目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
北海道横断の旅
西洋りんご発祥の地!“なないろ・ななえ”
駒ケ岳がくっきり!“大沼公園”
ひまわり畑に隣接!“北欧の風 道の駅とうべつ”
石狩湾を望む!“石狩「あいろーど厚田」”
青い池まで2分!“びえい「白金ビルケ」”
世界最大級のハト時計が踊る!“おんねゆ温泉”
宿泊できる道の駅!“ノンキーランドひがしもこと”
オホーツク海を眺める!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

76 / 166ページ

試し読みできます

北寄カレーに未練!“てしお”

道の駅てしお が本日の9か所目、最後の道の駅です。

なかがわの道の駅で教えてもらったとおり国道40号線を一旦北上し、途中から農道らしい道を辿ると
再び海岸線に出て、目指す「てしお」に到着しました。




天塩郡天塩町は、北海道で2番目に長い 天塩川 の河口に広がる町です。
そして、ここが 日本海オロロンライン の北端にあたります。





逆光なので、全体像はちょっと写りが悪いですね!

ここに到着した時刻は16時7分、太陽は傾き、夕暮れが近づいてきたようです。
よく考えると、まだ正式にはお昼を食べていません。

レストランを覗くと 「北寄カレー」 というのが大きく書いてあります。

「北寄(ほっき)って、北寄貝が入ったカレーってことか!食ってみようか?」
「でも、もう4時過ぎてるよ! 今食事をしたら折角の夕食が食べられないんじゃない?」


てなことで、非情にも却下!

結局、店頭にならべてあったおはぎと、ソフトクリームっを一つづつ買い、分け合って食べました。
変な取り合わせですね。

ちなみに、この 「北寄カレー」 というのがこのてしおの名物だと知って、後から悔しい思いをしました。



少しおなかが落ち着いたのと、9か所の道の駅を予定通り走破した安堵感から、
ここでは、お土産を物色し、かなり買いこんでしまいました。





この道の駅は、一番端に “てしおギャラリー” というのがあって、地元出身の3名の画家と
2名の陶芸家の作品が展示してあります。

芸術なんてものには疎いので名前は知りませんが、全国的に活躍されている方たちだそうです。



道の駅自体はそれほど大きくもないのですが、観光バスなどがよく停まって
年配のお客さんたちが大勢で土産品を買っていました。


結構時間をつぶして、出発は16時45分。
さて、ここからはいよいよ憧れの サロベツ原野 を走り、稚内に向かうことになります。

 

 


試し読みできます

サロベツ原野を走る!

最初に一つだけ訂正です!

日本海オロロンライン を私は天塩町までと思っていたのですが、サロベツ原野からノシャップ岬まで含めるのが正しいようです。

Wikipedia によると、「広義」 の場合に小樽から稚内までを指すらしく、念のために私の写真を見直してみたら、サロベツ原野の途中にも オロロンライン という看板がありました!



さて、天塩町から稚内に行くには、国道40号線を辿るルートと、日本海沿岸の
サロベツ原野を走るルートの2つがあります。

私は、迷わずサロベツ原野ルートを選択しました。

私が今回の旅行に旅立つ前に入手した サロベツ原野 に関する情報は次の通りです。

 ・ここには信号も標識も何にもない。
 ・だから、北海道各地から “走り屋” が集まってくる。
 ・時速100キロで走っても、どんどん追い越されてしまう!


でも、私にはそんな速度で一般道を走る技量も度胸も無いし、何より私の一番大事にしている
座右の銘、四文字熟語は “安全第一” です!

そんな訳で、私の場合は80キロ平均でとろとろと (それでも違反じゃい!) 景色を堪能しなかがら走りましたが、時間が遅かったこともあって車も少なく、長い距離の間でほんの数台に追い越された程度でした。





サロベツ原野に入って、最初に目についたのが一直線に並ぶ風車の列です。
上の写真には、 “逃げ水” も写っていますね!

この風車が途切れるあたりに、駐車場があったので車を停めました。



ここは、サロベツ原野駐車公園 となっています。



この風車、走りながら数えてみたら30基ありました。(数え間違えていたらごめんなさい!)
本当に一直線に並んでいるのは壮観です。

でも、これだけ並んでいると、たまにサボって回っていないのがあるのが面白いですね!

風車の根元にこんな看板が ・・・・ 。



発電所を見学できるのか~!



