させるのです。

 

 ところで【1】パラグラフで提起された疑問は解決したでしょうか。実は最初にも述べましたように、「相対的価値形態の変化した姿」の質的分析は【6】パラグラフまで続くので、本来なら、【6】パラグラフが終わって問題の解決を論じるべきなのですが、しかしそれでは次回まで待たねばなりません。だからここでとりあえず一つの結論のようなものを述べておきましょう。

 

 すでに述べましたように、「単純な価値形態」や「展開された価値形態」では、「諸商品は価値としては質的に同じで量的に比較可能なもの」という「価値の概念」にあった表現形態になっていないことが分かりました。そして翻って一般的価値形態を見ると、上着の価値はリンネルで表現されているだけではなく、茶やコーヒーや鉄、等々の諸商品もリンネルで表現されています。だから上着の価値と茶やコーヒーや鉄等々の諸商品の価値の表現は、まさに質的に同じで量的に比較可能なものとして表現されていることが分かるのです。このように一般的価値形態によって、商品の価値はその概念に相応しい表現形態を得たといいるわけです。今では上着の価値はリンネルとして表されることによって、茶やコーヒーや鉄に対しても交換価値として現われており、よって「一般的に」表されているわけです。〈価値形態は、諸商品が、無差別で同質な人間労働の単なる膠状物として、すなわち、同じ労働実体の物的な表現として、相互に現われあっている。……なぜならば、諸商品のどれもが、同じ労働の具象物として、すなわち、リンネルに含まれている労働の具象物として、または、労働の同じ具象物として、すなわちリンネルとして、表現されているからである。こうして、諸商品は質的に等置されているわけである〉(初版付録、江夏訳901頁)。価値形態が「一般的」であるというのは、こうした意味だと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【付属資料】

 

●【表題と式】

 

《初版本文》

 

 〈III 相対的価値の、第三形態・あるいは第二形態を倒置しあるいは逆の関係に置いた形態

  1着の上着     =20エレのリンネル

  u量のコーヒー   =20エレのリンネル

  v量の茶        =20エレのリンネル

  x量の鉄        =20エレのリンネル

  y量の小麦      =20エレのリンネル

  その他        =20エレのリンネル 〉(46-7頁)

 

《初版付録》    

 

 〈 III 一般的な価値形態

   1着の上着       =

    10ポンドの茶     =

    40ポンドのコーヒー =

    1クォーターの小麦  =

    2オンスの金      =   20エレのリンネル

    1/2トンの鉄      =

    x量の商品A       =

    等々の商品        =       〉

 

《補足と改訂》

 

 〈一般的価値形態〉の表題だけで、等式はない。

 

《フランス語版》

 

 〈C 一般的価値形態

   1着の上衣      =

    10ポンドの茶    =

    40ポンドのコーヒー

    2オンスの金     =   20メートルのリンネル

    1/2トンの鉄    =

    x量の商品A     =

    その他         = 〉(江夏他訳36頁)

 

●【1の表題】

 

《初版本文》--なし

 

《初版付録》

 

 〈(一) 相対的価値形態の変化した姿〉

 

《補足と改訂》

 

 〈§1.相対的価値形態の変化した姿〉

 

《フランス語版》

 

 〈(A)価値形態の性格の変化〉(36頁)

 

●【1】パラグラフ

 

《初版本文》

 

 〈商品の相対的価値表現は、ここでは、それの最初の形態である 1着の上着=20エレのリンネル に戻っている。とはいえ、この単純な等式はいまではさらに発展している。この等式はもともと次のことだけを含意している。すなわち、上着価値が、別の一商品で表現されることによって、上着という使用価値あるいは上着体そのものからは区別され独立している形態を得ている、ということ。いまではこの同じ形態は、上着を、すべての他商品にたいしても価値として表わしており、したがって、上着の普遍妥当的な価値形態なのである。上着だけではなく、コーヒーや鉄や小麦、要するにすべての他商品が、いまでは自分たちの価値を、リンネルという素材で表現している。このように、すべての商品が、人間労働の同じ具象物として、相互に自己を表示している。すべての商品は量的に差異があるにすぎ、したがって、一着の上着、u量のコーヒー、x量の鉄等々、すなわちこれらのさまざまな物のさまざまな量は、20エレのリンネルにイコールであり、対象化された人間労働の同じ量に等しい。こうして、すべての商品は、リンネルという素材での自分たちの共同の価値表現に依拠して、交換価値として自分たち自身の使用価値から区別され、そして同時に価値量として互いに関係しあい、質的に等置されて量的に比較される。この統一的な相対的価値表現において初めて、これらの商品のすべてが互いに価値として現われ、したがって、これらの商品の価値は初めて、それにふさわしい、交換価値としての現象形態を、得ることになる。一商品の価値をすべての他商品の広がりのなかで表わすところの、相対的価値の発展した形態(形態II)と区別して、われわれは、この統一的な価値表現を、一般的な相対的価値形態と呼ぼう。〉(47-8頁)

 

《初版付録》

 

 〈相対的価値形態は、いまでは、全く変化した姿をもっている。すべての商品は、自分たちの価値を、(1)単純に、すなわち唯一の他の商品体で、(2)統一的に、すなわち同じ他の商品体で、表現している。それらの商品の価値形態は、単純であり、また、共通的すなわち一般的である。すべての雑多な商品体にたいして、いまではリンネルが、それらの商品体の共通で一般的な価値姿態として認められている。一商品の価値形態、すなわち、リンネルにおいてのその商品の価値の表現は、いまでは、その商品を、価値として使用対象としてのその商品自身の存在から、すなわち、その商品自身の現物形態から区別するばかりでなく、同時に、その商品を、価値として他のすべての商品にその商品と同じものであるすべての商品に、関係させている。だから、その商品は、こういった価値形態において、一般的社会的形態をもっている。  価値形態は、この形態の一般的な性格によって、初めて、価値概念にかなったものになる。価値形態は、諸商品が、無差別で同質な人間労働の単なる膠状物として、すなわち、同じ労働実体の物的な表現として、相互に現われあっている、というような形態でなければならなかった。このことがいまでは達成されている。なぜならば、諸商品のどれもが、同じ労働の具象物として、すなわち、リンネルに含まれている労働の具象物として、または、労働の同じ具象物として、すなわちリンネルとして、表現されているからである。こうして、諸商品は質的に等置されているわけである。〉(初版付録、江夏訳900-901頁)〉

 

《補足と改訂》

 

 〈            [A]

 一般的価値形態の一要素をなしている1着の上着=20エレのリンネル、1クオーターの小麦=20エレのリンネル等といった、個々のすべての価値等式を考察すれば、相対的価値表現の最初の姿、すなわち、簡単な相対的価値形態を見いだす。たとえば、上着の価値は、ただ上着とは異なった種類の商品の使用価値において、すなわち、リンネルにおいてのみ表現される。しかし、コーヒ一、茶、小麦、金、鉄、ようするに他のすべての商品種類の価値は、いまや同じようにリンネルで表現されている。簡単な相対的価値形態は、すべての商品の価値等式の関連を通して新しい性格を獲得する。価値表現という行為はいまや、個々の商品の私的な行ないではなくなる。いまや、価値表現は商品世界の共同の、社会的行為の結果として生ずる。

  最初の価値形態では、一商品Aに価値表現の材料を提供する商品Bは、何であってもよいがとにかくなんらかの、商品Aとは異なる商品種類である。それとは逆に、新たに見いだされた価値形態は、一定の商品種類、たとえばリンネルだけが、すべての他の商品にとって価値表現のために役立つ、ということから生ずる。同じ等価物におけるこの表現を通して、さまざまに異なった商品の価値は、簡単であり、しかも共同的であり、統一的な形態--一般的相対的形態をうけとる。〉(小黒正夫訳下11頁)

 

 〈            [B]

  一般的価値形態の要素をなしている1着の上着=2 0エレのリンネル、1クオターの小麦=20エレのリンネル等といった個々の価値等式を考察すれば、相対的価値表現の最初の姿、すなわち、簡単な価値形態を見いだす。たとえば、上着の価値は、ただ上着とは異なった種類の商品の使用価値において、すなわち、リンネルにおいてのみ表現される。しかし、コーヒ一、茶、小麦、鉄、ようするに他のすべての商品種類の価値は、いまや同じようにリンネルで表現されている。価値等式のこの関連は価値形態に一つの全く新しい性格を刻印する。

  最初の価値形態では、商品Aがそれで価値を表現する商品Bは、何でもよいが、なんらかの、Aとは異なった商品種類である。それとは逆に、新たに見いだされた価値形態は、唯一の商品種類、たとえばリンネルだけが価値表現の材料に役立つということから生ずる。同じ等価物において表現されるということによって、さまざまに異なった商品の価値が一つの共通の形態を、簡単でしかも統一的な、したがって一般的な形態を受け取る。〉(同12頁)

 

