目次
はじめに
シリーズの紹介
中国のスタンプラリー
山口の道の駅
本州最西端 “きくがわ”
ホタルと温泉の里 “蛍街道西の市”
無料の足湯!“おふく”
漁師料理を食す!“萩しーまーと”
山口県日帰り旅:新しい道の駅“萩・さんさん三見”
山口県日帰り旅:角島(つのしま)
角島近くにできた道の駅!“北浦街道 豊北”
西長門海岸随一の絶景!“角島大橋”
静御前の墓がある!?“願成就温泉”
幸玉・幸輪が守る!“ピュアラインにしき”
瀬戸内海の周防大島!“サザンセトとうわ”
萩方面へ!“仁保の郷・あさひ・萩往還公園”
日本海側へ!“ハピネスふくえ・阿武町・たまがわ”
豊かな村づくり日本一!“仁保の郷”
四季折々の自然の宝庫!“長門峡”
シンプル道の駅!“うり坊の郷katamata”
田万川温泉!“ゆとりパークたまがわ”
道の駅発祥の地!“阿武町”
魚市場に直結!“萩しーまーと”
奈良の大仏様のふるさと!“みとう”
地元のスーパー風!“あさひ”
維新の志士が立つ!“萩往還”
温室のある道の駅!“ハピネスふくえ”
新規オープン!“ソレーネ周南”
車エビ養殖発祥の地!“あいお”
きらら博の跡地!“きららあじす”
山口県の新駅:個性派店舗が集結!“潮彩市場防府”
山口県の新駅:瀬戸内海の恵み!“上関海峡”
広島の道の駅
初めての広島県!“スパ羅漢”
ダム湖のほとり!“湖畔の里福富”
赤い屋根の疑問!“道の駅よがんす白竜”
キムチが特産!“クロスロードみつぎ”
鞆の浦を歩く!“アリストぬまくま”
尾道市内散策
高原産品市場!“さんわ182ステーション”
ユニークな街路樹!“遊YOUさろん東城”
光のドーム!“リストアステーション”
森の泉!“ふぉレスト君田”
時間に追われる!“ゆめランド布野”
関所を再現!“北の関宿安芸高田”
インターチェンジに隣接!“舞ロードIC千代田”
トトロがお出迎え!“豊平どんぐり村”
広島県制覇!“来夢とごうち”
島根の道の駅
神楽に遭遇!“津和野温泉なごみの里”
買い物天国!“シルクウェイにちはら”
印象薄い!“かきのきむら”
魔の県道296号線
葉わさびの料理法!“匹見峡”
芝桜に癒される!“サンエイト美都”
ゆうひラインに出る!“ゆうひパーク三隅”
石見神楽の公演!“ゆうひパーク浜田”
4人の神様!“大社ご縁広場”
絶好のデートスポット!“キララ多岐”
マリンタラソ出雲に泊まる!
宍道湖に面する!“秋鹿なぎさ公園”
弁慶伝説!“本庄”
尼子経久の居城!“広瀬・富田城”
蔵元直売!“酒蔵奥出雲交流館”
海抜755m!“奥出雲おろちループ”
日本桜名所100選!“さくらの里きすき”
日本三美人の湯!“湯の川”
道の駅発祥の地!?“掛合の里”
県下有数のブナの産地!“頓原”
八岐大蛇が迎える!“赤来高原”
芝桜のじゅうたん!“グリーンロード大和”
石見銀山の土産物!“インフォメーションセンターかわもと”
