目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
北海道横断の旅
西洋りんご発祥の地!“なないろ・ななえ”
駒ケ岳がくっきり!“大沼公園”
ひまわり畑に隣接!“北欧の風 道の駅とうべつ”
石狩湾を望む!“石狩「あいろーど厚田」”
青い池まで2分!“びえい「白金ビルケ」”
世界最大級のハト時計が踊る!“おんねゆ温泉”
宿泊できる道の駅!“ノンキーランドひがしもこと”
オホーツク海を眺める!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

20 / 166ページ

試し読みできます

海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”

次は国道229号を35kmほど北上し
道の駅てっくいランド大成 にやってきました。





ここ国道229号、通称 “追分ソーランライン” は以前にも紹介したように、日本海の荒々しい波で削られた “奇岩” の多いルートです。







走っていると、つい車を停めて眺めてみたくなる風景が続きます。
そんな中、特に目立つのがこの奇岩です。



これは、“親子熊岩” といいます。
左側の子熊が、母熊にすがっているように見えますね。

大昔、大嵐が続いて山の食料も無くなり、飢えた熊の親子が海岸までたどり着き、見つけた蟹を小熊に食べさせていました。
ところがふとした油断で小熊は海に転落し、母親は必死に子供を助けようとしますが、濡れた岩に足を滑らせ、親子ともども海中に沈んでしまいます。

一部始終を見ていた海の神様は、子を思う母熊の愛の深さに心を打たれて親子を救い上げ、愛の形をそのまま岩に変えてしまったのが、この親子熊岩なのだそうです。





“せたな町大成区” のこの場所から、まっすぐ西に海上を27km進んだところが “奥尻島” です。
奥尻島は1993年7月の大地震と大津波で甚大な被害がありましたね。


この地はかつて “にしん漁” で栄えた町で、このルートを “にしん街道” と呼びます。





当時は随分と賑やかだったようですね。

ところで、てっくいランドの “てっくい” というのはヒラメのことです。
ですから、この道の駅のキャラクターもヒラメの “てっ平くん”“ひららちゃん” です。





この道の駅の目の前は、海水浴場になっています。







一番下の写真に写っている写真は、“てっ平・ひらら交流館” といって、1階が地元食材を使った食堂、2階は海水浴客の休憩所になっています。
建物の壁に、こんな看板がありました。



海水浴客のシャワー室は、道の駅にあるのです。
ですから道の駅は、海水浴場と一体化しているともいえます。



この道の駅の配置図を見ても、シャワー室が大きなスペースを占めていますね。





逆に道の駅自体はごくシンプルで、建物の右端の部分が “観光案内所” で常駐の案内人の方がおられ、ごくわずかなお菓子などの商品が並んでいます。



あまりにも狭い部屋の中に、この日はなぜか外国語を話すお客さんがひしめいていたので、店内の写真は撮れませんでした。

さてこれで、3日目の今日の予定は回り終えました。
6年前に来た時はここから更に北上していくつかの道の駅を回ったのですが、今回はこれで終わりとし、今夜宿泊する “洞爺湖畔” に、ここから直行します。

国道229号をちょっとだけ戻り、国道277号に進路を変えて半島を横断し、噴火湾側にでます。
八雲ICから道央自動車道に乗り、虻田洞爺湖ICまで走ると、洞爺湖畔は間もなくです。

この日の宿である “洞爺湖畔亭” まで2時間15分かかり、ホテル到着は17時10分でした。

明日の4日目は、小樽までの道の駅を巡ります。

 



試し読みできます

漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”

