目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
北海道横断の旅
西洋りんご発祥の地!“なないろ・ななえ”
駒ケ岳がくっきり!“大沼公園”
ひまわり畑に隣接!“北欧の風 道の駅とうべつ”
石狩湾を望む!“石狩「あいろーど厚田」”
青い池まで2分!“びえい「白金ビルケ」”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

107 / 162ページ

試し読みできます

鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”

今日の2か所目は
道の駅あいおい です。



実はこの2か所目以降のルートについては随分迷いました。
この 「あいおい」 だけがぽつんと離れていて、どうにも効率が悪いのです。

最初、このあいおいから阿寒湖経由で摩周温泉に行き、そこから美幌峠に引き返すルートも検討しましたが、結局阿寒湖には行かず、あいおいを往復するルートに決めました。

「あいおい」 への途中に広がる畑には、こんな光景がいたる所で見られました。



最初なんだろうと思っていましたが、これは収穫した “ジャガイモ” なんですね。
でっかい機械で掘り出して畑にたくさんこれが置いてあり、それをトラックで箱ごと運んでいます。

そのトラックが通ったあとの道路にジャガイモが2~3個転がっていたので分かりました。(笑)



農村地帯を1時間ちょっと走って “あいおい” に到着です。
この240号線をもう少し先へ進むと阿寒湖があり、更にまっすぐ行けば釧路に至ります。





周りに人家は少なくて、すごく広い土地に道の駅はあります。

ここには、地元産そば粉を使った手打ちソバや、地元産大豆を使った手造り豆腐の工房があり、また旧国鉄北見相生駅の跡地の交通公園、パークゴルフが楽しめる農村公園などが広い敷地に点在します。



まず物産館に入ってみましょう。





まあ、普通のありふれた物産館ですね。(-。-;)

再び外に出ると、白樺の林があって、その向こうに列車が見えます。



ここが、旧国鉄北見相生駅の跡地にできた “交通公園” です。

今まで何度もご紹介したように、北海道では廃線になった旧国鉄駅の跡地が道の駅になっているところは多いのですが、ここは “駅” 自体がそのまま残っているのです。



まるで今でも列車が通っているように見えますね。
駅名の看板の昔のままのようです。



そしてここには何両もの列車が展示されています。
鉄道マニアの方たちの為に少し紹介しておきましょう。









客車を改造した宿泊可能な展示車両があるとのことでしたが、どれか分かりませんでした。



ここは網走と釧路を結ぶ幹線道路、ドライブの途中に一休みするには好いところですね。




 

 


試し読みできます

屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”

道の駅あいおいから今来た道を引き返し、美幌町まで戻って243号線に進路をとり
道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠 へ向かいました。

今回の5日間の北海道の旅で、特に良かった場所はどこかと聞かれれば、迷わずこの “美幌峠” をその一つに選びます。



実はこの日、緊急の仕事のメールが入っていたので、仕方なくこの道の駅の駐車場でノートパソコンを開き、データを作ってメールで返信しました。

狭い車内で仕事をしている間、嫁さんはあちこち写真を撮りまくっていましたが、世間の人たちが仕事をしてる時にこちらは遊んで回っているから仕方が無いですね。



30分ほどロスをしましたが、この駐車場の周りも既に別世界です。



嫁さんは、一人旅らしい女性ライダーに頼まれて写真をとってあげていました。
この風景をバックに、バイクと美人ライダー、実に絵になります!





この日は天気も最高です。 (晴れ男の本領発揮です!)
まさに360度ぐるっと絶景なのですが、レストハウスの先に石段があって小高くなっています。

そこが展望台になりますので、早速そこからの風景をご紹介しましょう。







眼下に広がるのは日本最大のカルデラ湖である “屈斜路湖” ですね。
草原の緑と湖面の藍さが、見事なコントラストを作っています。

ここは阿寒国立公園の中にあり、中央の島は “中島” というんですね。



ここには美空ひばりの “美幌峠” の歌碑があり、ずっと唄が流れていました。



さて、雄大な景色を心ゆくまで満喫したあと、レストハウスに入ってみました。
ここはさすがにあらゆるものが売られています。









鹿の毛皮が1万6千円、熊の等身大の彫り物が60万円、熊一頭分の毛皮は ・・・ おっと、これは値段を見なかった!

まあ、いずれにしてもこんなものには手が出ませんが・・・・・
手が出そうなのを発見!



カットメロンは200円、そしてメロン2分の1にソフトクリームがのって、750円!

でも、結局買ったのは・・・・・



好物の “あげいも” です。
これが、今日の昼飯です!

ここには1時間も滞在してしましました。
もう12時半になります。。
まだ3箇所しか行ってない、先を急がなきゃ!






試し読みできます

たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”

美幌峠を名残惜しみながら離れ、次は
道の駅摩周温泉 に向かいました。



しばらくは屈斜路湖の湖面を横に見ながらの快適なドライブです。





30分ほどで摩周温泉に到着!
でも、 ・・・・ あれっ! ・・・・どれが道の駅なの?





広い駐車場があり、芝生があり、その端に一つだけ公園の管理室みたいな小さな建物が・・・・・!



看板を見ると、摩周温泉はここから入って行くようになっていますね。
道の駅の配置図があったので見てみると・・・・・



えっ!やっぱりあの小さな建物が道の駅 ・・・ ??



“観光インフォメーションセンター” って書いてありますね。



恐る恐る入ってみると ・・・・

カウンターがあり、観光パンフレットがあり、女性の方がひとり座っておられました。
本当に狭いスペースで、やっぱりここは観光案内所ってゆうか、摩周温泉の旅館の紹介所かな?

