目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

24 / 157ページ

試し読みできます

とっても小さな道の駅!“いわない”

国道229号を更に18km北上し
道の駅いわない へやってきました。







ここは積丹半島(しゃこたんはんとう)の付け根にあたります。
“岩内郡岩内町” は、人口が約1万4500人の漁業、農業を主力産業とした町です。

特に “アスパラガス” は日本での発祥の地になっています。
大正11年に農学博士の “下田喜久三” 氏がこの地で初めて栽培に成功し、それが全国に広まったのだそうで、アスパラは岩内を代表する特産品のひとつです。



ここは一般の道の駅のように、道の駅の敷地内に駐車場はありません。

何カ所かに分散してスペースがあるのですが、私は6年前に停めたところを覚えていたので、道の駅から2~300mほど離れた、“木田金次郎美術館” と兼用のパーキングに駐車しました。



この写真が “木田金次郎美術館” で、駐車場と道を挟んだ向かい側にあります。

“木田金次郎” という人物は、有島武郎の小説「生まれ出づる悩み」のモデルとなった岩内町出身の画家です。
網元の次男として生まれ、生涯この岩内を離れることもなく、漁師をしながらこの地の自然を描き続けました。

美術館は、長男である木田尚斌氏の設計により、1994年に開館しました。



道の駅は、そこから少し歩いたところにあります。
これは道路を挟んだ向かい側から撮った写真です。

ヨットをイメージしているそうで、確かにヨットが帆を張っているように見えますね。

ここは元国鉄岩内駅の跡地であり、道の駅や先ほどの美術館、それに岩内地方文化センターなどの付近一帯を “岩内マリンプラザ地区” といいます。





道の駅の壁に、こんな案内が貼ってありました。



このトイレは、先ほどの “木田金次郎美術館” の隣の公園の中にあります。



つまり、道の駅には専用の駐車場はおろか、トイレさえ無い、ということです。(^▽^;)



道の駅の玄関では、こんなキャラクターが迎えてくれました。
岩内のゆるキャラで、“たら丸” です。

岩内は、北海道におけるスケトウダラ延縄漁業発祥の地であり、その “タラ” から名付けられたものです。



このたら丸くん、「第1回ゆるキャラ日本一決定戦」 で全国準優勝を果たしたつわものです。







道の駅は正式名称を “ガイドセンターたら丸館” といいます。
どちらかというと、観光案内所がメインで、土産物なども並んでいます。

ですから、この施設自体としてはごく小さいのですが、各地への観光の拠点となるだけに、お客さんの出入りはとても多いです。

そして、もうひとつ今回楽しみにしていることがありました。
この道の駅をすこし先に行ったところに、おいしい食事処があるのです。





“焼き魚定食” がメインで、漁港らしく10種類ほどの魚から選ぶことができます。
前回食べたホッケの焼き魚定食をもう一度食べたくて、早速行ってみました。

でも・・・・
時間がちょうどお昼時で、人気店だけあって店内はぎっしりの満員、しかも待っている方がずらっと並んでいます。

迷った末、次の道の駅に期待することにして、併設された特産品販売所で買い物だけ済ませて出発することにしました。


試し読みできます

台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”

次に目指すのは積丹半島にある
道の駅オスコイ!かもえない です。







“神恵内(かもえない)” という地名は、アイヌ語で “美しき神秘な沢” という意味の “カムイナイ” が語源なのだそうです。
この神恵内村がどこにあるのかを再確認しておきましょう。



ご覧の通り積丹(しゃこたん)半島の日本海側になります。

この日本海沿岸の “追分ソーランライン” が荒々しい奇岩の続く海岸線であることは既に紹介しましたが、特にこの積丹半島にはいると更に絶景スポットが連続します。

残念ながら今回途中で車を停めることができず、あんまり良い写真がないので、パンフレットから1枚だけお借りしました。



(神恵内パンフレットから一部を切り抜き)

この青い海を特に、“シャコタンブルー” と呼びます。



この道の駅は実は、私は初めて訪れます。

2004年(平成16年)9月の台風18号でこの道の駅は壊滅的な被害を受け、一旦閉鎖されてしまったのです。
そしてリニューアルして再開したのが、2010年(平成22年)4月なのです。







