目次
はじめに
第1回「『資本論』を読む会」の案内
第1回「『資本論』を読む会」の報告
第2回「『資本論』を読む会」の案内
第2回「『資本論』を読む会」の報告
第3回「『資本論』を読む会」の案内
第3回「『資本論』を読む会」の報告
第4回「『資本論』を読む会」の案内
第4回「『資本論』を読む会」の報告
第5回「『資本論』を読む会」の案内
第5回「『資本論』を読む会」の報告
第6回「『資本論』を読む会」の案内
第6回「『資本論』を読む会」の報告
第7回「『資本論』を読む会」の案内
第7回「『資本論』を読む会」の報告
第8回「『資本論』を読む会」の案内
第8回「『資本論』を読む会」の報告
第9回「『資本論』を読む会」の案内
第9回「『資本論』を読む会」の報告
第10回「『資本論』を読む会」の案内
第10回「『資本論』を読む会」の報告
第11回「『資本論』を読む会」の案内
第11回「『資本論』を読む会」の報告
第12回「『資本論』を読む会」の案内
第12回「『資本論』を読む会」の報告
第13回「『資本論』を読む会」の案内
第13回「『資本論』を読む会」の報告
第14回「『資本論』を読む会」の案内
第14回「『資本論』を読む会」の報告
第15回「『資本論』を読む会」の案内
第15回「『資本論』を読む会」の報告
第16回「『資本論』を読む会」の案内
第16回「『資本論』を読む会」の報告
第17回「『資本論』を読む会」の案内
第17回「『資本論』を読む会」の報告
第18回「『資本論』を読む会」の案内
第18回「『資本論』を読む会」の報告
第19回「『資本論』を読む会」の案内
第19回「『資本論』を読む会」の報告
第20回「『資本論』を読む会」の案内
第20回「『資本論』を読む会」の報告
第21回「『資本論』を読む会」の案内
第21回「『資本論』を読む会」の報告
第22回「『資本論』を読む会」の案内
第22回「『資本論』を読む会」の報告
第23回「『資本論』を読む会」の案内
第23回「『資本論』を読む会」の報告
第24回「『資本論』を読む会」の案内
第24回「『資本論』を読む会」の報告
第25回「『資本論』を読む会」の案内
第25回「『資本論』を読む会」の報告
第26回「『資本論』を読む会」の案内
第26回「『資本論』を読む会」の報告
第27回「『資本論』を読む会」の案内
第27回「『資本論』を読む会」の報告
第28回「『資本論』を読む会」の案内
第28回「『資本論』を読む会」の報告
第29回「『資本論』を読む会」の案内
第29回「『資本論』を読む会」の報告
第30回「『資本論』を読む会」の案内
第30回「『資本論』を読む会」の報告
第31回「『資本論』を読む会」の案内
第31回「『資本論』を読む会」の報告
第32回「『資本論』を読む会」の案内
第32回「『資本論』を読む会」の報告
第33回「『資本論』を読む会」の案内
第33回「『資本論』を読む会」の報告
第34回「『資本論』を読む会」の案内
第34回「『資本論』を読む会」の報告
第35回「『資本論』を読む会」の案内
第35回「『資本論』を読む会」の報告
第36回「『資本論』を読む会」 の案内
第36回「『資本論』を読む会」の報告
第37回「『資本論』を読む会」の案内
第37回「『資本論』を読む会」の報告
第38回「『資本論』を読む会」の案内
第38回「『資本論』を読む会」の報告
第39回「『資本論』を読む会」の案内
第39回「『資本論』を読む会」の報告
第40回「『資本論』を読む会」の案内
第40回「『資本論』を読む会」の報告
第41回「『資本論』を読む会」の案内
第41回「『資本論』を読む会」の報告
第42回「『資本論』を読む会」の案内
第42回「『資本論』を読む会」の報告
第43回「『資本論』を読む会」の案内
第43回「『資本論』を読む会」の報告
第44回「『資本論』を読む会」の案内
第44回「『資本論』を読む会」の報告
第45回「『資本論』を読む会」の案内
第45回「『資本論』を読む会」の報告
第46回「『資本論』を読む会」の案内
第46回「『資本論』を読む会」の報告
第47回「『資本論』を読む会」の案内
第47回「『資本論』を読む会」の報告
第48回「『資本論』を読む会」の案内
第48回「『資本論』を読む会」の報告
第49回「『資本論』を読む会」の案内
第49回「『資本論』を読む会」の報告
第50回「『資本論』を読む会」の報告
第50回「『資本論』を読む会」の報告(補足)

閉じる


<<最初から読む

24 / 101ページ

第12回「『資本論』を読む会」の案内

第12回「『資本論』を読む会」の案内

 

 

 

 

 AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の巨額報酬が問題になっている。

 

 AIGと言えば、今回の金融危機のもとになった金融バブルを煽った張本人であり、昨年9月にリーマン・ブラザーズが破綻に追い込まれる一方で、米政府による救済を受け、公的資金が四回にわけて投入され、その総計が1700億ドル(約17兆円)にも達している保険大手である。

 

 今回、そのバブルを煽った金融商品部門の幹部に総額約160億円(一人当たりの最高額は約6億2700万円)ものボーナスが支払われたというのである。一方で政府の公的資金の支援を受けながら、他方で、破綻をもたらした“犯罪人”たちに巨額の報酬が支払われていたのである。これは事実上、税金を山分けしていたに等しい。

 

AIGに対する公聴会で抗議する人たち

 

 しかも高額報酬を受け取っていたのは、AIGの幹部だけではない。米銀最大手のバンク・オブ・アメリカに吸収合併された証券大手のメリルリンチの幹部も、昨年、巨額の報酬を受けとっていたことが明らかになっている。同社を統合したバンカメには総額450億ドル(約4兆5000億円)の公的資金が注入されているのである。

 

 ボーナスのトップ10の社員への支払い総額は約209億円(平均約20億円!)。しかも巨額報酬を受け取っていたのは、バブルを煽った専門家達である。例えば、投資銀行部門の責任者33億8000万円、トレーディングの責任者13億円、金融商品の責任者18億7000万円、商品取引の責任者16億5000万円、中東・アフリカの責任者15億円、グローバル戦略の責任者29億4000万円、グローバルセールスとトレーディングの責任者39億4000万円と凄まじい数字が並んでいる。

 

 彼らは自らの責任で破綻を招きながら、税金で穴埋めされることをよいことに、暴利を貪っていたのである。何と腐敗した連中であろうか。

 

 しかしこれは信用が極端まで膨張した腐敗した資本主義の避けることのできない一つの現象なのである。マルクスは資本主義的生産における信用の役割を論じるなかで、次のように指摘している。

 

 《それは、新しい金融貴族を再生産し、企画屋や発起人や名目だけの役員の姿をとった新しい種類の寄生虫を再生産し、会社の創立や株式発行や株式取引についての思惑と詐欺との全制度を再生産する。》(全集版25巻a559頁)

