目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
北海道横断の旅
西洋りんご発祥の地!“なないろ・ななえ”
駒ケ岳がくっきり!“大沼公園”
ひまわり畑に隣接!“北欧の風 道の駅とうべつ”
石狩湾を望む!“石狩「あいろーど厚田」”
青い池まで2分!“びえい「白金ビルケ」”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

65 / 162ページ

試し読みできます

雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”

たきがわから8キロ、わずか10分程度で次の
道の駅田園の里うりゅう に到着しました。

名前の通り、田園に囲まれた静かなところです。



ここは、ラムサール条約に登録されている “雨竜沼湿原” の入口になる場所にあります。
“雨竜” って、なにか情緒のある素敵な響きがあります!


もう時間も遅いので、人影はまばらです。



建物の裏手は、公園のような広場になっています。



玄関を入ってゆくと ・・・・

・・・・ 素敵な看板があります。



ここは中央部分が吹き抜けになっていて、その両側に物産店などの部屋があります。
道の駅スタンプは、正面ガラスドアを入った情報コーナーにありました。

お客さんは少ないのですが、スタンプを押す人は私の後にも何人か来られました。



建物の構造はこんなになっています。
とってもユニークな形をしています。



これは通路に面したかまぼこやさんです。
かまぼこの量り売りって、初めてききました!



雨竜沼自然館 は、・・・・ もう閉まっていました!
ここには、自然写真家が撮られた雨竜沼湿原の四季の写真があったはずなので、残念です。



外に出ると、駐車場脇にこんな建物があります。
案内看板によると、集出荷貯蔵施設 となっています。



“暑寒の野菜・花” って何だろう?
暑さ寒さに強い野菜のことだろうね、と話していたのですが、これは 地名 だったようです。

この先に 暑寒別岳 という山岳地帯があり、そのふもとに 雨竜沼湿原 があります。
従って、この付近一帯を “暑寒別天売焼尻国定公園” というそうです。

雨竜沼湿原
は以前にネットで写真を見た事があり、何となく憧れの地です。
今回は時間的にそれどころではないのですが、いつか機会があればまた来てみたいものです。


ここの滞在時間は 「8分」
よ~し、このペースで飛ばして行こう!!

 

 

 


試し読みできます

二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”

田園の里うりゅうから飛ばして13分、
道の駅サンフラワー北竜 に到着したのが 16:59

この付近には道の駅が集中していて、比較的短時間で移動できるので助かります。




北竜町は人口2,600人、農業を基幹産業とした町です。
明治時代に千葉県から集団で入植した人たちが源を発しているそうです。

まず驚かされるのが、この正門を守っている2頭の “龍” 
そうか、地名も “北竜” だから龍に縁があるのですね。




この2頭の龍のあいだを恐々とくぐって園内に入ると、またもや驚かされます!
まるで中世のお城か?

オランダ風の造りのゴージャスな建物がそこには建っていました。




とにかくでかすぎて、全体を撮るとこんなに小さくなってしまいます。






次第に近づいて、これが入口です。

ここは宿泊施設で “サンフラワーパークホテル” と言います。
研修施設や多目的ホールなどがあり、宿泊料も朝夕食付7~8000円と比較的リーズナブルです。

このサンフラワーパークホテルには、もちろん温泉があり、露天風呂、泡風呂、サウナ、ひまわりの湯などが整っていて、旅行者だけでなく、近隣の人たちも温泉目当てに集まってこられます。

さて、ここにはもう一つ有名なものがあります。
それが日本一のひまわり畑で、道の駅の裏手にある “ひまわりの里” には、20haの土地に
100万本のひまわりが咲き誇ります。

しかも、この町全体ではあわせて100haものひまわり畑があるのです。


これが、そのひまわり畑方向ですが、残念ながらまだ咲いてはいません。
開花時期は、7月下旬から8月中旬まで なのです!

しかし、一度は見てみたいものです。
そんな訳で、この道の駅は ひまわりづくし です!


街灯は全部ひまわりの花です。


駐車場の案内もひまわりですね!

