目次
はじめに
シリーズのご紹介
北海道のスタンプラリー
道南・道央の旅
5年ぶりの北海道!“花ロードえにわ”
石狩平野を一望!“マオイの丘公園”
夕張メロンの里!“夕張メロード”
ラムサール条約登録湿地!“ウトナイ湖”
伊達武士団開拓地!“だて歴史の杜”
内浦湾を望む高台に建つ!“あぷた”
駒ケ岳を望む都市公園!“YOU・遊・もり”
駒ケ岳を望む!“つど~る・プラザ・さわら”
国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”
海と山の絶景!“なとわ・えさん”
北島三郎のふるさと!“しりうち”
二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”
北海道唯一の城下町!“北前船 松前”
追分ソーランラインの絶景!“上ノ国もんじゅ”
江差追分のふるさと!“江差”
メークイン発祥の地!“あっさぶ”
海抜40mからの眺め!“ルート229元和台”
海水浴場のシャワー室!“てっくいランド大成”
漁港が隣接!“みなとま~れ寿都”
100円ソフトを味わう!“よってけ!島牧”
世界の珍しい貝が揃う!“シェルプラザ・港”
とっても小さな道の駅!“いわない”
台風被害からの復活!“オスコイ!かもえない”
宇宙への夢を育む!“スペース・アップルよいち”
工場見学!“ニッカウヰスキー余市蒸溜所”
羊蹄山の伏流水!“名水の郷きょうごく”
元祖1億円トイレ!“フォーレスト276大滝”
道央・十勝の旅
しのつ湖畔の観光ゾーン!“しんしのつ”
羊蹄山に沈む夕陽!“望羊中山”
洞爺湖を見下ろすロケーション!“とうや湖”
北海道を代表するリゾート!“230ルスツ”
羊蹄山を仰ぎ見る!“真狩フラワーセンター”
ニセコ町の玄関口!“ニセコビュープラザ”
広大な自然公園!“らんこし・ふるさとの丘”
人気のパン工房!“くろまつない”
内藤大助の出身地!“とようら”
有珠山を望む!“そうべつ情報館アイ”
白鳥大橋を望む!“みたら室蘭”
ししゃもが名物!“むかわ四季の館”
競走馬の故郷!“サラブレッドロード新冠”
マリンレジャーの拠点!“みついし”
いよいよ十勝へ!“コスモール大樹”
ナウマン象のまち!“忠類”
大規模機械化農業の村!“さらべつ”
花と緑とアートの村!“なかさつない”
夏も冬も楽しめる!“星野リゾートトマム”
十勝平野の北西部!“しかおい”
乗馬体験のできる道の駅!“うりまく”
赤いとんがり屋根!“ピア21しほろ”
純植物性天然温泉!“しほろ温泉”
丘の上の欧風建物!“足寄湖”
松山千春出身地!“あしょろ銀河ホール21”
日本一寒い町!“オーロラタウン93りくべつ”
北斗七星をイメージ!“ステラ★ほんべつ”
道内一番の人口増加の町!“おとふけ”
幻の魚イトウが泳ぐ!“南ふらの”
自然の豊かさ!“自然体感しむかっぷ”
飛び地の町!“樹海ロード日高”
道央・道北の旅
巨大水車の駅!“三笠”
北海道の旅:道の駅ハウスヤルビ奈井江
道の駅マグネットに出会う!“つるぬま”
時間に焦る!“道の駅たきがわ”
雨竜沼湿原の入口!“田園の里うりゅう”
二頭の龍が出迎える!“サンフラワー北竜”
国内最大級スイングベル!“鐘のなるまち・ちっぷべつ”
釜炊き銀しゃりが人気!“ライスランドふかがわ”
極寒、多雪の地!“森と湖の里ほろかない”
ニシン漁栄華の跡!“おびら鰊番屋”
日本海オロロンラインを北上!“風Wとままえ”
ホテルと同居!?“ほっと・はぼろ”
日本最北の天文台!“☆ロマン街道しょさんべつ”
マスコットはモモちん!“富士見”
恐竜の化石が!“なかがわ”
北寄カレーに未練!“てしお”
サロベツ原野を走る!
稚内とノシャップ岬