 

 《そして、信用はこれらの少数者にますます純粋な山師の性格を与える。》(同560頁)

 

  《信用制度が過剰生産や商業での過度な投機の主要な槓杆として現われるとすれば、それは、ただ、その性質上弾力的な再生産過程がここでは極限まで強行されるからである。……それゆえ、信用制度は生産力の物質的発展と世界市場の形成とを促進するのであるが、これらのものを新たな生産形態の物質的基礎としてある程度の高さに達するまでつくり上げるということは、資本主義的生産様式の歴史的任務なのである。それと同時に、信用は、この矛盾の暴力的爆発、恐慌を促進し、したがってまた古い生産様式の解体の諸要素を促進するのである。》(同562-3頁)

 

 バブルの破綻と世界恐慌の勃発が古い生産様式の解体を促進するものであるなら、こうしたバブルの中で暴利を貪った“寄生虫の大量発生”も、資本主義的生産様式が新しい生産様式によって置き換えられなければならないことを教えるものの一つでもあるのであろう。

 

 貴方も世界恐慌をより深く理解するためにも、ともに『資本論』を読んでみませんか。

 


第12回「『資本論』を読む会」の報告

第12回「『資本論』を読む会」の報告

 

 

 

◎あっ、という間に葉桜に

 

 今年の桜は開花も早かったが、散るのも早かったですねぇ。

 

  4月3日に、静岡の“花追い人”の知人に付き合って、奈良県宇陀市にある「又兵衛桜」を観に行きました。樹齢300年とも言われるしだれ桜の古木は7分咲きといった程度でしたが、しかしなかなか見事なものでした。まだその段階では染井吉野はちらほら程度だったのが、その日曜日には瞬く間に満開になり、一週間後には桜吹雪となって、あっという間に葉桜になってしまいました。今年はいわゆる“花冷え”が満開後に無かったことが花の足を早めた原因かも知れません。

 

  いずれにしても見事な散りっぷりです。われわれも別に一花咲かさずとも、散り際だけはかくありたいものです。

 

◎第16パラグラフをめぐる議論

 

 さて、今回は、第2節の最後のパラグラフである第16パラグラフだけをやりました。このパラグラフは第2節全体のまとめであり、それだけに十分時間をかけて議論する意義があると考えたからです。まずこのパラグラフをそのまま紹介しておきましょう。

 

  《すべての労働は、一面では、生理学的意味での人間労働力の支出であり、この同等な人間労働または抽象的人間労働という属性において、それは商品価値を形成する。すべての労働は、他面では、特殊な、目的を規定された形態での人間労働力の支出であり、この具体的有用労働という属性において、それは使用価値を生産する。》(全集版63頁)

 

 このパラグラフを巡っては、資料として出された(後に紹介)、このパラグラフの構造を分析した図を見て頂ければ分るように、マルクスは明らかに「労働の二重性」について、少なくとも「二段階」ともいうべき二つのレベルで見ていることが指摘されました。一つは「人間労働力の支出」というレベルであり、もう一つは労働の「属性」というレベルです。この二つのレベルは、抽象度が異なっているように思えます。

 

 「抽象的人間労働」については、これまで数多くの論争や議論がなされてきましたが、その論争の中心は、「抽象的人間労働」というのは、歴史的な概念なのか、それとも歴史貫通的な概念なのかという問題でした。1920年代には、当時のソ連において、ルービン等による論争がすでにあり、日本でも長く論争されてきた歴史があります。

 

 白須五男氏は『マルクス価値論の地平と原理』(広樹社1991.2.20)のなかで、日本のマルクス経済学者のなかで、〈もっとも基本的な対極をなしてきた立場〉として、次のように区分けしています。

 

 〈抽象的人間労働を商品生産社会に固有に定在する特殊歴史的な労働とみなす学説(歴史的カテゴリー説)〉に立つ人たち--(戦前)河上肇・櫛田民蔵(戦後)遊部久蔵・林直道・安部隆一・宮川実(最新)正木八郎・頭川博・松石勝彦(目される人)平田清明(哲学畑)広松渉(白須氏はそれぞれの主な著書や論文も紹介していますが、省略します)。

 

  〈反対にその労働をすべての社会形態に歴史貫通的に存在する労働とみなす学説(超歴史的カテゴリー説)〉に立つ人たち--白杉庄一郎・岩瀬文夫・山本二三丸・見田石介・荒又重雄・吉原泰助・種瀬茂(同)。

 

 なぜこの用語がこれほど問題になるのでしょうか。もちろん、それはこの用語がそれほど現在の資本主義社会を理解する上で決定的な本質的な概念であるからですが、しかし他方で、マルクス自身が、「抽象的人間労働」と基本的には同じ内容をなすと思えるものをさまざまな言い方で表して論じているからでもあるように思えます。そのなかには歴史的な概念であると思わせるものもあれば、歴史貫通的なものと思わせるものもあるわけです。だからなかなか理解が困難なんだと思います。

 

 しかしそうしたマルクスのさまざまな用語の使い方は(それにはどういうものがあるのか資料を参照してください)、しかしこの第2節の最後のパラグラフの構造を分析すると、そこにはマルクスなりの意図があることが明確に理解できるような気がします。

 

 すなわち「人間労働力の支出」というレベルで見ている場合は、歴史貫通的なものとしてそれを捉えているような気がします。それに対して「労働の属性」として二つの契機を捉えている場合は、歴史的なものとしてそれを捉えているような気がするのです。

 

 しかし問題はこの歴史貫通的な概念としての「人間労働力一般の支出」と歴史的概念である「抽象的人間労働」とは如何なる関係にあるのかを理解することだ、という問題提起が亀仙人からあり、それに関してひとしきり議論がなされました。しかし、問題はなかなか難しく結論が出たとはとても言えません。よって、その紹介は残念ながら割愛せざるをえません。最後に、今後も、この問題については、引き続いて考えていくことを確認して終わったのでした。

 

◎第16パラグラフの関連資料

 

1、このパラグラフのマルクスの敍述の変遷

 

 この最後のパラグラフの現行のような文言は、第二版で登場するのですが、そこに至るまでのほぼ同じ部分と考えられるものの、マルクス自身の敍述を辿ってみます(下線はマルクスによる強調個所)。

 

(1)初版から

 

 《以上に述べたことからは次のような結論が出てくる。すなわち、商品のなかには、もちろん、二つの違った種類の労働が含まれているわけではないが、しかし、同じ労働が、その労働の生産物としての商品の使用価値に関連して見られるか、それとも、その労働の単に対象的な表現としての商品価値に関連して見られるか、によって、違った規定を受けるし、また、対立的にさえ規定されている、ということである。商品は、価値であるためには、なによりもまず使用対象でなければならないのであるが、それと同時に、労働も、人間の労働力の支出として、したがってまた単なる人間労働として、数えられるためには、なによりもまず有用な労働、すなわち目的を規定された生産的な活動でなければならないのである。》(国民文庫版39-40頁)

