閉じる


雪の浜頓別駅

北海道のオホーツク海に面する浜頓別駅に、国鉄時代の1983年冬に訪れました。

 

北海道でも最北端に近い浜頓別、ホームや建物の長いツララが、厳しい寒さを物語っています。

 

その厳しい冬の寒さとは対象的に、雪の中の古い駅のホームや国鉄時代の列車の風景は、旅情を感じさせます。

 

浜頓別駅は、かつて走っていた天北線の中間駅で、ここから支線の興浜北線が分岐していました。

 

天北線と興浜北線は、共に今は廃止され、この風景は、もう見ることが出来ません。

 

 


地吹雪

根室本線、厚床(あっとこ)駅にて、強烈な地吹雪に遭遇。

 

猛烈な風と寒さで、雪は積もらず地を這いながら巻き上がり、この時の雪の降り方は、上から降るのではなく、下から降る様な、形容しがたい状態でした。

 

地元の人もこの様な天候は、年に一度か二度、あるかないかと聞きました。

 

普通列車が何とかやってきました。乗務員さんの顔が歪む。


猛吹雪の雪原

駅のホームの向こうには、猛吹雪の雪原が広がっていました。

 

とても人は安易には近づけない厳しい自然、駅が、唯一の人間界との接点の様な気がしました。


厚床(あっとこ)駅

北海道、根室本線、国鉄時代の厚床(あっとこ)駅、以前は標津線の分岐駅でもありました。

 

標津線は1989年4月に廃止されました。


客車列車到着

地吹雪もおさまり、遅れていた客車列車が到着しました。

 

厚床駅の近くには、牧場があり、サイロも見られます。

 

 

 

 



読者登録

M-Hiraiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について