目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

46 / 157ページ

試し読みできます

大規模機械化農業の村!“さらべつ”

北海道の十勝の旅、次に向かったのは11kmほど離れた
道の駅さらべつ です。





北海道の旅をしていて、最も北海道らしい農村風景といえば富良野や美瑛だと思います。
それに並んで北海道らしさを感じるのは、私の場合ここ “十勝” です。

さまざまな色をした大規模な畑と、それを囲む一直線の “防風林” の美しさです。





“更別村” の歴史は、サラベツ川の流域が一面湿地帯で、高台は柏の大木に覆われていた誰も住まない未開の地に、明治38年に山田嘉一郎が新天地を求めて開墾の鍬をいれたことに始まります。

現在の更別村は、総面積の70%が耕地という代表的な農村地帯ですが、昭和40年代からは “経営規模の拡大” に積極的に取り組んできました。
その結果、2000年には1戸当たりの耕地面積が日本一となり、2013年時点では、村の総耕地面積が10,748ha、農家戸数が241戸ですから、1戸当たり約44.6haにもなります。

更に1戸当たりのトラクター所有台数が5台以上で、これも日本一です。





道の駅の周辺も、ご覧のように広大な農地が広がっています。







道の駅の建物の周辺にはいくつかの広場と遊具があり、裏手には森があって遊歩道が整備されています。







大きな太陽光の設備も備わっていますね。

では次に、道の駅周辺の広域地図を見てみましょう。



この地図にはありませんが、“帯広空港” まで車で10分ほどです。
そこから東京までは1時間半ですから、“十勝で最も東京に近い村” とも言われています。

もう一つ、道の駅のすぐ右下に、“十勝スピードウェイ” というのがあると思います。
これは北海道唯一の “FIA(国際自動車連盟)” 公認のレースコースです。

日本では珍しいフラットなコースだそうで、年間多数の2輪や4輪のレースが開催されています。
7月下旬には、“全日本ママチャリ8時間耐久レース” なるイベントも、このレースコースを使って行われるそうです。





では、道の駅の中を覗いてみましょう。









道の駅の看板には、“PiPOPA(ピ・ポ・パ)” という文字がありますが、これは電話の発信音(ピ・ポ・パ)のことで、道の駅が情報の発信基地、という意味があるのだそうです。

なかなか大きな物産館で、“レストラン「ポテト」” も併設しています。
私たちは念願のソフトクリームをここで味わいました。


試し読みできます

花と緑とアートの村!“なかさつない”

3日目の最後の目的地となる
道の駅なかさつない にやってきました。









ここは更別の道の駅から16km、約20分の距離です。

“中札内村” も更別と同じく明治38年に入植者が入って開拓が始まりました。
日高山脈のすそ野に位置する農村地帯で、耕作地はまっすぐ一直線に並ぶ防風林に囲まれ、十勝らしい美しい風景が広がります。

夏場の平均気温が20度、冬場はマイナス10度と寒暖の差は激しいのですが、北海道の中ではドライゾーンに位置し、雪は比較的少なく、“十勝晴れ” といわれるからりとした晴天が続きます。







この中札内村では、町の至る所で花壇や庭に花が咲き誇ります。

これは、数件の農家の花壇つくりから始まって、公園、公共施設、民家と村全体に広がったそうで、毎年7月には “中札内花フェスタ” が開催され、多くの観光客が訪れます。

花といえばもうひとつ有名なのが、“花畑牧場” ですね。
タレントの “田中義剛” さんが経営する花畑牧場は “生キャラメル” の大ヒットで全国的に有名になりましたが、道の駅から8kmほど離れた、同じ中札内村内にあります。





道の駅はご覧のようにかなり広い敷地で、全体を “アグリパーク” といいます。
建物部分だけをアップしましたが、中央にある “カントリープラザ” が道の駅のメインの建物です。



駐車場の左手、配置図では “屋外物産” となっているのが、“物産販売所 花水山”です。



この “花水山(かすいざん)” には、農作物などの販売所の他、アイスクリームの “十勝野フロマージュ道の駅店” や、カレーを中心とした食事処の “千サルバトーレ12” などのお店が入っています。

