目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
北海道横断の旅
西洋りんご発祥の地!“なないろ・ななえ”
駒ケ岳がくっきり!“大沼公園”
ひまわり畑に隣接!“北欧の風 道の駅とうべつ”
石狩湾を望む!“石狩「あいろーど厚田」”
青い池まで2分!“びえい「白金ビルケ」”
世界最大級のハト時計が踊る!“おんねゆ温泉”
宿泊できる道の駅!“ノンキーランドひがしもこと”
オホーツク海を眺める!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

100 / 166ページ

試し読みできます

空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”

おこっぺから国道238号線を一旦北上して
道の駅おうむ へ向かいました。

ここが今回の最北部で、これ以降は網走までオホーツク海沿いに道の駅を辿りながら南下することになります。





ここの道の駅の建物には度肝を抜かされました。



まるで宇宙船が空に浮かんでいるような近未来的な建物なのです。
下から見ると “ほたて貝” のようにも見えますが、やっぱり宇宙船をイメージしているのでしょう。





この道の駅は隣にスーパーがあり、敷地自体はそれほど大きくはありませんが、その姿には圧倒されます。





早速中にはいってみました。



1階には情報コーナーと売店などがあります。
2階は研修室、会議室などがあってこの建物自体は “地域交流センター” という名前になっています。





そして、外から宇宙船のように見当た部分ですが、これは展望台で無料で見学できます。

但し、エレベーターの前に 「記帳台」 があり、住所、名前、年齢などを記入することになります。
九州からの見学者は多分珍しいでしょうね!

これが、その展望台 “スカイキャビン” です。
エレベーターでは “3階” なのですが、普通のビルの “7階” の高さに相当するそうです。



この展望台からの眺望は見事です。







雄武市街とオホーツク海が眼下に広がります。
冬場であれば、ここへは流氷を見に来る人たちも多いとのことです。

ここ雄武町は漁業と酪農が盛んで、豊かな森林資源にも恵まれています。
酪農は乳牛10,000頭、肉牛3,500頭がいるそうですから、雄武町の人口5,500人よりはるかに多いですね。

漁業ではサケ・マス・蟹、ホタテ貝、昆布などが捕れます。
アムール川の河川水が多く流れ込むオホーツク海は、風と海流に運ばれて流氷がやってきます。
流氷に含まれる豊富な栄養塩により、植物プランクトンが繁殖します。
それを食べる魚、蟹などが増えることで、漁業資源の宝庫になっているのです。







試し読みできます

流氷科学センター!“オホーツク紋別”

今回の最北端 「おうむ」 を後にすると、オホーツク海に沿って国道238号を一路南下、
道の駅オホーツク紋別 (もんべつ) を目指しました。



ここが今日の5か所目、到着時刻は13時半、まだ4か所も残っていると思うとちょっと焦りが・・・。



最初これが道の駅かと思った手前の建物は、“健康プール” でした。
広い駐車場を挟んだ反対側に “流氷科学センター” があり、それが道の駅です。

でも、何か様子が変だぞ ・・・・・ !!



あれっ! 工事してるのかい??


看板からするとやはりこの建物なのですが、建物の大半をシートで覆っています。





建物のそばまで行くと、「道の駅はこちら」 という案内板がありました。

おっ!ここにはこんな幟が・・・・



“凍るシャボン玉体験” 面白そうじゃん!!

シートに覆われた建物をぐるっと回ると、やっと入り口がありました。
それが、この玄関!



あっちゃ~!なんだこれ!

でも、開いてて良かった!
「工事の為休止中です!」 なんて書いてあったら、今回の全駅制覇、達成できないもんね!





入り口を入った真正面に白くま君が 「WELCOM」 と迎えてくれました。

入って右側に道の駅スタンプがあり、無事にGet!
ついでに道の駅マグネットも購入!



おっ、これはクリオネちゃんかな?
なんか、おばさんに見えるけど・・・!