最終回!“瑞穂”
鳥取の道の駅
いぬばさりと読む!“犬狭”
どこが道の駅?“北条公園”
鳥取のハワイ!?“はわい”
大国主命の物語!“神話の里白うさぎ”
フルーツセンター!“はっとう”
SLが走る!“若桜”
八上姫のラブストーリー!“清流茶屋かわはら”
ラジウム含有量が世界一の温泉!“三朝・楽市楽座”
ここも道の駅発祥の地?“大栄”
日韓友好交流公園!“ポート赤碕”
最終回!“大山恵みの里”
岡山の道の駅
初めての岡山県!“鯉が窪”
新庄選手の手形!“メルヘンの里新庄”
伝説の怪物スイトン!“風の家”
大自然の中のレジャースポット!“蒜山高原”
のどかな田園地帯!“奥津温泉”
中国制覇の旅へ!“かよう”
ハートの町!“かもがわ円城”
河童のエンゼルくん!“くめなん”
機動戦士Zガンダム!“久米の里”
いで湯の街みまさか!“彩菜茶屋”
宮本武蔵の生誕地!“あわくらんど”
はじめての近畿の道の駅
桜づくし!“醍醐の里”
今夜の宿泊:岡山いこいの村
総合レジャーランド!“黒井山グリーンパーク”
瀬戸内海を望む!“一本松展望園”
中国地方最後の道の駅!“みやま公園”
初めての四国!“瀬戸大橋記念公園”
四国偵察:道の駅うたづ臨海公園
岡山ブルーライン!“黒井山グリーンパーク”
瀬戸内海の眺望!“一本松展望園”
春には7千本の桜!“みやま公園”
新しい道の駅島根・広島
ゆ・ら・ら!“むいかいち温泉”
安芸の小京都!“たけはら”
町並み保存地区!“たけはら”
中国地方一周の旅
神楽の定期公演!“ゆうひパーク浜田”
海彦・山彦・川彦!“サンピコごうつ”
世界遺産のまち!“ロード銀山”
お洒落なリゾート地!“キララ多伎”
オーシャンビューのホテル!“マリンタラソ出雲”
日本古来の製鉄技術!“たたらば壱番地”
広島県屈指の豪雪地帯!“たかの”
ヤマタノオロチ伝説!“おろちの里”
安来節の里!“あらエッサ”
日本百名山の麓!“奥大山”
日本最大級の中国庭園!“燕趙園”
松葉がに漁獲量日本一!“きなんせ岩美”
余部鉄橋100年の歴史!“あまるべ”
高さ40mの歴史遺産!“余部鉄橋空の駅”
丹後半島の付け根!“くみはまSANKAIKAN”
天橋立が見えない!?“海の京都 宮津”
敬老の日発祥の地?“山田錦発祥のまち・多可”
笠岡湾干拓地に建つ!“笠岡ベイファーム”
大ダルマのまち三原!〝みはら神明の里”
全国高校駅伝強豪のまち!“世羅”
中国・四国の新駅
森林保全への取り組み!〝にちなん日野川の郷”
ものづくりの町!〝びんご府中”
しまなみ海道を楽しむ!“多々羅しまなみ公園”
来島海峡大橋を望む!“よしうみいきいき館”
産直市場の元祖!“内子フレッシュパークからり”
清流四万十川の恵み!“よって西土佐”
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