 〈           [C]

  a )商品はそれぞれの価値を、いまや1)簡単に表わしている、なぜなら、ただ一つの商品種類で表わしているからであり、かつ2)統一的に表わしている、なぜなら、同じ商品種類で表わしているからである。諸商品の価値形態は、簡単かつ共同的であり、それゆえ一般的である。〉(同21頁)

 

《フランス語版》

 

 〈諸商品はいまではその価値を、(1)ただ一つの商品種類のうちに表現しているから、単純なやり方で表現しているし、(2)同じ商品種類のうちに表現しているから、統一的に表現しているのである。それら商品の価値形態は単純で共通であり、したがって、一般的である。〉(36頁)

 

 

●【2】パラグラフ

 

《補足と改訂》

 

 〈         [A]

 その一般的な性格によってはじめて価値形態は価値概念に対応する。最初の簡単な価値形態は、ただ、一商品の価値をそれ自身の身体、すなわち、それ自身の使用対象性と異なるものにおいてのみ表現したが、一般的相対的価値形態は、すべての他の商品の使用価値とは異なるものにおいて、唯一の例外である等価物商品で、価値を表現する。いまや、たとえば上着は、リンネルと等しい物として、自分自身の上着体とは異なっており、同じように、鉄、金、小麦等とも異なっている。すべての他の商品がその価値を、いまや同じように、リンネルという制服で見せていることによって、上着は価値として現われると同時に、他のすべての商品にたいして交換価値という形態をもつのである。第二の、または展開された価値形態において得ようと努力したが得られなかったもの、すなわち、相対的価値形態の一般的社会的性格が、達成された。〉

 

 〈         [C]

  b)形態 I およびIIは、どちらも、一商品の価値を、その商品自身の使用価値または身体とは区別されたものとして表現したにすぎなかった。〉(前掲21頁)

 

《フランス語版》(第2パラグラフと第3パラグラフとには改行がなく、一つのパラグラフになっている)

 

 〈形態 I と形態IIは、一商品の価値をうまく表現しているといっても、それ自身の使用価値すなわちそれ自身の物体から区別されたあるものとしてのことでしかない。第一形態は、 1着の上衣=20メートルのリンネル、10ポンドの茶=1/2トンの鉄 等というような等式を提供する。上衣の価値はリンネルに等しいあるもの、茶の価値は鉄に等しいあるもの、等々として表現されているが、上衣や茶のこうした価値表現は、リンネルと鉄がちがうのと同じく、互いにちがっている。この形態は、実地の上では、労働生産物が偶然な孤立的交換によってのみ商品に転化された原始時代にしか、明瞭に現われてこない。〉(38-9頁)

 

●【3】パラグラフ

 

《補足と改訂》

 

 〈               [A]

 その一般的な性格によってはじめて価値形態は価値概念に対応する。最初の簡単な価値形態は、ただ、一商品の価値をそれ自身の身体、すなわち、それ自身の使用対象性と異なるものにおいてのみ表現したが、一般的相対的価値形態は、すべての他の商品の使用価値とは異なるものにおいて、唯一の例外である等価物商品で、価値を表現する。いまや、たとえば上着は、リンネルと等しい物として、自分自身の上着体とは異なっており、同じように、鉄、金、小麦等とも異なっている。すべての他の商品がその価値を、いまや同じように、リンネルという制服で見せていることによって、上着は価値として現われると同時に、他のすべての商品にたいして交換価値という形態をもつのである。第二の、または展開された価値形態において得ようと努力したが得られなかったもの、すなわち、相対的価値形態の一般的社会的性格が、達成された。〉(同11-12頁)

 

 〈              [B]

 最初の価値形態では、商品Aがそれで価値を表現する商品Bは、何でもよいが、なんらかの、Aとは異なった商品種類である。それとは逆に、新たに見いだされた価値形態は、唯一の商品種類、たとえばリンネルだけが価値表現の材料に役立つということから生ずる。同じ等価物において表現されるということによって、さまざまに異なった商品の価値が一つの共通の形態を、簡単でしかも統一的な、したがって一般的な形態を受け取る。

  最初の形態は、1着の上着=20エレのリンネル、10ポンドの茶=1/2トンの鉄、などのような価値等式を示した。上着商品の価値はリンネルに等しいものとして、ただ、それ自身の使用価値、すなわち上着体から区別されるだけであり、おなじように、茶商品価値は鉄と等しいものとしてそれ自身の使用価値、すなわち茶から区別されるだけである、等。しかし、上着価値と茶価値、すなわち、リンネルに等しいものと鉄に等しいものとは、使用価値リンネルと鉄とが異なっているように、異なっている。したがって、このような個々の価値表現は上着商品と茶商品を、一般的にさまざまな商品を、互いに価値として、すなわち同じ単位の表現として関係させはしない。この形態が実際に現われるのは、明かに、ただ、労働生産物が偶然的なときおり行われる交換によって商品に転化されるそもそもの始まりにおいてだけである。〉(同12-13頁)

 

 〈             [C]

 第一の形態は、1着の上着=20エレのリンネル、10ポンドの茶=1/2トンの鉄などのような価値等式を示した。上着価値はリンネルに等しいものとして、茶価値は鉄に等しいものとして、というように表現されるが、リンネルに等しいもの、および鉄に等しいものという上着および茶のこの価値表現は、リンネルと鉄が異なっているように、互いに異なっている。この形態が実際に現われるのは、明らかに、ただ、労働生産物が偶然的な散発的に行われる交換によって商品に転化されるそもそもの始まりにおいてだけである。〉(同21頁)

 

《フランス語版》(第2パラグラフと一緒に表示)

 

●【4】パラグラフ

 

《初版本文》

 

 〈形態IIにおいて、すなわち20エレのリンネル=1着の上着、または=u量のコーヒー、または=v量の茶、または=x量の鉄、等々 において、リンネルは自分の相対的価値表現を発展させているのであるが、この形態IIでは、リンネルは、一つの特殊的な等価物としての個々の商品である上着やコーヒー等々に関係し、そしてまた、自分の特殊的なもろもろの等価形態の広がりとしての全商品をひっくるめたものに関係している。リンネルにたいしては、どの個々の商品種類もまだ、単一の等価物においてと同じに、等価物そのものとしては認められていないのであって、特殊的な等価物として認められているにすぎず、ここでは一方の特殊的な等価物が他方のそれを排除している。これに反して、逆の関係に置かれた第二形態であり、したがって第二形態のうちに含まれているところの形態IIIにあっては、リンネルは、すべての他商品にとっての等価物という種属形態として現われている。このことはあたかも、分類されて動物界のさまざまな類や種や亜種や科等々を形成しているライオンや虎や兎やその他のすべての実在する動物と並んで、またそれらのほかに、なおも動物というものが、すなわち動物界全体の個体的な化身が、存在しているかのようなものである。自分自身のうちに同じ物の現存種をことごとく包括しているところの、このような単一なるものは、動物等々のように、ある普遍的なものである。だから、リンネルが、別の一商品が価値の現象形態としてのリンネルに関係したことによって、単一の等価物になったのと同様に、リンネルは、すべての商品に共通な、価値の現象形態として、一般的な等価物一般的な価値体抽象的な人間的な労働の一般的な具象物に、なるわけである。だから、リンネルのうちに具象化された特殊的な労働が、いまでは、人間労働の一般的な実現形態として、一般的な労働として、認められているわけである。〉(48-9頁)

 

《補足と改訂》

 

 〈              [B]

 1着の上着=20エレのリンネルまたは=1 0ポンドの茶または=1/2トンの鉄または=1クオーターの小麦等といった展開された価値形態は、上着商品の価値を上着体に対してリンネルと等しいものとして対置するばかりではなく、交互に、茶と等しいもの、鉄と等しいもの、小麦と等しいもの等としても対置する。依然として、上着商品の価値は、最初の価値形態よりはより完全にではあるにせよ、ただ、それ自身の使用価値と対立したものとしてのみ表現されているだけである。他面、いまや、上着商品の価値それ自身がさまざまに異なった形態で表現されているだけではない。その表現は他のすべての商品をそれ自身の価値の表現から、したがってまた、それらと上着商品との共同の価値表現からも、明確に排除する。茶の価値は茶と等しいものとして、鉄の価値は鉄と等しいものとしては表現されることはできない、等。この展開された価値形態が、はじめて実際に現れるのは、ある労働生産物、たとえば家畜等が、もはや例外的や偶然であったりせずに慣習的に、他のさまざまな商品と交換されるときであり、したがって、その価値性格がすでに大いに固定しているときである。