道の駅は意外とシンプルでした。
そして、今まで何度も見た、“にしん街道” の標識も立っていました。

神恵内もやはり江戸時代からニシン漁が盛んで、本格的な村づくりが始まった明治時代に最盛期を迎え、繁栄の象徴ともいえる “ニシン御殿” が立ち並んだものです。

ですが大正元年に全道一の漁獲量を記録したのを境に水揚げは年々減少し、ニシン漁は衰退してしまいました。

現代の神恵内は、“育てる漁業”“観光業” を2本柱に村の活性化に取り組んでおられます。





道の駅の中に入ってみると、まず正面には観光案内を兼ねた、レジカウンターがあります。







店内はごくシンプルで、最大の特徴としては、この中央に置いてある “水槽” です。
この水槽には、神恵内が育てる漁業として取り組んでいる中のひとつである “ホタテ” が入っています。

それ以外の商品も多少は壁側に並んでいますがごくわずかで、店内の半分ほどはテーブルと椅子だけの休憩コーナーでした。

岩内の食事処でホッケの焼き魚定食を諦め、このかもえないのレストランに期待した私たちは、見事に裏切られてしまいました。

次の道の駅までは1時間以上かかります。
それまでお腹が持ちそうにないので、店内に唯一売っていた饅頭を買って、休憩コーナーでお昼ご飯代わりとしました。



次は、積丹半島を横断し、半島の反対側の付け根にある、“余市” を目指します。







試し読みできます

宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”

4日目の最後の目的地は
道の駅スペース・アップルよいち です。





前回来た時は積丹半島の先端をぐるっと回って余市に向かったのですが、今回は半島の真ん中を横断する最短距離をとりました。






正面の駐車場はいっぱいで、ガードマンの指示で裏の駐車場に回ったのですが、そこには本州ナンバーを始めとするキャンピングカーがいっぱい!

ワゴンタイプのものも含めると、20台以上は停まっていたと思います。
手ごろな大きさのカッコいいキャンピングカーもあって、しばらくうっとり!( ̄▽+ ̄*)





これが道の駅の施設の正面ですが、“余市宇宙記念館「スペース童夢」” といいます。
余市は、日本初の宇宙飛行士 “毛利衛” さんの出身地で、それに因んで宇宙に関する様々な学習体験のできる施設として作られました。

ここは第三セクターが運営していたのですが、残念ながら2008年(平成20年)12月で清算され、施設も一時休館になっていました。

その後、町営施設として規模を縮小し、季節営業で2010年4月に再開されたものです。





その宇宙記念館の裏側に回ると、そこが道の駅です。
こんな案内板もあります。



間違って宇宙記念館の方に入ってゆく方もいるのでしょうね!





館内はさすがに宇宙に関連するグッツや、科学のおもちゃなどが並んでいます。
上の写真にツナギのような服がぶら下がっていますが、これは “宇宙飛行士のユニホーム” です。

子供の夢が叶いそうな商品ばかりです。
そして、部屋の奥にはこんなものがあります。



“錯覚の部屋” と書いてあります。
無料なので早速入ってみます。



これがその中なのですが、要するに床も壁も傾いているのです。
無重力だともしかするとこんな気分なのかもしれませんが、先端の出口まで歩いてゆくだけで、目が回ったようになります。

気分悪いです!(笑)



再び外に出ると、隣にもう一つ建物があります。
ここは、普通の土産物店になっていました。

さて、先ほどの宇宙記念館の建物ですが、その壁に大きな看板がありました。





ひとつは、「スペースデブリ特別展」 の案内、そしてもう一つが、「連続テレビ小説マッサン」 の紹介です。

実はこの道の駅のすぐ隣が、“ニッカウヰスキー余市蒸溜所” なのです。
そして “マッサン” こと “竹鶴政孝” がニッカウヰスキーの創業者です。

“ニッカウヰスキー余市蒸溜所” は、無料で工場見学ができ、試飲などもあります。
この日はこの道の駅が最後で、あとは小樽市内のホテルに向かうだけです。

少し時間にも余裕があるので、工場見学をしてゆくことにしました。
そのお話は、次回紹介したいと思います。


試し読みできます

工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”