北の果て“宗谷岬”
日本最北端の道の駅!“さるふつ公園”
巨大な船舶か?“マリンアイランド岡島”
一攫千金の夢!“ピンネシリ”
北海道命名の地!“おといねっぷ”
あげいもを味わう!“びふか”
もち米収穫量日本一!“もち米の里☆なよろ”
メルヘンの世界!“絵本の里けんぶち”
でんすけすいかの町!“とうま”
これが道の駅?“あさひかわ”
写真の町“ひがしかわ「道草館」”
パッチワークの世界!“びえい「丘のくら」”
憧れの地!“美瑛 四季彩の丘”
星の降る町!“スタープラザ芦別”
スイス風景観の町“うたしないチロルの湯”
道東の旅
ラーメン屋さんが道の駅!?“しらたき”
オホーツククラフト街道“まるせっぷ”
からくり王国“おんねゆ温泉”
童話村!“香りの里たきのうえ”
森のオーケストラ!“にしおこっぺ花夢”
JR興部駅廃線跡!“おこっぺ”
空に浮かぶ宇宙船?!“おうむ”
流氷科学センター!“オホーツク紋別”
屯田兵が拓いた!“かみゆうべつ温泉チューリップの湯”
サロマ湖畔!“愛ランド湧別”
日本第3位の湖!“サロマ湖”
おーろら号発着場!“流氷街道網走”
絶景ビューポイント!“メルヘンの丘めまんべつ”
鉄道マニアの憧れ?!“あいおい”
屈斜路湖を眼下に見下ろす!“ぐるっとパノラマ美幌峠”
たぶん日本で一番小さい?!“摩周温泉”
神秘の湖 “摩周湖”
温泉レストラン!“パパスランドさっつる”
JR駅と一体化!“はなやか小清水”
知床半島の付け根!“しゃり”
世界遺産 知床!“ うとろ・シリエトク”
ちょっとだけ“知床観光”
海産物の宝庫!“知床・らうす”
白鳥の風蓮湖!“スワン44ねむろ”
厚岸湾の景観に感動!“厚岸グルメパーク”
阿寒国際ツルセンター!“阿寒丹頂の里”
ついに北海道全駅制覇!“しらぬか恋問”
オープン1週間目!“うらほろ”
豆の元気くん!“ステラ★ほんべつ”
道東2泊3日の旅
屈斜路湖の絶景!〝ぐるっとパノラマ美幌峠”
北海道2泊3日の旅:7年ぶりの再会!〝摩周湖”
ロケーション抜群!〝屈斜路湖プリンスホテル”
幻のご来光!〝美幌峠”
北方四島への叫び!〝おだいどう”
大自然が創った感動スポット!〝野付半島”
生まれ変わった道の駅!〝摩周温泉”
ちょっとだけ立ち寄り!〝900草原”
廃線跡の鉄道公園!〝あいおい”
フォトスポット!〝メルヘンの丘めまんべつ”
北海道縦断の旅
北の果てに到着!“わっかない”
サロベツ原野に咲く花たち!“こうほねの家”
自然再生の取り組み!“サロベツ湿原センター”
絶品しじみの町!“てしお”
とんがり屋根が目印!“富士見”
2年前にリニューアル!“おびら鰊番屋”
二頭の龍が守るひまわりの町!“サンフラワー北竜”
美瑛観光の玄関口!“びえい丘のくら”
美瑛の丘巡りその① “ぜるぶの丘”
美瑛の丘巡りその② “北西の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその③ “マイルドセブンの丘”
美瑛の丘巡りその④ “三愛の丘”
美瑛の丘巡りその⑤ “新栄の丘展望公園”
美瑛の丘巡りその⑥ “四季彩の丘”
神秘の感動スポット!“白金青い池”
活火山「十勝岳」を望む! “望岳台”
だまし絵を楽しむ!“深山峠トリックアート美術館”
定番の人気スポット!“ファーム富田”
星の降る里!“スタープラザ芦別”
人気の漬物処!“うたしないチロルの湯”
日本一の直線道路!“ハウスヤルビ奈井江”
カルデラ盆地の村!“あかいがわ”
噴き出す温泉の迫力!“しかべ間歇泉公園”
北海道新幹線が停まる!“みそぎの郷きこない”
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