  簡単な価値形態も展開された価値形態も、ただ、現実の価値形態の準備的発展段階でしかない。一商品の価値を表現するという第一歩は、必然的に価値を、それ自身の使用価値、すなわち、それ自身の商品体とは異なった物として表現せざるをえなかった。しかしながら、それはやはり最初の一歩でしかなかった。一商品の価値がはじめて現実的に表現されるのは、価値がそれ自身の使用価値とは異なった物として表現されるだけではなく、すべての他の商品との共通性としても表現されるときである。したがって、共同の価値形態においてのみ、諸商品は互いに価値として現象することができ、すなわち、お互いのために交換価値として自分を見せあうことができる。商品世界は、すべての商品がその価値を一つのそして同じ、唯一の商品種類で表現することによって、統一的な一般的相対的価値形態を護得する。そのことによって、すべての商品は排除された商品を自分たちの共通の等価物商品、すなわち、一般的等価物にする。

  1着の上着=20エレのリンネル、10ポンドの茶=1/2トンの鉄等といった価値表現においては、価値形態の生産<Production>は、いわば、個々の商品の、すなわち、その価値をリンネルと等しいものとしてみずからの上着体から区別する上着商品の、またその価値を鉄と等しいものとしてみずからの茶体から区別する茶商品の、私事として現象する。1着の上着=20エレのリンネルまたは=1 0ポンドの茶または=1/2トンの鉄または=1クオーターの小麦または=等、あるいは、1クオーターの小麦=1着の上着または=20エレのリンネルまたは=等、といった全体的価値形態においても、上着や小麦、ようするに一連のそれぞれの商品は、ここでは返って見知らぬ価値表現のために単なる受動的な材料を提供しているにすぎない他の商品の関与なしに、自分の価値表現を得る。それに対して、一商品の一般的相対的価値形態は商品世界の共同事業としてのみ成立し、そして、元々から社会的刻印をもっている。諸商品はその価値性格においては互いに異なった自然、物ではなくて、同じ社会的物であるということは、すでに、一般的価値形態の形成のなかで表現されている。〉(同13-14頁)

 

 〈              [C]

 b)第二の形態は、第一の形態よりも完全に、一商品、たとえば上着の価値の上着自身の使用価値との区別を、表現している。というのは、上着の価値は、いまや、リンネルに等しいもの、鉄に等しいもの、茶に等しいもの、等々として、つまり、上着に等しいものでないだけで他のあらゆるものに等しいものとして、あらゆる可能な姿において、上着自身の自然形態に相対するからである。他面、この形態は諸商品の共通な価値表現を、すべて、まったく不可能にする。というのは、それぞれの商品の価値表現において、他のあらゆる商品は、それの等価物であり、したがって、自分自身の価値表現から排除されているからである。この展開された価値形態が、はじめて実際に現れるのは、ある労働生産物、たとえば家畜が、もはや例外的ではなくすでに慣習的に、他のさまざまな商品と交換されるときである。  それにたいして、一般的相対的価値表現においては、上着、コーヒ一、鉄といったそれぞれすべての商品が、一つの同じ自分の自然形態とは異なった価値形態を、たとえばリンネルという形態をもつ。〉(同21-22頁)

 

《フランス語版》

 

 〈第二形態は、たとえば上衣という一商品の価値と、それ自身の使用価値とのあいだにある差異を、第一形態よりも完全に表現している。実際のところ、上衣の価値はここでは、その自然形態に対立してあらゆる可能な姿をとる。すなわち、それは上衣を除いてリンネルや茶や鉄やすぺてのものに類似している。他方、この形態は、諸商品に共通などんな価値表現をも不可能にする。というのは、なんらかの一商品の価値表現にあっては、他のすべての商品は、この商品の等価物として現われ、したがって、自分たち自身の価値を表現する能力がないからである。ある労働生産物、たとえば家畜がもはや例外的にではなく、すでに習慣的に、他の種々の商品と交換されるようになるやいなや、この発展した価値形態が現実に出現するのである。〉(39頁)

 

●【5】パラグラフ

 

《補足と改訂》

 

 〈             [B]

  ところで、より立ち入って見てみると、いまや、上着、鉄、金、ようするにリンネル自身を例外としてすべての商品の価値は、一つの同じ形態、すなわち、リンネルと等しいものとして、表現される。

  この制服はすべての商品の価値を、他のすべての使用価値の自然形態から区別するのと同じように、それら自身の使用価値から区別し、それゆえ、それとすべての商品に共通なもの、すなわち価値存在の現象形態である。このことは商品世界においては普通のことである、それゆえ、しかし、一般的に通用する価値表現は、すべての商品種類がその価値をリンネルで表現する、すなわち、自らを等価物としてのリンネルに関連させる簡単な価値等式の列からのみ発生する。それゆえ、すべての商品は、リンネルを直接自分たちと交換可能なものとして現わすことによってのみ、その価値を交換価値として表現する。そのようにして、リンネルすなわち等価物の自然形態が商品世界の一般的価値姿態に、社会的な価値の化身になる。(以下、関連する展開がながながと続くが、長すぎてしまうので割愛します)〉(前掲14-15頁)

 

 〈             [C]

    b)新しく得られた形態は、商品世界の諸価値を、商品世界から排除された一つの同じ商品種類、たとえばリンネルで表現し、こうして、すべての商品価値を、それらのリンネルとの同等性によって表わす。リンネルに等しいものとして、どの商品の価値も、いまや、その商品自身の使用価値から区別されているだけでなく、それ以外のあらゆる使用価値から区別されており、まさに同時にその商品とすべての商品とに共通なものとして、表現されている。だから、この形態がはじめて現実に諸商品を互いに価値として関連させ、言い換えれば、諸商品を互いに交換価値として現象させるのである。〉(同22頁)

 

《フランス語版》

 

 〈これと反対に、相対的価値の一般的表現にあっては、上衣、コーヒー、鉄等のようなそれぞれの商品が、たとえばその自然形態とは異なるリンネル形態という、同一の価値形態をもっている。リンネルとのこの類似によって、各商品の価値はいまや、たんにそれ自身の使用価値から区別されるだけでなく、さらになお、他のすべての使用価値からも区別されるのであって、それがために、すべての商品の共通で無差別な性格として表わされる。この形態は、諸商品を交換価値として相互に向かいあって出現させることによって、これらの諸商品を価値として相互に関連させあう、最初のものなのだ。〉(39頁)

 


第29回「『資本論』を読む会」の案内

『 資 本 論 』  を  読  ん  で  み  ま  せ  ん  か 

 

                                                                                                        

 

 尖閣諸島海域での中国漁船と海上保安庁の巡視船との衝突をめぐり、中国船長の逮捕と釈放という菅政権の稚拙な外交政策とも相まって、この領域の領有権を巡る争いが、深刻化しています。

 

 

 菅首相は1日の所信表明演説でも、「尖閣諸島は歴史的にも国際法的にも我が国固有の領土」だと主張。与野党を問わず、共産党も含めてこうした政府の立場に賛同しています。マスコミも菅政権の「弱腰外交」などと無責任な非難を強め、中国への敵愾心や民族主義や排外主義を煽っています。

 

 

 この問題に労働者はどのような姿勢で接近し、対応すべきでしょうか。

 

 それは「労働者階級には領土問題などは存在しない」という原則です。

 

 そもそも地球上の土地や海洋が、歴史的に、さまざまな国家に分割・領有されてきたのは、これまでの社会が私的所有を基礎にした社会だからなのです。今日のそれぞれの国の中でも、土地は多くの個人や法人、あるいは国家によって分割・所有され、「それはAの所有する土地だ」、「いやそうではないBの所有地だ」等々と争われています。土地の私的所有とその領有を巡る争いは、まさに古代から今日までそれぞれの歴史的な条件のなかに存在し、今日では帝国主義的な覇権のもとに資源の争奪をめぐる国家間の争いとしても現われているのです。

 

 私的所有が歴史的に発生し発展してきたのは、社会を構成する個々人が自分たちの社会的な物質代謝を、生産力の発展の過程で、その発展が不十分であるが故に、自覚的に直接コントロールすることができなくなった一結果です。だから本来は自分たち自身の関係である社会的な関係が、彼らから疎外された経済的な生産諸関係とか政治的・法的諸関係として立ち現れ、それらが特定の個人や集団によって壟断されることによって、個々人は私的な存在に貶められ、自分たち自身の関係そのものによって反対に支配・統制されるという転倒した現象が生じているのです。つまり生産力の発展がいまだ不十分なために、歴史的に制約された発展段階にあったがためなのです。そして現代の資本主義的生産様式は、高度な生産諸力を飛躍的に発展させて、こうした歴史的な階級社会の最後の発展段階でもあるのです。

 

 だから資本主義的生産様式は、すでにそれ自体のなかに将来の社会の芽を生み出してもいます。労働者階級は、資本主義的外皮を打ち破り、こうしたすでに潜在的に存在する将来の社会的生産様式を資本主義の胎内から解放して、それを築き発展させてゆくべき歴史的使命を担っています。私的所有にもとづく最後の生産様式を、私的所有のない新しい生産様式へと飛躍させなければならないのです。

 