シリーズの紹介

★☆★ シリーズのご紹介 ★☆★

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [東北編] 2011/01/23出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [四国編] 2011/02/07出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [北海道編] 2011/03/03出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [中国編] 2011/03/25出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [近畿編] 2011/06/14出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [北陸編] 2011/11/29出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [九州編] 2011/9/27出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅[中部・前編] 2013/9/9出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅[中部・後編] 2013/9/9出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅[関東前編] 2014/1/7出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅[関東後編] 2014/8/26出版

  ※中部と関東は、アップできる容量を越えた為、前編、後編の2冊に分割しました。

 

【ブログ】

  「全国の“道の駅”完全制覇の夢!」 http://ameblo.jp/rs-trip/

【ホームページ】

 ~新しい旅のスタイル~

  「全国の“道の駅”完全制覇を目指す旅!」 http://www.rs-trip.com

 


試し読みできます

中国のスタンプラリー

中国地方の道の駅スタンプラリーは、製本されていないばらばらなスタンプシートがセットで200円で売っています。

ほとんどの道の駅で、1枚もののスタンプ台紙が置いてあるので、それを集めても良いのですが、買った方が無難です。

 

他の地域と同じく「期間」が設定されていますから、それを確認して回り始めたが安全と思います。

 

 

全部の道の駅を回り終えたら最後の道の駅でチェックしていただき、ハガキに認め印を押してもらって「中国道の駅連絡会」へ郵送します。

私の経験では中国地方がもっとも対応が早く、投函して1週間もたたず認定証が送ってきました。

このほかに、花の種2種類がプレゼントで入っていましたよ!

 

 


試し読みできます

本州最西端 “きくがわ”

先週の日曜日、山口県を4か所日帰りで回ってきたのでそのご紹介をします。

最初の目的地は
道の駅きくがわ です。



山口県に出かけた目的は先日お伝えしましたね。



こいつを使う為です。(笑)

私の住んでいるところから “関門海峡” までが約1時間半、そして関門橋を渡って本州に入り、
下関の次のIC、“小月” で高速を下りてわずか6km程の所に “道の駅きくかわ” はあります。

ですから、本州で一番西側にある道の駅ですし、九州から一番近い道の駅とも言えます。

“1000円の引換券” を使うだけだったらここで済むのですが、他にも行きたい道の駅があるので、ここはその “ついで” ってところですね!





ここには、大型観光バスが何台もとめられる広い駐車場があります。

このルートで山口県の温泉地 “川棚温泉” や、日本海側の観光地 “角島” “青海島” そして 幕末の志士たちが活躍した “萩・長門” へ行くことができるので、結構多くの客が立ち寄ります。

国道を挟んだ向かい側には “ふるさと市” もあって、ここ菊川町のショッピングの中心地になっています。



道の駅は大きな庄屋風の建物です。



道の駅の前のスペースには、色んな業者が仮設店舗で商品を並べています。



ソフトクリームを背に、河童のお姐さんがお出迎え!



両側のお店を覗きながら進むと “菊川町総合交流ターミナル” と書いた道の駅の入口です。

ここに来るのは2年ぶりです。
私にとって本州の最初の道の駅でした。

中もほとんど変わっていないですね。



菊川町は “手延べそうめん、手延べうどん” が特産です。
良質の小麦を使い、丹念に手間をかけた手造りで、こしの強いのが特徴です。





こんな伝統民芸品もあります。

そしてもう一つ気になったのが ・・・・・・



ぼけ防止に効果がある ・・・ !?
まあ、まだ当分必要ないので買いませんでしたけど ・・・ (;^_^A

さあ、次に行くところが特に私の気に入っている道の駅です。
1000円の特産品引換券はそこで使うことにします。







試し読みできます

ホタルと温泉の里 “蛍街道西の市”

日帰りの旅2ヶ所目は、
道の駅蛍街道西の市 で、わずか15分ほどしか離れていません。





私が特に来たかったお気に入りは、この “蛍街道西の市”、それともう1ヶ所あります。

この “蛍街道西の市” のある下関市豊田町は、元々ホタルの里として有名で、6月には “ホタル舟” が運航し、川に浮かべた船上からホタルを鑑賞するという風流な催しがあります。