11 / 157ページ

試し読みできます

国宝を展示する道の駅!“縄文ロマン南かやべ”

次に向かったのは、2011年10月にオープンした
道の駅縄文ロマン南かやべ です。





渡島半島(おしまはんとう)南東部を内浦湾(噴火湾)に沿って更に南下すると、途中から国道278号バイパスに分岐します。
海岸線を離れた丘陵地帯をしばらく走ると、そのバイパス沿いに道の駅はありました。







ここは2011年10月1日にオープンした新しい道の駅ですから、勿論私も初めてです。
コンクリート壁の横に細長い建物なのですが、これを上空から見るとこのようになります。


(パンフレットより写真借用)

ここ、“南茅部地区” は現在は函館市に合併していますが、昭和40年代には日本で最初の昆布養殖に成功するなど、豊かな海の恵みと共に、道内屈指の漁業基地として発展してきました。

更にもう一つの特徴は、縄文時代早期から晩期にかけて約7000年もの間、綿々と縄文文化が栄えてきた地域だということです。





この道の駅の配置図でお分かりのように、ここは 「函館市縄文文化交流センター」 という博物館と一体化しているのです。





建物の右手の方にお店らしきものが見えたので行ってみると、そこが道の駅の入り口になっていました。
その少し左手にもう一つ、博物館の入り口もありますが、中で繋がっています。





売店には縄文グッツなども売っていましたが、あまり大きいお店ではありません。

通路を辿ってゆくと、博物館の受付があります。



手前にある休憩所から外を見て気が付いたのですが、ここは2階部分であり、この下に1階があるのです。





折角ここまで来たので博物館を見学してゆくことにしました。
入場料は300円です。

「中で写真の撮影をしても構いませんか?」 と受付の女性に尋ねると、「フラッシュを使わなければ大丈夫ですよ」 とのことで、一安心!

受付のある2階部分は事務室や体験学習室などがあり、主な展示は階段を下りた1階にありました。
展示室にも説明の女性がおられたので、念の為に撮影の許可を頂きました。







ここには遺跡から発掘された様々な生活道具などが展示されていました。

私の認識では、縄文時代というのはかなり原始的な生活だと思っていたのですが、それらの道具の精巧な造りに、驚くばかりでした。



これは、実際に発掘された地層を展示したものです。
この地域の遺跡は、他の縄文遺跡に較べて住居の規模が極めて大きいことと、集落の密集が非常に高いことが特徴です。

例えば一般的な竪穴式住居跡は。深さが0.5m、長さが4~5mほどですが、ここは深さ2.4m、長さが8~11mもあります。

住居の規模から、かなり安定した縄文生活が想像できるのだそうです。







女性に案内されて更に奥の部屋に進むと、そこにあったのがこれです。



これがなんと “国宝” である、“中空土偶” です。
これは著保内野遺跡から出土された土偶で、高さは41.5cm、内部は空洞で頭部から足先まで全身が薄く精巧にできていて、優れた文様が刻まれています。