 それは労働の真の意味での解放でもあります。資本主義的生産様式のもとで高度に発展した社会的生産の物質的・技術的土台の上に直接に労働する諸個人が互いの関係を自覚的に取り結び、彼らの社会的な関係を彼ら自身のものとして取り戻すのです。それは同時に社会的な物質代謝を彼ら自身が意識的に統制し、自然と人間との関係を合理的にコントロールするということでもあります。だからそれはもはや人間の社会が、その疎外形態に過ぎない生産諸関係(経済的諸関係)としても政治的諸関係としても現われなくなることでもあるのです。

 

 マルクスは将来の社会から見た今日の土地の私有について、次のように述べています。

 

 「より高度な経済的社会構成体(将来の共産主義社会--引用者)の立場から見れば、地球にたいする個々人の私有は、ちょうど一人の人間のもう一人の人間にたいする私有のように(奴隷制のこと--引用者)、ばかげたものとして現われるであろう。一つの社会全体でさえも、一つの国でさえも、じつにすべての同時代の社会をいっしょにしたものでさえも、土地の所有者ではないのである(これは地球上のすべての海洋についても然りです--引用者)。それらはただ土地の占有者であり土地の用益者であるだけであって、それらは、よき家父〔boni patres familias〕として、土地を改良して次の世代に伝えなければならないのである。」(『資本論』第3部、全集25巻b995頁)

 

 だから地球上のすべての土地や海洋やその資源は、人類の共有の財産であって、人類はそこから、自身の社会的な物質代謝を意識的且つ合理的に統制して、有用なものを取り出し、彼らの生活を、よってまた彼らの社会を維持し発展させて行かなければなりません。そしてそれを何世代にもわたって後世に伝えて行かなければならないのです。だから将来の新しい社会の形成をめざす労働者階級には、そもそも地球上の一部を切り取り私有するような領土問題など存在しないのです。

 

 共産党のように民主党や自民党などと一緒に尖閣諸島の「日本の領有権は、歴史的にも国際的にも明確な根拠がある」(笠井議員)等々と叫ぶことは、この党がすでに共産主義の立場や労働者階級の立場を裏切っていることを暴露しているのです。

 

  『資本論』は、このように領有権問題における労働者階級の原則的な立場についても、明確にその理論的裏付けを与えています。是非、貴方も一緒に『資本論』を読んでみませんか。

 


第29回「『資本論』を読む会」の報告

第29回「『資本論』を読む会」の報告

 

 

 

◎堺まつり

 

 第29回「『資本論』を読む会」を開催した10月17日(日)は、あいにく「堺まつり」と重なってしまい、ピースさんはどうしてもパレードの参加団体の顧問として「まつり」に参加する必要があり、「読む会」を欠席しました。

 

 だから「読む会」はいつもにも増して寂しい開催となりました。しかもいつもレジュメとレポートを担当してくれるピースさんがいないので、大変困ったのですが、何とか「一般的価値形態」の「1 価値形態の変化した性格」の第6パラグラフから始めて、「1」の最後(9パラグラフ)まで終えることができました。さっそくその報告を紹介しましょう。

 

◎一般的相対的価値形態の変化した姿の質的考察の「まとめ」

 

 今回は6パラグラフから始めたのですが、それまでとの繋がりが分かるように、前回(第28回)の報告で紹介した全体の構成を少し手を入れて採録しておきましょう。それは次のようなものでした。

 

 〈1 価値形態の変化した性格〉は、〈相対的価値形態の変化した姿〉と〈等価形態の変化した姿〉という順序で考察されています。〈相対的価値形態の変化した姿〉は、その質的な考察(【1】~【6】パラグラフ)と量的な考察(【7】パラグラフ)とに分けられて、そのあと〈等価形態の変化した姿〉(【8】パラグラフ)が考察され、さらに〈価値形態の変化全体のまとめ〉(【9】パラグラフ)が加わっています。

 

 つまり6パラグラフは〈相対的価値形態の変化した姿〉の〈質的な考察〉の最後のパラグラフであり、いわばその「まとめ」ともいうべき位置にあることが分かります。

 

 それではさっそく本文を詳細に検討して行くことにしましょう。これまでと同じように、まず本文を紹介し、各文節ごとに(イ)、(ロ)、(ハ)・・・・と符号を打って、解読していくことにします。

 

【6】パラグラフ

 

 〈 (イ)前のほうの二つの形態は、商品の価値を、ただ一つの異種の商品によってであれ、その商品とは別の一連の多数の商品によってであれ、一商品ごとに表現する。 (ロ)どちらの場合にも、自分に一つの価値形態を与えることは、いわば個別商品の私事であって、個別商品は他の諸商品の助力なしにこれをなしとげるのである。 (ハ)他の諸商品は、その商品にたいして、等価物という単に受動的な役割を演ずる。 (ニ)これに反して、一般的価値形態は、ただ商品世界の共同の仕事としてのみ成立する。 (ホ)一つの商品が一般的価値表現を得るのは、同時に他のすべての商品が自分たちの価値を同じ等価物で表現するからにほかならない。 (ヘ)そして、新たに現われるどの商品種類もこれにならわなければならない。 (ト)こうして、諸商品の価値対象性は、それがこれらの物の純粋に「社会的な定在」であるからこそ、ただ諸商品の全面的な社会的関係によってのみ表現されうるのであり、したがって諸商品の価値形態は社会的に認められた形態でなければならないということが、明瞭に現われてくるのである。〉

 

 (イ) 前の二つの形態(単純な価値形態と展開された価値形態)の場合は、ある商品の価値を、ただ一つの異種の商品によってであれ(単純な価値形態の場合)、その商品とは別の一連の多くの商品によってであれ(展開された価値形態の場合)、あくまでも、例えばリンネルならリンネルの価値という一つの商品ごとに表現するものです。

 

 (ロ) だから、どちらの場合にも、リンネルが自分に一つの価値形態を与えることは、リンネルの私事であって、リンネルは他の商品の助力なしにこれをやることになります。

 

 (ハ) といっても勿論、他の商品からはその等価物としての助力は得なければならないわけですが、しかしこれらの価値形態で能動的なのはリンネルだけであり、しかもそれはあくまでもリンネルの私事としての能動性であり、単純な価値形態であれ、展開された価値形態であれ、等価物として助力させられる商品はただ受動的にそれに協力するだけです。

 

 (ニ)、(ホ)、(ヘ) これに反して、一般的価値形態では、ただ商品世界の共同の仕事としてのみ成立します。つまり能動的なのは上着だけではなくて、リンネルで価値を表現するすべての商品、茶やコーヒーや鉄等々も上着と同じように能動的に、しかも共同して彼らの価値をリンネルで表現しているのであり、だからこの価値形態は商品世界の共同の仕事なのです。こうして初めてある一つの商品、例えば上着は一般的価値形態を得るのです。つまりこの形態で上着の価値は茶とも、コーヒーとも、鉄等々とも同じものとして、つまり「一般的なもの」という形態を得ているわけです。だからこの形態では 1着の上着=20エレのリンネル と一見すると最初の単純な価値形態にもどるように見えますが、しかしそこには他のすべての商品世界全体がリンネルによって価値を表現していることが前提されているのです。だからまた新たに商品世界に入ってくる商品もこれにならわなければならないことになるのてす。というのは、新たな商品が例え自らの価値をリンネルとは別の商品で表そうとしても、もはや等価物になる商品はないからです。新たな商品がもし例えリンネルとは別の商品で自らの価値を表す場合があっても、それは単に最初の偶然的な価値形態に逆戻りすることによってでしかないでしょう。

 

 (ト) こうして、諸商品の価値対象性は、これらの商品の純粋に「社会的な定在」であり、だからそれら諸商品の全面的な社会的関係によってのみ表現されうるということ、よって諸商品の価値形態はただ社会的に認められた形態でなければならないとういことが、この一般的相対的価値形態においては明瞭に現われているのです。

 

 ここで学習会では「社会的な定在」というのがわざわざ鍵括弧に入っているが、そもそも「社会的な定在」というのは、どういうものなのかが問題になりました。価値形態の最初のところでも(第三節の前文)、〈商品の価値対象性は純粋に社会的なものである〉との記述が見られましたが、そもそも「社会的なものである」というのはどういうことでしょうか。

 

 マルクスは『補足と改訂』の[B]原稿のなかで次のように述べています。

 

 〈価値としての労働体の生産は、労働体を同じ単位の、〈それらに共通なものの、それらのなかにある等しいものの)表現に還元する。このことは、同じ単位の表現として、単位としての人間的労働にたいする関係、商品相互の関係、を含む。あるいは、この同じ単位の表現としての労働生産物相互の関係はそれらの価値存在である。そして、この関係を通してのみ、単なる労働生産物から、有用な使用対象が--商品になる。それゆえ、ある労働生産物が、それだけを切り放して考察した場合価値ではないのと同じように、それは商品ではないのである。それは、他の労働生産物と一緒になって、すなわちさまざまな労働生産物が同じ単位の、人間的労働の結晶としてお互いに等置される関係においてのみ、価値になるのである。 