日本初の試みだそうで、予約無しには乗れません。

そして、この道の駅のすぐそばには、“豊田ホタルの里ミュージアム” があります。



まるででっかい体育館のような施設で、無料ゾーンと有料ゾーンに分かれており、人工水路、芝生広場なども備えています。




さて道の駅ですが、ここはとにかく人が多いので、駐車場も数人のガードマンが交通整理を行っています。



これが建物の正面ですが、純和風、というか、江戸時代の庄屋さんの雰囲気です。



正面入り口には “長屋門” という名前がついています。

ここを入ると “情報コーナー” になっており、結構広いその部屋には、ちょうどひな祭りを前にして幼稚園児の作ったお雛様の作品がたくさん飾ってありました。

それを過ぎると、建物群の真ん中は “お祭り広場” になっています。



真ん中に櫓があり、広場の左の建物が物産館、右側はレストランや会議室、そして正面には “蛍の湯” という温泉があります。



上の図のような配置になっていて、全体としてはすごく広いですね。

“蛍の湯” のほかに、“夢ほたる” とか “ほたる門” などと蛍にちなんだネーミングが多いですが、レストランの名前 “万作” というのは、この地方に伝わる “お通と万作の恋物語” という伝説から取ったものです。

百姓の娘お通と、若侍万作の悲しい恋の物語なのだそうで、結局かなわぬ恋に世をはかなみ渓谷に身を投げてしまうのですが、今でも “お通岩” というのが残っているのだそうです。

このレストラン、バイキング料理に人気があり、まだ11時半にもならないというのに、ぎっしり客が入っていました。


そして今回私が楽しみにしてきたのがここの物産館です。





売り場の中にも提灯や幟があって、すごく雰囲気がいいのです。
商品もいろんなものが豊富に揃っていて、つい 衝動買いモード に切り替わってしまいました。

ふるさと野菜市でも、嫁は “安い!安い!” と興奮しながら買いあさっていました。

そして、精算!
数千円の支払に、“これ使えますか?” って聞いてみました。



レジのおねえさん(おばさん?)は、ちょっと迷った風でしたが、後ろにいた男性が “使えますよ!” と、ちゃんと1,000円値引いてくれました。

これで目的は達成!
ちょっぴり嬉しいですね。 ☆v(^-^)vヤッター !

ここには、レストランのほか、パン工房やあんころ餅工房もあり、前回来た時はここでパンを買って喫茶コーナーで食べた記憶があります。

今回はもう一つ目的があり、食事はそこですることにして次へ出発しました。






試し読みできます

無料の足湯!“おふく”

今回の日帰り旅は “萩” まで行くつもりですが、山陰側の海岸線に出る前にもう一か所
道の駅おふく に立ち寄りました。





ここは山陰の長門市に抜ける国道316号線沿いにあり、交通量の多いところです。



駐車場から建物までの両側には果物、野菜、雑貨などのお店が並んでいます。

そして途中にあった看板がこれです。



「若き童謡詩人の中の巨星」と賞されながら、26歳の若さでなくなった 「金子みすヾ」 のふるさとがこの先の長門市であり、そこに続く道を “みすヾゆめ街道” と名付けられて整備されてきました。

「金子みすヾ」 という人は、才能に恵まれながら私生活では苦労を重ねた方で、映画やドラマでは “田中美里” や “松たか子” が、 「金子みすヾ」 を演じています。





玄関先にいるのがこのカラオケを歌っているカエルで、福を呼ぶのだそうな!



店内にある大型テレビでは、ちょうどチリの大地震による “津波警報” をひっきりなしに流していました。
車の中ではほとんどラジオを聞かないので、北海道や東北での2mを超すような予測にびっくり!

実際には大したことにならず良かったですね!



この建物は物産コーナーの先にあるレストランです。
更にその先に、 “於福温泉” の建物があります。



温泉側にも広い駐車場があって、温泉が目的の客も大勢訪れているようです。

そして、レストランの前にこれがありました。





無料の足湯ですが、誰もいませんね。
う~ん!はいってゆきたいんだけど、先を急ぐので今日はパス!

そして入口にはこんなものが貼ってありました!



山口県の日帰り温泉ランキングの第一位だそうで ・・・・・ !
道の駅としてなら、私的には前回の “蛍街道西の市” がはるかに上だとと思うけどな~!?

さて、これから山陰側の観光スポット “青海島(おうみしま)” に立ち寄ったあと、“萩” を目指します。





読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について