目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
北海道横断の旅
西洋りんご発祥の地!“なないろ・ななえ”
駒ケ岳がくっきり!“大沼公園”
ひまわり畑に隣接!“北欧の風 道の駅とうべつ”
石狩湾を望む!“石狩「あいろーど厚田」”
青い池まで2分!“びえい「白金ビルケ」”
世界最大級のハト時計が踊る!“おんねゆ温泉”
宿泊できる道の駅!“ノンキーランドひがしもこと”
オホーツク海を眺める!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

82 / 166ページ

試し読みできます

一攫千金の夢!“ピンネシリ”

オホーツク海沿岸の国道238号線をそのまま進めば、途中いくつもの道の駅を経由して、網走、知床へと辿って行くことができます。

ですが、それは次の機会にして今回はこれより内陸部へ入って行き、北海道のど真ん中を南下するルートを走ります。



マリーンアイランド岡島から少し戻って道道12号線に入り、更に国道275号線を北上するコースを辿り、40分ほどかかって
道の駅ピンネシリ へ到着しました。




道の駅はログハウス調の大きな建物です。

ここは元々オートキャンプ場があり、コテージ、電源等の完備されたカーサイト、パークゴルフ場、体験農園、それに道路を挟んだ向かい側にはピンネシリ温泉があります。



北海道の道の駅は、とにかく広いところが多いのですが、ここも美しい自然に恵まれた広大なアウトドア施設のようです。

道の駅のログハウスはこのオートキャンプ場の管理棟でもあり、多目的ホールや研修室も整備されています。




これが道の駅の入り口です。



ところで “ピンネシリ” という名前ですが、“敏音知” と書くんですね!



そして元々この場所に敏音知駅というJR駅があったらしく、この敷地内に
“敏音知駅跡” というのが残っています。

それと、入り口右側にこんな看板もあります。



この近くに “敏音知岳” という標高704mの山があり、この道の駅がその登山口になっています。




さて、中に入ってみました。
ちょうどお店の人がキャンプ場の予約の電話を受けておられました。



みやげ物コーナーの他に、こんな木工品を集めた部屋もあります。

そして、ここで目を見張ったのは “金” です!

まず “砂金ラーメン” !


これは、“金の砂” です。


そして “金の饅頭” !(笑)


更に、“砂金ようかん” が!!


実はこの近くの川で、明治31年に砂金が発見され、一攫千金を夢見る採掘者が全国から1万人以上も集まり、町はにわかに活気づいたのだそうです。

その後産出量は衰えたものの、今もわずかな天然の砂金が取れるそうで、
「ペーチャン川砂金堀体験場」 というのがあります。

そこで、一番安かった“砂金ようかん”を買って帰りました。
「金箔入り」と箱にも書いてあります。

家で食べましたが ・・・・・ う~ん!!
なるべく薄く切ってみると、ごくたまにけしつぶほどの “点” が ・・・・ ?
これが金かな~? 小さすぎて色さえも分かりません。

味は・・・というと、普通の羊羹ですね!(笑)


最後にここでゲットした4個目のマグネットをご紹介!!



砂金堀体験場は20キロも先ですね!

 

 

 


試し読みできます

北海道命名の地!“おといねっぷ”

ピンネシリから国道275号線を南下し、40分強で
道の駅おといねっぷ へ到着しました。



ここは国道275線と国道40号線の分岐点にあたり、40号線を辿ると昨日訪問した「道の駅なかがわ」に至ります。

“おといねっぷ” という地名も珍しいですが、“音威子府” と書きます。
ここは、オホーツク海まで50km、日本海まで50kmとちょうど中間地点になります。

そして周りを山に囲まれた“盆地”なので寒暖の差が激しく、夏場の最高気温は30度、冬場の最低気温は氷点下30度と、その差は60度にも達するそうです。
更に北海道有数の豪雪地帯で、多いときは積雪が12mにもなります。 (ノ゚ο゚)ノシンジラレナイ・・

この音威子府村のキャッチフレーズは “北海道で一番小さい村” で、
人口が1000人にも満たない小さな村なのです。





天気がおかげでかなり回復してきました。
南に下るに従って晴れ間が見えてきたようです。

「森と匠の村」 とも称される音威子府らしく、落ち着いた温かみのある木造のレストハウスです。



建物の左端に “北斗七星” と名付けられた年中無休、24時間対応のトイレがあります。

そのトイレの入り口に ・・・・



道の駅スタンプは置いてありました。

ということは、24時間スタンプを押せるんですね!
これは、我々にとってはありがたいことです。

建物の一番右側にレストランがあり、そこの前にこんなものがありました。



高橋昭五郎氏は、室蘭生まれの現在77歳の彫刻家です。
自分が最も愛したこの音威子府の地に、生涯をかけた自分の作品を展示しているのだそうです。


(音威子府村HPより拝借)

さて、店内です。



「森と匠の村」だけあって、木の彫り物の土産品が多いです。



そしてこれ、マグネットの横に 「北海道命名の地」 というのがあります。

幕末の探検家「松浦武四郎」が、この付近で野営していた時に出会ったアイヌの古老から「カイナー(この国生まれたもの)」という言葉が教えられ、「北加伊道」となり、これが後に「北海道」という漢字に変わったのだそうです。

道産子のみなさん、知ってましたか~? (*^ー^)ノ


そして道の駅マグネット、やっぱり買いましたよ!