先ほど紹介した “ひまわりの湯”、これは乾燥させたひまわりの根、茎、弁を湯船に入れ、肌がすべすべになると好評なのだそうです。

そして、ひまわりパークゴルフ場 があり、ひまわりアイス、ひまわりソフトクリーム、ひまわりワイン
それに食堂には ひまわり膳 があります。

今日は残念ながらお天気はどんよりしていますが、ひまわりの咲いた晴天の日に来れば最高でしょう。

さてここには11分滞在したので、17時を過ぎました。
実は次の 「鐘のなるまち・ちっぷべつ」 は開店時間が17時までになっているのです。

もしかするとスタンプだけどこか置いているかもしれないので、とにかく行ってみることにします!

 

 


試し読みできます

国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”

サンフラワー北竜を出る頃曇っていた空は、次の目的地に行くまでに雨になりました。
道の駅鐘のなるまち・ちっぷべつ へは10分で到着しましたが、時間は 17時20分!


閉店時間17時のこの道の駅は、淡い期待もむなしくしっかりと門を閉ざしており、
スタンプも押せません!



そこで仕方なく写真だけ撮り、翌日の計画を一部変更して朝一番にもう一度来ることにしました。

従いまして今回は、時間に間に合わずがっくりして撮った暗めの写真と
翌日に朝一番の快晴の中で撮った写真の両方を、ごちゃまぜで紹介します。

天気の良いのが翌朝のものですよ! (^_^)



さて最初にご紹介するこの写真は、道の駅の入り口付近の道路を跨いであります。
巨大な鐘ですが、音が鳴るのかどうかは定かではありません! 



そしてこれが、しっかり入り口が閉じられた “物産館” を、がっくりして撮った写真です。
このときは雨は小降りになっていました。

そしてその左手にはこんな可愛らしい “お食事館” が ・・・


更に右手には “やさい館” があります。


そして翌日もう一度来て撮った全体の写真がこれです。
気分と同じく、晴天!ですね。



更に駐車場の奥には鉄筋の建物があり、これは “秩父別温泉ちっぷゆう&ゆ” といって、日帰り温泉や宿泊、それにレストランなどがはいったリラクゼーション施設です。



さて、最後に紹介するのは、この巨大な塔です。
これは、駐車場の真ん中に建っています。



この秩父別という町は、明治28年に屯田兵の入植により開墾された土地です。
当時、鐘を鳴らして時間を知らせていたことに由来して、「鐘のなるまち」 をキャッチフレーズに
町づくりが行われてきました。

そして上の写真の塔は、平成5年に 「開基100年記念塔」 として建てられたものです。
その最上階展望室には国内最大級のスイングベルが設置され、1日4回鳴り響くそうです。

これがそのスイングベルです。



この近くには “ローズガーデンちっぷべつ” というのが整備されていて、5.4haという広大な土地に、

300品種、3,000本のバラが咲き誇ります。


途中の道に案内看板がありましたし、時期的には見頃だと思いますが、時間がなくて断念しました。

 

 

 


試し読みできます

釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”

スタンプの押せなかった ちっぷべつ を出てしばらくすると、雨は本降りになりました。


キューブの屋根って、雨が降ると激しい音がするんですね!
これには、嫁さんも私もびっくり!

20分ほどで、
道の駅ライスランドふかがわ の駐車場へ到着したのですが、雨が激しくて出られません。
意を決して建物に飛び込んだのですが、しばらくすると雨脚は急に弱まり、明るくなってきました。
もうちょっとだけ待てばよかった!





国道12号線と国道233号線の交わる交差点に、この道の駅はあります。
交通量の多いところで、時間が18時頃と遅いのに、たくさんのお客さんがいます。



実はこのあと、旭川市内の 「道の駅あさひかわ」 へ行って、全部で9ヶ所を巡る計画だったのですが、時間が遅いので「あさひかわ」は最終日に行くことにし、ここを最後の目的地としました。