さて、このサロベツ原野ですが、東西5~8キロ、南北27キロにもわたって広がり、その70%が泥炭地という湿地で、釧路湿原と並ぶ日本最大級の湿原です。

元々、海岸の砂丘とその背後にある宗谷丘陵によって阻まれた 潟湖 が、泥炭によって埋もれて形成されたもので、泥炭は1年間に1ミリしか増えませんから、想像を絶する時間をかけて出来上がった湿地です。

そして、ここにしか生息しない草花や動物たちが多数棲んでおり、全域が 鳥獣保護特別区 になっています。



このサロベツ原野を走るときに、最大の見どころの一つが 利尻富士 です。

北海道最北端の西方の海に利尻島、礼文島という二つの島があり、その利尻島に聳え立つのが標高1719メートルの利尻山です。



今回時間が17時を過ぎており、完全に逆光でぼんやりと霞んでしか見えません。
でも、完璧な富士山の形をしていますね。

日本海の大海原に浮かぶ巨大な山の姿は、正に雄大で厳かな気分になります。

ここは、午前中に走れば、利尻富士に太陽の光が当たって、もっとくっきり見えただろうと思います。





そして、走っている両側はというと、正に 原野 そのものです。
何も人の手を加えられていないそのままの大地が、延々と続きます。

写真では見ずらいですが、黄色い小さい花がたくさん咲いています。
そしてところどころに散策できるように 木道 が作られています。

この大自然のサロベツ原野で、今深刻な 乾燥化 が進んでいます。
これは、酪農の発展による農地化で、泥炭地の排水を行っているために水位が下がり、
乾燥性の植物であるクマザサが浸食してきているのだそうです。

北海道の先端であるここでしか見られない、この大自然を是非とも壊さないで残して欲しいと
心から思います。

さて、この延々と果てしなく続く大原野、走っても走っても同じ原野が限りなく続きます。
おそらくアメリカ大陸あたりの大平原を走る時もこの様な感動を味わえるのかな、と思ったりしました。

残念ながら大原野を疾走している時の、神々しいほど雄大で今まで経験したことのない大パノラマの写真がほとんどありません。

皆さん方がいつか走られる時に、ご自分で味わって頂きたいと思います。

 


試し読みできます

稚内とノシャップ岬

雄大な大自然のサロベツ原野を走り抜け、人家が建ち並ぶ町中に戻ってきました。
今夜の宿泊は、この稚内市内のホテルです。

ナビの誘導で、目的のホテルは容易に見つかりました。
でも ・・・・・・ !



建物は古く、なんだか北の果ての場末のホテルってイメージです! (失礼!)
駐車場も分からず、ぐるぐる回って建物の脇の狭いスペースにとりあえず停めました。

今回の北海道旅行は、JALツアーズの “ドライブ&チョイス” という企画で、航空券、ホテル、レンタカーがセットになっており、ホテルは地区毎のJAL提携ホテルの中から選ぶようになっています。
そのホテルのランクによっては ホテル差額 という追加料金が発生します。

このツアーが相対的に一番安いのでいつも使うのですが、稚内市内のJAL提携ホテルはここ1か所しかなく、なんとホテル差額が11,000円と高額なのです。

女将さん一人の小さなカウンターで、最上階5階の洋室のカギを受け取り、ガタゴトと不気味に揺れるエレベーターで上がって行きました。

部屋に入ると、ちょうど西陽が当たっていて、ムッとする蒸し暑さです。
エアコンのスイッチを探したのですが ・・・・・ 無い!
考えてみると、北の果ての稚内で冷房は普通いらないのでしょうね!

あわててすべての窓を全開すると、さすがに涼しくなりました。



部屋にはブラウン管の旧式テレビと扇風機がありました。
昨日の旭川のグランドホテルは追加料金が2000円だったのに、雲泥の差です。

これで食事が悪かったら最悪だな、 ・・・・ などとふたりで文句たらたら!



でも、5階の窓から見る稚内市内は素敵です。
真正面に港があるのでしょう、ちょうど利尻島から帰ったらしいフェリーが接岸するところでした。

ホテル到着が18時10分、ちょっと食事には早いのでカウンターに戻り女将さんに聞いてみました。

「ノシャップ岬ってどのくらい離れてますか?」
「このホテルの前をまっすぐ行けば、信号待ちを入れても10分もかからないよ!」


と言うことで、行ってみることにしました。

市内中心部をいくらか離れたころ、なぜか一面の霧が立ち込めてきました。
確かに10分もかからずノシャップ岬の駐車場に着いたのですが、女将さんから聞いた
「赤と白の高い灯台があるからそれを目当てに行けばいいよ!」 というその灯台は、 ・・・・



目の前にいるのに、こんなにぼんやりとしか見えません!

駐車場には、これから夜釣りをするらしい人たちが竿や仕掛けの準備をしていました。



周りは何も見えないけど、一応証拠写真をパチリ!
時間がちょうど19時ですね。









そういえば、昨年襟裳岬に行った時も霧で何にも見えませんでした。
俺って、 “雨男” でなく “霧男” なのかな?

ホテルに戻ると、いよいよ夕食です。
食事は小宴会場で、部屋ごとのテーブルが用意されていました。

そのテーブルに座ってびっくり!
カニは一人に半身で、新鮮そのものの刺身の盛り合わせ、雲丹は別の皿に盛りつけられ、
肉もあり、山海の珍味がずらり!
これはチョー豪華です!