そしてカントリープラザの右側、“多目的小屋” というのはこちらです。



“小屋” というけど、ちゃんとしたお店ですね!
では、メインのカントリープラザに入ってみます。





カントリープラザの中はご覧のような配置です。









写真はインフォメーションと売店の “てんとうむし” ですが、ほかにレストラン “ウェザーコックカフェ” や展示室、調理実習室などがあります。

さて、メインの建物を出て奥へ進むと他にも施設があります。





これは、“ビーンズ邸” といいます。
ビーンズは豆ですから、中札内の特産の一つである “豆” に関する資料館です。



この案内板にある “豆畑拓男” というのは架空の人物ですが、その自宅兼研究所という設定で中は作られています。

この建物は、昭和22年に開設された “旧馬鈴薯原 原種農場” の事務所棟を移築したものだそうです。



ビーンズ邸の隣にあるこの建物は “開拓記念館” で、大正末期に建てられ、昭和63年まで実際に使用されていた旧開拓農家の建物です。

現在は中に、“蕎麦 花はな” がはいっています。





そして周辺には、ご覧のようなとってもきれいな庭が広がっていました。

これで本日の道の駅は回り終えました。
十勝に入ってからの地図を、広域地図でもう一度見てみたいと思います。



この道の駅からは、有名な “幸福駅” もすぐ近くです。
そして、十勝の中心都市 “帯広” まではここから28kmです。

当初の計画では、この日は帯広に泊まり、明日十勝の北部を回って最終日は “トマム” に宿泊する予定でした。

ですが、私が泊まりたかった帯広市内のホテルがこの日は満室だったため、予定を変更し、3日目がトマム、4日目に帯広市内に宿泊することにしてコースもそれに合わせて練り直したのです。

ですから、これから高速を使って87km、1時間20分ほどを走って “星野リゾート トマム” に向かいます。
そのホテルのことは、次回詳しく紹介したいと思います。





試し読みできます

夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”

今日は道の駅ではないのですが、3日目の夜に宿泊した
星野リゾート トマム を少しだけ紹介しておきます。



“星野リゾートトマム” の位置は、道東自動車道の帯広から千歳方面に3つ目の、“トマムIC” を下りるとすぐのところです。

この日の最後の道の駅が中札内でしたから、道の駅からすぐ近くの “中札内IC” から “帯広・広尾自動車道” に乗り、“帯広ジャンクション” で道東自動車道に進みました。

全行程87kmのうち78kmを高速で走って、1時間20分で到着することができました。



これが私が宿泊した “トマム・ザ・タワー” です。
そして、ここ “星野リゾート トマム” の全体はこのようになります。



ここはリゾートブームさなかの時代に、“アルファリゾート・トマム” としてオープンしました。
ところがバブル崩壊で経営が苦しくなり、その後 “星野リゾート” が再建したものです。

私はアルファトマムの時代に、2回ほど冬場来たことがありますが、ザ・タワーに宿泊するのは初めてです。


この日はハロウィンの時期とあって、受付を始めとするホテルの従業員さんは全員マントなどを着て仮装していました。
そして受付では、リゾート内で必要な館内案内図、食事のできる場所の案内、各種アクティビティの案内など10枚近い資料をクリアファイルにセットにして渡されました。



タワーは36階建てです。
ですから、エレベーターのボタンはご覧の通りです。(^∇^)

私は確か30階前後だったと思います。
泊まった部屋は次のとおりです。





部屋は横に広いタイプで、ドアから入って左側がリビング、右側が寝室になっていてベッドは3つありました。

私たちは普段、宿泊代にはお金をかけず、ビジネスホテルがほとんどです。
今回は航空機、ホテル、レンタカーがセットになったANAのツアーを使ったため、ほかに選択肢がなくこの豪華な部屋になったのです。



この写真、携帯で撮ったのであんまり鮮明ではありませんが、リゾート内にはこのような連絡通路が張り巡らされていて、外に出ずに他の建物に移動できます。

夕食はいくつもの会場がありますが、私たちは “フォレスタ・モール” というところにある居酒屋に行きました。





この “フォレスタ・モール” にはいくつもの小さいお店が入っていて、楽しい場所です。







これは翌日の朝に撮った写真ですが、タワーは2棟あるので、目の前にもう一つが見えます。
そして真下には、ゴルフ場があります。

最後にもうひとつだけ紹介したいのが、このリゾートの目玉、“雲上テラス” です。


(パンフレットより借用)

冬場だとスキー場になる “トマムマウンテン” (標高1239m)の頂上にゴンドラで上って雲海を望むイベントです。

朝4時45分から受付で、大人が1900円です。
起きる自信がなかったので断念しましたが、何日かここに泊まるなら、ぜひ参加してみたいものです。

では、次回からは4日目の道の駅巡りに出発します。

 

 


試し読みできます

十勝平野の北西部!“しかおい”

4日目に入り、最初に向かったのは
道の駅しかおい です。







トマムの宿泊地から再度高速にのり、帯広方面にひとつ戻った “十勝清水IC” で下ります。
そこから一般道を走り、50分弱かかって、ちょうど開店時間の9時に到着しました。



白樺の樹に似せたこの看板、特徴があるので6年前に見たのを覚えています。
何が書いてあるか、拡大してみます。



周辺の観光スポットやお店への距離なんですね!