縄文時代後期の約3500年ほど前の墓から出土したもので、単なる生活道具でなく、精神面でもかなり進んでいたことを示す遺物です。

暗い部屋で、ガラスケース越しに撮影したのであんまり鮮明ではありません。
入場券の写真を掲載しておきましょう。



そして、国宝であるという証明がこちらです。



それにしても、“国宝” の現物が展示してある道の駅というのは、全国でもここだけでしょうね。

数万年に及ぶ氷河期が終わって地球の気温が上昇し、世界で様々な文明が生まれては消えてゆきましたが、1万年にも及ぶ日本の縄文文化は、世界的にも珍しいのだそうです。

南茅部地区でこれまでに確認された遺跡は91カ所、延べ面積は160万平方メートル、出土した遺物は400万点を超えています。

この内、18カ所の縄文遺跡が現在ユネスコの世界遺産暫定リストに登載されており、函館市では平成27年度の本登録を目指しているのだそうです。


試し読みできます

海と山の絶景!“なとわ・えさん”

2日目の最後となる目的地
道の駅なとわ・えさん に到着しました。







ここは渡島半島(おしまはんとう)の最東南端に位置し、縄文ロマンの道の駅からは31kmの距離です。
東、西、北の三方を山に囲まれ、地域の9割が森林という町です。





実はこの道の駅、私が6年前に北海道の道の駅巡りを始めた時に、最初に訪れた思い出深い道の駅なのです。
道の駅スタンプ帖もここで手に入れたし、なにより景色の良さに感動した場所です。



道の駅の全体図がこれです。
右手が国道で、左手は海岸です。

一番下のところに道の駅がありますが、全体としては、キャンプ場、多目的広場、こども広場などが整備されています。

この地域は、道南の中核都市である函館市から1時間圏内です。
山、海、川、温泉といった優れた観光資源を持つ景勝地であり、漁業と観光の振興を目指して平成10年から2か年計画で整備がなされました。

「なとわ」 というのは、この地方の方言で “あなたとわたし” を意味し、“人と人、人と地域” の交流を目指す “恵山(えさん)” として名付けられました。



この写真、ずっと遠くまで芝生の広場が続いているのがお分かりかと思います。
ではまず、道の駅の本体から紹介してゆきましょう。





道の駅はご覧のようにになっていて、向かって左側から “子供の広場わらしゃらんど” “情報コーナー・総合案内所” “物産館・レストラン” といった配置になっています。





これが、屋内の子供広場と情報コーナーです。
階段を上った2階は、津軽海峡が一望できる屋外テラスになっています。



道の駅のスタンプは情報コーナーにありました。
スタンプを押し終えたあと、物産館にはいってみます。







やはり海産物の加工品が多いようです。
土産品を物色したあと、奥のレストランの方に行ってみました。

すると・・・



以前来た時には確かにあったレストランがなくなっており、休憩所に変わっています。
そして入り口には、こんな張り紙がありました。



レストランの経営はあんまり順調ではなかったのかもしれません。
そういえば今日最初にここへ到着したとき、ちょっと違和感を感じたものがありました。



なとわ・えさんと書かれた文字の横が、何か看板を剥がしたような跡がありますね。
何の看板だったかな、と思って6年前の写真を探してみました。



これが6年前ですが、この場所にはレストランの看板が貼ってあったのですね!

レストランはなくなっていたけど、ここの景色は変わっていません。
道の駅の裏側の海岸に出てみました。





左手にある、頂上が少し白く見える山が “恵山(えさん)” です。

地域のシンボルともいえる恵山は標高618mの活火山で、かつては硫黄鉱山の開発や砂金の露天掘りが行われていました。
5月下旬から6月の初めにかけては、山全体に群生する60万本ものつつじが麓から順次花を咲かせます。

火口原は標高618mの高さしかありませんが、本州では2000m級の山々でしか見られない60種類以上の高山植物が群生しています。
その自然の美しさから、“道立自然公園” にも指定されています。



恵山には、ご覧のようにいくつかの登山コースがあります。

でも、注意書きに、
 ・音を出して、クマに自分の位置を知らせましょう。
 ・初夏はスズメバチにご注意を!