 

(2)第二版への補足と改訂から

 

                  《[A]

  〔5〕p.13)すべての労働は,一面では,人間的労働力の支出である。他面では,目的を規定された形態でのすべての力の支出である。労働力が支出されるこの特殊な形態あるいはあり方は,商品の使用価値を,つまり一定の有用効果をもたらす。それとは反対に,商品価値は,次の事を述べているにすぎない。すなわち,この物は人間的労働力の支出以外のなにものも現してはおらず,この支出の量はそれの価値の大きさに現わされている,ということである。

                   [B]

  すべての労働は,一面では,人間的労働力の支出である。生産物の価値は,その生産物が支出された労働力すなわち人間的労働そのもの以外のなにものも現わしてはいないということ,そしてその支出の量はその価殖の大きさに表わされている,ということを意味しているのである。他面において,労働力は何らかの規定された形態において支出される,すなわち何らかの方法で使われた,そして特殊な,目的を規定された生産的行為としてのみ労働力は使用価値をすなわち有用効果を生み出す。

 

                  [C]

  [すべての労働は]一面では,人間的労働力ー般の支出,したがって抽象的人間的労働である。そして,抽象的人間的労働というこの属性において労働は価値を形成する。他面において,すべての労働は何らかの特殊な目的を規定された形態での人間的労働力の支出であり,そしてそのような具体的有用労働として労働は商品の使用価値を生産するのであのである。》(『マルクス・エンゲルス・マルクス主義研究』第5号57-8頁、小黒正夫訳)

 

(3)第二版(現行版とほぼ同じ)

 

 《すべての労働は、一面では、生理学的意味での人間労働力の支出であり、この同等な人間労働または抽象的人間労働という属性において、それは商品価値を形成する。すべての労働は、他面では、特殊な、目的を規定された形態での人間労働力の支出であり、この具体的有用労働という属性において、それは使用価値を生産する。》(全集版63頁)

 

(4)フランス語版

 

 《上述の結果、次のことが生ずる。すなわち、厳密に言って、二種類の労働が商品のなかにあるわけではないが、労働をその生産物としての商品の使用価値に関連づけるか、または、その純粋に客体的な表現としての商品の価値に関連づけるかにしたがって、その商品のなかで同じ労働が自己とは反対のものになる、ということ。どんな労働も一方では、生理学的な意味で人間労働力の支出であり、この同等な人間労働という資格において商品の価値を形成する。他方、どんな労働も、特殊な目的によって規定されるなんらかの生産形態のもとでの、人間労働力の支出であって、この具体的な有用労働という資格において使用価値あるいは有用性を生産する。商品が価値であるためには、商品はなによりもまず有用でなければならないのと同じように、労働が人間労働力の支出、言葉の抽象的な意味での人間労働と見なされるためには、労働はなによりもまず有用でなければならない。》(江夏美千穂/上杉聰彦訳16頁)

 

2、このパラグラフの構造の解析

 

 まずこのパラグラフを再度引用しておきます。

 

 《すべての労働は、一面では、生理学的意味での人間労働力の支出であり、この同等な人間労働または抽象的人間労働という属性において、それは商品価値を形成する。すべての労働は、他面では、特殊な、目的を規定された形態での人間労働力の支出であり、この具体的有用労働という属性において、それは使用価値を生産する。》(全集版63頁)

 

 このパラグラフはシンメトリーな構造を持っています。それを図示してみましょう。

 

 

3、「抽象的人間労働」に類似するさまざまな用語例

 

 第2節では、この用語は最後のパラグラフに1回出てくるだけです。だからマルクスは同じような内容をさまざまな言い方で表しているわけです。それには一体、どういうものがあるのか、一度、この第2節の最後のパラグラフまでで、同じような内容がどういう用語で述べられているのか、すべて調べてみました(引用は全集版から頁数も同じ)。

 

§第1節から

 

■価値の社会的実体

 

(1)《一つの等しいもの》《ある内実

 

  《したがって、第一に、同じ商品の妥当な諸交換価値は一つの等しいものを表現する、ということになる。しかし、第二に、交換価値は、そもそもただ、それとは区別されるべきある内実の表現様式、「現象形態」でしかありえない。》(50頁)

 

(2)《同じ大きさのある共通物が……存在する》《第三のもの》(50頁)

 

(3)《同じ人間労働、すなわち抽象的人間労働

 

  《そこで、諸商品体の使用価値を度外視すれば、諸商品体にまだ残っているのは、ただ一つの属性、すなわち労働生産物という属性だけである。しかし、労働生産物もまたすでにわれわれの手で変えられている。もしもわれわれが労働生産物の使用価値を捨象するならば、われわれは、労働生産物を使用価値にしている物体的諸成分と諸形態をも捨象しているのである。それはもはや、テーブル、家、糸、あるいはその他の有用物ではない。その感性的性状はすべて消しさられている。それはまた、もはや、指物(サシモノ)労働、建築労働、紡績労働、あるいはその他の一定の生産的労働の生産物ではない。労働生産物の有用的性格と共に、労働生産物に表れている労働の有用的性格も消えうせ、したがってまた、これらの労働のさまざまな具体的形態も消えうせ、これらの労働は、もはや、たがいに区別がなくなり、すべてことごとく、同じ人間労働、すなわち抽象的人間労働に還元されている。》(51-2頁)

 

(4)《幻のような同一の対象性》《区別のない人間労働》《その支出の形態にはかかわりのない人間労働力の支出》の《単なる凝固体》《これらの物が表しているのは、もはやただ、それらの生産に人間労働力が支出されており、人間労働が堆積されているということだけ》《社会的実体の結晶

 

  《そこで、これらの労働生産物に残っているものを考察しよう。それらに残っているものは、幻のような同一の対象性以外の何物でもなく、区別のない人間労働の、すなわちその支出の形態にはかかわりのない人間労働力の支出の、単なる凝固体以外の何物でもないのである。それらに共通な、この社会的実体の結晶として、これらの物は、価値、商品価値である。》(52頁)

 

■価値の量的考察

 

(5)《抽象的人間労働が対象化または物質化されている》《「価値を形成する実体」》《労働の分量》《労働の量》  

 

 《したがって、ある使用価値または財が価値をもつのは、そのうちに抽象的人間労働が対象化または物質化されているからにほかならない。では、どのようにしてその価値の大きさははかられるのか? それに含まれている「価値を形成する実体」、すなわち労働の、量によってである。労働の量そのものは、その継続時間によってはかられ、労働時間はまた、時間、日などのような一定の時間部分を度量基準としてもっている。》(52-3頁)

 