 

 




試し読みできます

あげいもを味わう!“びふか”

おといねっぷ以降は国道40号線の旅になります。
北海道のど真ん中を天塩川に沿って南下し、約30分で到着したのは今日5か所目、
道の駅びふか です。



美深町は旭川と稚内のほぼ中央部に位置し、面積は東京23区とほぼ同じで、その85%が森林という緑いっぱいの自然に恵まれた町です。

北・北海道の観光拠点でもあり、「森林公園びふかアイランド」 が整備され、この道の駅の裏手は温泉、キャンプ場、コテージなどのアウトドアフィールドになっています。







この道の駅は、イタリア人の建築家が設計した中世ヨーロッパのお城をイメージした建物だそうです。
一番下の写真がレストラン塔ですが、確かにユニークな形をしています。



細長い建物の一番右端に階段があり、その上が「展望台」になっています。



展望台へ上る階段には、2羽のフクロウがいて見張ってますよ!





展望台からは裏を流れる天塩川を一望でき、その先には森林公園の温泉らしい建物が見えます。

さて、店内に入ってみました。



ここは外に屋台もあり、とにかく大勢のひとで賑わっています。

最初に “スタンプ” です!
ここのスタンプがこれなのです!



スタンプ帳を開いて差し込み、がちゃんと押せばくっきり印字されます。

そして、ちゃんと 「45ページの5番ですよ!」 と書いてあります。
なんて親切なんでしょう!! 感激!!!



店内はとても広く、いろんなものが売っています!

ここの自慢は、名産の “くりじゃが” を使って揚げたコロッケだそうですが、
私は一緒に売っていた “あげいも” に目がゆきました。



時間は13時過ぎ、それじゃこれを昼食にしよう、ということで早速お買い上げ!



いや~ 旨かったですね!!
かぶりついているところの写真もありますが、とてもお見せできません!!(笑)





試し読みできます

もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”

びふかの道の駅から40号線を更に南下すると、人口3万1千人の名寄市に入ります。
道の駅もち米の里☆なよろ は、2008年4月にオープンした新しい道の駅です。




ここの名前も、真ん中に “☆” が入っていますね!
北海道の道の駅は星やハートをつけるのが好きなようです。(^^♪



何故 “もち米の里” という名前がついているかというと、名寄市はもち米の作付け面積が2,640ha、収穫量が18万俵でいずれも日本一なのだそうです。






建物はまだ新しくきれいで、家族連れなどのお客が次々に入ってくる賑やかな道の駅です。

店内も人が多くて活気があります!



ここはさすがにもち米やその加工品が多く、大福もちなどは色んな種類があって実に美味しそうです。
定期的に餅つきなどのイベントも行われているようです。

ここの道の駅スタンプも餅つきですね!(笑)

そういえば、北海道はこのスタンプを集めている人がとても多いように思います。
ここでも、私の前に他の方がスタンプを押していましたし、私の後にもスタンプブックを持った人が並ばれました。

他の道の駅でもその傾向があり、地元の方かどうかはわかりませんが、他の地域に比べて北海道はスタンプラリー参加人口が多いような気がします。



ここの道の駅にはFM放送のサテライトスタジオまでありました。

なよろコミュニティFM 「Airてっし」 というそうですが、道の駅の中にこんなのがあるのは初めてです!


マグネットの掲載を忘れてました!
ここでもゲットです!




試し読みできます

メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”

道の駅絵本の里けんぶち は、旭川から北に約1時間の距離にあります。

剣淵町は、明治32年の屯田兵による開拓から100年を経過し、ゆるやかな丘陵に囲まれた田園風景豊かな農業の町です。

 







朝の稚内での雨がうそのように天候は回復し、青空が広がっています。





ここの道の駅が出来たのが平成18年9月ですから、まだ建物も新しく、たくさんの花が植えてあり、とてもきれいです。



何故ここが “絵本の里” なのか、この町のパンフレットから引用しましょう!

「小さな農業の町らしい、文化のまちづくりをしませんか?」
ある女性版画家の声が、若者の心に強く響いたのは、1988年のこと。
「フランスの田園風景に似たこのまちに、絵本原画美術館ができたらすばらしい」。
当時の絵本編集者の言葉をきっかけに「この町に世界中の絵本を集めた絵本館を建てて、誰もが一度は訪れてみたいと思う “心のふる里” を創ろう!」。
と若者たちの夢はどんどんふくらみました!
さあ、いまも続くこの夢の舞台へご案内します。



とっても素晴らしいですね!
この若者たちの夢が実現した “絵本の里” は、実はこの道の駅だけではなく、ここから約800m離れたところに旧役場庁舎を改修した 「絵本の館」という施設もあります。

さて、中に入ってみました。



絵本の里らしく、こんなかわいいのがお出迎えです!!

道の駅スタンプのそばにも、もう “一人” いましたよ!



入り口を入ったロビーはとっても広く、メルヘンチックな雰囲気があり、その傍らにはこんな絵本コーナーがあります。







この町もやはり冬と夏の寒暖差が60度もある厳しい土地です。
一面銀世界の冬が終わり春の雪解けと木々の芽吹きとともに耕作が始まり、米、麦、ジャガイモ、野菜などの農作物が実り、絵に描いたような北国の景観が生まれます。

地方の小さな農村であっても、若者を中心に何かに取り組み、“他の町に無いなにか!” を生みだした事実が我々旅人にとってもすがすがしさを感じさせられました。

 

 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について