目次
はじめに
シリーズのご紹介
四国のスタンプラリー
香川の旅
屋島合戦の古戦場!“源平の里むれ”
3000本の松林!“津田の松原”
自然公園に併設!“みろく”
お遍路さんの終着駅!“ながお”
塩江温泉の中心部!“しおのえ”
平賀源内ゆかりの温泉!“ことなみ”
阿讃山脈の稜線をイメージ!“たからだの里さいた”
飛行機を考案した日本人!“空の夢もみの木パーク”
うどん発祥の地!“滝宮”
日帰り温泉施設!“香南楽湯”
いざ!小豆島へ!
オリーブの島!“小豆島ふるさと村”
地中海を再現!“小豆島オリーブ公園”
大阪城の石垣はここから!“大阪城残石記念公園”
四国北部の旅
世界一の斜張橋を望む!“今治市多々羅しまなみ公園”
かつては神の島!“しまなみの駅御島”
伯方の塩!“伯方S・Cパーク”
急流観潮船のりば!“よしうみいきいき館”
ゆうやけこやけライン!“風早の郷風和里”
日本の夕日百選!“ふたみ”
ウッドデッキのやすらぎ!“内子フレッシュパークからり”
山里の癒し!“小田の郷せせらぎ”
面河渓の入口!“みかわ”
銅山跡の峡の郷!“ひろた”
古代からの温泉保養地!“今治湯の浦温泉”
高速SAと共通!“小松オアシス”
別子銅山の跡地!“マイントピア別子”
瀬戸内海のサンセット!“とよはま”
トライアスロンに遭遇!“道の駅ことひき”
レジャーランド隣接!“ふれあいパークみの”
リベンジ!“恋人の聖地 うたづ臨海公園”
最終回!“瀬戸大橋記念公園”
四国西部の旅
佐多岬メロディライン!“瀬戸農業公園”
じゃこカツの旨さに感動!“伊方きらら館”
おしどりが飛来する!“清流の里ひじかわ”
5万円の松茸に驚く!“きなはい屋しろかわ”
武家屋敷造り!“日吉夢産地”
ハーレーも売っている!?“広見森の三角ぼうし”
四万十の巨魚アカメ!“虹の森公園まつの”
井関農機の発送地!“みま”
閉店時間で慌てる!“うわじま きさいや広場”
沖縄の果物に出会う!“みしょうMIC”
だるま夕日の見える海!“すくも”
マリンスポーツのメッカ!“大月”
足摺岬の真近!“めじかの里・土佐清水”
ホエールウオッチングの基地!“ビオスおおがた”
あぐりーなのモニュメント!“あぐり窪川”
四万十川の上流!“四万十大正”
最終回!“四万十とおわ”
徳島の旅
ドイツとの友好拠点!“第九の里”
巨大なたらいうどん?!“どなり”
妖怪村役場!“大歩危”
日本の秘境!“にしいや”
吉野川に抱かれる!“三野”
宵闇迫る!“貞光ゆうゆう館”
道の駅はどこにあるの?“藍ランドうだつ(その1)”
うだつの町並み!“藍ランドうだつ(その2)”
粟生の館!“温泉の里神山”
足利将軍の末裔が住んだ!“公方の郷なかがわ”
お遍路さんグッツも揃う!“わじき”
太龍寺ロープウェイの乗り場!“鷲の里”
名物はんごろし!“もみじ川温泉”
ウェルかめのロケ地!“日和佐”
サーファーのメッカ!“宍喰温泉”
高知の旅
雲の上の楽園 “ゆすはら”
坂本龍馬ゆかりの地 “布施が坂”
四国最大級の道の駅 “かわうその里すさき”
巨大な大杉に驚く!“大杉”
与作に出会う!“土佐さめうら”
夕暮れに到着! “南国風良里”
アンパンマンの故郷 “美良布”
龍馬とツーショット!“やす”
海辺の公園 “大山”
鉄道駅と一体化!“田野駅屋”
大漁旗が似合う!“キラメッセ室戸”
室戸岬に立つ!
室戸岬灯台へ登る!
古き時代に出会う!“土佐和紙工芸村”
モマの棲む山里!“633美の里”
四国最後の道の駅!“木の香”
新しい道の駅巡り
四国・愛媛の新しい道の駅!“八幡浜みなっと”
じゃこ天・じゃこカツを味わう!“どんぶり館”
日帰り温泉施設!“津島やすらぎの里”
カツオ漁獲量日本一!“なぶら土佐佐賀”
名物鍋焼きラーメン!“かわうその里すさき”
重要な情報を得る!“美良布”
ビッグひな祭りの町!“ひなの里かつうら”
四国新駅巡りの旅:うずしおクルーズが発着!“福良”
大鳴門橋の真下!“うずしお”
幻の銘菓を味わう!“霧の森”
平均標高800m!“天空の郷さんさん”
中国・四国の新駅
森林保全への取り組み!〝にちなん日野川の郷”
ものづくりの町!〝びんご府中”
しまなみ海道を楽しむ!“多々羅しまなみ公園”
来島海峡大橋を望む!“よしうみいきいき館”
産直市場の元祖!“内子フレッシュパークからり”
清流四万十川の恵み!“よって西土佐”
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