などと書いてありますから、ちょっと怖いですね!(^^;)







この水鳥が一斉に飛び立つ瞬間があったのですが、残念ながらシャッターチャンスを逃してしまいました。

この日の最後ということもあって、ここではゆったりとした時間を過ごし、4時前に宿泊地である函館市内に向かいました。

今夜の宿は、函館駅の真横にある “ロワジールホテル函館” を選びました。
函館山は2回ほど行っているので今回は観光せず、ホテルの近くの居酒屋で地元の料理を味わいました。




試し読みできます

北島三郎のふるさと!“しりうち”

3日目の最初に向かったのは
道の駅しりうち です。





函館のホテルを出発して、津軽海峡を左手に見ながらひたすら走り、1時間10分ほどかかって到着しました。





“上磯郡知内町” には昭和63年(1988年)に開通した “青函トンネル” の北海道側出口があります。



ご覧の拡大図で、点線がトンネル部分ですから、まさにこの道の駅のすぐそばに出口があることが分りますね。

そして道の駅の真裏を “JR津軽海峡線” が走っています。
津軽海峡線は、青森県外ヶ浜町の “中小国駅” から、北海道 “木古内駅” までの区間で、木古内駅で今度は “江差線” に接続します。



道の駅に到着した時、ちょうど裏側の津軽海峡線を列車が走り抜けました。
でも、6年前に来た時とちょっと様子が変わっていました。





この2枚の写真が6年前のもので、ここには “JR知内駅” があり、道の駅はその駅舎を兼ねていて直接ホームに繋がっていたのです。
でも、今はそのホームがありません。

実は2016年3月に開業が予定される “北海道新幹線” の運転に向けて、現在三線軌化の工事が進められており、それに伴って2014年3月14日(金)を最後に知内駅は廃止されてしまったのです。

線路内ではたくさんの人たちが作業をなさっていましたが、新幹線開業に向けた工事だったのでしょう。





道の駅の建物も、以前来た時よりもなんだか綺麗になったような気がします。
外壁の塗装をされたのか、あるいはお天気が良いので印象が違うのかもしれません。





以前はこの店舗の奥にホームへつながる出口があったのですが、今はありません。





以前と全く変わっていないものもありました。
それは、壁に貼ってあるたくさんのポスターです。

このポスター、ご存知の “北島三郎” です。



表の看板にもイラストがありますが、ここ知内町は日本を代表する演歌歌手、北島三郎 の出身地です。
毎年8月に行われるイベントでは、町をあげて盛り上がるのだそうです。



この図が道の駅の全体の配置です。





上が “さわやかトイレ” 下の写真が “農村活性化センター” です。

2年後に北海道新幹線が開通すれば、この付近の風景はまた変わってしまうのかもしれません。





試し読みできます

二人の横綱を生んだ町!“横綱の里ふくしま”

次は20分ほど走って
道の駅横綱の里ふくしま に到着しました。







ここは “松前郡福島町” で松前半島の南部に位置し、南は津軽海峡、北は日本百名山のひとつ、“大千軒岳” に囲まれています。
津軽海峡を流れる対馬暖流の影響で、年間を通して温暖な気候に恵まれた土地柄です。

青函トンネルの工事の時は、北海道側の基地となり、町には “青函トンネル記念館” があります。


青函トンネル記念館 (パンフレットより借用)





さて、これが道の駅なのですが、まわりにたくさんののぼりが立っています。
相撲ののぼりですね!

