閉じる


<<最初から読む

7 / 10ページ

伴侶


       

貴方と私はずっと一緒に過ごしてきました

長い長い年月でした

時には嵐もありましたが

二人で荒波を乗り越えて

ここまで共に生きてきました

家族が増えてまた減って

代わる代わる船の舵をとりながら

貴方と私はずっと一緒に過ごしてきました

残されている時間は少ないけれど

これからもよろしくお願いしますね

あ・な・た


故郷

        

一度も訪れた事のない村なのに

何故か 懐かしさがこみ上げる

故郷という言葉が似合う村を

丘から眺めるだけで ほっとする

故郷を持たない私をも まるごと包んでくれそうだ

都会からはじき出された私をも そっと迎えてくれそうだ

そんな思いがこみあげる

私の気持ちを察するように 菜の花を揺らしながら

風が私の頬を微かになでて そっと通り過ぎて行った


あこがれ ~スミレ~

       

ヴァイオレット すみれ色

菫は紫色だと長い間思っていた

ヴィオラやパンジーには色々あるが

色の名前になるくらいだもの

濃淡はあっても菫は紫色そう信じていた

ある日 白いスミレを見つけて

はっと息をのむ

紫色の中に一輪の白いスミレ

それはあの人を初めて見た時と同じ感覚

ひと際目立った清楚な彼女

あの人にあこがれた若い日

ふと懐かしく思い出した


幸せ ~クモイリンドウ~

     

私たちは薄いクリーム色の小さな花

岩陰にひっそりと咲いています

もし秋口に山に登ったら

岩場や礫地で足元を見てください

私たちがいるかもしれません

決して踏みつけないでくださいね

そのくらい小さいのです

昔はこれでもお薬として皆様のお役に立っていました

今は 私たちを愛でてくれる人のほうが多いようです

とても幸せに思えます

これからもずっとこのままでいたいと願います


この本の内容は以上です。


読者登録

あおの ひろさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について