目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
北海道横断の旅
西洋りんご発祥の地!“なないろ・ななえ”
駒ケ岳がくっきり!“大沼公園”
ひまわり畑に隣接!“北欧の風 道の駅とうべつ”
石狩湾を望む!“石狩「あいろーど厚田」”
青い池まで2分!“びえい「白金ビルケ」”
世界最大級のハト時計が踊る!“おんねゆ温泉”
宿泊できる道の駅!“ノンキーランドひがしもこと”
オホーツク海を眺める!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

59 / 166ページ

試し読みできます

自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”

かなやま湖畔を走り、国道237号を南下して50分ほどで
道の駅自然体感しむかっぷ に到着しました。







“占冠村(しむかっぷむら)” は、2日前に宿泊した “星野リゾート トマム” のある村です。

人口が1200人ほどのこの村は、その面積の94%が森林であり、農業、酪農、畜産それに観光が基幹産業です。
村のパンフレットには、「便利なものは何もないけれど、生きるために必要なものは何でもあります。」 と書いてあります。



“占冠” はアイヌ語の “シモカプ” からついた名前で、“とても静かで平和な上流の場所” を意味します。

冬の寒さはやはり格別で、マイナス30度を下回ることもあり、2001年にはマイナス35.8度を記録しています。

ずっと昔、私が冬のトマムをスキーで訪れたとき、ホテルの従業員の方から、「今日は温かいですよ! 10度ですから」 と言われたことがあります。
一瞬意味が分からなかったのですが、それがマイナス10度のことだと気が付いて愕然としました。



かつては同じ村の中を移動するにも厳しい峠をいくつも越えなければいけなかった地域ですが、現在はこの山深い村に高速道路もJRの鉄道も通っており、交通の便がとても良くなっています。

日本でも有数の規模のリゾートである、“トマムリゾート” が開業したのは1983年(昭和58年)です。

当初は “アルファリゾートトマム” として全国からウインタースポーツを楽しむ人たちが集まったのですが、他のリゾートと同じく、バブル崩壊以降経営難に苦しみました。

今は、“星野リゾート” が見事に再建し、かつての賑わいを取り戻しています。

リゾートだけではなく、占冠村には豊かな森林、貴重な野生動物、鵡川の源流などの観光資源があり、その自然を基盤とする 「自然体感占冠」 が村のキャッチフレーズであり、道の駅の名前にもなっています。







道の駅はコミュニティプラザ(公民館)と同じ敷地にあります。
私たちは農村公園の駐車場に停めて、道の駅の建物にやってきました。





ご覧のように、ここはちょっとしたショッピングモールになっているのが特徴です。





情報コーナーにはたくさんのパンフレットが並んでいます。
占冠村の紹介だけでも何種類ものパンフレットが用意され、どれもセンスのある内容です。

村が如何に観光に力を入れているかがこれで分かります。
パンフレットは私が記事を書く上での貴重な情報源なのですが、このように充実していると嬉しくなります。
中には、全く何の資料も置いてない道の駅も結構ありますからね。







これがショッピングモールです。
それぞれは小さいですが、ユニークなお店が並んでいます。

私たちがここで買った商品はこれです。



メロンです。
ちゃんとフォークが付いていて、甘くてとっても食べやすいのです。
実は6年前に来た時も食べたので、その味が忘れられなかったのです。

さて、いよいよ今回の最後の目的地を目指します。


試し読みできます

飛び地の町!“樹海ロード日高”

いよいよ今回のシリーズの最終回です。
道の駅樹海ロード日高 が、最後に訪れた道の駅です。





ここは札幌・帯広を東西に結ぶ国道274号と、旭川・苫小牧方面を南北にアクセスする国道237号の交わる地点であり、昔から交通の要衝となってきました。

ここの住所は “沙流郡日高町” ですが、今回の旅の前半、苫小牧から襟裳岬方面に走った時も同じような地名があったように思います。
実は日高町は “飛び地” になっていて、同じ日高町が離れた2カ所にあるのです。



ご覧の地図がそれを表していますが、同じ日高町という行政区の中が “日高地域” と “門別地域” という2つに分かれており、その間は65kmも離れています。



平取町を挟んで日高町が2つありますね!