(6)《同等な人間労働》《同じ人間労働力の支出》《ここでは同一の人間労働力として通用する》《一つの社会的平均労働力という性格》《社会的平均労働力として作用》《一商品の生産にただ平均的に必要な、または社会的に必要な、労働時間のみ用いる限りにおいて、他の労働力と同じ人間労働力である》《社会的に必要な労働時間とは、現存の社会的・標準的な生産諸条件と、労働の熟練および強度の社会的平均度とをもって、何らかの使用価値を生産するのに必要な労働時間である。》

 

  《一商品の価値がその生産のあいだに支出された労働の量によって規定されるならば、ある人が怠惰または非熟練であればあるほど、彼はその商品の完成にそれだけ多くの時間を必要とするのだから、彼の商品はそれだけ価値が大きいと思われるかもしれない。しかし、諸価値の実体をなす労働は、同等な人間労働であり、同じ人間労働力の支出である。商品世界の諸価値に現される社会の総労働力は、たしかに無数の個人的労働力から成りたっているけれども、ここでは同一の人間労働力として通用する。これらの個人的労働力のそれぞれは、それが一つの社会的平均労働力という性格をもち、そのような社会的平均労働力として作用し、したがって、一商品の生産にただ平均的に必要な、または社会的に必要な、労働時間のみ用いる限りにおいて、他の労働力と同じ人間労働力である。社会的に必要な労働時間とは、現存の社会的・標準的な生産諸条件と、労働の熟練および強度の社会的平均度とをもって、何らかの使用価値を生産するのに必要な労働時間である。》(53頁)

 

(7)《社会的に必要な労働の量》《その使用価値の生産に社会的に必要な労働時間》《等しい大きさの労働量》《商品の生産に必要な労働時間》《一定量の凝固した労働時間

 

  《したがって、ある使用価値の価値の大きさを規定するのは、社会的に必要な労働の量、または、その使用価値の生産に社会的に必要な労働時間にほかならない。個々の商品は、ここでは一般に、その商品種類の平均見本とみなされる)。それゆえ、等しい大きさの労働量が含まれている、または同じ労働時間で生産されうる諸商品は、同じ価値の大きさを持つのである。一商品の価値と他のすべての商品の価値との比は、一方の商品の生産に必要な労働時間と他方の商品の生産に必要な労働時間との比に等しい。「価値としては、すべての商品は、一定量の凝固した労働時間にほかならない」。》(53-4頁)

 

§第二節

 

(8)《同じ実体をもつ物》《同一性質の労働の客観的表現》《一定部分の人間労働》《労働の有用な性格を度外視すれば、労働に残るのは、それが人間労働力の支出であるということである》《人間の脳髄、筋肉、神経、手などの生産的支出であり、こうした意味で、ともに、人間労働である》《人間の労働力を支出する》《人間の労働力そのもの》《人間労働自体を、人間労働〔第1版とフランス語版では、人間労働力、となっている〕一般の支出》(59頁)

 

(9)《それは、平均的に、普通の人間ならだれでも、特殊な発達なしに、その肉体のうちにもっている単純な労働力の支出である》《単純労働》(60頁)

 

(10)《ただ人間労働力の支出としてのみ通用する》《ただ、これらの労働の特殊な質が捨象され、両方の労働が等しい質、人間労働という質》(61頁)

 

(11)《もはやそれ以上の質をもたない人間労働に還元された》《後の場合には、労働のどれだけ多くが、すなわちその継続時間が問題となる》(61頁)

 

(12)《すべての労働は、一面では、生理学的意味での人間労働力の支出であり、この同等な人間労働または抽象的人間労働という属性において、それは商品価値を形成する。》(63頁)

 

 


第13回「『資本論』を読む会」の案内

『資 本 論 』 を 読 ん で み ま せ ん か

 

 

 

 政府は4月末、総額15.4兆円にのぼる過去最大の経済対策の財政的裏付けとなる補正予算案を閣議決定し、国会に提出した。一カ月前に当初予算が成立したばかりであり、「異例ずくし」の予算と言われている。

 

 当初と合わせた予算規模は102兆円と初めて100兆円を突破。財源の多くは借金(国債)に頼り、歳入に占める税収の割合は45%と過去最低である。新規の国債の発行額は過去最悪の44兆円となり、ほぼ税収見通しと並ぶ。

 

 麻生内閣は、「景気の底割れリスクの回避」を掲げているが、その実態は、近づく選挙にむけての“バラマキ予算”、“国民買収予算”としか言いようがない。おまけにそのバラマキの対象は大手金融機関や大企業に対するもの以外は、車や家や家電等を買える富裕層を目当てにしたものでしかなく、母子家庭への生活保護費加算の打ち切りに象徴されるように、大企業を潤す公共事業を前倒しする一方で、社会補償費を削る姿勢にはまったく変化はなく、弱者に犠牲を強いる内容になっているのだ。

 

09年5月2日『朝日』から

 

 そればかりか国債残高は、09年度末で592兆円にのぼる見込みであり、国民一人あたり約463万円。つまり、生まれて来る赤ん坊は500万円近い借金を背負って生まれて来る勘定になる。5人家族だと2300万円を超える借金である。この借金は一体誰が返すのか。それは結局、国民しかいない。つまり将来の国民にすべての犠牲はしわよせされるのである。

 

 マルクスは国債について、次のように述べている。

 

 《国債はすべて全人民の勤労に課せられた抵当、人民の自由の縮小ではないだろうか? それは、国債所有者という名まえで知られている新しい一団の見えざる圧制者を生みだすのではないだろうか?》(マルクス・エンゲルス全集15巻117頁)

 

 つまりわれわれ全人民は、一人当たり500万円近い借金のために「勤労」することを強制され、それだけ「自由」を奪われる。他方、国債所有者として利子利得を居ながらにして我が物とする圧制者は国民を犠牲に肥え太るというわけである。

 

 麻生内閣の“選挙対策予算”、“国民買収予算”に反対し、「全人民」に災厄をもたらす資本主義社会の仕組みを解明し、理解するために、『資本論』を一緒に読んでみませんか。

 


第13回「『資本論』を読む会」の報告

第13回「『資本論』を読む会」の報告

 

 

◎新型インフルエンザ

 

 新型インフルエンザが猛威をふるっています。神戸や大阪では高校生を中心に拡大しつつあったのが、いまや、あっというまに全国に広がりつつあります。 実は、愚息もこの14日にカナダ経由で帰国したのですが、すぐに保険所から電話とファックスがあり、「健康観察票」なるものが送られてきました。21日までが要観察期間であり、18日と21日に連絡するようにとのことでした。結局、愚息は何の症状らしいものもなく済んだのですが、「不要不急の外出を避ける」と言われても、長く海外に居て、帰国したものは直ちにしなければならないものが山ほどあり、そうも行きません。まず有効期限が切れた免許証の復活手続きが必要ですし、車検切れになった車の車検、仕事の打ち合わせ等々、公私にわたって目まぐるしいほど忙しいのです。とても家にじっとしていることなど出来ないのです。だから当然、水際策をすり抜けた感染者たちも恐らく同じでしょう。だからそうした人たちから一気に広がることは不可避ともいえます。

