目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
北海道横断の旅
西洋りんご発祥の地!“なないろ・ななえ”
駒ケ岳がくっきり!“大沼公園”
ひまわり畑に隣接!“北欧の風 道の駅とうべつ”
石狩湾を望む!“石狩「あいろーど厚田」”
青い池まで2分!“びえい「白金ビルケ」”
世界最大級のハト時計が踊る!“おんねゆ温泉”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

110 / 163ページ

試し読みできます

神秘の湖 “摩周湖”

今回 “摩周湖” だけは是非行きたかったので、珍しく道の駅以外でルートに組み込みました。
といっても、国道を少し迂回するだけで立ち寄れます。



摩周温泉の観光案内所の女性に教えられたとおり、道道52号線を進むとぐんぐん高度を上げてゆきます。

道路はきれいで、10数分程度で “第一展望台” の駐車場に到着!
駐車料金410円を徴収されました。



摩周湖には、“第一展望台” “第三展望台” そして “裏摩周展望台” と3つの展望台があります。



この第一展望台にはレストハウスもあり、もっとも整備されています。

ところで、“第一展望台” “第三展望台” 、どうして第二展望台が無いか不思議ですね!
実はかつては第一と第三の間にあったそうですが、足場が悪くて整備もしなかったのでほとんど行く人も無く、現在は “幻の第二展望台” と言われているそうです。

まずレストハウスに入り、その裏口を出ると、見事な “摩周湖” に出会えました。



そしてこのレストハウスの屋上から、ずっと展望台が続いています。
そのどこからも、見事な湖面が一望できます。



この湖面の碧さ、これこそ摩周湖です。

そしてこの晴れ渡った空をご覧下さい。
摩周湖は “霧の摩周湖” といわれるように、濃霧に覆われることが多いですね。

統計によると、観光シーズンの5月から10月の半年間で摩周湖が一日中見える日は100日、時々見える日は50日、全く見えない日は25日ほどなのだそうです。

道の駅の同志の一人 “俺さん”  曰く、霧の摩周湖 VS 晴れ男 の対決
“晴れ男” が勝ちました! ヘ(゚∀゚*)ノ

でも・・・・・・

摩周湖の霧にまつわる噂があるそうで・・・・・
 ■カップルで摩周湖を訪れ、霧で湖面が見えなければ関係が長もちする。
 ■未婚者が霧のかからない摩周湖を見ると婚期が遅れる。
 ■お金持ちが摩周湖を訪れると霧に閉ざされ、貧乏人が訪れると晴れる。


そっか~! ボクは貧乏人だから晴れたのか・・・・!



湖面の向こう側に見える山、これは “摩周岳” と言います。
標高は857m、頂上はゴツゴツした溶岩の岩場になっているそうで、この第一展望台からは2時間半ほどで登ることができます。

ご覧のように湖の周りは300~400mの絶壁に囲まれていますが、その斜度は45度もあります。

そしてこの湖は、火山の噴火後に火口部が陥没してできた “カルデラ湖” です。
日本で最大のカルデラ湖は、先日ご紹介した “屈斜路湖” ですが、摩周湖は6番目の大きさになります。



摩周湖の最も大きな特色は、その “透明度” にあります。
最大透明度が 41.6m で、これは世界一です。

ちなみに第二位はシベリアのバイカル湖です。

そして、この摩周湖には川が1本も流れ込んでいないのですが、それでも常に水位が一定という、まさに “神秘” の湖なのです。



最後にもう一つ!


この写真、湖面の中央に小さな島が見えますね。
これを “カムイシュ島” と言います。

“カムイシュ” とはアイヌ語で “神となった老婆” を意味します。
これはある伝説に基づいて名付けられたものですが、それよりこの島、もっと驚くことがあります。

大きさは約110m×40mほどのごく小さいのですが、実はこの島は高さ約240mの火山の頂上部がちょっと見えているものなのです。

深さが200数十メートルもある湖ですから、当然この島もそれだけの高さがあることになりますね。





天気に恵まれた素晴らしい摩周湖でしたが、霧にうっすらと囲まれた神秘的な摩周湖も、一度見てみたい気もしますね!