もともと離れた場所にあった “日高町” と “門別町” が2006年3月に合併して新生 “日高町” が誕生したのですが、なぜこんな飛び地で合併したのか、不思議です。

私が勝手に想像するには、本来は平取町を含めた3つが合併するはずだったのが、何らかの理由で平取町が離脱し、こんな離れた2カ所の合併になった、ということかもしれませんね。(笑)









道の駅は市街地の中心部にあり、駐車場を囲んだ周囲には、郵便局、信用金庫、レストラン、それにスーパーもあります。

そして道の駅の建物のすぐ隣にあるのが、面白い形をしたこの建物です。



これは “日高山脈博物館” といいます。
ここは日高山脈の麓にありますから、その自然、登山、地質をテーマとした博物館です。

この建物の形も日高山脈をイメージしているのだそうです。





中を覗きこんでみたけど、有料だし、人影も見えなかったので中には入りませんでした。



全体の配置図はご覧の通りです。







道の駅は立派な2階建ての建物です。
早速、中に入ってみます。







1階には情報・休憩コーナーの他に、喫茶、蕎麦処、リカーショップ、それにショッピングプラザがあります。

2階には多目的ホール、会議室、研修室があり、商工会もここに入っています。
いわば地域振興の中心的施設になっているのだと思います。


さて、これで今回の目的の道の駅30カ所を回り終えました。
ここから1時間10分ほどで新千歳空港に到着し、福岡への帰途につきました。

今回の走行距離は1295kmで、1か月前に道南を中心に回ったときとほぼ同じ距離でした。

5日間とも最高のお天気に恵まれたこと、宿泊した4つのホテルがすべて想像以上に立派だったことが印象に残った旅でした。


試し読みできます

巨大水車の駅!“三笠”

新千歳空港への到着が少し遅れたこともあって、結局レンタカー会社を出発したのが12:45   になってしまいました。


まずは高速に乗り、札幌ジャンクションを経由して 道央自動車道 に入ります。
そして 三笠IC で下りると、最初の道の駅はそこからすぐ近くの国道12号線沿いにありました。



道の駅三笠 は、北海道で最初にできた道の駅です。





ここは広々とした敷地の中に、建物がいくつも点在しています。
まず目に付いたのが 巨大な水車 です。



写真で判りにくいかもしれませんが、直径が10メートルもあります。
そしてこの周辺は、きれいな公園になっています。



水車の横にある建物、いかにも時代がかっていますね!
これは 「農の館」 と呼ばれており、三笠の農業開拓の歴史を紹介した建物なのです。

そしてその右隣には、こんな大きな建物が2棟並んで建っていました。



左の建物は、太古の湯 という温泉です。
右の黒っぽい建物の方は、その先にある パターゴルフ場のスタートハウス になっています。



ちょっと見にくいかな? 温泉の看板です!

そして広大な駐車場を挟んで反対側には、別の建物群があります。





ここは 「食の館」 といって、生鮮食料品や、食堂などの店舗が並んでいました。
その右端には、コンビニもあります。

ただ、どこを見ても道の駅のスタンプが見当たりません。

あらためて道の駅の看板を見に行くと ・・・・
食の館の裏側にもう一つ建物があるようです。



最後に見つけたこの建物が、実は道の駅のメインだったのですね!
無事に今回最初のスタンプをゲット!

この建物にはレストランや物産館、インフォメーションがあり、2階は研修室になっています。


もう一つ気になったのが、駐車場にやたらに自衛隊の車が多いことです。


昼飯の時間がないので、走りながら食べるためにパンを買いにコンビニに入ったら、そこは迷彩服の隊員で埋め尽くされており、一瞬ぎょっとしました。

自衛隊の人たちも食料を買って、走りながら昼飯にするのかな?
そんなわけ無いですよね!


 


試し読みできます

北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江

道の駅三笠から国道12号線を真っ直ぐ北上すると、約30分で
道の駅ハウスヤルビ奈井江 へ到着します。




北海道の道路は元々直線が多くてとても走りやすいのですが、
ここには、なんと!! 日本一長い直線道路 があるのです!