 

  幸か不幸か、わが「『資本論』を読む会」参加メンバーは花粉症から、日頃からマスクが外せない人たちが多いので、その点、感染しにくいのかも知れません。何が幸いするか分かりませんね。

 

◎「第3節 価値形態または交換価値」の前文

 

 さて、第13回「『資本論』を読む会」は、残念ながら欠席者が多く、ただでさえ少ない参加者なのに、一層寂しい開催となりました。しかし今回からは、第3節に入り、じっくり時間をかけて議論し、前文をすべて終えました。この前文は四つのパラグラフからなっていますが、各パラグラフごとにまず本文を示し、そのあとその解読と議論の紹介をやり、最後に、関連資料を紹介しておきましょう。

 

■第1パラグラフ

 

 《商品は、使用価値または商品体の形態で、鉄、リンネル、小麦などとして、この世に生まれてくる。これが商品のありふれた現物形態である。けれども、商品が商品であるのは、それが二重のものであり、使用対象であると同時に価値の担い手であるからにほかならない。だから、商品は、現物形態と価値形態という二重形態をもつ限りでのみ、商品として現れ、言いかえれば、商品という形態をとるのである。》

 

 この部分では、まずJJ富村さんから「本文では『商品は、使用価値または商品体の形態をとって、……この世に生まれる』とあるのを、レジメでは『商品は使用対象であると同時に価値の担い手=商品体として生産される』と説明しているが、『または』と『同時に』とでは意味が少し違うように思う」と発言。レジュメを提出したピースさんは、「商品体を価値体という意味に理解して説明している」と答えました。JJ富村さんは、「『または』というのは、商品は使用価値として生まれ、あるいは『商品体』として生まれる、と解釈すべきで、だから商品体は使用価値のことだと思う」と批判。ピースさんは、「同時に」と解釈したのは、間違っていることは認めましたが、「商品体」を使用価値と解釈することには納得ができないようで、「『商品体』というのは、『生産物が価格で表されていること』の意味ではないのか」と食い下がりましたが、JJ富村さんは「『これが商品のありのままの現物形態である』と本文にあるように、これは使用価値を意味している」と反論。どうやら軍配はJJ富村さんに上がったようです。

 

  やはり本文を読む限りでは、「商品体」というのは、「使用価値」を言い換えただけで、鉄やリンネル、小麦というような、商品のありふれた現物形態について述べていると考えるべきでしょう。これは初版付録(付属資料参照)を見ると、《使用価値の形態は、商品そのものの形態、鉄、リンネル、等々であり、商品体の、手でつかめる感覚的な存在形態である》と説明していることを見ても明らかです。ここでは「商品」の「」をマルクスは強調しています。つまり使用価値の形態は商品の身体そのものとして現われている形態であり、手でつかめる感覚的な存在形態だということでしょう。またフランス語版(同)では、「商品体」てはなく、《商品素材》とも翻訳されています。

 

  ピースさんが言及した「価値体」については、もう少しあとででてきますが、これについては色々と論争もありますので、ここでは説明は保留しておきましょう。

 

 さて、この第1パラグラフは、とにかく商品が商品であるということは、二重の「形態」を持つ必要があることが指摘されています。「形態」というのは、フォルムですが、要するに何らかの形あるものとして「現われているもの」です。私たちは第1節の商品の分析で、商品は使用価値であるととにも価値であるということが分かったのですが、しかし使用価値と価値というだけでは、二重の「形態」を持っているとはいえません。なぜなら、確かに使用価値は目に見えて手でつかめる現物形態ですが、価値そのものは手でつかんだり見たり出来るものではないからです。価値は内在的なものであり、そのものとしては「形態」として「現われている」わけではないのです。しかし商品である限りは、価値もその「形態」を、つまり目で見えるような姿で現われてこなければならない(現象しなければならない)というのです。だから商品はその使用価値としての現物形態とともに価値の形態(価値形態)という二重の「形態」を持つ限りでのみ、商品として「現われ」得る、つまり商品という「形態」をとることになるわけです。すなわちその姿で自分は商品だよ、と誰にでも分かるようなものとして存在することになるのだというわけです。

 

■第2パラグラフ

 

 《商品の価値対象性は、寡婦のクイックリー〔シェイクスピアの『ヘンリー四世』などの中の人物〕と違って、どうつかまえたらいいかだれにもわからない。商品体の感性的にがさがさした対象性とは正反対に、諸商品の価値対象性には、一原子の自然素材も入りこまない。だから、一つ一つの商品を好きなだけひねくりまわしても、それは、価値物としては、依然としてつかまえようがないものである。けれども、諸商品が価値対象性をもつのは、ただ、価値対象性が人間労働という同じ社会的単位の表現である限りにほかならないこと、したがって、商品の価値対象性は純粋に社会的なものであること、を思い出せば、それがただ商品と商品との社会的関係においてのみ現れうるということも、おのずから明らかである。実際、われわれは、諸商品の交換価値または交換関係から出発して、そこに隠されている諸商品の価値の足跡を探りあてた。今や、われわれは、価値のこの現象形態に立ちかえらなければならない。》

 

 このパラグラフには「価値対象性」という用語が5回も出てきます(ところが初版付録やフランス語版ではまったくでてきません。フランス語版では「商品の価値がもつ実在」と言い換えられています)。それは商品が「持つ」ものであるが、しかし「まぼろしのような」ものであり、「亡霊のような」もの「知覚できないもの」と説明されています。「補足と改訂」では「それは,眼に見える商品体の正に反対物」とも言われ、「社会的価値対象性」という用語もでてきます(付属資料参照)。  「同じ社会的単位の、つまり人間労働の表現である限りでのみ、社会的対象性をもつ」とも言われています。あるいはまた価値対象性は「価値物」とも言われており、価値物としても、やはり「依然としてつかまえようがないもの」だとも言われています。

 

  そうしてこういう幻のような価値対象性は、しかし商品と商品との社会的関係においてのみ「現われうる」ということ。すなわちその「形態」(現象形態)をもつとも言われています。ここから「価値対象性」とは何なのか、どう理解したらよいのか、そしてそれと関連して「価値物」というのも、どのように理解したらよいのか、ということがこのパラグラフの理解と関連して問題になってきます(「価値対象性」と「価値物」とは同じものと考えて良いのか、それともそれは異なるものなのか、異なるならどういう点で異なるのか、云々)。

 