4日目に入り、最初に向かったのは
道の駅みなとま~れ寿都(すっつ) です。





洞爺湖畔のホテルを8時半に出発し、再び 「虻田洞爺湖IC」 から高速に乗って黒松内JCTまで走り、そこからは一般道です。

途中、“くろまつない” の道の駅の前を通りますが、これは次回の旅に組み込んでいるので素通りです。







丁度1時間かかって到着しました。

この道の駅がオープンしたのは2008年の4月ですから、6年前に来た時はオープン半年後でした。
その時は雨のなかで、写真も良く撮れなかった記憶があります。

ここは、“寿都(すっつ)漁港” がすぐ裏側にあります。





この地もかつてはニシンで栄えたようで、この標識がありました。



昨日の道の駅でも見かけた、“にしん街道” の標識です。

その手前にあるのは錆びた碇のようですが、当時使っていたものでしょうか?
この道の駅には、他にも古い漁具などが展示されています。



この船は、“保津船(ほつせん)” といって、大正から昭和初期にかけて実際にニシン漁に使われていた船なのだそうです。





建物はご覧のように斜めの土地に建っていますから、3階建ての2階部分が1階で、一番下はトイレだけの地階となっています。





再び道の駅の正面に戻ると、入り口の柱には古い写真と説明が貼ってあります。
北海道開拓時代の、建物や商店の看板のようです。

ニシン漁で栄えていた時代なのかもしれません。







この広い空間は “多目的スペース” になっていて、その一方が “物産コーナー” です。



広い窓からは漁港の様子が一望でき、なかなかの見晴らしです。
2階には “サークル活動室” が複数あり、地域のコミュニティセンターのような役割を果たしているのだと思います。


 

 


試し読みできます

100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”

国道229号を一旦30kmほど南下し
道の駅よってけ!島牧 にやってきました。







6年前にこの付近を回った時は、昨日の最後 “てっくいランド大成” から、この “よってけ!島牧” そして、“みなとま~れ寿都” “くろまつない” というルートを辿ったのですが、これだと時間がかかり過ぎます。

前回はホテル到着がかなり遅くなった反省から、今回はコースを変えたものです。





私達が到着したとき、ちょうどバイクの集団が出発して行きました。
この日は土曜日ですから、ツーリングの人たちも多いですね。





ご覧の “センターハウス” と、隣に “自然体験学習センター” があります。

ここ、“島牧村” は日本海に面していますが、少し山手に入ると、日本の滝100選に選ばれた “飛龍 賀老の滝” を始めとする、景勝地やキャンプ場などの自然に恵まれた土地なのです。

“飛龍 賀老の滝” には、松前藩の財宝が滝壺に隠されており、それを龍が守っているという伝説があります。





道の駅には、建物の左端の階段を上って入ります。
前回来た時は雨の中だったので、今回は随分印象が違います。









店内は明るくてゆったりしており、とても開放的です。
そしていろんなものが安いのです。

ここでは、ミニトマトと、ぶどうのパックを買いましたが、どちらも100円でした。
このぶどうは、このあと走りながら食べたのですが、残念ながらすっぱかった!(><;)

100円といえば、ここのソフトクリームも100円なんです。
もっとも、普通サイズは確か250円前後だったと思うけど、“ミニソフトクリーム” というのがあって、これが100円です。



ちょっと小さめではあるけど、私達にはこれで十分です。
右がバニラで、左がイチゴです。

これは旨かった!!





窓際の休憩コーナーにテーブルと椅子が並んでいて、ソフトクリームはそこで頂きました。
すぐ横に、先ほど紹介した “賀老の滝” の大きなパネルと、そこへの道順を書いたボードが置いてありました。

6年前来た時はあんまり印象に残っていなかったのですが、今回は何かすごく雰囲気の良い道の駅に思えました。


 

 


試し読みできます

世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”

国道229号を引き返し、今度は
道の駅シェルプラザ・港 にやってきました。





国道229号の今来た道を引き返し、1カ所目に来たみなとま~れ寿都の前を通過し、全部で1時間弱を走って、“シェルプラザ・港” に到着しました。

ここは、“蘭越町港町” という地名で、“シェルプラザ” というのは、ここが “貝” をテーマとした道の駅だからです。





国道229号沿いの、白一色の建物は目立ちます。
やはり、貝殻をイメージしているのだと思います。





“貝の館” という大きな看板がありました。
配置図を見ると、先ほどの真っ白の建物が “直売センター” で、もうひとつ道を挟んで、“憩いの広場” と“貝の館” があります。



これがその “貝の館” で、まさしく貝の形をしています。
館内は神秘的な海中をイメージしており、世界の珍しい貝など、1500種、5000点を展示しているのだそうです。

