目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

56 / 157ページ

試し読みできます

北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”

4日目の最後の目的地は
道の駅ステラ★ほんべつ です。







今夜の宿泊は帯広市内のホテルです。

十勝エリアのもっとも北に位置する道の駅から一気に南下するのですが、その道筋にあるこの道の駅にも立ち寄ることにしたものです。





この写真は国道側の正面から撮ったものですが、前回来た時は別の入り口から直接駐車場に入ったのでこんな風になっているのを知りませんでした。

正面にはバス乗り場があり、道の駅はその待合室も兼ねています。

そして先ほど行ってきた足寄駅、陸別駅と同じく、ここもやはり “旧ふるさと銀河線” の “本別駅” の跡地に建っているのです。





ご覧のように線路やホーム、陸橋などが昔のままで残されています。
生活の足として活躍していたころの写真もあり、歴史を感じます。





横断歩道の前に、かわいいキャラクターがいますね。





これは本別町の特産である豆をモチーフにした “元気くん” です。
横断歩道の両側に座って見張ってくれているほか、道の駅の入り口でも大きいのが迎えてくれました。



これは駐車場側からの道の駅の入り口です。
この建物、とんがり屋根がたくさんあって、不思議な形をしていますね。



これを配置図で見ると、こんなに複雑な形です。
これは、“北斗七星” をイメージして造られており、7つの尖塔が特徴です。

上空からみれば、たぶん北斗七星に見えるのではないでしょうか?







道の駅の中には郵便局もはいっています。
ここは比較的新しい道の駅で、前回北海道制覇の為に回ったときは、一番最後に訪れた場所です。
その時はとにかくお客さんが多く、賑わっているのにびっくりしました。

でも今回再び訪問して、ちょっと違和感を覚えました。

到着したのは15時40分です。
この日は土曜日です。
それなのにお客さんが本当にちらほらとしかいないのです。

店員さんたちは手持無沙汰に、入ってきた私たちには関心もなさげにおしゃべりをしています。
以前の印象が良かっただけに、がっかりしました。



これは一番奥の部屋にある “展示コーナー” で、このバットは左から、小久保裕紀、小笠原道大、松井秀喜、イチロー、落合博満のものです。

前回来た時この部屋には、これらのバットの他色んな珍しいものが展示されていたと思いますが、今はガランとしていました。

ちょっと残念な気持ちで道の駅を後にし、帯広市内に向かいました。
この日の宿泊は、市内中心部にある “北海道ホテル” です。

6年前に来た時に泊まってすごく気に入っていたので、今回もここを選んだのです。
当初は昨日泊まる予定が満室だったので、トマムと入れ替え、道の駅のコースも組みなおしたのです。







ここの中庭がとっても気に入っています。
朝食はガラス越しに庭を眺めながら食事ができるのです。

そして、お部屋はこんな具合です。







専用のテラスが付いた部屋で、洗面所とその先にガラス張りの浴槽があり、一番奥に小さなドアが見えると思います。
これはサウナが付いているのです。

これで特に割増もない通常料金です。





こんな張り紙を見つけました。
創業100年以上の老舗宿で、全国ランキング6位なのだそうです。

なるほどと納得しました。




試し読みできます

道内一番の人口増加の町!“おとふけ”

最終日の5日目、最初に訪れたのは
道の駅おとふけ です。





道の駅おとふけは、私たちが宿泊した北海道ホテルから北方にわずか8kmの距離です。
市街地が多少渋滞したものの、9時10分には到着しました。

ここは9時半が開店時間なのでホテルをゆっくり出発したのですが、まだオープンまで20分もあります。







開店までしばらく待たなければならないな、と思いながらやってきたのですが、意外にも車も人もたくさんいました。

実はこの道の駅、第2、第4日曜日は、「おはよう青空市」 が開催されており、この日は第4日曜日だったのです。





外にはテントが張られ、地元の朝採り野菜だとか、工芸品、陶芸品などの露天の店が並んでいます。
大きなサイコロを転がして野菜をプレゼントされるゲームが行われていて、スピーカーから賑やかな声が流れていました。