シリーズのご紹介

★☆★ シリーズのご紹介 ★☆★

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [東北編] 2011/01/23出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [四国編] 2011/02/07出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [北海道編] 2011/03/03出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [中国編] 2011/03/25出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [近畿編] 2011/06/14出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [北陸編] 2011/11/29出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅 [九州編] 2011/9/27出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅[中部・前編] 2013/9/9出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅[中部・後編] 2013/9/9出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅[関東前編] 2014/1/7出版

◎全国の“道の駅”完全制覇の旅[関東後編] 2014/8/26出版

  ※中部と関東は、アップできる容量を越えた為、前編、後編の2冊に分割しました。

 

【ブログ】

  「全国の“道の駅”完全制覇の夢!」 http://ameblo.jp/rs-trip/

【ホームページ】

 ~新しい旅のスタイル~

  「全国の“道の駅”完全制覇を目指す旅!」 http://www.rs-trip.com

 


試し読みできます

四国のスタンプラリー

四国の道の駅スタンプラリーも厳密に「期間」がありますから注意が必要です。

 

私の時は「2009年7月18日~2011年7月19日」まででしたから、仮に今(2011年1月)から始めると半年くらいしか期間が残っていないから厳しいですね。

 

四国のこのスタンプ帳、何と無料で配られていました。

 

期間中に全部の道の駅を回ったら、最後の道の駅でハガキに確認印を押してもらい道の駅連絡会に送ります。

 

   

 

ここの “おまけ” は、こんな道の駅マークの入ったオリジナルハンカチでした。(笑)


試し読みできます

屋島合戦の古戦場!“源平の里むれ”

今日からは、’09年7月26日~27日で行った四国、香川県のレポートです。

香川県って四国のどこかご存じですか?

四国って、こんな形をしてますね。
この右上の部分が香川県で、4県の中で一番小さい面積です。



今回は初日に10か所、2日目は小豆島にフェリーで渡って3か所をまわったのですが、初日に10か所も行けたのは結構狭い範囲に固まっていて効率が良かったからです。


さて、7月26日、この2日前には福岡は記録的な豪雨で、物的、人的な多大な被害がでました。
天気予報ではこの26日はほぼ天気が回復し 「曇り時々雨」 のはずだったのですが、朝起きたら激しい雨音!

その激しい雨の中をまず新幹線で岡山へ、さすがに連日の雨の影響で新幹線も徐行し岡山へは遅れて到着したのですが、接続の高松行き 「マリンライナー」は待ってくれていました。

折角 “瀬戸大橋” を列車で渡るのですが、雨でなにも見えず!

