目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

41 / 157ページ

試し読みできます

ししゃもが名物!“むかわ四季の館”

3日目になり、最初に向かった先は
道の駅むかわ四季の館 です。





3日目のこの日は、いよいよ十勝方面です。

全部で7カ所と昨日より道の駅の数は少ないのですが、それぞれの距離が遠いので結構行程が厳しいのです。
ですから、登別のホテルを出発したのはいつもより早い7時半でした。

まず “道央自動車道” に乗って苫小牧に向かいます。
苫小牧のジャンクションから日高方面に進路をとると、ここからは無料区間になります。

“鵡川IC” を下りると、そこから道の駅まではわずかな距離です。
登別のホテルから1時間13分かかりました。





むかわ町役場に隣接するこの道の駅は、敷地がすっごく広くて駐車場は200台のスペースがあります。

上の写真の右側にある高い建物は “ホテル四季の風” という全16室のプチホテルです。
建物内には25m6コースの温水プールを始め、湧水プール、ジャグジー、高温サウナがあります。

また、トレーニングジムや、大浴場、露天風呂、図書館、360席の多目的ホールなどが備わっており、いわばむかわ町の公共施設のような存在になっています。





5~6階建てのホテルの横の玄関をはいると道の駅の物産館があり、そのレジと、ホテルや温泉のフロントは一緒になっています。







物産館の奥には、“喫茶「四季」” があり、更に “食事処 「たんぽぽ」” がありますが、まだ朝早い時間ですから開いていません。



そしてこんなコーナーも!



冬季オリンピックで活躍した “田畑真紀選手” がこの町の出身なんですね。

“むかわ町” は雄大な太平洋に面していますが、東西および北側は日高山脈の外緑部に囲まれています。
町の中央を一級河川である “鵡川(むかわ)” が流れており、その河畔には、日本一のタンポポの群生地が有名です。





再び物産館に戻ってくると、この “ししゃも” というでっかいのぼりが気になります。



実はこの旅に出る少し前に何かのテレビ番組で見たのですが、むかわ町は “ししゃも” が最大の特産なのです。

ここでは毎年10月から11月までシシャモ漁が解禁になります。
ここは全国で唯一 “ししゃも寿司” が食べられる場所です。

そのテレビ番組によると、ししゃもというのは獲ってからすぐでないと生で食べられない魚だそうで、1年の中でもこの解禁の限られた期間だけ味わえるのだそうです。


(参考画像としてHPよりお借りしました)

むかわ町内にはこのししゃも寿司を始めとするししゃも料理を味わえるお店がいくつもあり、期間中の特に土日などは全国からやってくるファンでいっぱいになるのだそうです。

この物産館でもさまざまなししゃもの加工食品が売っていましたが、私が土産に買ったのは、このししゃもの昆布巻きです。



ところで、ししゃもって漢字で書くと “柳葉魚” と書きますね。

むかしこの地域で食べ物がなく飢餓に陥っていたとき、集落からひとつも煙が上がっていないことでそのことに気が付いた女神が、柳の葉っぱに魂を入れて鵡川に流したところ、それが魚になって泳ぎ始めたという伝説から、この名前がついたのだそうです。




試し読みできます

競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”

次は、私が楽しみにしていた一つである
道の駅サラブレッドロード新冠 (にいかっぷ) にやってきました。





太平洋沿岸に沿って襟裳岬方面に走る国道235号 “日高路” は別名 “サラブレッドロード” とも呼ばれます。

むかわの道の駅から新冠の道の駅までは48km、50分の道のりですが、このルート、北海道の中で私が好きなドライブコースのひとつです。
“サラブレッドロード” の名の通り、このルート沿いにはいくつもの牧場があり、サラブレッドが育てられています。

道路の左手には牧草地で草を食んだり、軽く駆け回っている馬たちの姿が見られ、右手には雄大な太平洋の海原がどこまでも広がっていて、地球の丸いのがわかるような気がします。

特にこの日のような晴天に恵まれると、それは素晴らしい景色なのです。





道の駅に到着してまず目に付くのが、この精悍な姿をしたサラブレッドの像です。
これは、“昭和の怪物” といわれ、日本競馬界に一大旋風を巻き起こした “ハイセイコー” です。