試し読みできます

温泉レストラン!“パパスランドさっつる”

神秘の湖摩周湖に名残を惜しみ、山を下って次は
道の駅パパスランドさっつる に向かいました。





摩周湖から39km、約45分で到着です。

ここは、2007年11月にできた北海道101番目の道の駅ですが、元々 “パパスランド” という名前の温泉施設があったものを道の駅に登録したらしく、施設自体はあんまり新しくはありません。



道の駅は大きく2つの建物からなっていますが、渡り廊下でつながっています。





左側がレストラン・・・



そして、右側に温泉の入口があり、スタンプもこちら側にありました。



中に入ってみると・・・・・





正面にスタンプがあり、温泉受付のカウンターでマグネットが売られていました。



日帰り入浴施設、レストラン、農産物販売、パークゴルフ場、農畜産物加工室、陶芸室などを備えた施設です。

阿寒国立公園と知床との中間地点であり、観光の拠点としては恵まれていると思いますが、う~ん、お客もあまりいないし、あんまり特徴のない道の駅ですね!

特徴の乏しい道の駅っていうのは一番レポートしにくいので、早々に切り上げて次へ行くことにしましょう。σ(^_^;)







試し読みできます

JR駅と一体化!“はなやか小清水”

再びオホーツクの海岸に出て、やってきたのは
道の駅はなやか(葉菜野花)小清水 です。

道の駅の少し手前のカーブで、泥のついたタイヤの跡と共に、ジャガイモが3個ほど転がっていました。
嫁は 「拾うから停まってくれ」 と騒いでいましたが、無視して通過!

帰りに同じ場所を通ったら、無残にも3個ともぺしゃんこに潰されていました。 (ノω・、)





この道の駅、“はなやか” “葉菜野花” と書きますね。
野菜や草花がたくさん育つ場所、という意味でつけたのでしょうか?



ひとつ前の道の駅に比べるとお客も多いし、はなやか だし、ほっとしますね。

この道の駅の面白いのは、“道の駅” “JR駅” が一緒にあることです。
北海道に多い “廃線跡” ではなく、ここはれっきとして鉄道が走っています。





このJR駅の標識をみると、隣の駅が “げんせいかえん” (原生花園) です。

今回時間が無くて訪問できませんでしたが、この
“網走国定公園小清水原生花園” は、ここから3kmの距離にあります。

オホーツク海と濤沸湖(とうふつこ)に挟まれた約8kmの細長い砂丘が小清水原生花園で、四季折々のさまざまな花々が咲き乱れます。



この道の駅も細長い敷地になりますが、左の駐車場側から 「飲食店」 「スーパー」 そして最後に 「道の駅本体」 があります。







JR駅を兼ねているだけあって、人の出入りが多いです。



ここには、特産品コーナー、軽食喫茶、案内所と共に、パン、味噌他、様々な調理加工実習が体験できる施設 「農畜産物加工室」 があります。





いくつもの部屋に分かれていて、食品加工の体験ができるようになっていますね。





ここは、建物の屋上が展望テラスになっているので登ってみました。



展望テラスからは、今から向かう “知床” の山々が一望できます。
そして、冬場になればオホーツク海に押し寄せる流氷の大パノラマが広がるそうです。

今の時間が4時少し前です。
今夜宿泊する知床まで、あと2か所を残すのみとなりました。







試し読みできます

知床半島の付け根!“しゃり”

小清水から一直線の快適な道路を走り、20分ほどでやってきたのは
道の駅しゃり で、ここは知床半島の付け根、既に “知床” の一部になります。





ここは斜里町の街中にあります。
建物も新しく、知床の入口にふさわしく洒落た造りになっています。





外にもテーブルとイスがあって、街の人や観光客などがくつろげるようになっています。
駐車場はこの建物の裏側です。

“ようこそ世界遺産の町、知床へ” の看板が嬉しいですね!



建物の中はこのような配置になっています。



右上の丸い部分は “コミュニティルーム” で、町民の生涯学習、サークル活動などに利用されます。
駐車場側から入った左右に、男女別トイレがあります。

そして中に入ってみると・・・・・



広い空間の真ん中には “ねぶた” が飾ってありました。
友好都市 「弘前市」 から伝授されたという山車で、毎年7月に開催される “しれとこ斜里ねぷた” で使われます。



裏側はこんな絵ですね。

そしてこのコーナー、
拡大したのでちょっと写りが悪いですが、“インターネットコーナー” で5台のパソコンがあって誰でも自由に使うことができます。
しかも、無線LANがあり、自分のパソコンを持ち込めば直接ネットに繋げます。