  したがって、つぎのように言うことができょう:諸商品の価値はそれらに共通な実体としての労働にたいする関係以外のなにものでもないのであるから、ある一つの商品のこの価値はまた、その商品が価値としての他の商品とむすぶ関係のなかでのみ、したがって、さまぎまな商品の価値関係においてのみ、現われることができるのである。このことから、さまざまな商品の関係においてのみ、価値表現は見いだされうるし、すなわち、商品は価値形態をもちうるのである。このことは、価値形態がどのように価値の本性それ自身から発しているかを、われわれに示している。〉(小黒訳19-20頁)

 

 このようにマルクスは商品というのは、そもそも労働生産物の相互の社会的な関係こそがそれらを商品にし、また価値存在にするのだということを強調しています。私たちは商品の価値は商品に備わった自然属性ではなくて、超自然的属性であり、社会的な属性であること、すなわち「社会的な実体」であるということを知っています。ここで社会的実体であるというのはそもそもどういうことでしょうか。それはようするに社会的な関係のなかで存在するようなものだということです。それは個々の商品とは別個に存在するわけではありませんが、しかし個々の商品だけを孤立させてしまうなら、すでにそこには存在せず、よってそれは商品ですらないというようなものなのです。だから個々の商品のなかにありながら、しかし個々の商品だけにあるわけではないようなものなのです。つまりそれは諸商品の関係のなかに存在するものなのです。だからそれはまた、諸商品の関係のなかでのみその存在を現わすものでもあるわけです。だから当然、商品の価値は他の諸商品との関係のなかでのみ現われ得るし、表現され得たわけです。商品の価値というのは、社会的な物質代謝が維持されるために、社会の総労働が与えられた生産力の下で必要な諸分野に適当に配分されるべきものとして客観的に法則的に貫いているような性格のものなのです。だからそれは単に一つの商品の他の一つの商品との関係だけではなくて、すべての商品の社会的関係にもとづいて初めて自己を十全に現わすものでもあるわけです。その意味では、一般的相対的価値形態はこうした価値の社会的性格をもっとも明瞭に現わしているものだと言えると思います。

 

◎〈相対的価値形態の変化した姿〉の「量的考察」

 

 次の7パラグラフは、これまでの〈相対的価値形態の変化した姿〉の「質的考察」に対応した「量的考察」に該当します。

 

【7】パラグラフ

 

 〈 (イ)リンネルに等しいものという形態ではいまやすべての商品が質的に同等なもの、すなわち価値一般として現われるだけではなく、同時に、量的に比較されうる価値量として現われる。 (ロ)すべての商品がそれぞれの価値量を同じ一つの材料、リンネルに映すので、これらの価値量は互いに反映しあう。 (ハ)たとえば、10ポンドの茶=20エレのリンネル、そして、40ポンドのコーヒー=20エレのリンネル。 (ニ)したがって10ポンドの茶=40ポンドのコーヒー というように。 (ホ)または1ポンドのコーヒーに含まれている価値実体、労働は、1ポンドの茶に含まれているそれの4分の1でしかない、というように。〉

 

 (イ) リンネルに等しいものという形ですべての商品の価値は質的に同等なものとして現われているだけではなく、同時に、量的に比較可能なものとして、すなわち価値量としても現われています。

 

 (ロ) というのは、すべての商品がそれぞれの価値量を同じ一つの材料、リンネルに映し出すのですから、それらは同じ価値の大きさとして比較可能なものとなるわけです。つまりリンネルはすべての商品の価値の鏡(公式の鏡)になり、すべての商品は同じ鏡でそれぞれの価値とその大きさを映し出すので、同時にそれらの商品は価値量としても互いに反映し合うことになるのです。

 

 (ハ)、(ニ)、(ホ) 例えば、10ポンドの茶の価値が20エレのリンネルとして映し出され、同時に40ポンドのコーヒーの価値も20エレのリンネルとして映し出されるなら、10ポンドの茶の価値は、40ポンドのコーヒーと同じというように。あるいはまた1ポンドのコーヒーの価値の大きさは、1/4ポンドの茶の価値と同じ大きさであるということ、あるいは1ポンドのコーヒー含まれている価値実体、労働は、1ポンドの茶に含まれているそれの4分の1でしかない、というように。

 

◎等価形態の変化した姿

 

 初版付録では、ここに〈二 等価形態の変化した姿〉という項目が入ります。だからこのパラグラフでは一般的価値形態では等価形態はどのように変化しているかが考察されています。

 

【8】パラグラフ

 

 〈 (イ)商品世界の一般的な相対的価値形態は、商品世界から除外された等価物商品、リンネルに、一般的等価物という性格を押しつける。 (ロ)リンネル自身の現物形態がこの世界の共通な価値姿態なのであり、それだから、リンネルは他のすべての商品と直接に交換されうるのである。 (ハ)リンネルの物体形態は、いっさいの人間労働の目に見える化身、その一般的な社会的な蛹化として認められる。 (ニ)織布、すなわちリンネルを生産する私的労働が、同時に、一般的な社会的形態に、すなわち他のすべての労働との同等性の形態に、あるのである。 (ホ)一般的価値形態をなしている無数の等式は、リンネルに実現されている労働を、他の商品に含まれているそれぞれの労働に順々に等置し、こうすることによって織布を人間労働一般の一般的な現象形態にする。 (ヘ)このようにして、商品価値に対象化されている労働は、現実の労働のすべての具体的形態と有用的属性とが捨象されている労働として、消極的に表わされているだけではない。 (ト)この労働自身の積極的な性質がはっきりと現われてくる。 (チ)この労働は、いっさいの現実の労働がそれらに共通な人間労働という性格に、人間の労働力の支出に、還元されたものである。〉

 

 (イ) 商品世界を構成するすべての商品は、一般的な相対的価値形態において、商品世界から除外されたリンネルよって自らの価値を表すことによって、リンネルに一般的な等価物という性格を押しつけます。

 

  ここでマルクスは〈一般的等価物としての性格を押しつける〉〈押しつける〉という表現を使っていますが、リンネルの一般的等価物としての性格はあくまでもリンネルが受動的に商品世界から押しつけられたものだとの理解が重要だということが指摘されました。というのはこの一般的等価形態が貨幣形態にまでなるとその性格があたかも貨幣が生まれながらに持っているかの外観が生じ、だから諸商品の交換関係から、貨幣が生まれるという関係が逆転して、貨幣があるから商品がある、すなわち貨幣によって諸商品が流通させられるのだという観念が生じてくるからだということです。

 

 (ロ) 単純な価値形態においても明らかになったように、リンネル自身の現物形態が、価値の形態になるのですが、ここではさらにそれは商品世界に共通の価値姿態になるのです。だからまたリンネルはその現物形態のままで他のすべての商品と直接に交換可能なものになります。

 

 (ハ) いまではリンネルの物体形態は、いっさいの人間労働の目に見える化身、その一般的な社会的な蛹化として認められます。初版本文には次のような説明があります。

 

 形態IIIにあっては、リンネルは、すべての他商品にとっての等価物という種属形態として現われている。このことはあたかも、分類されて動物界のさまざまな類や種や亜種や科等々を形成しているライオンや虎や兎やその他のすべての実在する動物と並んで、またそれらのほかに、なおも動物というものが、すなわち動物界全体の個体的な化身が、存在しているかのようなものである。自分自身のうちに同じ物の現存種をことごとく包括しているところの、このような単一なるものは、動物等々のように、ある普遍的なものである。だから、リンネルが、別の一商品が価値の現象形態としてのリンネルに関係したことによって、単一の等価物になったのと同様に、リンネルは、すべての商品に共通な、価値の現象形態として、一般的な等価物一般的な価値体抽象的な人間的な労働の一般的な具象物に、なるわけである。だから、リンネルのうちに具象化された特殊的な労働が、いまでは、人間労働の一般的な実現形態として、一般的な労働として、認められているわけである。〉(江夏訳48頁)

 

 ところで、学習会ではここにある〈蛹化〉という言葉が問題になりました。「蛹」というのは昆虫の「さなぎ」のことです。なぜ、こうした表現が使われているのか、ということです。

 

  この問題については、以前、大阪で「『資本論』を学ぶ会」を開催していたときにも問題になり、「学ぶ会ニュース」No.20で論じたことがありました。だからそこでの説明を参考のために紹介しておきましょう。またそこで紹介されていたアゲハチョウの一生を図示したものも紹介しておきます。

 

 【ここで〈一般的社会的蛹化〉とは、何を意味するのか、ということが問題になりました。報告者は〈中身は一般的社会的労働である。それが化けて蛹(サナギ)になったということ?〉と報告しましたが、今一つ自信がないようでした。

 