ここは正式には “北海道立オホーツク流氷科学センター” という施設です。
ここには常時 “マイナス20度の極寒体験室” があり、先程幟があった 「凍るシャボン玉」 や 「氷の万華鏡」 「おしぼり しばれ体験」 などを実体験することができます。

更に、視界360度の円形ドームいっぱいに、雄大な流氷やオホーツクの四季を映し出す “アストロビジョン(全天周映像)” 等の施設もあります。

この極寒体験室、是非行ってみたかったのですが ・・・・





ここから先は “有料” です。
大人750円!

金額は仕方がないとしても、私たちの1か所の滞在時間は通常20分~30分です。
あと4か所も残っているのに、ここで時間をつぶすわけにはいきません。
涙をのんで断念!

“展望台”“無料” だったので、この無料の文字に引かれて行ってみました。
そしたら ・・・・・



あっちゃ~! 展望台もシートに覆われているので何にも見えません!
あえなく撤退!

再び外に出ると、道路の向かい側は公園で、その先がオホーツク海です。



この洒落た公園は “流氷公園” といい、中央のオブジェは “カリヨンタワー” と言います。

そして、左端の防波堤の先に何か見えますね!
望遠でみると、こうなっています。



これは “氷海展望塔オホーツクタワー” といい、海底7.5mまで降りて、オホーツクの魚たちを眺める事が出来るのです。

ちらしだけ取ってきたので見せますね!



このオホーツクタワーと流氷科学センター、時間の余裕さえあればもっと見たかったので、ちょっと残念です。







試し読みできます

屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”

次の目的地は “サロマ湖” に程近い
道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯 で、30分ほどで到着しました。

ここからは比較的近い距離で道の駅が続いているので助かります。





上湧別(かみゆうべつ) は地名なのですが、「チューリップの湯」 という名前はどうしてついたのでしょうか?

実はこの道の駅から程近いところに “チューリップ公園” というのがあり、
総面積75,000m2という広大な敷地120数種・100万本以上のチューリップが咲く、花の名所なのです。
開花時期は5月~6月初旬であり、いろんなイベントが催されます。

では、何故ここにチューリップが沢山植えられたかというと・・・・・・



大きな看板がありました。
北海道を開拓した “屯田兵” によるものなのですね。

元々は 「少ない面積の農家の収入を増やすには高収益であるアスパラガスとチューリップが有望」 と考えて、この地でチューリップの栽培が始まったものです。

そして、「かつて町の農業に活気をもたらしたチューリップを後生に残そう」 と昭和51年には 「町の花」 に指定され、展望台を兼ねた「オランダ風車型管理棟」やレストラン、物販店もできて次第に拡張・整備されてきました。



そして、もう一つの特徴は ・・・ この看板の先にちょっと見えていますね。


北海道に多い、ここも廃線になったJRの 「中湧別駅」 の跡地 なのです。
ですからここには “鉄道資料館” が併設されています。



そして道の駅の本体はこちらです。





早速玄関を入ってみましょう。



フロントがあり、その向こうが売店です。

売店でマグネットが見つからないので聞いてみると、
「すみません、ちょうど切らしているので郵送しますよ!」 とのこと。
わざわざ送ってもらう程でもないので断りましたけど・・・。

そして売店の先、フロアの突き当たりには ・・・・・



温泉の入り口です。
ここは “チューリップの湯” という日帰り温泉施設なのです。



露天風呂やサウナまで備えているのですね。



レストランの名前ももちろん “ちゅーりっぷ” です。

さて、外にもうひとつ気になるものがあります。
この道の駅の道路を挟んだ斜め前に、でっかい建物があるのです。



最初こちらが道の駅かな、と思ったほどですが、これは “文化センターTOM” という施設です。
ここには珍しい “漫画美術館” があり、活躍中の漫画家による作品・漫画グッズ、有名漫画家が愛用した道具などを数多く展示されています。