そして、スタンプ発見!
更にカウンターにマグネットも発見!

マグネットを買いながら、その一人で留守番している女性に “摩周湖” への道を尋ねると、地図を渡して、すごく丁寧に教えてくれました。

よし、こんなところに長居は無用!
今回是非行ってみたい “神秘の湖 摩周湖” へ向かいましょう!



道の駅の芝生にあったモニュメントです。

次回は、道の駅ではないけど “摩周湖” をご紹介しますね!
乞う!ご期待!








試し読みできます

神秘の湖 “摩周湖”

今回 “摩周湖” だけは是非行きたかったので、珍しく道の駅以外でルートに組み込みました。
といっても、国道を少し迂回するだけで立ち寄れます。



摩周温泉の観光案内所の女性に教えられたとおり、道道52号線を進むとぐんぐん高度を上げてゆきます。

道路はきれいで、10数分程度で “第一展望台” の駐車場に到着!
駐車料金410円を徴収されました。



摩周湖には、“第一展望台” “第三展望台” そして “裏摩周展望台” と3つの展望台があります。



この第一展望台にはレストハウスもあり、もっとも整備されています。

ところで、“第一展望台” “第三展望台” 、どうして第二展望台が無いか不思議ですね!
実はかつては第一と第三の間にあったそうですが、足場が悪くて整備もしなかったのでほとんど行く人も無く、現在は “幻の第二展望台” と言われているそうです。

まずレストハウスに入り、その裏口を出ると、見事な “摩周湖” に出会えました。



そしてこのレストハウスの屋上から、ずっと展望台が続いています。
そのどこからも、見事な湖面が一望できます。



この湖面の碧さ、これこそ摩周湖です。

そしてこの晴れ渡った空をご覧下さい。
摩周湖は “霧の摩周湖” といわれるように、濃霧に覆われることが多いですね。

統計によると、観光シーズンの5月から10月の半年間で摩周湖が一日中見える日は100日、時々見える日は50日、全く見えない日は25日ほどなのだそうです。

道の駅の同志の一人 “俺さん”  曰く、霧の摩周湖 VS 晴れ男 の対決
“晴れ男” が勝ちました! ヘ(゚∀゚*)ノ

でも・・・・・・

摩周湖の霧にまつわる噂があるそうで・・・・・
 ■カップルで摩周湖を訪れ、霧で湖面が見えなければ関係が長もちする。
 ■未婚者が霧のかからない摩周湖を見ると婚期が遅れる。
 ■お金持ちが摩周湖を訪れると霧に閉ざされ、貧乏人が訪れると晴れる。


そっか~! ボクは貧乏人だから晴れたのか・・・・!



湖面の向こう側に見える山、これは “摩周岳” と言います。
標高は857m、頂上はゴツゴツした溶岩の岩場になっているそうで、この第一展望台からは2時間半ほどで登ることができます。

ご覧のように湖の周りは300~400mの絶壁に囲まれていますが、その斜度は45度もあります。

そしてこの湖は、火山の噴火後に火口部が陥没してできた “カルデラ湖” です。
日本で最大のカルデラ湖は、先日ご紹介した “屈斜路湖” ですが、摩周湖は6番目の大きさになります。



摩周湖の最も大きな特色は、その “透明度” にあります。
最大透明度が 41.6m で、これは世界一です。

ちなみに第二位はシベリアのバイカル湖です。

そして、この摩周湖には川が1本も流れ込んでいないのですが、それでも常に水位が一定という、まさに “神秘” の湖なのです。



最後にもう一つ!


この写真、湖面の中央に小さな島が見えますね。
これを “カムイシュ島” と言います。

“カムイシュ” とはアイヌ語で “神となった老婆” を意味します。
これはある伝説に基づいて名付けられたものですが、それよりこの島、もっと驚くことがあります。

大きさは約110m×40mほどのごく小さいのですが、実はこの島は高さ約240mの火山の頂上部がちょっと見えているものなのです。

深さが200数十メートルもある湖ですから、当然この島もそれだけの高さがあることになりますね。





天気に恵まれた素晴らしい摩周湖でしたが、霧にうっすらと囲まれた神秘的な摩周湖も、一度見てみたい気もしますね!



試し読みできます

温泉レストラン!“パパスランドさっつる”

神秘の湖摩周湖に名残を惜しみ、山を下って次は
道の駅パパスランドさっつる に向かいました。





摩周湖から39km、約45分で到着です。

ここは、2007年11月にできた北海道101番目の道の駅ですが、元々 “パパスランド” という名前の温泉施設があったものを道の駅に登録したらしく、施設自体はあんまり新しくはありません。



道の駅は大きく2つの建物からなっていますが、渡り廊下でつながっています。





左側がレストラン・・・



そして、右側に温泉の入口があり、スタンプもこちら側にありました。



中に入ってみると・・・・・





正面にスタンプがあり、温泉受付のカウンターでマグネットが売られていました。



日帰り入浴施設、レストラン、農産物販売、パークゴルフ場、農畜産物加工室、陶芸室などを備えた施設です。

阿寒国立公園と知床との中間地点であり、観光の拠点としては恵まれていると思いますが、う~ん、お客もあまりいないし、あんまり特徴のない道の駅ですね!

特徴の乏しい道の駅っていうのは一番レポートしにくいので、早々に切り上げて次へ行くことにしましょう。σ(^_^;)








読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について