  確かにリンネルの身体が、〈いっさいの人間的労働の目に見える化身〉として通用するということと、〈一般的社会的蛹化〉とは、同じ内容を述べたものであることは、前後の文脈から理解できます。つまり〈いっさいの人間的労働〉とは、リンネルでその価値を表す、商品世界のリンネル以外のすべての商品に対象化された〈いっさいの人間的労働〉です。〈人間的労働〉といった一般的なものは、確かに商品に対象化された具体的労働の抽象的属性であり、その限りでは商品に対象化され、商品に実在するものですが、商品を見てもそれ自体としては目に見えるものではありません。ところがリンネルの身体が、そうした一般物の目に見える形に化けたものとして通用するわけです。それが〈一般的社会的蛹化〉とも表現されています。

 

 蛹化(ヨウカ)とは、〈昆虫の幼虫が、蛹に変態すること〉と『広辞苑』にあります。蛹はさらに変態して蝶になるわけですが、蛹は成虫の蝶や蜻蛉(トンボ)などに比べて、まだ地味な姿態をしています。しかしそれは艶(アデ)やかな蝶に変身する一歩手前まで来ているわけです。同じように一般的な等価物も、例えばリンネルの場合、それは単なる一つの商品でしかなく、他の商品とそれほど変わらない特別な存在ではありません。しかしそれは貨幣(金)になる一歩手前です。簡単な価値形態から展開された価値形態と変態を繰り返して、ようやく価値形態は貨幣形態の一歩手前まで来たわけです。つまり一般的等価物はひかり輝くまばゆい貨幣に羽化する一歩手前の蛹のようなものであるとマルクスは述べているのではないでしょうか? 参加者の一人からは、これはマルクス特有の“文学的表現”ではないか、との意見もありました。  また先に紹介した河上肇も次のように述べています。

 

 〈拡大された価値形態から一般的価値形態への変態もまた、量から質への転化の一例である。前者の形態における一商品(例えばリンネル)の相対的価値の表現の系列が、その商品と交換されるために登場する他の諸商品の数を増すにつれて次第に延長されてある限度に達するときには、方程式は自然に転倒されて、一般的価値形態を表示するものに変態するのである。かくて幼虫の蛹への変態が実現される。〉(同上286頁)】

 

 (ニ)、(ホ) 私たちが単純な価値形態の等価形態で考察したように、ここではリンネルを生産する織布労働が、つまり私的労働が、同時に、そのまま一般的な社会的形態になります。しかも一般的等価形態においては、織布労働が、すべての労働と同等であることがこの形態そのものによって表されているわけです。というのは、一般的価値形態をなしている無数の等式は、リンネルという使用価値に実現されている具体的な労働である織布労働が、すべての他の商品に含まれているそれぞれの具体的な労働、例えば上着を生産する裁断労働やコーヒー栽培労働、鉱山労働など他のすべての労働種類によって等置され、こうすることよって織布労働という具体的な労働そのものを、裁断労働やコーヒー栽培労働や鉱山労働など他のすべての労働種類に共通である人間労働一般の一般的な現象形態にするわけです。

 

 (ヘ)、(ト)、(チ) こうして諸商品の価値に対象化されている労働は、いまでは、それらの現実の労働の具体的形態と有用的属性とが捨象された労働として、すなわち抽象的一般的人間労働として消極的に表されているだけではありません。この労働自身の積極的な本性がはっきりと現われてきます。この労働は、すべての現実の労働が人間的労働というそれらに共通な性格に、人間的労働の支出に、還元されたものなのです。

 

 ここで学習会では、〈消極的〉〈積極的〉ということで何を言いたいのかが問題なりました。

 

  労働生産物が商品になり価値を持つのは、それらが互いの交換において社会的な関係を取り結ぶことによってです。しかし労働生産物がこうした関係に置かれるのは、それらに同等なものがあるからにほかなりません。異なる使用価値をもつ労働生産物を同等なものにするためには、それらの使用価値を生産するために支出された労働の具体的で有用な属性を捨象して、抽象的な人間労働一般に還元しなければなりませんでした。それらの生産のために支出された労働は、具体的属性を捨象された抽象的な属性によって始めて同等性を獲得し、交換関係という社会的な関係を取り結ぶことができたのです。

 

  しかし一般的な等価形態においては、価値を形成する労働のこうした抽象的・一般的な性格は、単に具体的属性を捨象された抽象的なものとしてだけではなくて、それらがリンネルを生産する織布労働という具体的形態において現象することによって、それ自体が形をあるものとして積極的に現われているというわけです。それはあたかも〈ライオンや虎や兎やその他のすべての実在する動物と並んで、またそれらのほかに、なおも動物というものが、すなわち動物界全体の個体的な化身が、存在しているかのようなもの〉(前掲初版本文)なのです。ライオンや虎や兎の同等性は、それらをそのように分類する諸特徴を捨象して、それらを動物そのものに還元することによって可能ですが、いまでは、単にそうした具体的属性を捨象された消極的な抽象的なものとしての動物そものものだけではなくて、それらの実在する諸動物とならんで動物そのものという一般物、動物界全体の固体的化身が現実に存在しているのだというわけです。〈リンネルは、すべての商品に共通な、価値の現象形態として、一般的な等価物一般的な価値体抽象的な人間的な労働の一般的な具象物に、なるわけで〉す。〈だから、リンネルのうちに具象化された特殊的な労働が、いまでは、人間労働の一般的な実現形態として、一般的な労働として、認められているわけで〉す(同)。これが〈積極的な性質がはっきりと現われてくる〉ということの内容ではないかと思います。『補足と改訂』にも次のような説明があります。

 

 〈個々の等式はいまや、リンネルが鉄価値、コヒ一価値、金価値等、一言で言えば商品世界の価値を形成している労働の明確な物質化であると声をそろえていっている他の無数の等式によって補足されている。それゆえ、リンネルは価値物質化--等価物商品の肉体--としてすべての他の商品体に含まれている労働の、したがって、無区別な人間的労働の物質化であり、そして、リンネルと等しいものとしてすべての商品は、いまや一般に、以前の価値形態が限定付きでしか表現できなかったもの、すなわち商品を価値にしている労働の一般的人間的すなわち抽象的人間的性格を表現しているのである。リンネル体を形成する一定の具体的労働--リンネル紡織--は、他のすべての商品の価値を形成する労働と同じ種類の労働であるから、リンネル紡織は人間的労働それ自体の一般的現象形態である。それゆえ、リンネル紡織は、それが私的労働であったとしても、やはり、その自然形態においてその他のすべての労働との同等性の形態をもった、すなわち、直接的に一般的社会的形態にある。〉(小黒訳下14-15頁)

 

◎一般的相対的価値形態の変化した性格の「まとめ」

 

 次は、〈1 価値形態の変化した性格〉の最後のパラグラフであり、その「まとめ」です。

 

【9】パラグラフ

 

 〈 (イ)諸労働生産物を無差別な人間労働の単なる凝固として表わす一般的価値形態は、それ自身の構造によって、それが商品世界の社会的表現であることを示している。 (ロ)こうして、一般的価値形態は、この世界のなかでは労働の一般的な人間的性格が労働の独自な社会的性格となっているということを明らかに示しているのである。〉

 

 (イ)  一般的価値形態は、諸労働生産物を無差別な人間労働の単なる凝固として表します。それだけではなく、それ自身の構造によって、それは諸労働生産物を商品にする社会的な関係そのものの表現であるもことを示しています。

 

 (ロ) こうして、一般的価値形態は、この世界(ブルジョア社会)のなかでは労働の一般的な人間的性格が労働の独自の社会的性格となっているということを明らかに示しているのです。

 

 マルクスは『補足と改訂』のなかで、〈労働の一般的なすなわち抽象的な性格は商品生産においては、その社会的性格である、・・・・社会的労働のこの規定された形態は、商品生産をその他の生産様式から区別する〉(小黒訳16頁)と指摘して、次のようにさらに例を上げて説明しています。

 

 〈たとえば、家夫長制的家族、古代アジア的共同体等において、家族構成員や共同体構成員のさまざまな労働は、もともとから、一定の社会的性格をもっている。それらの労働は特殊な家族機能ないしは、共同体機能である。(「もしある農民家族がそれ自身の消費のために上着とリンネルと小麦とを生産するとすれば、これらの物はその家族にはその家族労働のいろいろに違った生産物として相対してはいるが、しかしそれら自身が互いに諸商品として相対してはいない。」) (P. 32) (「もし労働が〔古代アジア的共同体の労働のように〕直接的に社会的な、すなわち共同の、労働であるとすれば、諸生産物は、その生産者たちのための共同生産物であるという直接的社会的性格を受け取るであろうが、生産者どうしにとって商品という性格は受け取らないであろう。・・・・諸私的労働の社会的な形態とは、同じ労働としてのそれらの相互の関係である。つまり、千差万別のいろいろな労働の同等性はただそれらの不等性の捨象においてのみ存在しうるのだから、それらの社会的な形態は、人間的労働一般としての、人間労働力の支出としての、それらの相互の関係であって、このような人間的労働の支出は、すべての人間的労働が、その内容やその作業様式がどうであろうとも、実際にそういうものなのである。どの社会的な労働形態においてもさまざまな諸個人の労働はやはり人間労働として互いに関係させられているのであるが、ここではこの関係そのものが諸労働の独自に社会的な形態として認められるのである。ところが、これらの私的労働のどれもがその現物形態においては抽象的な人間労働のこの独自性に社会的な形態をもってはいないのであって、それは、ちょうど、商品がその現物形態においては単なる労働凝固体という、すなわち価値という、社会的な形態をもってはいないのと同じことである。……『社会的であること』の標準は、それぞれの生産様式に特有な諸関係の性質から借りられるべきであって、それに無縁な諸観念から借りられるべきではないのである。」) (p. 32 本文)〉(同前16-17頁)