このハイセイコーを始め、日本の競走馬の約8割が、ここ日高管内で生産された馬なのだそうです。



その向こう側に目立つタワーが見えます。
ここは道の駅に隣接した “レ・コード館” ですが、タワーは “優駿の塔” と言って、その展望室は25mの高さがあります。

ここには全国から集められた74万枚ものレコードや懐かしい蓄音機が収蔵されており、国内最大級のスピーカーシステムで試聴することができます。

“レ・コード館” と、途中に点がありますが、これは “RE・CORD” であり、次のような意味があります。

「RE」: リターン(RETURN) リメンバー(REMEMBER) リフレッシュ(REFRESH)
「CORD」: ラテン語で “心” の意味


つまり、「レ・コード」 は、“心の再生、やさしさ、ゆとり、やすらぎ” といった広い意味を含んでいるのだそうです。

“新冠町” はこのように、“レ・コードと音楽によるまちづくり” に取り組んでいるのです。





もう一つこの道の駅で目立つのが、この蹄鉄の形をした競走馬の碑です。
この町で育ち、競馬界で活躍した競走馬が、1頭づつ写真入りで、受賞した賞とともに紹介されています。





この碑は道路沿いにずらりと並んでいるほか、ご覧のように通路の両脇やレ・コード館の周りなど、一体何頭分があるのか数え切れません。

なぜ日高地方がこれだけの名馬の産地になったかというと、明治5年に開拓使が馬の生産と品種改良を図る目的で官営の “新冠牧場” (後の新冠御料牧場) を開いたのが始まりだといわれています。

これが長い年月を経て、国内の競走馬の8割までもを生み出すまでに発展したのです。



こちらが道の駅の建物です。



そしてこれが道の駅の駐車場なのですが、何か気が付かれましたか?
駐車場の地面の円、これはレコードが描かれているのです。





これが道の駅の入り口です。
店内にフラワーショップがある関係で、入り口の周りにもきれいなお花がいっぱいです!











数々の名馬を生んできた誇りと、豊かな自然、それに加えて音楽によるまちづくりと、新冠はこれからも特色ある地方都市として発展してゆけるだろうと思います。




試し読みできます

マリンレジャーの拠点!“みついし”

サラブレッドロードを更に40分ほど走り
道の駅みついし に到着しました。









新冠の道の駅から距離にして33kmですが、やはりサラブレッドを育てる牧場が続きます。
この道の駅も、道路を挟んだ反対側は牧場で、草を食む馬たちの姿が見えます。





立入禁止の看板がありますが、とってものどかな風景です。
遠くには日高山脈の山々が見えます。





白い馬がすぐそばまで近づいてきました。
とっても人懐っこい馬で、つい親しみを覚えました。(^∇^)



道の駅はご覧のような配置です。
一番左の端には、“みついし昆布温泉 「蔵三」” があります。



ここは日帰り温泉の他、宿泊や食事もできます。
太平洋を一望する露天風呂が自慢です。

そして道の駅の本体がこちらです。



左が “特産品販売センター” で、右手が “センターハウス” です。





このセンターハウスが道の駅の本体なので、まず入ってみました。







ここは2階がレストランになっていますが、1階は広い空間で、がらんをした感じです。
特徴は、シャワー室や、コインランドリーが備わっていることです。

実はこの道の駅、すぐ裏が “三石海浜公園” になっていて、海水浴場の他、オートキャンプ場、バンガロー、ロッジ、各種遊具などが整備され、マリンレジャーの拠点になっているのです。

そしてこの道の駅は、その受付や管理をするセンターハウスを兼ねています。





これが案内板とパンフレットにあった海浜公園の略図です。
ここでは漁業体験などのイベントも行われています。

もう少しイメージが湧くように、パンフレットから1枚写真をお借りしました。



ここは “バンガローゾーン” という場所ですが、それぞれの建物がとってもお洒落なのがお分かりですね!



さて、今度は隣にある “特産品販売センター” に入ってみました。





漁業の町らしく、天井にはいくつもの “大漁旗” が飾ってあります。

現在は “新ひだか町” という地名ですが、ここ “旧三石町” は “昆布” の産地として全国に知られています。
その昆布を中心とした様々な海産物があり、私たちも土産を買いました。


さて、この国道235号をそのまま進めば、“襟裳岬” に至ります。
6年前に来た時はここから襟裳岬を観光し、“黄金道路” と呼ばれる東側の険しい道路を辿って十勝に入りました。

その時もお天気はまずまずだったのだけど、襟裳岬に着くと濃い霧の中であたりは全く見えませんでした。
そのリベンジをしたいのだけど、今回は時間が足りません。

この先、浦河から山手に入り、日高山脈を越えてまっすぐ十勝に向かいます。




試し読みできます

いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”

日高山脈を越えて十勝にはいり
道の駅コスモール大樹(たいき) にやってきました。





三石の先、浦河を少し過ぎたあたりから国道236号に進路を変え、日高山脈を越えます。
このルート、道路はきれいですからほとんど厳しいところはありません。

驚いたのは、この山手に入ってからも馬の牧場が次々に現れたことです。
太平洋沿岸のサラブレッドロードの場合は見渡す限りの牧草地でしたが、こちらはそれよりは狭いような気がしました。