中を覗いてみたけど、有料だし誰もいない様子だったので、入りませんでした。







再び直売センターの方へ戻ってきました。
こちらの方は、結構お客さんが出入りしています。





入ってすぐのところはカウンターがあって、軽食のコーナーのようです。





海辺の道の駅なので海産物の加工食品が多いようです。
何故か、奥の方は照明が暗い感じがしました。

そしてこの道の駅の最大の特色はこちらです。





入り口付近に、世界の珍しい貝殻を販売しているコーナーがあります。
ほとんどが真っ白な貝で、でっかくて初めて見るような貝殻も多数並んでいました。

“貝” をテーマとした道の駅というのも、全国でここだけではないかと思います。



これは外にあった看板ですが、周辺の道の駅の位置を示しています。
この付近の他の道の駅にも同じように設置してありますが、これは分かり易いですね。

次は、ここを更に北上して “いわない” に向かいます。





試し読みできます

とっても小さな道の駅!“いわない”

国道229号を更に18km北上し
道の駅いわない へやってきました。







ここは積丹半島(しゃこたんはんとう)の付け根にあたります。
“岩内郡岩内町” は、人口が約1万4500人の漁業、農業を主力産業とした町です。

特に “アスパラガス” は日本での発祥の地になっています。
大正11年に農学博士の “下田喜久三” 氏がこの地で初めて栽培に成功し、それが全国に広まったのだそうで、アスパラは岩内を代表する特産品のひとつです。



ここは一般の道の駅のように、道の駅の敷地内に駐車場はありません。

何カ所かに分散してスペースがあるのですが、私は6年前に停めたところを覚えていたので、道の駅から2~300mほど離れた、“木田金次郎美術館” と兼用のパーキングに駐車しました。



この写真が “木田金次郎美術館” で、駐車場と道を挟んだ向かい側にあります。

“木田金次郎” という人物は、有島武郎の小説「生まれ出づる悩み」のモデルとなった岩内町出身の画家です。
網元の次男として生まれ、生涯この岩内を離れることもなく、漁師をしながらこの地の自然を描き続けました。

美術館は、長男である木田尚斌氏の設計により、1994年に開館しました。



道の駅は、そこから少し歩いたところにあります。
これは道路を挟んだ向かい側から撮った写真です。

ヨットをイメージしているそうで、確かにヨットが帆を張っているように見えますね。

ここは元国鉄岩内駅の跡地であり、道の駅や先ほどの美術館、それに岩内地方文化センターなどの付近一帯を “岩内マリンプラザ地区” といいます。





道の駅の壁に、こんな案内が貼ってありました。



このトイレは、先ほどの “木田金次郎美術館” の隣の公園の中にあります。



つまり、道の駅には専用の駐車場はおろか、トイレさえ無い、ということです。(^▽^;)



道の駅の玄関では、こんなキャラクターが迎えてくれました。
岩内のゆるキャラで、“たら丸” です。

岩内は、北海道におけるスケトウダラ延縄漁業発祥の地であり、その “タラ” から名付けられたものです。



このたら丸くん、「第1回ゆるキャラ日本一決定戦」 で全国準優勝を果たしたつわものです。







道の駅は正式名称を “ガイドセンターたら丸館” といいます。
どちらかというと、観光案内所がメインで、土産物なども並んでいます。

ですから、この施設自体としてはごく小さいのですが、各地への観光の拠点となるだけに、お客さんの出入りはとても多いです。

そして、もうひとつ今回楽しみにしていることがありました。
この道の駅をすこし先に行ったところに、おいしい食事処があるのです。





“焼き魚定食” がメインで、漁港らしく10種類ほどの魚から選ぶことができます。
前回食べたホッケの焼き魚定食をもう一度食べたくて、早速行ってみました。

でも・・・・
時間がちょうどお昼時で、人気店だけあって店内はぎっしりの満員、しかも待っている方がずらっと並んでいます。

迷った末、次の道の駅に期待することにして、併設された特産品販売所で買い物だけ済ませて出発することにしました。



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について