目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

33 / 157ページ

試し読みできます

北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”

次は、今来た道を再び戻り
道の駅230ルスツ にやってきました。







ここは今朝出発したホテルからわずか2kmほどの距離で、開店前の道の駅を一旦素通りして道の駅とうや湖に行き、再び戻ってきたのです。



この図面の下部に国道230号がありますが、洞爺湖方面から戻ってきて次はニセコ方面へ行くので、ほとんど距離的に無駄はありません。







道の駅は、左の “農産物直売所” と、右のガラス張りになっている “レストラン” の二つの建物があります。

“留寿都村” は農業と観光の村です。
昨日私が泊まった “ルスツリゾート” は、道内最大級のリゾートといわれています。



これはパンフレットにあった、この周辺の略図です。

留寿都村は、“長期滞在型リゾート” を目指しており、大自然の中でゆったりと時を過ごすための、ゴルフ、乗馬、サイクリング、温泉、熱気球、ラフティング、スキー、スノーモービルと、あらゆるアクティビティを用意しています。

宿泊も、ルスツリゾートだけでなく、ペンションや民宿もたくさんあります。
それに、とにかくこの付近、景色が良いのです。



羊蹄山ももちろん望めますが、この山はルスツリゾートの背後にそびえる、“橇負山(そりおいやま)” といいます。
ハンググライダーの発信基地にもなっており、今回は見られませんでしたが、以前来た時はいくつものハンググライダーが空を舞っていました。



この建物がレストランですが、この時間、まだオープンしていません。
隣の農産物直売所に入ってみました。







農業の村だけあって、様々な農産物が所狭しと並んでいます。





色んな種類の乾燥野菜だとか、“くんたま” なる不思議な食べ物も売っていましたが、それぞれに工夫を凝らした説明書きがあるのも、なかなか親切です。

さてこの道の駅、施設としてはこの二つの建物しかないですが、道の駅の裏側には広大な公園があります。



“ルスツふるさと公園” といいますが、左下にちょこっとある道の駅の建物の大きさに比べて、如何に広大な面積かが分かりますね。

美しい景観と自然環境に恵まれた留寿都村のシンボルになっていると思います。


 


試し読みできます

羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”

この日の3カ所目は、ニセコ方面へ7km
道の駅真狩フラワーセンター(まっかり) に12分で到着しました。







この道の駅からは、真北に “羊蹄山” が望めます。
道の駅の中では、最も羊蹄山に近い位置にあります。





海抜1898m、蝦夷富士とも称される “羊蹄山” は雲がかかって全景が見えないことが今まで多かったのですが、今回の旅では実に綺麗に全身を見せてくれました。

ここ “真狩村(まっかりむら)” は、その羊蹄山を仰ぎ見る、絶好のロケーションに恵まれています。



これが道の駅の全景です。
奥の方に、温室が見えますが、これを “ガラスハウス” といいます。



ここは平成9年に、花卉の生産振興、花をテーマとした観光拠点にする目的でオープンし、その後リニューアルして道の駅になったものです。

全体で4万平方mという広大な敷地に、センターハウス、ガラスハウス、円形ハウス、トイレ棟、多目的施設などが並びます。

フラワーセンターの名前の通り、ハウス内には特産のユリを始めとするさまざまなお花が育てられています。



では、中に入ってみましょう。







入り口でまず出迎えてくれたのは、この大きな熊のはく製です。

この熊、名前を “熊太郎” といい、10歳位のオスで、体重320kg、体長180cm、立ち上がると2m70cmにもなるそうです。

2009年10月初旬から真狩村に出没していた熊太郎は、10月13日からトウモロコシ畑に居座り、畑を荒らし続けていました。

地元のハンターや役場の職員が罠を仕掛け、長期間見回りを続けた結果、30日になってようやく捕獲できたのですが、生け捕りは難しく、ライフルによって仕留められたのだそうです。

収穫できなかったトウモロコシ畑は3haにおよび、甚大な金銭的被害を受けました。
その捕獲に携わった人たちの労苦を讃えて、ここにはく製として展示されているものです。

さて、この道の駅、もう一つ紹介したいものがあります。



熊太郎のはく製の向こう側に、でっかいポスターがありますね。
ここ、真狩村が生んだスター、“細川たかし” です。





この道の駅には、“細川たかし展示コーナー” があり、ポスターを始めとする様々な関連グッツや資料が展示されていました。



こんなブロンズ像も立っていました。(^∇^)
これとは別に、村内の “真狩川河川公園” には、羊蹄山を背景に “唄う細川たかし” の銅像が立っています。


(観光パンフレットより借用)

ご覧のように、真狩村には2kmにわたって4万本のユリが沿道を彩る “フラワーロード” や、“スノーモービルランド” などの観光スポットがあります。

スノーモービルランドでは、毎年3月上旬に雪上カーレースなどのイベントもあるそうで、ほとんど雪の積もらない九州の住民としては、一度は見てみたい気がします。


試し読みできます

ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”

次は11km離れた
道の駅ニセコビュープラザ を目指しました。





真狩村の道の駅を出ると、しばらくは羊蹄山に向かって走ります。



日本百名山の一つ、蝦夷富士 “羊蹄山” への登山口は、“倶知安コース” “真狩コース” “京極コース” “喜茂別コース” の4つがあります。

ここ真狩村が、“真狩コース” の登山口ですが、山頂までの標高差は1450mあり、コースタイムは登りが5時間半、下りは4時間で、4つのコースの中で一番長くかかります。