 「対象」というのは、私たちの主観にかかわりなく、客観的に実在し、私たちの主体的な働きかけが向けられるもののことです。だから「対象性」というのは、そうした実在性と私たちが何らかの働きかけがなしうる性質ということでしょう。商品そのものは一つの客観的に実在するものです。そして商品は使用価値であるとともに価値であるということが分かっています。しかし、使用価値の場合は、目に見えてごわごわしたりギラギラした現物形態を持っていて、一目でそうした対象性はハッキリしていますが、しかし価値の場合は、確かにそれも客観的に実在する商品そのもののなかにあり、だから対象的存在ではあるのですが、しかしその対象性はまったく目に見えないものであり、手で触れうるものでもないのです。だからそれは、幻のような、亡霊のような、つかまえどころのないものだ、ということなのです。

 

  「価値対象性」というのは、そうした価値の私たちの主体的な働きかけ(認識)から見た性質ということが出来るでしょう。それに対して「価値物」というのは、商品は使用価値としては「物」としての存在は明らかですが、価値としては決して「物」として捉えることは出来ません。「価値」は「物」として「現われて」いないからです。しかし価値が商品に内在するものであるなら、その本質は現象せざるをえず、それはやはり「物」として現われてくるのです。「価値物」というのは、だから価値が「物」として現われたものですが、しかし商品そのものの「物」としての存在はその自然的・素材的な定在なのです。しかしそれは商品の使用価値であって価値ではありません。価値には一片の自然素材も含まれていないからです。だから、商品自身の自然素材においては価値は「物」として現れようがないのです。だから一つの商品を見ている限りは、やはり「価値物」としても捉えようがないのです。

 

  だからそうした幻のような対象性が目に見えるようなものとして「現われる」のはどのようにして可能なのか、ということですが、それは価値というのはそもそも社会的なものなのだから、社会的な関係のなかで、それも現われて来るのだ、実際、私たちは二商品の交換関係から出発して、価値を見いだしたのだから、その現象形態にもどればよいのだ、ということなわけです。

 

■第3パラグラフ

 

 《だれでも、ほかのことは何も知らなくても、諸商品がそれらの使用価値の種々雑多な現物形態とはきわめて著しい対照をなす共通の価値形態をもっているということは知っている。すなわち、貨幣形態である。しかし、今ここでなしとげなければならないことは、ブルジョア経済学によって決して試みられることもなかったこと、すなわち貨幣形態の発生を立証すること、すなわち、諸商品の価値関係に含まれている価値表現の発展を、そのもっとも単純なもっとも目立たない姿態から目をくらませる貨幣形態にいたるまで追跡することである。それによって、同時に、貨幣の謎も消えうせる。》

 

 そして実際、私たちが日常目にする商品は、確かに使用価値の形態と価値の形態を持っています。この場合の価値の形態というのは、貨幣形態のことです。私たちが店頭に並んでいる品物が商品であるかどうかは、それに値札がついているかどうかで見分けることが出来るでしょう。この値札というのは、実は、その商品の貨幣形態なのです。つまり商品の価値を貨幣で表示したものが、すなわちその値札(価格)なのです。そしてそれが価値が目に見えるものとして現われているものなのです。だから商品は、その目に見える使用価値とともに、値札(価格)という貨幣形態によって自身の価値を目に見えるものとして現すことによって、商品であるという「形態」を持っていることになるのです。だからこそ私たちは、それを一目見れば、「あっ、これは商品だ、売り物だ」とわかるわけです。

 

  これはあまりにもありふれた現実であり、誰でも知っていることです。しかし、今、ここでやろうとしていることは、誰も知らないし、誰も試みたことさえないこと、では、どうして商品は値札をつけているのか、どのようにして値札をつけるようになったのか、値札をつけているということはどういう意味なのか、ということを説明しようということです。それはさまざまな商品の価値関係のなかに含まれている、価値を表現する形態を、そのもっとも単純なものから貨幣形態にいたるまで追跡して初めてわかることなのです。つまりそれはそもそも貨幣というのはどのようにして生まれてきたのか、ということを明らかにすることでもあるのです。それが分かれば、貨幣が持っているさまざまな不思議な力は何にもとづいているのか、そのカラクリが分かるでしょう。

 

 このパラグラフでは、やはりJJ富村さんから「貨幣の謎」の意味が質問されました。ピースさんは「謎というのは、何故、貨幣によって全ての商品が価格表現されているのか」ということではないかと説明しましたが、JJ富村さんあまり納得できない様子でした。この「貨幣の謎」については、これから価値形態を学んでゆく過程で分かってくることなのですが、少しだけ先回りして、紹介することにしましょう。

 

  実は、久留間鮫造『貨幣論』(大月書店1979年刊)のなかで「『貨幣の謎』とはどういうことか?」とそのものズバリの表題がつけられて、かなり詳しい説明があります。それをすべて紹介すると、長くなりすぎるので、その核心部分だけを紹介しますが、是非、各自一度読んでみて欲しいと思います。

 

 〈マルクスが「謎」と言っているのは、等価形態におかれる商品の自然形態が、そして発展すれば金銀の自然形態が、直接的な交換可能性というまったく社会的な性質を生まれながらにしてもっているように見える、ということです。〉(28頁)

 

■第4パラグラフ

 

 《もっとも単純な価値関係は、明らかに、どんな種類であろうと種類を異にするただ一つの商品に対する一商品の価値関係である。だから、二つの商品の価値関係は、一つの商品にとってのもっとも単純な価値表現を与える。》

 

 だから私たちの出発点は、もっとも単純な価値の関係、つまり二つの商品をそれぞれが持っている価値という側面で関係づけて考えることから始まるのです。この二つの商品の価値関係は、一つの商品の価値のもっとも単純な価値の表現でもあるのです。

 

 とりあえず、本文の説明は以上で終わりです。あとは関連資料を紹介しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎関連資料

 

§§「前文」の諸類型

 

 前文の原型は初版の本文にはなく、付録にある(初版本文とフランス語版には、価値形態への移行規定というべきものがある)。そしてマルクスは、第二版(これが現行版)のための補足と改訂を行い、さらにフランス語版ではわずかだが表現が変わっている。それぞれを全文、この順序で紹介する(太字はマルクスの強調)。

 

§初版本文とフランス語版の移行規定

 

 《これまではただ価値の実体と価値の大きさとが規定されただけなので、今度は価値の形態の分析の方に方向転換することにしよう。》(初版・国民文庫版40頁)

 

 《いまや、価値の実体と価値量とが規定された。まだなお価値形態を分析しなければならない。》(フランス語版・江夏他訳17頁)

 

§初版付録から

 

 《第1章(一)への付録

 

  価値形態

 

 商品の分析は、商品は一つの二重物、使用価値にして価値である、ということを示した。それだから、ある物が商品形態をとるためには、それは二重形態を、すなわちある使用価値の形態および価値の形態を、もたなければならない。使用価値の形態は、商品そのものの形態、鉄、リンネル、等々であり、商品体の、手でつかめる感覚的な存在形態である。これこそは商品の現物形態である。これにたいして、商品の価値形態は商品の社会的形態なのである。