せっかく余市の道の駅に来たのだから、隣にある
ニッカウヰスキー余市蒸溜所 を見学することにしました。



道の駅はこの図の、右上のところにあります。

工場はすぐ隣ではあるのですが、なにせ全体が広いので、正門にある受付までは、国道229号をしばらく歩かなければなりません。



工場の壁が見えましたが、入り口はまだしばらく先です。

受付に到着し工場見学をしたい旨伝えると、まずパンフレットを頂きました。
中の写真を撮って良いか確認すると、「構いません」 との返事で一安心!

そして、「お車ですか?」 との質問に 「そうです」 と答えると、これを渡されます。



工場内には試飲の場所がありますから、これをこのように胸に貼り付けます。



当然飲んだりはしませんが、一目でわかってなかなか良いと思います。
でも、私の胸に貼っていたこのシールは、いつの間にか剥がれてなくなっていました。(^^;)







これらは、正門から入った入り口付近です。
工場見学は17時までですが、私たちが入ったのは確か16時前後だったと思います。

この日は土曜日ということもあるのでしょうが、見学の人たちの多さにびっくりしました。
やはり “連続テレビ小説 マッサン” の影響だと思います。

私はNHKの連続テレビ小説なんて今まで一度も見たことも無いし、“マッサン” という番組もここへ来て初めて知りました。



私がここを訪ねた日はまだ “マッサン” の放送は始まっていません。

ですから、余市宇宙記念館のまえには、このように “連続テレビ小説「マッサン」の初回を見る会” なる看板が立っていました。(笑)

ちなみに私は、折角ニッカウヰスキーの工場見学までした手前、この放送は毎日録画し、休日にまとめて見ています。
いや~!面白くて楽しみが増えました。(*^▽^*)



工場内部はご覧のようになっていて、工程順にこの番号に沿って見てゆきます。







3枚目の写真にある小さな建物は、ニッカウヰスキーの昔の事務所だそうです。
団体のお客さんの場合は、ちゃんと説明してくれる人がついています。

1934年、創業者竹鶴政孝は、北海道・余市をウヰスキーづくりの理想郷と考え、ここに蒸溜所を建設しました。
モルト原酒の熟成を待つ間、リンゴジュースの製造を手掛け、6年後の1940年10月になって、ついに第一号のウヰスキーが誕生するのです。

ですから、創業時の社名は “大日本果汁株式会社” であり、それを略して “ニッカ” という社名に発展したのです。





それぞれの建物の中では、実際の製造工程を見ることができ、歴史を紹介するパネルや器具を展示している部屋もあります。

途中には、マッサンと妻のリタが実際に暮らした自宅の建物も移設されていました。

見学の後半になって、“ウヰスキー博物館” があったので入ってみました。







ここはなかなかの見ごたえのある博物館で、一番奥には “有料” の試飲コーナーもありました。
博物館を出て更に奥へ進むと、“ニッカ会館” というのがあって、その2階が無料の試飲コーナーです。



これがその建物です。
何故か西洋人らしいお客さんもたくさんいます。

嫁は、自分だけ飲もうか?などと言っていましたが、元々ウヰスキーは飲めないはずです。

その隣にはレストランがあります。



更に一番奥に、売店があります。



売店に入ってみると、ウヰスキーはもとより、いろんな余市の特産品なども売っていてかなりの賑わいでした。
私達も、少しだけ土産を買って、見学を終えることにしました。





NHKの “マッサン” を見ておられる方はご存知と思いますが、「竹鶴政孝」 の実家は、広島県の竹原市にある造り酒屋です。

この町には、“道の駅たけはら” という道の駅があります。
3年ほど前にそこへ行ったとき、すぐそばにある “たけはら町並み保存地区” というのがあったので見学してきました。