実は福島町は、第41代横綱 “千代の山” 第58代横綱 “千代の富士” という二人の横綱の生誕地なのです。



これが道の駅全体の配置図です。
右側に道の駅の本体があり、道路を挟んだ反対側には、“横綱千代の山・千代の富士記念館” があります。







千代の山は千代の富士の師匠にあたります。
千代の富士が15歳の時、郷土の大先輩である先々代の九重親方(横綱千代の山)に誘われて、相撲の世界に入ったのです。

師弟の関係にあったふたりの横綱を讃えるこの記念館には九重部屋の稽古土俵が再現されており、毎年の夏巡業ではここでぶつかり稽古が一般公開されます。





福島町は “横綱の里” としてまちづくりに取り組んでおり、町のメインストリートは “横綱街道” そこにかかる橋は “横綱橋” 海水浴場は “海峡横綱ビーチ” と名付け、まさに横綱一色の町です。



町の街灯も洒落ていますね!(^∇^)
さて、道の駅の本体に戻ってみましょう。







ご覧の配置図のとおり、道の駅自体はごくシンプルです。


 

レジの向こう側には、お相撲さんの手形が並んでいました。
店員さんに断わって、写真を撮らせて貰いました。



福島町はスルメイカの生産量が日本一です。
店内には、そのイカの他、海産物の加工品がいっぱい並んでいます。

写真には納めなかったけど、スルメイカをまるまる一匹使った、でっかい熨斗イカがあったので、土産に買いました。

 


試し読みできます

北海道唯一の城下町!“北前船 松前”

本日の3カ所目は
道の駅北前船 松前 です。







この道の駅は2009年4月にオープンしましたから、私にとっては初めての場所です。

“松前郡松前町” は北海道の最南端に位置し、西は日本海、南は津軽海峡に面し、北海道の中では特に温暖な地域です。
道の駅はかつて本州と蝦夷地を行き交う交易船で賑わった埠頭近くの海岸線に建っており、津軽海峡を隔てて、青森まで見える場所にあります。







この日のお天気は見事な快晴!
海の向こうにうっすらと浮かんで見える陸地が青森県の竜飛岬あたりです。
もう少し空気が澄んでいれば、青森の名峰 “岩木山” が望めるのだそうです。

そして、目を反対の陸地側に向けると見えるのがこちらです。





これが “松前城” です。
松前城の付近は現在 “松前公園” となっており、250種1万本の桜が植えられて北海道を代表する桜の名所にもなっています。


“松前藩” は徳川幕府が唯一北海道で認めた城主大名であり、松前はその城下町として、政治、経済、文化の中心として栄えてきました。

1600年ころから近江商人(現:滋賀県)が大勢この松前に来るようになり、ここに店舗を構え、蝦夷からはにしん・こんぶ・干しあわびなどの産物を京都や大阪に運び、帰りには呉服・米・味噌・醤油・漁具などの物資を松前に運んで商いをしました。

彼らは松前藩の重臣たちと密接な関係を保ち、藩の物資だけでなく、私生活でも支えていたといわれています。

その物資の往来に使ったのが、“北前船” です。





新しい道の駅というのはやっぱり気持ちが良いものです。
中に入ってみましょう。





この道の駅登録書の横に飾ってあった “道” という文字ですが、“九重 貢” の署名があります。
九重親方、すなわち千代の富士の書なのですね!



そして店内の入り口付近にあったのが、この “北前船” の模型でした。
この船で蝦夷地と関西を往復し、近江商人は栄華を極めたのでしょう。



当時の生活を再現した模型もありました。



津軽海峡を望む窓側には休憩用のテーブルや椅子が並び、左手には豊かな海で獲れる海産物を中心とした物産コーナーがあります。



そして一番奥が、この “北前食堂” です。

北前の新鮮な海産物を使った料理が並びますが、一番のおすすめはここで水揚げされた “松前マグロ” を使ったメニューでしょう。
津軽海峡で獲れるマグロは、ブランドが違うだけで、対岸の “大間産” と全く同じですからね!

ここでは夏にはイカ釣り船のいさり火も見ることができ、津軽海峡の冬景色もまた格別です。
四季折々の景色を楽しむことができ、時期によって生うにや活きあわびなども味わうことのできる、恵まれた道の駅だと思います。





読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について