この文化センターの名前 「TOM」 も、T=チューリップ、O=オホーツク、M=漫画 からきています。

やはり北海道の道の駅は色んな意味でスケールがでかいな、と思います。


 



 


試し読みできます

サロマ湖畔!“愛ランド湧別”

チューリップの湯からわずか15分ほどのところに次の
道の駅愛ランド湧別 はあります。



ここは “サロマ湖” に面する場所にあります。
上の地図ではわかりにくいので、サロマ湖周辺を拡大してみましょう。



サロマ湖は北海道で最も大きな湖で、日本でも、琵琶湖、霞ヶ浦に続く第3位の大きさです。

又、海水と淡水が交じり合った “汽水湖(きすいこ)” としては日本最大のものです。
汽水湖には、他に宍道湖や浜名湖がありますね。

途中のサロマ湖の写真を一枚だけ!



さて、愛ランド湧別に到着しました。



ここへの到着時間15時ちょっと過ぎなのですが、上空の雲が少し厚くなってきているのと、ちょうど建物に日が射しているので空と建物が見事なコントラストを描いています。



建物の右の方に観覧車が見えますね。



ここは “ファミリー愛ランドYOU” という遊園地や、自然派公園 “いこいの森” が隣接しているのです。





ここの観覧車、高さが海抜100mになり、真下にサロマ湖が広がる絶景のビューポイントだそうです。

さて、建物の方に行ってみましょう。





建物の向こうがサロマ湖ですから、レストランでは湖を一望しながらの食事が楽しめます。



物産店 “YOUショップ” は、地元で採れるホタテなどの海産物も多いです。





お土産売り場で、面白いものを発見!



“白い恋人” ?? いや、“私の恋人” になっています。
でもこれって、パッケージも商品の包みも、どうみても “白い恋人” ですよね!

この後、他の道の駅でも見かけたけど、どこかの国の偽ブランド商品に似ていますね!








試し読みできます

日本第3位の湖!“サロマ湖”

サロマ湖の周辺には3つもの道の駅があり、その最後が
道の駅サロマ湖 です。

でも、ここからサロマ湖が直接見える訳ではありません。



今回もサロマ湖周辺の地図を入れておきましょう。





位置としてはここがサロマ湖の中心付近になりますね。

この道の駅の裏側に “幌岩山(ほろいわやま)” という標高376mの山があり、その山頂が “サロマ湖展望台” になっています。
この道の駅から遊歩道を伝って登ることができますが、時間は50分ほどかかります。





ここが登り口ですね。
そしてこの展望台にはクルマでも行けますので、最初の計画では行ってみるつもりでした。

道の駅の中にその案内があったので見てみると、
「未舗装道路で道幅が狭く、片道15分」 とあります。
そして展望台駐車場から山頂展望台まで更に徒歩10分。

未舗装は仕方がないとして、往復50分 + 見学時間10分 = 60分!
今の時間が16時、次の道の駅までの所要時間は約1時間、
北海道の日が暮れるのは早いから ・・・・ 断念しました。 (;_;)



これが道の駅の全景です。
佐呂間町の基幹産業である酪農の「牛舎」と「サイロ」をイメージした建物だそうです。



入り口付近には椅子とテーブルがあり、ほたての浜焼をはじめとする焼物、揚物を味わうことができます。



入り口にはこんな立て札が・・・・



“一生懸命” なら応援しなっきゃ!という気になりますね!





店内はすごく広くて華やかです。
それに商品も多いので、ついつい買ってしまいます!

最後にサロマ湖の写真をもう一枚!



ほとんど “海” ですね。
でも、水平線と空の間に細く “陸地” が見えます。

これが “砂洲” と言われるもので、別名 “竜宮街道” と呼ばれています。
こんな細い陸地で海と湖とを仕切っているのは、本当に不思議な気がします。






読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について