 

  ところで、一商品の価値はどのようにして表現されるであろうか? つまり、価値はどのようにしてそれ自身の現象形態を得るのであろうか? いろいろな商品の関係によってである。そのような関係のなかに含まれている形態を正しく分析するためには、われわれはその形態の最も単純な未発展な姿から出発しなければならない。一商品の最も単純な関係は、明らかに、なんであるかを間わずただ一つの別の一商品に対するその商品の関係である。それだから二つの商品の関係は、一商品のための最も単純な価値表現を与えるのである。》(国民文庫版128-9頁)

 

§第二版のための「補足と改訂」から

 

 《

[A]

[2] 3)価値形態または交換価殖

 p.764 一つ一つの孤立した商品の価値対象性は見えないままである,なぜならば,それは,眼に見える商品体の正に反対物だからである。諸商品は一般に,それが同じ社会的単位の,つまり人間的労働の表現であるかぎりでのみ,それらの雑多な使用対象性とは異なった社会的価値対象性をもつのである。

[B]

[異文目録参照]

[C]

[3]3)価値形態。(注17)

 商品は,使用価値または商品体の形態でこの世に生まれてくる。これが商品のありふれた自然形態である。これとは反対に,商品の亡霊のような価値対象性は知覚できない。商品の価値対象性のなかには,むしろ,諸商品を感覚的にお互いに区別している全ての特徴が消え去っている。

[D]

L 商品は,使用価値または商品体の形態で,鉄,リンネル,小麦などとして,この世に生まれてくる。これが商品のありふれた自然形態である。とはいえ,商品が商品であるのは,それが二重のものであり,使用対象であると同時に価値の担い手であるからにほかならない。だから,商品は,自然形態と価値形態という二重形態をもつ限りでのみ,商品として現れ,言い換えれば,商品という形態をとるのである。

 

L 商品の価値対象性は,どうつかまえたらいいかわからないことによって,寡婦のクイックリーと区別される。商品体の感性的にぎらぎらした対象性とは正反対に,商品の価値対象性には,一原子の自然素材もはいり込まない。だから,一つ一つの商品を好きなだけひねくり回しても,それは価値物としては,依然としてつかまえようがないものである。とはいえ,商品が価値対象性をもつのは,ただ,それが人間的労働という同じ社会的単位の表現である限りにほかならないこと,それゆえ,商品の価値対象性は純粋に社会的なものであること,を思い出せば,それがただ商品と商品との社会的関係においてのみ現われうるということも,おのずから明かである。実際,われわれは,諸商品の交換価値または交換関係から出発して,そこに隠されている諸商品の価値の足跡をさぐりあてた。いまや,われわれは,価値のこの現象形態に立ち返らなければならない。

 

L だれでも,ほかのことはなにも知らなくても,諸商品がそれらの使用価値の種々雑多な自然形態とはきわめていちじるしい対照をなす一つの共通の価値形態,すなわち貨幣形態をもっているということは知っている。しかし,いまここでなしとげなければならないことは,ブルジョア経済学によって決して試みられることもなかったこと,すなわち貨幣形態の発生を立証すること,諸商品の価値関係のなかにふくまれている価値表現をそのもっとも簡単なもっともめだたない姿態から目をくらませる貨幣形態にいたるまで展開することである。それによって,同時に,貨幣の謎も消えうせる。

[10]3)価値形態

 商品は,一般に,それらが価値関係を取り結ぶ限りにおいてのみ,おたがいに関係を取り結ぶのであるetc

[3]L_p.764(++)

〔6]3価値形態

 1)交換価値として,すなわち,一商品の他の商品に対する関係において。 2)すなわち,それが,価値を表現している商品であるのか,あるいはさもなくば,価値が表現されている商品であるのか,によって……  われわれは,いま,価値表現全体の二つの形態--相対的価値形態と等価形態--を,それぞれそれ自体として,より立ち入って考察することとしよう。》(MEM主義研究第5号/小黒訳/59-61頁)

 

§現行版から

 

 《第3節 価値形態または交換価値

 

 商品は、使用価値または商品体の形態で、鉄、リンネル、小麦などとして、この世に生まれてくる。これが商品のありふれた現物形態である。けれども、商品が商品であるのは、それが二重のものであり、使用対象であると同時に価値の担い手であるからにほかならない。だから、商品は、現物形態と価値形態という二重形態をもつ限りでのみ、商品として現れ、言いかえれば、商品という形態をとるのである。

 

  商品の価値対象性は、寡婦のクイックリー〔シェイクスピアの『ヘンリー四世』などの中の人物〕と違って、どうつかまえたらいいかだれにもわからない。商品体の感性的にがさがさした対象性とは正反対に、諸商品の価値対象性には、一原子の自然素材も入りこまない。だから、一つ一つの商品を好きなだけひねくりまわしても、それは、価値物としては、依然としてつかまえようがないものである。けれども、諸商品が価値対象性をもつのは、ただ、価値対象性が人間労働という同じ社会的単位の表現である限りにほかならないこと、したがって、商品の価値対象性は純粋に社会的なものであること、を思い出せば、それがただ商品と商品との社会的関係においてのみ現れうるということも、おのずから明らかである。実際、われわれは、諸商品の交換価値または交換関係から出発して、そこに隠されている諸商品の価値の足跡を探りあてた。今や、われわれは、価値のこの現象形態に立ちかえらなければならない。

 

  だれでも、ほかのことは何も知らなくても、諸商品がそれらの使用価値の種々雑多な現物形態とはきわめて著しい対照をなす共通の価値形態をもっているということは知っている。すなわち、貨幣形態である。しかし、今ここでなしとげなければならないことは、ブルジョア経済学によって決して試みられることもなかったこと、すなわち貨幣形態の発生を立証すること、すなわち、諸商品の価値関係に含まれている価値表現の発展を、そのもっとも単純なもっとも目立たない姿態から目をくらませる貨幣形態にいたるまで追跡することである。それによって、同時に、貨幣の謎も消えうせる。

 

  もっとも単純な価値関係は、明らかに、どんな種類であろうと種類を異にするただ一つの商品に対する一商品の価値関係である。だから、二つの商品の価値関係は、一つの商品にとってのもっとも単純な価値表現を与える。》(全集版64-5頁)

 

§フランス語版から

 

 《第三節 価値形態

 商品は、鉄やリソネルや羊毛等のような使用価値あるいは商品素材の形態で生まれてくる。これはただたんに商品の自然形態であるにすぎない。とはいうものの、商品が商品であるのは、商品が同時に二つの物、すなわち、有用物であるとともに価値の担い手であるからにほかならない。したがって、商品は自然形態と価値形態という二重の形態で現われるかぎりでしか、流通のなかに入ることができない。(16)

 

