目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

15 / 157ページ

試し読みできます

北海道唯一の城下町!“北前船 松前”

本日の3カ所目は
道の駅北前船 松前 です。







この道の駅は2009年4月にオープンしましたから、私にとっては初めての場所です。

“松前郡松前町” は北海道の最南端に位置し、西は日本海、南は津軽海峡に面し、北海道の中では特に温暖な地域です。
道の駅はかつて本州と蝦夷地を行き交う交易船で賑わった埠頭近くの海岸線に建っており、津軽海峡を隔てて、青森まで見える場所にあります。







この日のお天気は見事な快晴!
海の向こうにうっすらと浮かんで見える陸地が青森県の竜飛岬あたりです。
もう少し空気が澄んでいれば、青森の名峰 “岩木山” が望めるのだそうです。

そして、目を反対の陸地側に向けると見えるのがこちらです。





これが “松前城” です。
松前城の付近は現在 “松前公園” となっており、250種1万本の桜が植えられて北海道を代表する桜の名所にもなっています。


“松前藩” は徳川幕府が唯一北海道で認めた城主大名であり、松前はその城下町として、政治、経済、文化の中心として栄えてきました。

1600年ころから近江商人(現:滋賀県)が大勢この松前に来るようになり、ここに店舗を構え、蝦夷からはにしん・こんぶ・干しあわびなどの産物を京都や大阪に運び、帰りには呉服・米・味噌・醤油・漁具などの物資を松前に運んで商いをしました。

彼らは松前藩の重臣たちと密接な関係を保ち、藩の物資だけでなく、私生活でも支えていたといわれています。

その物資の往来に使ったのが、“北前船” です。





新しい道の駅というのはやっぱり気持ちが良いものです。
中に入ってみましょう。





この道の駅登録書の横に飾ってあった “道” という文字ですが、“九重 貢” の署名があります。
九重親方、すなわち千代の富士の書なのですね!



そして店内の入り口付近にあったのが、この “北前船” の模型でした。
この船で蝦夷地と関西を往復し、近江商人は栄華を極めたのでしょう。



当時の生活を再現した模型もありました。



津軽海峡を望む窓側には休憩用のテーブルや椅子が並び、左手には豊かな海で獲れる海産物を中心とした物産コーナーがあります。



そして一番奥が、この “北前食堂” です。

北前の新鮮な海産物を使った料理が並びますが、一番のおすすめはここで水揚げされた “松前マグロ” を使ったメニューでしょう。
津軽海峡で獲れるマグロは、ブランドが違うだけで、対岸の “大間産” と全く同じですからね!

ここでは夏にはイカ釣り船のいさり火も見ることができ、津軽海峡の冬景色もまた格別です。
四季折々の景色を楽しむことができ、時期によって生うにや活きあわびなども味わうことのできる、恵まれた道の駅だと思います。




試し読みできます

追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”

次は日本海側を北上し
道の駅上ノ国もんじゅ(かみのくに) に向かいました。





松前を出ると、荒々しい日本海の海岸線が延々と続く快適なドライブコースとなり、このルートを “追分ソーランライン” といいます。
追分ソーランラインは主に国道228号、国道229号の小樽付近までの区間であり、229号の終点から先は、こんどは “日本海オロロンライン” が稚内まで延びています。

いずれも日本海に沿ったルートで、海は荒々しくて奇岩が多く、走っていてオッと思う絶景に出くわすことがたびたびあります。

ちなみに “追分ソーランライン” の名前は、“江差追分”“ソーラン節” に由来します。







国道228号を走り案内に従って道の駅への側道を入ると、まず “多目的公園” があります。
道の駅自体はもっと下におりたところなのですが、この公園、すごく景色が良いので一旦ここに車を停めました。