 

 このような商品を生産する労働の独自な社会的性格については、〈第4節 商品の物神的性格とその秘密〉のなかで展開されるものです。ここでの記述は、それに繋がるものと言えるでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【付属資料】

 

●【6】パラグラフ

 

《初版付録》

 

 〈価値形態は、この形態の一般的な性格によって、初めて、価値概念にかなったものになる。価値形態は、諸商品が、無差別で同質な人間労働の単なる膠状物として、すなわち、同じ労働実体の物的な表現として、相互に現われあっている、というような形態でなければならなかった。このことがいまでは達成されている。なぜならば、諸商品のどれもが、同じ労働の具象物として、すなわち、リンネルに含まれている労働の具象物として、または、労働の同じ具象物として、すなわちリンネルとして、表現されているからである。こうして、諸商品は質的に等置されているわけである。〉(江夏訳901頁)

 

《補足と改訂》

 

 〈          [C]

 c )まえの二つの形態は、商品の価値を、種類を異にするただ一つの商品によってであれ、その高品とは異なる一連の多数の商品によってであれ、ー商品ごとに表現する。どちらの場合にも、自分自身に一つの価値形態を与えることは、いわば個々の商品の私事であり、個々の商品は他の諸商品の関与なしにそれをなしとげる。他の諸商品は、その商品にたいして、等価物という単に受動的な役割を演じる。これにたいして、一般的相対的価値形態は高品世界の共同事業としてのみ成立する。一商品が一般的価値表現を獲得するのは、同時に他のすべての商品がそれらの価値を等価物で表現するからにほかならず、そして、新しく登場するどの商品種類もこれにならわなければならないのである。これによって、諸商品の価値対象性は--その存在が単に社会的な物として表現されるがゆえに--諸商品の全面的な社会的関連によってのみそれにふさわしく表現されうること、それゆえ、諸商品の価値形態は社会的に通用する形態でなければならないこと、が現われてくる。〉(小黒訳下22頁)

 

《フランス語版》

 

 〈最初の二つの形態は、なんらかの一商品の価値を、これとは別の一商品かまたは一連の多くの他商品のうちに表現している。どちらの場合も、みずから価値形態になるのは個々の各商品のいわば私事であって、各商品は他の商品から手だしを受けることなく価値形態に到達する。他の商品はこの各商品にたいして、等価物という純粋に受動的な役割を演 じる。これに反して、一般的な相対的価値形態は、総体としての諸商品の共通の作業としてのみ産み出される。一商品が一般的な価値表現を獲得するのは、ただ、他のすべての商品が同時にそれらの価値を同じ等価物のうちに表現するからであって、新たに現われる商品種類はどれもこれと同じことをしなければならない。さらに、次のことが自明になる。すなわち、価値の観点からすれば純粋に社会的な物である諸商品もまた、それらの相互関係をすべて包括する系列によってしか、この社会的な存在を表現することができず、したがって、それらの価値形態は社会的に有効な形態であるにちがいない、ということ。〉(39-40頁)

 

●【7】パラグラフ

 

《初版付録》

 

 〈同時に、諸商品が、量的に比較されている。すなわち、一定の価値の大きさとして相互に表示されあっている。たとえば、10ポンドの茶20エレのリンネル であるし、40ポンドのコーヒー20エレのリンネル である。したがって、10ポンドの茶40ポンドのコーヒー である。すなわち、1ポンドのコーヒーのなかには、1ポンドの茶に比べて、1/4の価値実体すなわち労働しか含まていない。〉(江夏訳901頁)

 

《補足と改訂》

 

〈          [C]

 δ)共同の等価物商品の自然形態であるリンネルは、いまや、公式の価値制服である。リンネルにおいて、諸商品は互いに、価値としてのその質的同等性を示すだけではなく、同時に、価値の大きさとしての量的差異をも示す。[22 ]諸商品はその価値の大きさを一つの同じ材料リンネルに映し出すのであるから、この価値の大きさは相互に反映しあう。〉(小黒訳下22頁)

 

《フランス語版》

 

 〈共通の等価物になる商品すなわちリンネルの自然形態は、いまでは公式な価値形態である。したがって、諸商品は相互に質的な同等性として現われるばかりでなく、さらになお価値の量的差異としても現われる。リンネルという同じ鏡の上に投影された価値量が、相互に反映しあう。  一例。10ポンドの茶=20メートルのリンネル、そして、40ポンドのコーヒー=20メートルのリンネル、したがって、10ポンドの茶=40ポンドのコーヒー であり、あるいは、一ポンドのコーヒーのなかには、一ポンドの茶に含まれている 労働の四分の一の労働しかない〉(40頁)

 

●【8】パラグラフ

 

《初版本文》

 

 〈 形態IIにおいて、すなわち、20エレのリンネル=1着の上衣,または=u量のコーヒー,または=v量の茶,または=x量の鉄,等々 において、リンネルは自分の相対的価値表現を発展させているのであるが、この形態IIでは、リンネルは、一つの特殊的な等価物としての個々の商品である上着やコーヒー等々に関係し、そしてまた、自分の特殊的なもろもろの等価形態の広がりとしての全商品をひっくるめたものに関係している。リンネルにたいしては、どの個々の商品種類もまだ、単一の等価物においてと同じに、等価物そのものとしては認められていないのであって、特殊的な等価物として認められているにすぎず、ここでは一方の特殊的な等価物が他方のそれを排除している。これに反して、逆の関係に置かれた第二形態であり、したがって第二形態のうちに含まれているところの形態IIIにあっては、リンネルは、すべての他商品にとっての等価物という種属形態として現われている。このことはあたかも、分類されて動物界のさまざまな類や種や亜種や科等々を形成しているライオンや虎や兎やその他のすべての実在する動物と並んで、またそれらのほかに、なおも動物というものが、すなわち動物界全体の個体的な化身が、存在しているかのようなものである。自分自身のうちに同じ物の現存種をことごとく包括しているところの、このような単一なるものは、動物等々のように、ある普遍的なものである。だから、リンネルが、別の一商品が価値の現象形態としてのリンネルに関係したことによって、単一の等価物になったのと同様に、リンネルは、すべての商品に共通な、価値の現象形態として、一般的な等価物一般的な価値体抽象的な人間的な労働の一般的な具象物に、なるわけである。だから、リンネルのうちに具象化された特殊的な労働が、いまでは、人間労働の一般的な実現形態として、一般的な労働として、認められているわけである。

 

  商品Aの価値が商品Bで表されることによって、商品Bは単一の等価物になるのであるが、この表示のさいには、商品Bがどんな特殊な種類のものであるかはどうでも良いことであった。商品Bの体躯性が商品Aのそれとは別の種類でなければならないし、したがってまた、別の有用な労働の生産物でなければならなかった、というだけのことである。上着は、自分の価値をリンネルで表すことによって、実現された人間労働としてのリンネルに関係したし、まさにそれゆえに、人間労働の実現形態としてのリンネル織りに関係したのであるが、リンネル織りが別のもろもろの労働種類から区別されて特殊に規定されているということは、全くどうでもよいことであった。それは、ただ、裁断労働とは別の種類のものでなければならなかったし、とにかくある特定の労働種類でなければならなかったのである。リンネルが一般的な等価物になると、そうではなくなる。この使用価値が、いまでは、この使用価値の特殊な規定--この規定に依拠して、この使用価値は、コーヒーや鉄等々という他のすべての商品種類とは区別されたリンネルになる--をもったままで、すべての他商品の一般的な価値形態になり、したがって一般的な等価物になっているのである。だから、この使用価値のうちに表されている、特殊な、有用な、労働種類が、いまでは、人間労働の一般的な実現形態として、一般的な労働として、認められているが、そのように認められているのは、まさに、この労働種類が、たんに裁断労働からばかりではなくコーヒー栽培や鉱山労働や他のすべての労働種類からも区別されているところの、リンネル織りという特殊に規定されている労働である、というかぎりにおいてのことなのである。逆に、他のすべての労働種類は、リンネルの、すなわち一般的な等価物の、相対的価値表現形態II)にあっては、人間労働の特殊な実現形態としてしか認められていない。〉(江夏訳48-49頁)