その保存地区に今でも現存するこの造り酒屋が、、「竹鶴政孝」 の生家で、「ニッカウヰスキー創業者竹原政孝の実家」 であることが小さく書いてありました。

現在は、竹鶴酒造の “小笹屋酒の資料館” になっています


さて、再び道の駅に戻り、17時ちょうどに出発して小樽市内のホテルに向かいました。
この日の宿、“グランドパーク小樽” に着いたのが、17時45分でした。

明日はいよいよ最終日ですが、今回は帰りの飛行機の時間が早いので、2カ所だけ訪問して千歳空港に向かいます。



試し読みできます

羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”

最終日になり、まず最初に向かったのは、
道の駅名水の郷きょうごく です。







今回の帰りの飛行機は、14:20の千歳空港発 福岡空港行きの直行便です。
申込みが遅かったので、それより後の便が取れなかったのです。

遅くとも1時間前までには空港に着きたいので、道の駅巡りはせいぜい午前中で終わらせなければなりません。

宿泊した小樽のホテルを7:40に出発し、1時間20分で “名水の郷きょうごく” に到着しました。





この、上の写真が道の駅の本体である、“名水プラザ” で、下の写真は “公園売店施設” です。

公園売店施設の写真の右手後方、樹木の間から山の山頂が見えると思います。
これが “羊蹄山” です。

この道の駅には、羊蹄山の伏流水が湧き出しており、それが “名水の郷” の由来です。
ここは、今回の旅で私が楽しみにしていた道の駅のひとつでもあるのです。

その湧水を紹介する前に、まず道の駅の本体に入ってみます。





到着したのは丁度9時だったのですが、この道の駅は8時からオープンしています。

ここには売店とレストランがあり、特に自慢の名水を使ったミネラルウオーター、コーヒー、コーヒーゼリー、それに “京極” の名のついた日本酒などが並んでいます。





さて、店内の見学はそこそこで切り上げて、楽しみにしていた “湧水” を見に行きました。



道の駅全体の配置はご覧の通りです。
二つの池が川で繋がっており、名水プラザのすぐ横に吊り橋がかかっていますので、まずこれを渡ります。



このつり橋の上からの景色がまず見事です。



そして吊り橋を渡った先にあったのは、これ!



これは大きな切り株ですが、トイレです。(笑)
ここから坂道を下りてゆくと、湧水の場所に至ります。

その途中の景色がこちらです。





この周辺を、“ふきだし公園” といって、日本庭園のような風情です。
そして、環境庁の名水百選に選ばれている、“羊蹄の吹き出し湧水” に到着!





ここではたくさんの人たちがポリタンクなどを持ち込んで水を汲んでいます。

羊蹄山に降った雨や雪が地下に染み込み、何十年かの年月を経て湧水となって湧き出たもので、その湧出量は毎日8トンにもなります。
8トンというと30万人の生活用水に匹敵し、日本でもトップクラスだそうです。

それに水温は通年を通じて6度、という冷たさです。





水汲み場のすぐ後ろに、滝のように湧水が流れ落ちてきます。
この景色をもう一度見たくて楽しみにしていたのですが、なんだかちょっと様子が変です!



そこには土嚢が積んであり、重機まで置いてあります。



しかも、柵があって中には入れなくなっていました。

以前来た時は、湧水の滝の正面に木橋があって、そこを散策しながら正面から苔むした湧水を眺めることができたのです。
その木橋を渡った先に階段がつくってあって、もとの道の駅の駐車場に戻れたのですが、これも無くなっていました。

何らかの事情で修復作業が行われていたのでしょうが、楽しみにしてきただけに、がっかりしました。



以前通ったのとは別の階段を上って道の駅の駐車場に戻りました。
その途中には、こんな風景もあります。



この小さなお地蔵さんは、湧水口から上ってくる通路沿いにもずっと並んでいました。
駐車場に出ると、そこは “公園売店施設” のところです。



ここには観光客相手の、土産物屋さんが並びます。





そして次々にやってくる観光バスからは、外国語を話す人たちがどっと下りてきます。
北海道のどこへ行っても、政治的にはうまくいっていないはずのあの国からの観光客が多いのに驚かされます。





駐車場の隣には広大な芝生公園があり、中央が噴水です。

肝心の湧水付近の工事が早く終わって、元の美しい景色が早く戻って欲しいと思いました。


 

 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について