看板の後ろにあったこの建物はトイレでした。
道の駅は、その右隣にあります。





こじんまりとした道の駅に、入ってみました。







山小屋風の印象ですが、手前に民芸品などの土産物、奥には農産物の直売、そして食事もできるようです。



鹿の角を使ったような民芸品など、とっても興味を惹かれました。

“鹿追町” は十勝平野の北西部にあり、その北部は “大雪山国立公園” の麓に位置するため標高が高く、市街地でも200~300m、農耕地は500mを超えるところも少なくありません。
その冷涼な気候が、美味しい蕎麦を育てます。

そして北海道で一番高い場所にある湖、“然別湖(しかりべつこ)” は標高810mの位置にあります。



道の駅の配置はご覧のようになっています。
道の駅自体はこの配置図の左下にある小さな施設ですが、全体ではこのように大きな公園になっています。



この大きな建物は “鹿追町民ホール” で、大小のホールや陶芸工作館などがあります。





公園の中心部には “カリヨン” と “噴水” があり、町民の憩いの場となっています。

写真にはありませんが、公園内に “神田日勝記念美術館” があり、ここには農民画家であった “神田日勝” の代表作や遺品が展示されています。

この方は東京都練馬の出身ですが、戦争疎開で鹿追町に移住し、農業の傍ら油彩画を制作しましたが、32歳の若さで亡くなられたのだそうです。

さて次は、同じ鹿追町にある、もう一つの道の駅に向かいます。




試し読みできます

乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”

次は10km離れた、同じ鹿追町にある
道の駅うりまく へやってきました。









ここは “ライティングパーク” という看板にあるように、乗馬体験ができる道の駅です。
道の駅で乗馬ができるのは、全国的にも珍しいと思います。



建物の門が “蹄鉄” の形をしていますね。
ここはトイレですが、その裏に “ウリマックホール” という、町の活性化施設があります。



広い駐車場の右手奥に、道の駅の本体の建物があります。
そして正面には、白い柵のあるとっても広い広場があります。





これが馬が走るコースのようです。
全体の配置図をみてみましょう。



柵に囲まれた敷地の中は36ホールの “パークゴルフ” があり、その周りが競馬のコースになっています。
ここでは乗馬体験の他、“ホースフェスタ” や “競ばん馬大会” などのイベントが行われます。





これが右奥にあった道の駅本体の建物で、先ほどの配置図には “管理棟” と書いてあります。
手前に並んだ、“干し草ロール” に描かれた動物の顔がとっても可愛いですね!



管理棟の隣にあるもうひとつの建物は、“厩舎” です。
ここには、白い馬が1頭、おとなしく繋がれていました。





そして二つの建物の間を奥に入ると、そこには四角と丸の二つの “馬場” があります。



柵の中でお馬さんの手入れをされている姿が見えました。



では、道の駅の本体である管理棟に入ってみましょう。
管理棟といっても、ここは土産物などの直売所と、軽食のレストランです。





ここに面白いものを発見しました。
この馬の作り物は、“ライディングシミュレーター” といって、乗馬の練習をする馬ロボットです。

全国に数台しか無いそうで、本物の馬と同じ大きさに作ってあり、1回90秒で200円で乗れます。(^∇^)





店内にはまさに、乗馬に関するグッツばかりがたくさん並んでいました。
私たちは、お馬さんの可愛いストラップをひとつ買いました。

さて、予定ではこのあと士幌方面の道の駅へ向かうようにしていましたが、ひとつだけ心残りになっている事がありました。

テレビ番組などでよく目にする “然別湖(しかりべつこ)” です。
これは同じ鹿追町にあり、この道の駅からは20分ほどの距離です。

往復だと40分のロスにはなりますが、今回を逃したら訪れることはないと思うので、行ってみることにしました。



道の駅からの位置関係はご覧の通りです。

“然別湖” は大雪山国立公園に所属し、元々東大雪系の火山噴火により、河川が堰き止められてできた湖です。
自然湖としては北海道で最も高い、標高810mにあります。

ですから、距離は18kmでしたが、山の中をぐんぐん上って行きました。







この日はほとんど人影もなく、湖は静かにたたずんでいました。
この然別湖が特に脚光を浴びるのは冬場です。

湖全体が凍結しますから、そこでは様々なイベントがあり、全国から人が集まります。



これは2015年度のチラシで、1月24日(土)から始まりますが、“氷上露天風呂” とか、“アイスバー” とか、実に楽しそうです。

冬場の寒さを逆手に取った町おこしとして、素晴らしいと思います。








読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について