 

《初版付録》

 

 〈(二)等価形態の変化した姿

 

 特殊的な等価形態が、いまでは、一般的な等価形態にまで発展している。すなわち、等価形態にある商品が、いまでは--一般的な等価物になっている。--商品体リンネルの現物形態が、他のすべての商品の価値姿態として認められているのであるから、この現物形態は、商品世界のすべての要素とのリンネルの無差別性あるいは直接的な交換可能性という形態なのである。だから、リンネルの現物形態は、同時に、リンネルの一般的社会的形態でもある。

 

  リンネルは、他のすべての商品にとっては、たといこれらの商品がどれほど種類を異にする労働の生産物であろうとも、これらの生産物そのもののなかに含まれている労働の現象形態として、したがって、同質で無差別な人間労働の具体化として、認められている。だから、機織りというこの特殊な具体的な労働種類が、いまでは、リンネルにたいする商品世界の価値関係を通じて、抽象的な人間的な労働の・すなわち、人間労働力一般の支出の・一般的でしかも直接的に十全な実現形態として、認められている。

 

  まさにそうであるからこそ、リンネルのなかに含まれている私的労働は、直接に一般的-社会的形態に、あるいは他のすべての労働と同等であるという形態に、あるところの労働としても、認められているのである。

 

  だから、ある商品が一般的な等価形態をもっているばあいには、すなわち、一般的な等価物として機能しているばあいには、この商品の現物形態あるいは物体形態は、すべての人間労働の目に見える化身すなわち一般的社会的蛹化として、認められているのである。〉(江夏訳901-2頁)

 

《補足と改訂》

 

〈          [B]

 ところで、より立ち入って見てみると、いまや、上着、鉄、金、ようするにリンネル自身を例外としてすべての商品の価値は、一つの同じ形態、すなわち、リンネルと等しいものとして、表現される。

 

  この制服はすべての商品の価値を、他のすべての使用価値の自然形態から区別するのと同じように、それら自身の使用価値から区別し、それゆえ、それとすべての商品に共通なもの、すなわち価値存在の現象形態である。このことは商品世界においては普通のことである、それゆえ、しかし、一般的に通用する価値表現は、すべての商品種類がその価値をリンネルで表現する、すなわち、自らを等価物としてのリンネルに関連させる簡単な価値等式の列からのみ発生する。それゆえ、すべての商品は、リンネルを直接自分たちと交換可能なものとして現わすことによってのみ、その価値を交換価値として表現する。そのようにして、リンネルすなわち等価物の自然形態が商品世界の一般的価値姿態に、社会的な価値の化身になる。

 

  さまざまに異なった商品世界の肉体のなかに潜んでいる共通物、その価値実体である労働は、リンネルと等しいものとして、初めて同じ社会的装いをうけとり、それゆえまた、価値を形成する労働の特別な性格が初めてそれに照応した表現をうけとる。

 

  その関連が一般的価値形態を形成しているそれぞれの価値表現は、単なる簡単な相対的な価値表現でしかない。簡単な価値形態の分析が示したことは、1着の上着=20エレのリンネルという等式は、上着価値を形成する労働の感覚的な表現、つまり物質化に転化する、ということである。しかし、個々の等式はいまや、リンネルが鉄価値、コヒ一価値、金価値等、一言で言えば商品世界の価値を形成している労働の明確な物質化であると声をそろえていっている他の無数の等式によって補足されている。それゆえ、リンネルは価値物質化--等価物商品の肉体--としてすべての他の商品体に含まれている労働の、したがって、無区別な人間的労働の物質化であり、そして、リンネルと等しいものとしてすべての商品は、いまや一般に、以前の価値形態が限定付きでしか表現できなかったもの、すなわち商品を価値にしている労働の一般的人間的すなわち抽象的人間的性格を表現しているのである。リンネル体を形成する一定の具体的労働--リンネル紡織--は、他のすべての商品の価値を形成する労働と同じ種類の労働であるから、リンネル紡織は人間的労働それ自体の一般的現象形態である。それゆえ、リンネル紡織は、それが私的労働であったとしても、やはり、その自然形態においてその他のすべての労働との同等性の形態をもった、すなわち、直接的に一般的社会的形態にある。〉(小黒訳下14-15頁)

 

〈          [C]

 e)商品世界の一般的な相対的価値形態は、商品世界から排除された等価物商品であるリンネルに、一般的等価物という性格を押しつける。リンネル自身の自然形態がこの世界の共通な価値姿態であり、したがって、リンネルは、他のすべての商品と直接に交換されうるものである。

 

  f)リンネルを生産する織布労働という私的労働が、同時に、一般的な社会的形態にある労働として、他のすべての労働と同等性の形態の労働として適用する。一般的価値形態を構成する無数の等式は、リンネルに実現されている労働を、他の商品に含まれている労働に、順々に等置し、そうすることによって、織布労働を人間的労働一般の一般的現象形態にする。

 

  ζ) こうして、商品価値に対象化されている労働は、現実的労働のすべての具体的形態と有用的属性が捨象される労働として消極的に表わされているだけではよい。この労働自身の積極的な本性がはっきりと現われてくる。この労働は、いっさいの現実的労働が人間的労働というそれらに共通な性格に、人間的労働の支出に、還元されたものである。〉(小黒訳下22-3頁)

 

《フランス語版》

 

 〈商品世界を包括する一般的な相対的価値形態は、この世界から排除された等価物商品に、一般的等価物という性格を押しつける。リンネルはいまや他のすぺての商品と直接に交換可能である。したがって、リンネルの自然形態は同時にその社会的形態でもある。リンネルを生産する私的労働である機織は、これがために、社会的労働という性格、他のすべての労働と同等である形態を獲得する。一般的価値形態を構成する無数の等式は、リンネルのなかに実現されている労働を、このリンネルとかわるがわる比較される各商品のなかに含まれている労働と同一視して、機織を、人間労働がそのなかに現われるところの一般的な形態にする。このようにして、商品の価値のなかに実現されている労働は、たんに消極的に、すなわち、実在の労働の具体的形態と有用な属性とがそこで消滅するところの抽象として、表わされるだけではない。その積極的な性質がはっきりと確認される。この労働は、すべての実在の労働を、人間労働すなわち同じ人間労働力の支出というそれらの共通な性格に、還元したものである。〉(40-41頁)

 

●【9】パラグラフ

 

《初版本文》

 

 〈価値としては、諸商品は、同じ単位の表現、抽象的な、人間的な、労働の・表現である。交換価値という形態にあっては、諸商品は互いに価値として現われており、互いに価値として関係しあっている。諸商品は、このことによって、同時に、自分たちの共通な社会的実体としての・抽象的な、人間的な、労働に、関係している。これらの商品の社会的な関係は、もっぱら、それらが相互に、それらのこういった社会的実体の表現--量的にしかちがわず質的には同じであり、したがって互いに置き換えが可能であるし互いに交換が可能である、というような表現--として認められているという点において、成り立っている。有用物として一商品が社会的な規定を受け取っているのは、その商品がその所持者以外の人々にとって使用価値であり、したがって社会的な必要をみたす、というかぎりにおいてのことである。ところが、この商品の有用な属性がこの商品を誰の必要に関係させているかということにはかかわりなく、このような属性によって、この商品はつねに、人間の必要に関係する対象になるだけであって、別の諸商品にたいしての商品にはならない。単なる諸使用対象を商品に転化させるものだけが、それらの使用対象を、商品として互いに関係させることができ、したがって、社会的な関係のなかに置くことができるのである。ところが、これこそが諸使用対象の価値なのである。だから、諸使用対象が価値として、人聞の労働膠着物として、認められているところの形態が、これらの使用対象の社会的な形態である。つまり、商品の社会的な形態と、価値形態あるいは交換可能性の形態とは、同一のものである。ある商品の現物形態が同時に価値形態であるならば、この商品は、他の諸商品との直接的交換可能性という形態を、したがって直接的に社会的な形態を、もっていることになる。〉(江夏訳49-50頁)、

 

《補足と改訂》

 

〈          [C]

 労働生産物を、同じ区別のない人間的労働の同じ種類の凝固として表わす一般的価値形態は、それ自身の構造によって、それが商品世界の社会的表現であることを示している。こうして、一般的価値形態は、商品世界の内部では労働の一般的人間的性格が労働の独自な社会的性格をなしているといいうことを明らかにしている。〉(小黒訳23頁)

 

《フランス語版》

 

 〈一般的価値形態は、その購成自体によって、この形態が商品世界の社会的表現であることを示している。したがって、この形態は、この世界では労働の人間的あるいは一般的性格が、労働の独自な社会的性格を形成しているということを、明らかにしている。〉(41頁)

 

 

 



読者登録

亀仙人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について