そして、壁にはずらりと 知床の写真パネル が掲示されていますね。

ここは、斜里町ならびに知床を紹介する情報ステーションのような施設で
知床の各種パンフレットがたくさんありますし、案内窓口には数名の女性スタッフがいて、親切に観光のアドバイスをしてくれます。

私はその土地のパンフレットがあれば何でも持って帰るので、最後には結構な重さになります。
ここでも、知床のいろんなパンフレットを欲張って持ち帰りました。

この建物はご紹介したとおり物産コーナーが無いのですが、道路を挟んだ反対側に
“斜里工房 しれとこ屋” という洒落たお店があって、ここが物産館になっています。



さて残るはあと一か所のみです。
もうかなり日が傾いていますが、北海道の日没は早いので、急がねばなりません。







試し読みできます

世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”

さて、いよいよ憧れの “知床” へ向かいます。
道の駅うとろ・シリエトク が本日最後の道の駅です。



判りやすいように “知床” の拡大地図を入れておきましょう。



左下 “道の駅しゃり” を出て、知床半島のオホーツク海側、国道334号線を進みます。
夕暮れの海岸線を走り、途中 “オシンコシンの滝” に出会います。

ここは “知床八景” のひとつですが、時間が無いので停車せず通過!
ただ、その時にちらっと見えた大迫力の滝に惹かれて、次の日にもう一度引き返しましたので次回に詳しくご紹介しましょう。



そして道の駅到着が17時15分、北海道ではまもなく日が暮れる時間です。
この “うとろ地区” は、世界遺産「知床」 の玄関口であり、ここを拠点に 「知床」の大自然を巡ることができます。

この道の駅の名前 “うとろ・シリエトク” 「うとろ」 はもちろん地名ですが、「シリエトク」 とは何でしょうか?

「シリエトク」 はアイヌ語で 「地の果て」 を意味し、これが 「知床」 の語源です。
まさに 「知床」 は人間が入り込むことを拒む、“地の果て” なんですね。





道の駅は横に細長い建物です。
これは、“知床番屋” をイメージしたものだそうです。



中央から左の細長い建物が道の駅 ・・・・・



そして、その右側にある建物が 「知床世界遺産センター」 です。



知床は人を寄せ付けない断崖がつづく海岸線、それに続く深い森、そして半島を貫く険しい山々、それら生物にとって恵まれた自然環境の中で、野生動物の本来のままの営みが守られてきました。

その世界でも特異な生態系が高く評価されて、2005年7月に “ユネスコの世界遺産” に登録されました。
ここ「知床世界遺産センター」には、知床世界遺産の見どころや自然のリアルタイムの情報が提供されていますが、開館が17時半まで、残念ながら中を見ることは出来ませんでした。



さて、道の駅の建物に入ってみましょう。





ここには普通のお土産品のほか、うとろ漁協の直売所があり、さまざまな海産物、珍味などが揃っています。
真空パックされた海産物は、“知床” の文字が大きく印刷されており、クール宅急便で自宅まで送ってくれますから、我が家の土産はここで調達することにしました。

といっても、閉店がまもなくですから、買うものを決めておいて明日朝もう一度来ることにしました。



観光案内センターには大型ディスプレーもあり、写真パネルや模型など、さまざまな方法で知床の大自然を紹介しています。

そして、これ ・・・・・・



旅行雑誌 “じゃらん” が編集した 「北海道の道の駅満足度ランキング」 で、
ここは見事な “第一位” なのです。

.外に出ると、あたりは既に真っ暗になっていました。
この道の駅でもう一つ驚いたことがあります。

写真には撮れませんでしたが、ここで車中泊をするらしいキャンピングカーの数・・・。
おそらく20台以上だと思います。

北海道の道の駅は元々どこへ行ってもキャンピングカーが多いのですが、これ程の台数は見たことがありません。
私のすぐ前に停めていた車は、横にテーブルと椅子を出して夕食の最中でした。
全国からやってきて北海道を旅している旅行者にとって、やはり “知床” は最も人気のある聖域なのだと思いました。


さて、本日の道の駅は8箇所を巡り、296kmを走りました。
今日は道の駅から5分ほどの 「ホテル知床」 に宿泊です。

明日は、ちょっとだけ “知床観光” をしますので、そのご紹介です。








読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について