その美しい羊蹄山を眺めながら13分ほど走り、ニセコビュープラザに到着しました。









“ニセコ” といえば、オーストラリアを始めとする海外からもパウダースノーを求めてスキーヤーが大勢やってくる、北海道を代表するスキーリゾートの一つです。

ここは東側に “羊蹄山” 北部には、“ニセコアンヌプリ” を主峰とする “ニセコ連山” に囲まれており、ウインタースポーツだけでなく、夏場には登山・トレッキング・サイクリング・カヌー・ラフティング・フィッシングなどのアクティビティが楽しめるアウトドアスポーツのメッカです。

ニセコ連峰は国定公園に指定されていますが、“ニセコ町” の13.5%が自然公園という正に観光の町で、道の駅はその玄関口にあります。



道の駅はご覧のような配置です。
更に建物部分だけ拡大すると、次のようになります。







この2枚の写真が、“トイレ棟” “情報プラザ棟” になります。
情報プラザ棟に入ってみました。







道の駅スタンプやパンフレットなどはここにあり、ニセコの色んな土産物が揃っていました。





こちらが “農産物直売所”“テイクアウトコーナー” の建物です。

これらに囲まれて “中庭” がありますが、これがなかなか雰囲気が良いのです。







羊蹄山の全体がきれいに見えるロケーションですね。
美しい風景に憧れて大勢の観光客が訪れる “ニセコ” 、その玄関口にふさわしい道の駅だと思います。



試し読みできます

広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”

次の目的地は
道の駅らんこし・ふるさとの丘 です。







ニセコの道の駅からは、24km、36分で到着しました。
“蘭越町(らんこしちょう)” には、ここの他に、前回の旅で訪問した “シェルプラザ・港” の2つの道の駅があります。





この道の駅は、6年前に来た時とはなんだか違った印象を受けました。
前回は、閉店時間の17時を10分ほど遅れたため中に入れず、次の日にもう一度来た覚えがあります。

おそらく建物の外壁を塗りなおしたのではないかと思いますが、白い建物がすごくきれいなのです。



道の駅の配置はご覧のようになっていて、メインの “直売センター” の他、とんがり屋根のトイレの建物と、もうひとつ “交流体験施設” があります。



これがその “交流体験施設” です。
この日は閉まっていましたから、何もやっていなかったのだと思います。





では、“直売センター” に入ってみます。







ここには、地元の農作物を使った漬物類がたくさん並んでいます。
結構珍しものが多く、前回来た時に土産に買った覚えがあります。

再び外に出て、裏手に回ってみるとそこには広大な公園が広がっていました。
前回来た時は、まったく気がつかなかった風景です。







裏手から階段を降りるようになっていましたが、この広大な芝生公園にはパークゴルフ場があり、その先にはキャンプ場やバンガロー、それに野外ステージもあります。




これがその全体図で、“リンリン公園” というのだそうです。

6年前はこの公園にも気が付かず、こじんまりとしたやや印象の薄い道の駅に見えたのですが、ロケーションに恵まれた美しい環境の道の駅であると、あらためて見直しました。





試し読みできます

人気のパン工房!“くろまつない”

この日の6カ所目は
道の駅くろまつない で、15km、15分で到着しました。







ここは国道5号に沿っており、前回9月に洞爺湖のホテルから寿都の道の駅に行く際、この前を素通りしました。
6年前に来た時は、夕暮れで時間もなく、ゆっくり見ていない道の駅なのです。





“黒松内町” は、“ブナの日本最北限” として知られています。

“ブナ” の樹は南は鹿児島県の大隅半島から、北は北海道の渡島半島まで分布しており、寿都と長万部を結ぶ “黒松内低地帯” が北限といわれています。

黒松内町にある “歌才(かさい)ブナ林” が日本最北限として “天然記念物” に指定されています。

でも、このブナの北限は1万年前は東北南部にありました。
地球の温暖化にともなって6000年前に函館あたりに北上し、この黒松内付近が北限になったのはおよそ1000年前だそうです。

温暖化の進行でこの先、もっと北限が伸びることは十分に考えられます。







この道の駅は、正式な名前を “toit vertⅡ(トワ・ヴェール・ドゥー)” といいます。

“Ⅱ” となっているのは、別のところにもう一つ “toit vert” があるからなのですが、これはフランス語で、“緑の屋根” を意味するそうです。









店内は木材をふんだんに使った、とっても雰囲気の良い内装です。
ここは、手作りパン工房や、ピザのお店が人気です。





ここにはとっても広くて開放的なレストランがあります。
ピザ工房の “ピザドゥ” に注文したり、焼き立てパンを買って、ここで頂きます。

私たちはガイドブックで見た評判の手作りパンを、ここで食べることにしました。



ここでは道内産の安心安全な素材とミネラルやカルシウムの豊富な湧水を使って、50~60種類ものパンを焼き上げます。



さすがに人気が高いだけあって、どれも美味しいパンでした。

窓の外には、変化に富んだ全18ホールのパークゴルフ場があります。





味も景色も雰囲気も、大満足の道の駅でした。







読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について