この道の駅は、実に特徴のある建物です。
屋根と壁がブルーのパイプで覆われています。

そのパイプの間には、PR用の幟も取り付けられています。

ここは “河東郡音更町(おとふけちょう)” といい、帯広市のベットタウンとして発展してきました。
道の駅の屋根に幟のあった、“十勝川温泉” もこの音更町です。

2014年9月末現在の人口が45,422人で、これは北海道の “町” の中で最大です。
しかも、北海道で唯一、著しい人口増加が進んでいる地域なのです。

それほど住みやすい地域かと思いきや、典型的な内陸性気候なので冬は極端に寒くて、2000年1月には氷点下32.1度を記録しました。
逆に2014年6月には、37.8度という暑さも記録されていますから、その寒暖差は約70度と、驚くべき数値です。







店内に入ってみると、朝市に合わせたのでしょうか、ちゃんと開いていました。

1階が特産センターで、2階は “桃花(とうか)” という中華バイキングのレストランです。
ランチ980円、ディナー1180円で30種以上の本格中華料理が食べ放題なのだそうです。

朝市のおかげで時間の節約になり、次は75kmも離れた南富良野の道の駅を目指しました。


試し読みできます

幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”

東自動車道経由で75kmを走り、
道の駅南ふらの に到着しました。





音更帯広ICで高速に乗り、西に向かって2つ目、トマムICで一般道に下ります。
ここは2日前に宿泊したトマムリゾートのある場所です。

ここから道道136号、国道38号と辿って、約1時間かかりました。







“南富良野町” は北海道のほぼ中央に位置し、“かなやま湖” や “空知川” を擁する自然豊かな町です。
元々は砂金採取から始まったまちですが、現在は農林業や観光が基幹産業になります。

町の中心は “幾寅(いくとら)” という場所ですが、そこにある “JR幾寅駅” は、高倉健の主演映画 「鉄道員(ぽっぽや)」 のロケ地です。





近代的な外観の建物ですが、これは “カヌーの舳先(へさき)” をイメージしているのだそうです。
ここはかなやま湖や空知川など、カヌーの盛んな土地柄ですからね!



こちらはトイレの建物ですが、これも周りの風景にマッチしています。



ここへ来るのも2回目ですが、とっても雰囲気が良く、私の好きな道の駅のひとつです。





建物に入ると、やはり北海道らしく、熊の剥製が迎えてくれます。
そしてもう一つ、真正面にあるのがこちらです。



この大型水槽には、かなやま湖や空知川に生息するアメマス、ウグイなどの淡水魚が飼われているのですが、更に幻の魚と呼ばれる “イトウ” がそのでっかい姿で悠々と泳ぎ回っています。

残念ながら水槽の中まで写真に写らなかったのですが、なかなかの貫録です。









特産品コーナーには、さすがに観光地らしく北海道の様々なお土産品が揃っています。
2階には行かなかったのですが、南富良野町に自生するさまざまな樹木の見本などが展示されているそうです。



これはこの周辺の立体模型地図です。
道の駅のすぐそばに、細長い “かなやま湖” があるのがお分かりだと思います。

次の道の駅へのルートはいくつかの選択肢があるのですが、私は以前も通ってとっても景色の良かった“かなやま湖畔” を辿るコースにしました。

湖畔にはキャンプ場、オートキャンプ場、バンガロー、ラベンダー園など様々な施設があります。
その途中の景色を、以下、いくつかご紹介することにします。











とっても美しいドライブコースでした。

 

 


試し読みできます

自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”

かなやま湖畔を走り、国道237号を南下して50分ほどで
道の駅自然体感しむかっぷ に到着しました。







“占冠村(しむかっぷむら)” は、2日前に宿泊した “星野リゾート トマム” のある村です。

人口が1200人ほどのこの村は、その面積の94%が森林であり、農業、酪農、畜産それに観光が基幹産業です。
村のパンフレットには、「便利なものは何もないけれど、生きるために必要なものは何でもあります。」 と書いてあります。



“占冠” はアイヌ語の “シモカプ” からついた名前で、“とても静かで平和な上流の場所” を意味します。

冬の寒さはやはり格別で、マイナス30度を下回ることもあり、2001年にはマイナス35.8度を記録しています。

ずっと昔、私が冬のトマムをスキーで訪れたとき、ホテルの従業員の方から、「今日は温かいですよ! 10度ですから」 と言われたことがあります。
一瞬意味が分からなかったのですが、それがマイナス10度のことだと気が付いて愕然としました。