この不思議な形のオブジェから歩道が続いており、その先に小さく見える建物が道の駅です。
勿論下にも広い駐車場があるので、ここは車で移動します。





道の駅自体も、なかなかユニークな建物です。



これは道の駅から先ほどの多目的公園を振り返った写真です。
そして、道の駅の裏側に回ると、そこもなかなかの絶景です。





先ほどの多目的公園にあったのと似たようなオブジェが立っていますが、これは “風の王” という名前なのだそうです。

実はこの道の駅、北海道ウォーカーという雑誌での、「絶景感動部門」“金賞” を受賞しています。
確かに、北海道で1~2を争う絶景の道の駅ではないかと思います。





さて、道の駅の中に入ってみましょう。

“上ノ国” というのはここの地名ですが、“もんじゅ” は、旧地名である 「文珠浜」 からとっています。

“文殊浜” の由来は、地元の漁師が漁に出て、船の上から前浜を眺めると、眼下の岩が 「文珠菩薩」 に似ていることなど、いくつかの説があるそうです。









1階にある物産販売コーナーは、平成21年6月にオープンしたとのことですから、6年前に来た時は無かったのだと思います。
広い、開放的な窓からの景色も抜群です。



1階はこの物産販売コーナーと情報コーナー、それに研修室、交流室などがあり、2階が “海のレストランもんじゅ” です。
このレストランのメニューである “てっくい(平目)天丼” が駅弁部門の銅賞に入っており、絶景とグルメの両方を兼ね備えた道の駅といえると思います。




試し読みできます

江差追分のふるさと!“江差”

次は20分ほどの距離で
道の駅江差 に到着しました。







江差町に和人が住み着くようになったのは、1189年に源義経が衣川で自刃した後、藤原泰衡の一族がこの地に上陸したのが始まりといわれており、北海道文化の発祥の地とも呼ばれています。

江戸時代から明治にかけて “ニシン漁” で栄え、北前船での交易により、人口も3万人を超えており、「江差の五月は江戸にも無い」 と唄われました。



江差の町には、当時の繁栄を物語る、国指定重要文化財 “旧中村家住宅” を始めとして、“横山家”、“旧関川家別荘” などいくつもの豪商の住宅跡が残されています。

また、この地図の左上、不思議な形をした “かもめ島” のそばに、“開陽丸” という船舶が停泊しています。

開陽丸は幕末にオランダで建造された幕府の軍艦ですが、明治元年江差沖で暴風雨にあって座礁、沈没しました。
オランダに残っていた設計原図を基に復元され、現在は “えさし海の駅” として、海底に沈んだ開陽丸から引き揚げられた遺物、約3000点が展示されています。



道の駅は、その江差の町をちょっと抜けたあたりの海岸沿いにあります。



すぐ裏側には浜辺があり、“繁次郎浜(しげじろうはま)” といいます。

江戸時代に実在した “江差の繁次郎” という 「トンチ」 の名人に由来するもので、彼は愉快なトンチで町中に笑いを振りまいた、庶民のアイドルだったといわれています。

浜には、繁次郎の像が立っているそうです。





そして道の駅の本体がこれです。
江戸時代の鰊場の雰囲気を再現した、ヒノキ造りの切妻屋根になっています。

二つの建物がありますが、左側の大きい方がトイレで、右のちっちゃいのが道の駅なのです。





一応道の駅の登録証は掲げてあり、入り口のところに道の駅のスタンプも置いてあります。



店内は数坪、といったところでしょうか?
まるでタバコ屋さんのようなこの道の駅、失礼だけどなぜこれが道の駅なのか、不思議な気がします。



これはトイレの建物ですが、こちらの方がうんと大きいのも面白いです。





6年前に来た時は、確かここで “江差追分” の曲が流れていたように思います。

“江差追分” は日本を代表する民謡の王様と呼ばれ、「民謡は江差追分に始まって江差追分に終わる」 ともいわれます。

追分節は江戸時代の頃から信州中山道で唄われた馬子唄が元になって全国各地に広まり、江差には “舟歌” として北前船で持ち込まれたと伝えられています。

それを江差の “座頭佐之市” という人物が、独特の音調をもつ江差追分に発展させたものです。

江差では毎年9月の第三金、土、日に “江差追分全国大会” が開催され、全国から選び抜かれた唄い手が結集し、自慢ののどを競い合います。




試し読みできます

メークイン発祥の地!“あっさぶ”