途中女将さんがやってきて 「お口にあいますか?」 と話しかけてきました。
冗談を言い合い、カニの正しい食べ方の手ほどきを受け、稚内の良さを教えてもらい、
ご多分にもれず稚内も温暖化が進んでいるとの嘆きを聞き、話が弾みました。

最後のデザートには、赤身で今まで味わったことのないくらい甘い夕張メロンも出てきました。

最初文句たらたらのこのホテルでしたが、アットホームな雰囲気とこの豪華な食事で
追加料金11,000円の不満は吹き飛びました。


時間の関係で、稚内市内の観光はできませんが、3日目の明日はいよいよ最北端宗谷岬へ行き、北海道中央部を南下して、再び旭川に向かいます。


試し読みできます

北の果て“宗谷岬”

3日目の朝になりました。
残念ながら外は雨が降っています。

朝食を済ませて、8時にホテルを出発です。



最初に向かう先は、もちろん北の最果て “宗谷岬” です。

稚内空港を右手に見ながら国道238号線進むと、その国道沿いに、
「えっ!ここ?」 という感じで、あっけなく到着しました。



それは、国道脇に広い駐車場があり、その先には写真やテレビで見たことのあるあの 「最果てのシンボル」 が建っていました。

時間は9時前ですが、既に観光バスで大勢の団体客が集まっており、記念写真を撮っています。



ここでは、たくさんの観光客が見知らぬ者同士、お互いに写真を撮り合っています。
私たちも当然そこに交じって 「証拠写真」 を!

雨は上がったようですが、とにかく寒いのです!!



周りにはきれいな花が咲き誇っており、これは 「アルメリア」 という花だそうです。



石碑を見ると、樺太がすぐそばなんですね!


ここには「宗谷岬」とかいう唄の歌詞と音符が彫ってあり、ずっと唄が流れていました。



駐車場の端に土産物屋があります。
ここの正面を見ると ・・・・・



気温は10℃です。
寒いはずです!!

Tシャツの上に長袖を着ているものの寒くてたまらないので、この土産屋に飛び込みました。

大勢の観光客で通路を通りにくいほど賑わっていましたが、その奥に 「流氷館」 なるものがあります。



厳重なドアを開けて中に入ってみました。



ひぇぇぇ~~ !
凍えるぅ~ !


そこには本物の流氷と、ペンギンやアザラシの剥製があり、凍りつく寒さです!
写真とビデオをぱぱっ!と撮って1分も耐えきれず飛び出しました。



壁には中の温度が表示されています。
でも、北海道の真冬はこんなものではないのでしょうね!

国道を挟んだ向かい側にも、お土産屋や食事処、民宿などが並んでいます。
どこにも “最北端” の文字が・・・!



ここではつい30分以上の時間をつぶしてしましました。
今日の行程も9か所の道の駅を廻る予定ですから、先を急がなければなりません!

ここからはいよいよオホーツク側の海岸線を走ります。


試し読みできます

日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”

最北端の地 “宗谷岬” を出た私たちはオホーツク沿岸を一路南下します。





天候は残念ながら回復せず、降ったり止んだりの状態です。
この海岸、多分晴天なら絶景でしょう!


外の気温は12度ですから、まだまだ寒いですね。


宗谷岬から30分ほどで、
道の駅さるふつ公園 に到着しました。

この猿払村は日本最北端の“村”であり、またここが日本最北端の道の駅になります。



最初に目に入ったのが、このオランダ風の風車と建物です。
これは、 風雪の塔・農業資料館 といい、開拓当時の生活用品や農機具などが展示されているのだそうです。

そしてここは、広大な敷地、というより牧場のような土地にいくつもの建物が点在して建っています。



これが レストラン「風雪」 の入った建物で、 ・・・・


こちらは ホテルさるふつ「ふるさとの家」 です。

でも、どちらも道の駅そのものではないようです。
ぐるっと見渡すと、一番端にそれらしい建物がありました。



写真ではちょっと見にくいかも知れませんが、この左の建物の窓に、
「道の駅」と書いてあります。
って言うか、紙を貼ってあるようです。

車に戻ってそちらに移動しました。
歩いては遠いくらいに、ここは広いのです。



ありました、道の駅の案内板が・・・。
パークゴルフ場やイベント広場、キャンプ場まであるんですね!

道路を渡ったオホーツクの海岸側には、昭和14年に旧ソ連船インディギルカ号の座礁により亡くなられた方々の慰霊碑が建っており、日ソ友好記念館もあります。

ここは 猿払村村営牧場 の中に広大な “さるふつ公園” があり、道の駅はその一角に作られたようです。
そして、この猿払村は北オホーツク道立自然公園の中心地であり、大小の沼や原生花園が点在し、サロベツ原野同様自然環境に恵まれた土地です。

天気さえ良ければ広大な牧場と目の前のオホーツクの海原とがマッチして、素晴らしい景観だろうと思います。  ・・・・ ちょっと残念です。

今日最初のスタンプを無事に押し、更にオホーツク沿岸を南下します。
道の駅を出てすぐのところに、北海道ならではのものを見つけたので最後にご紹介します。




これは 「猿払パーキングシェルター」 と書いてあります。


冬場の吹雪などの時に車が一時避難するための施設でしょうが、昨日のサロベツ原野を走った時も少し形の違うのがありました。

私のような九州人には想像がつかないような、冬場の生活の厳しさがここにはあるのだろうと、思いました。


 


 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について