かつては同じ村の中を移動するにも厳しい峠をいくつも越えなければいけなかった地域ですが、現在はこの山深い村に高速道路もJRの鉄道も通っており、交通の便がとても良くなっています。

日本でも有数の規模のリゾートである、“トマムリゾート” が開業したのは1983年(昭和58年)です。

当初は “アルファリゾートトマム” として全国からウインタースポーツを楽しむ人たちが集まったのですが、他のリゾートと同じく、バブル崩壊以降経営難に苦しみました。

今は、“星野リゾート” が見事に再建し、かつての賑わいを取り戻しています。

リゾートだけではなく、占冠村には豊かな森林、貴重な野生動物、鵡川の源流などの観光資源があり、その自然を基盤とする 「自然体感占冠」 が村のキャッチフレーズであり、道の駅の名前にもなっています。







道の駅はコミュニティプラザ(公民館)と同じ敷地にあります。
私たちは農村公園の駐車場に停めて、道の駅の建物にやってきました。





ご覧のように、ここはちょっとしたショッピングモールになっているのが特徴です。





情報コーナーにはたくさんのパンフレットが並んでいます。
占冠村の紹介だけでも何種類ものパンフレットが用意され、どれもセンスのある内容です。

村が如何に観光に力を入れているかがこれで分かります。
パンフレットは私が記事を書く上での貴重な情報源なのですが、このように充実していると嬉しくなります。
中には、全く何の資料も置いてない道の駅も結構ありますからね。







これがショッピングモールです。
それぞれは小さいですが、ユニークなお店が並んでいます。

私たちがここで買った商品はこれです。



メロンです。
ちゃんとフォークが付いていて、甘くてとっても食べやすいのです。
実は6年前に来た時も食べたので、その味が忘れられなかったのです。

さて、いよいよ今回の最後の目的地を目指します。


試し読みできます

飛び地の町!“樹海ロード日高”

いよいよ今回のシリーズの最終回です。
道の駅樹海ロード日高 が、最後に訪れた道の駅です。





ここは札幌・帯広を東西に結ぶ国道274号と、旭川・苫小牧方面を南北にアクセスする国道237号の交わる地点であり、昔から交通の要衝となってきました。

ここの住所は “沙流郡日高町” ですが、今回の旅の前半、苫小牧から襟裳岬方面に走った時も同じような地名があったように思います。
実は日高町は “飛び地” になっていて、同じ日高町が離れた2カ所にあるのです。



ご覧の地図がそれを表していますが、同じ日高町という行政区の中が “日高地域” と “門別地域” という2つに分かれており、その間は65kmも離れています。



平取町を挟んで日高町が2つありますね!

もともと離れた場所にあった “日高町” と “門別町” が2006年3月に合併して新生 “日高町” が誕生したのですが、なぜこんな飛び地で合併したのか、不思議です。

私が勝手に想像するには、本来は平取町を含めた3つが合併するはずだったのが、何らかの理由で平取町が離脱し、こんな離れた2カ所の合併になった、ということかもしれませんね。(笑)









道の駅は市街地の中心部にあり、駐車場を囲んだ周囲には、郵便局、信用金庫、レストラン、それにスーパーもあります。

そして道の駅の建物のすぐ隣にあるのが、面白い形をしたこの建物です。



これは “日高山脈博物館” といいます。
ここは日高山脈の麓にありますから、その自然、登山、地質をテーマとした博物館です。

この建物の形も日高山脈をイメージしているのだそうです。





中を覗きこんでみたけど、有料だし、人影も見えなかったので中には入りませんでした。



全体の配置図はご覧の通りです。







道の駅は立派な2階建ての建物です。
早速、中に入ってみます。







1階には情報・休憩コーナーの他に、喫茶、蕎麦処、リカーショップ、それにショッピングプラザがあります。

2階には多目的ホール、会議室、研修室があり、商工会もここに入っています。
いわば地域振興の中心的施設になっているのだと思います。


さて、これで今回の目的の道の駅30カ所を回り終えました。
ここから1時間10分ほどで新千歳空港に到着し、福岡への帰途につきました。

今回の走行距離は1295kmで、1か月前に道南を中心に回ったときとほぼ同じ距離でした。

5日間とも最高のお天気に恵まれたこと、宿泊した4つのホテルがすべて想像以上に立派だったことが印象に残った旅でした。



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について