ずっと海岸線を走ってきましたが、ちょっとだけ内陸部に入って
道の駅あっさぶ にやってきました。





江差までは国道228号を走ってきましたが、途中右折して内陸部に入るとそこは国道227号です。
ここをまっすぐ走ると、函館市内に繋がります。







この道の駅全体はご覧のように、公園を併設した広い敷地です。
広すぎて見にくいを思いますので、左右2つに分けてみましょう。



ここが、今いる道の駅の本体のあるエリアです。
ここには、道の駅の本体の他に、“さわやかトイレ”“コミュニティセンター” があります。







写真の上から、道の駅本体、さわやかトイレ、コミュニティセンターの順番です。

道の駅本体は、尖った三角のような斬新な形をしていますが、地元で育てられた “ヒノキアスナロ材(ヒバ)” を使った、山小屋風です。



そしてその右手には、ご覧のように親水池や花壇、展望台を備えた広い公園があります。





“檜山郡厚沢部町” は人口は4200人ほどの農山村ですが、じゃがいもの “メークイン” の発祥地として知られています。

メークインは、ごつごつとした男爵イモと違い、楕円形のほっそりとした形をしていますが、大正14年に厚沢部町内にあった北海道庁桧山農事試作場で作られたのが日本で最初なのだそうです。
その後品種改良を重ね、現在のブランドが確立したものです。



そこでこの厚沢部町のキャラクターは、メークインをデザインした “おらいも君” です。(^∇^)



おらいも君は、道の駅のスタンプにも描かれているし、いろんなイベントでも活躍しています。
道の駅の玄関入り口にもおらいも君の家族がいますね!



では道の駅に入ってみます。







写真の左手にいるのは、日本ハムの選手たちですね!
我が、福岡ソフトバンクホークスのライバルです。(笑)

6年前をあまりよく覚えていないのですが、この “あっさぶ町物産センター” は、2013年9月にリニューアルされて今のようになったのだそうです。





壁や床のヒノキ材がとっても素敵だと思います。

休憩コーナーでは軽食も販売しています。
写真は撮っていないのですが、私たちはここでソフトクリームを味わいました。


試し読みできます

海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”

再び日本海側の海岸線に戻り
道の駅ルート229元和台(げんなだい) に到着しました。







この道の駅の名前に、“ルート229” とあります。
先ほどまでは国道228号を走ってきたのですが、前回内陸部のあっさぶの道の駅へ曲がった三叉路を境に、“国道229号” となります。

国道229号はこの先、積丹半島を巡って、小樽まで続くのです。







ここは日本海を見下ろす海抜40mの位置にあります。
最後の写真に写っているように、“檜山道立自然公園” に指定された、とても見晴らしの良い場所です。

その風景を次の写真でご紹介しましょう。







眼下には、“元和台海浜公園” があり、そこには全国でも珍しい “海のプール” があります。
“海のプール” は、日本海をそのままカラーブロックでぐるりと囲んだ巨大ジャンボプールです。

最初、上の写真にあるブロックで囲まれた部分かな、と思っていましたが、ここには船が停泊しており、港のようです。

残念ながら写真にはちらっとしか写っていないのですが、この港のすぐ隣が、その海のプールです。


(資料としてHPより借用)

さて、道の駅で写真を撮って回っていると、町の職員という方が話しかけて来られました。
アンケートを実施しているということで、どこから来たのか、今日はどこからどこまで行くのか、道路や観光スポットの感想だとか、いろいろ聞かれました。

たまたまそばにおられた地元のおばさんが、私達が九州から来ていることを知って興味を示したのか、あれこれとこの地の自慢話を始められました。



先ほどの写真にもあった、港の向こう側に見える面白い形の岩のことを尋ねると、なんとかいう名前を言われたのだけど忘れてしまった!(^^;)

この岩のところで毎年お祭りがあるそうで、「ここを下りて、今から一緒に行ってみようよ!」という誘いを断るのに苦労しました。(^_^;)





道の駅自体はごくシンプルで、トイレと小さな売店があるだけです。







そして道の駅の裏側に回ってみると、そこは展望広場になっています。







この、広場の中心にあるオブジェですが、私はすっかり釣り針だと思っていたのですが、違うようです。
“潮笛” という名前がついており、「異国ダッタンを想う」 という副題がついています。





寛政7年(1795年)この地の漁師がコンブ漁の出漁中に嵐に遭い、ダッタン(現在の中国吉林省)に漂流し、2年後、北京、長崎の出島を経て苦難の末に故郷に戻ることができた。
その、強い望郷の念をこの作品に現しているのだそうです。

なぜそれが釣り針の形なのかは理解できませんが・・・・。(-_-;)

さて、いよいよ本日の予定もあと1カ所になりました。



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について