その代り、道路の両方に牧場がありますから、こんな看板が至る所に立っています。



文字が薄いので読みにくいかもしれませんが、“馬横断注意” と書いてあります。
これは一例ですが、いろんなタイプの看板が道路沿いにたくさん掲げられていました。

無事に山脈を越えると、襟裳岬から黄金道路を通ってきた国道に合流します。
前回通った道で、“黄金道路” というのは太平洋東海岸に沿った険しい道路で、黄金を敷き詰めたくらいお金がかかったことで、この名がついています。



道の駅コスモール大樹は、“広尾郡大樹町” の商業施設などが立ち並ぶ町の中心部にあります。





建物は2棟あって、正面の白い3階建てが “大樹町経済センター” 、その右手の大きな平屋建てが “ショッピングセンター コスモール” です。

“経済センター” というのは変わったネーミングですが、ここは “大樹町商工会” の事務所も入っており、運営に深く関わっているのだと思います。







では、その “大樹町経済センター” と書かれた建物に入ってみます。







ここにはまず十勝バスの切符販売所があり、観光情報コーナーや特産品の展示、販売があります。
2階には多目的ホールと展望ロビーがあり、3階が大樹町商工会の事務所です。

いつもの道の駅登録証は、嫁がさんざん探し回っていましたが見つかりませんでした。



そして隣にあるのが、“ショッピングセンター コスモール” です。
ここは経済センターから、建物の中を通って直接入ることもできます。





ここは衣類や食料品を取り扱う、普通のスーパーマーケットです。

地元の方々の普段の買い物、そして地域住民のイベントなどでの交流の場所としての道の駅だと思います。




試し読みできます

ナウマン象のまち!“忠類”

国道236号をそのまま北に9km走ると
道の駅忠類 (ちゅうるい) があります。









十勝に入ってやってきた2カ所の道の駅、それにこれから行く2カ所も含めてこの付近を、“南十勝夢街道” と呼びます。

十勝特有の高い空、連なる山々、広がる大地がそこにはあり、自然豊かな雄大な風景が広がるのです。



この道の駅、看板に “ナウマン” という言葉がいくつも出てきます。
その理由が、この “ナウマン公園” の中にありました。



道の駅に隣接するこの広い公園が “ナウマン公園” ですが、その芝生広場の中心にゾウの親子が見えますね。
拡大してみましょう。



これが “ナウマン象” の親子です。

“ナウマン象” というのは、2~3万年前まで日本列島や東アジア大陸に生息していた古代の生物です。

体の高さが2.5m~3m程とやや小型で、氷河期時代の寒冷な気候に順応するために全身が体毛に覆われ、皮下脂肪が発達していたと伝えられています。

このナウマン象の化石が、1969年(昭和44年)にここ忠類村の農道工事現場で偶然発見されました。
作業員がツルハシで側溝を掘っていたところ、湯たんぽのような模様のある楕円形の塊が出てきたのですが、そばにいた測量助手の少年が、理科の教科書に載っていた象の歯に似ていることに気が付いたのです。

これがナウマン象の歯であることが分かったことから、忠類村には全国から研究者が集まり、全身の70~80%の化石が発見され、これにより全身骨格の復元ができたのです。





この美しい公園のほぼ中央にあるこの建物が、“忠類ナウマン象記念館” です。
ここにはナウマン象の全身骨格復元模型を始め、様々な資料が展示されています。

この博物館の建物は、1988年に第1回北海道建築賞を受賞しているのですが、上空から見ると、ナウマン象の胴体、足、頭部、長い鼻と牙など、ナウマン象自体を表現しているのだそうです。



ですからこの町ではいろんなものに “ナウマン” の名前がついていますが、ご覧のように町の街灯もナウマン象でした。(^∇^)







上の2枚の写真が道の駅の建物、そして一番下が全体の配置図です。
ナウマン公園がいかに広いかがお分かりだと思います。



この写真が、配置図の一番左側にあった “ナウマン温泉” です。
源泉100%のアルカリ性単純泉です。


それからもうひとつ、先ほどの配置図の一番上に、“パークゴルフ場” が2カ所あったと思います。

ここ “幕別町” は、“パークゴルフの発祥の地” なのです。

「3世代が一緒に楽しめる町の新しいコミュニティスポーツ」 を模索していた町の職員が、グラウンドゴルフを参考に、芝生があって起伏もある運動公園に塩化ビニールの管を埋めて初めて作ったのがこの “パークゴルフ” です。

これが全国に広がり、今ではオーストラリアを始めとする海外でも楽しまれているそうです。
幕別町には、町営、民営をあわせて14カ所のコースがあって、多くに人たちがプレーを楽しんでいます。







道の駅は土産物と軽食だけの比較的シンプルな内容です。

前回来た時はここでソフトクリームを味わった記憶がありますが、今回は次の道の駅の楽しみにとっておくことにしました。



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について