ここは、全面ガラス張りのきれいな建物です。


ガラス張りの建物の右手に情報コーナーとトイレ、そして更に右側にはコンビにがあります。







とってもきれいに整備されていますね。
ちょうどこの時も、お店の女性の方が花壇の手入れをされていました。

深川市は 「ライスランド」 の名前の通り、おコメを始めとする農作物の産地です。
まず、そのおコメのPRから・・・・



何種類かのブランドがあるようですね。
そして、建物の中には、精米体験コーナー があり、自分で精米したおコメを買って帰ることができます。

更に、お米ギャラリー があって、籾から白米になるまでの行程を学ぶことができます。



この建物は、外壁の全面ガラス張りのイメージとは違って、内部は木材をふんだんに使った木の温かみを感じさせる内装になっています。



2階が 「味しるべ駅逓 (えきてい)」 というレストランです。
この看板がとても素敵ですね!
“人来たりて食し 人去りて よろこびが残るなり” という言葉に味があります!





そしてここの人気が “釜炊き 銀しゃり”
いや~! 日本人ですね~!


ここで食事にするわけにはゆきませんが、後はホテルへ直行するだけという安心感から
ソフトクリームを食べることにしました。

 

さすがに おコメソフト っていうのはなかったようです!(o^-')b



結局ここで30分ほどを過ごし、旭川のホテルに着いたのが19時15分。
旭川グランドホテル という旭川市の中心部にあるホテルです。

部屋にあったフリーペーパーに割引券がついていたので、近くの居酒屋へ!







そして最後は、このお店で教えてもらったラーメン屋さんへ!

初日は216キロを走って、無事に終りました。
道の駅は、9箇所の予定が7箇所のスタンプゲットに終りましたが、何とかあとで挽回できそうです。

明日とあさっては、かなりの長距離を走らねばなりません。
十分に休養をとって、明日に備えましょう!

 

 


試し読みできます

極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”

さあ、2日目になりました。
ホテルでバイキングの朝食をとり、8時に出発です!

昨日の “時間切れ” により予定を変更し、最初に 鐘のなるまち・ちっぷべつ へ向かいました。
旭川北IC から 道央自動車道 に乗り、深川ジャンクションから 深川留萌自動車道 へ進路をとります。

そして 秩父別IC で下りると、道の駅はまもなくです。
結局、9時少し前に到着しました。

前回報告したので詳細は省きますが、無事にスタンプをゲットして、次へ向かいます。



深川留萌自動車道 をそのまま西へ走れば、日本海側の海岸線にでて、ずっと道の駅が連続しますから一番効率的です。
ですが、残念ながら先に1ヶ所行っておかないと、3日目のルートが難しくなってくるのです。

秩父別の町から国道275号線を1時間弱かけて北上し、
道の駅森と湖の里ほろかない へやってきました。



国道275号線は北海道内陸部を、雨竜川に沿って走る国道ですが、付近の山々が望め、きれいな道路です。

天気が良かったせいか、走っていると道路の先が水溜りのように見えます。
対向車があると、蜃気楼のようにゆらゆらと揺れて見えます。

“逃げ水”  という現象だろうと思いますが、こんなにずっと続くのは初めての経験です。



道の駅は、とんがり屋根の北欧風の建物です。
手前がさわやかトイレ、向こうが 物産館 になります。

スタンプは、物産館の中にありました。



付近を散策していると、もっと奥の方にもでっかい建物が見えます。



実はここには せいわ温泉ルオント という保養センターがあり、少し小高くなった奥の建物がそれだったのです。





朝早いので、まだ人影は少ないようです。

ここは四方を山々に囲まれた盆地で、その山にはまだ雪が残っています。
幌加内町は、昭和53年には 気温マイナス41.2℃ を記録した、極寒、多雪の地です。

どうして 「森と湖の里」 という名前がついているかというと、幌加内町の北部、雨竜川の上流に、
人工湖としては日本最大の 朱鞠内湖 (しゅまりないこ) があるからです。



朱鞠内湖周辺の森と湖は、道立自然公園になっていて、キャンプ場やレストハウスが整備されています。

もう一つ幌加内町で特筆すべきものは、蕎麦の生産量が日本一ということです。
ここでは約180戸の蕎麦農家があり、その作付面積は2300ヘクタールあって、幌加内町全体の田畑の6割にも達します。



毎年7月下旬から8月中旬にかけて、真っ白な花を咲かせるとのことで、これも機会があれば見てみたいものです。

 

 

 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について