29.2キロ も一直線の道路なんですよ!

要するに、走っていると地平線まで真っ直ぐな道が伸びています。
そしてアップダウンがありますから、その限りなく伸びた道路が上下に波打って見えます。


写真を撮ってなくてお見せできないのが残念です!

その日本一の直線道路のほぼ中間付近に、この道の駅はありました。



広い駐車場の端に、ログハウス調の建物があります。

なぜ 「ハウスヤルビ」 という名前がついているのかと言うと、友好都市提携をしているハウスヤルビ町(フィンランド共和国)にちなんだものだそうです。



これが正面玄関ですね。

玄関脇には、こんな素敵なブロンズ像が立っています。



その建物の右側には、ふーどぱーく一直線 という 飲食店 があります。
「一直線」 は、当然日本一の直線道路からきているのですね!



その看板が面白いので撮ってきました。
このラーメンを毎日食べたら メタボ になるのでしょうか?



店内の様子です。



もう一つ、北海道ならではの看板があったので思わずパチリ!



遠赤外線の振動波で雪を溶かす ・・・・・ ??
九州では考えられない商品です! (九州では売れませんけど・・・ ^_^;))

私たちは旅行者として楽しんでいますけど、真冬にここで暮らす人たちはさぞ大変だろうと思います。
雪国で暮らしたことの無い九州人のつぶやきでした!

 

 


試し読みできます

道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”

初日の3か所目は
道の駅つるぬま です。




ここは国道12号線と並行して走る国道275線沿いにありますが、すぐ近くにこれを繋ぐ道があったので、
わずか10分で到着しました。



駐車場を囲んでいくつかの建物が並んでいますが、まず最初に目についたのは ・・・・・
この2つの建物 ・・・ 。



これは、まだ真新しい “トイレ”  なのです。
男女それぞれ独立した、和風の洒落た建物になっているのです!

トイレをアップで掲載するのはどうかとも思いましたが、入口の 浮世絵 が立派なのでご勘弁を!
まず、これが男性用!



そして女性用トイレはこちら!



男性用が 「鶴沼つつじ苑」 女性用が 「鶴沼桜花苑」 というネーミングも洒落てますね。
もちろん入ってみましたが、中の設備も近代的で、中々のものです!

トイレをまず褒めたところで、その右隣には 食品物産館 がありました。
ここはお土産類の他にソフトクリームなど軽食があります。



配置図はこのようになっていますが、図面上部にご紹介したトイレと物産館があり、
道の駅のメインの建物は、右側の 「ふれあいプラザ」 なのです。



ここは自動販売機にもちゃんと駅名が入っていました!



さて、これが道の駅のメインである ふれあいプラザ ですが、先ほどのトイレと物産館に比べるとやや古い建物なので、たぶん最初はここだけだったんでしょうね。



入口の右側にはあげいもを売っています!




中に入ると半分が食堂で、右端に特産品を紹介するコーナーや、道の駅スタンプなどがあります。






そしてここで、ある “もの” を発見!
これぞ!噂の 道の駅マグネット!



もしかすると昨年回った道の駅にもあったのかもしれませんが、全然気がつかず
どなたかのブログでその存在を知ったのです!

道の駅マグネットにも種類があって、これは250円!
もう少し小さいのが100円です。

他にカントリーマグネットも売っています。

私は、折角ならと250円のを買ったのですが、これがあとで後悔することに ・・・・・ 


このあと廻った道の駅にもやっぱり置いているところがあり、記念にと買い込んだら結局11個にも ・・・!
思わぬ出費 に、「最初に100円のにしておけばよかった!」 と反省しました。 (x_x;)

それに、買い集めたのは良いけど、狭い我が家のどこに貼ればいいんだろう?



北海道の道の駅で必ず見かけるのが、このキャンピングカーです!
宿泊の宿も気にせず、その日の天気や気分しだいでどこでも行けるのでしょう!

うらやましい ~~ です!

 


 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について