 (16)べーリのように価値形態を分析しようと試みた少数の経済学者は、どんな結論にも到達することができなかった。第一に、彼らはつねに価値とその形態とを混同するからであり、第二に、彼らはブルジョア的慣行の粗雑な影響のもとで、最初からもっばら量に心を奪われているからである。「量にたいする支配力が……価値を構成する」(S・べーリ『貨幣とその価値変動』、ロンドン、一八三七年、十一ページ)。

 

 商品の価値がもつ実在は、つかみどころがわからないという点では、フォルスタッフ〔シェイクスピアの戯曲『ウィンザーの陽気な女房たち』中の人物〕の女友達である寡婦クウィックリーとはちがっている。商品体のもつかさばりとは極度に対照的に、商品の価値のなかには素材が微塵も入りこんでいない。したがって、一つ一つの商品は、随意にどういじりまわすことができても、価値物としてはどこまでも手ではつかめない。だが、商品の価値には、純粋に社会的な実在のみがあるということ、また、その価値は、それが人間労働という同じ社会的単位の表現であるかぎりでのみ実在があるということ、を想い起こすならば、この社会的な実在もまた、社会的な取引においてのみ、ある商品と他の商品との関係においてのみ現われうることが、明らかになる。実際のところ、われわれは、商品の交換価値すなわち交換関係から出発して、そこに隠されている商品の価値の痕跡を発見した。いまやわれわれは、この形態--価値は最初この形態のもとでわれわれに姿を現わした--に、立ち戻らなければならない。

 

  ほかのことはなにも知らなくとも、商品が、そのさまざまな自然形態とは最も顕著に対照をなしているような一つの特殊な価値形態、貨幣形態をもっていることは、誰でも知っている。ブルジョア経済学がかつて試みなかったことを試みることが、いま問題なのだ。貨幣形態の発生を提供すること、すなわち、商品の価値関係のなかに含まれている価値 表現を、最も単純で最も目立たないスケッチから始めて、万人に一目瞭然なこの貨幣形態にまで発展させることが、問題なのである。それと同時に、貨幣の謎が解決されて消え失せるであろう。

 

  一般的に言って、諸商品は価値関係以外には相互に関係をもたないのであって、最も単純な価値関係は、明らかに、一商品の、どんな種類であれ他の異種の商品にたいする価値関係なのである。したがって、二商品の価値関係あるいは交換関係は、一商品にたいして最も単純な価値表現を提供する。》(江夏他訳/法政大学出版局/17-8頁)

 

§§その他の文献

 

 以下は、この前文を理解する上で、一つの参考になるかも知れないというものを紹介しておく。

 

§モスト『資本論入門』から

 

 この前文の最後の部分と「A 簡単な、個別的な、または偶然的な価値形態」とも若干、関連すると思える。またここに出てくる「価値物」がどのように説明されているかにも注目。

 

 《さてここで交換価値に、つまり諸商品の価値が表現されるさいの形態に、立ち戻ろう。この価値形態は生産物交換から、また生産物交換とともに、しだいに発展してくる。

 

  生産がもっぱら自家需要に向けられているかぎり、交換はごくまれに、それも交換者たちがちょうど余剰分をもっているようなあれこれの対象について、生じるにすぎない。たとえば毛皮が塩と、しかもまず最初はまったく偶然的なもろもろの比率で交換される。この取引がたびたび繰り返されるだけでも、交換比率はだんだん細かに決められるようになり、一枚の毛皮はある一定量の塩とだけ交換されるようになる。生産物交換のこの最も未発展の段階では、交換者のそれぞれにとって、他の交換者の財貨が等価物として役立っている。すなわち、それ自体として彼の生産した財貨と交換可能であるばかりでなく、彼自身の財貨の価値を見えるようにする鏡でもあるような、価値物として役立つのである。》(大谷訳/岩波書店/10頁)

 

 


第14回「『資本論』を読む会」の案内

『資本論』 を 読 ん で み ま せ ん か 

 

 

                                     

  6月26日に上場企業の株主総会がピークを迎え、業績悪化による赤字決算や減配に、トヨタ自動車の豊田章男社長をはじめ、経営者はひたすら頭を下げる「おわび総会」になっていると新聞は報じている。90年代の半ばごろから「株主資本主義」ということが言われ、先行するアメリカにならって「コーポレート・ガバナンス(企業統治)」が声高に言われはじめた。つまり、株主が企業経営に注文をつけ、高配当、高株価を要求する「ものいう株主」のことである。今回の株主総会でも、怒号が飛び交う一幕もあったと新聞は報じている。

 

(09年6月26日『朝日』より)

 

 「株主資本主義」のもとで、法人企業の配当率と役員報酬(そして内部留保)だけが増大する一方で、労働分配率の顕著な低下が進み、非正規や派遣労働者の割合が増えてきた。例えば、02年から07年の全法人企業の支配配当総額は5兆円から15兆円と3倍にもなり、一人当たりの役員報酬も1800万円から3000万円へと増大しているのに、従業員給与はほぼ500万円の横ばいである。総務省の「労働力調査」によれば、非正規雇用労働者は98年の881万人から08年の1760万人に、派遣労働者は98年の90万人から07年の381万人へと増えている。

(『経済』09年7月号より)

 

 「株主資本主義」の下で、労働者への搾取が徹底して強化されてきたことは確かである。しかし注意しなければならないのは、問題は「株主資本主義」にあるのではないということである。「株主資本主義は、配当の増加や株価の上昇を意図して、企業に対してコスト削減による利潤の増大を求める」(同上『経済』12頁)と言われるが、しかしこうした傾向は資本主義に固有のものであり、何も「株主資本主義」だからそうであるというわけではない。だからまた「株主資本主義」を改めれば、あるいは「株主資本主義に閂(かんぬき)をかけ」(同26頁)ればよいという問題でもないのだ。問われているのは資本主義そのものである。マルクスは「株式会社の形成」の意義について次のように述べている。

 

 《 2 ……それは、資本主義的生産様式そのものの限界のなかでの、私的所有としての資本の廃止である。 

  3 ……このような、資本主義的生産の最高の発展の結果こそは、資本が生産者たちの所有に、といってももはや個々別々の生産者たちの私有としてのではなく、結合された生産者である彼らの所有としての、直接的社会所有としての所有に、再転化するための必然的な通過点なのである。それは、他面では、これまではまだ資本所有と結びついている再生産過程上のいっさいの機能が結合生産者たちの単なる機能に、社会的機能に、転化するための通過点なのである。》(全集25a557頁)

 

 まさに株式資本主義はこうした意味で、ますます将来の生産に近づけば近づくほど、その資本制的形態との矛盾を深め、労働者階級との軋轢を深めるのであるが、それ自体が将来の社会への主体的準備の一条件でもあるのである。

 貴方も現代の高度に発達した資本主義社会を読み解くためにも、ともに『資本論』を読んでみませんか。

 



読者登録

亀仙人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について