高松到着は10時少し過ぎていました。



左側が 「マリンライナー」 で、指定席の車両は2階建てになっています。


駅レンタカーで借りた今日の相棒は “フィット” です。
運転もし易くて好きなくるまです。



まず最初に向かったのは、高松駅から20分ほどしか離れていない
道の駅源平の里むれ です。

ここは源平屋島合戦の古戦場として有名なことから、この名前がついています。



駐車場に到着すると、まずお洒落な建物が3棟あります。
この右の二つは男女別の “トイレ” でした。

一番左が “情報ステーション” で、ここには大型液晶テレビやインターネットへの接続環境があります。

道の駅の本体はどれだ?と思っていたら、この裏側に大きな建物がありました。



ここに物産館、並びに海鮮食堂があります。

さてお天気ですが、高松駅では雨はあがったものの、どんよりとした曇り空でした。
ここに到着した時もそうだったのですが、私たちが写真を撮り始めると、なんと、お日様が顔を出し、晴れ間が・・・!

お~~! やっぱし俺は晴れ男だ! とまず自慢!

少し周りを紹介すると、この物産館の更に裏には広い公園があります。





ここには何故か電車が展示してあります。

そして最高級石材である 「庵治石」 で作られたというモニュメントがいくつも点在します。





全体の配置図はこの様になっています。



さて、店内に入ってみましょう。



ここは単なる道の駅というより、観光地の土産物センターといった感じで、広いし、商品がとっても充実しています。





で、肝心のスタンプ帳やスタンプが見当たりません。
お店の人に聞こうと思うのだけど、とにかくレジが混雑していて近づけません!

仕方なく、ガムを1個かってレジに並び、お金を払いながら尋ねました。
そしたらカウンターの下からスタンプ帳を出してくれたのですが、“タダ”とのこと。
四国は気前が良いのですね!

で、更に肝心のスタンプは・・・・・
「すみません、今壊れていて修理に出しているのです・・・・」 えぇぇぇ・・・!

「とりあえず事務所で他のを押しておきますので・・・・・!」
と、押してもらったのがこれ・・・・



これって、スタンプラリー有効なの??
最初から波乱のスタート!


試し読みできます

3000本の松林!“津田の松原”

四国の2か所目は、同じ国道11号線沿いで、距離にして11kmほど離れた
道の駅津田の松原 です。



津田町は江戸時代から年貢米の積出港であった津田港を中心に栄えた町です。
そして、ここには道の駅の看板とともに、こんな看板があります。





香川県立の “琴林公園(きんりんこうえん)” です。

琴林公園の名前は、松林を吹き抜ける風音がまるで琴を奏でるように聞こえることから名づけられたそうですが、一般には “津田の松原” と言います。
これが、道の駅の名前なんですね!

ですから、駐車場のまわりもぐるりと松林です。



道の駅の建物は国道に面した場所にありますが、あまり大きくなく、こじんまりしています。



店内に入ると、レジのおばさんがいきなり声をかけてきました。
「スタンプは、そこにあるよ!」

えっ!どうしてわかったの?

あっ、そ~か、手にスタンプ帳を持ってたんだ!
多分、この手の客はスタンプだけ押して何も買わずに立ち去る客と見抜いたのでしょう!
鋭い!





店の外に、見覚えのあるものが・・・・・



これは以前 “瀬戸大橋記念公園” で見かけた 「親切な青鬼くん」 ではないですか!
座っている台座に 「観光客に親切に」 って書いてありますよ!


さて、折角来たので津田の松原を見てみることにしました。
駐車場の奥から入って行くのですが、入り口に全体の案内板があります。



ずいぶんと広大な公園です。

すぐ横に 「石清水神社」 というのがあり、その別当常楽寺の僧が600年前に防風林として松を植えたのが始まりだそうですが、現在は3000本の松林が広がり、白砂の自然海岸とともに青松白砂のレクレーション基地になっています。

ここでは海水浴やボートセイリングはもちろん、ビーチバレーフェスティバルや手作りカヌー大会なども毎年開催されます。

また、根元の砂が削られ、あたかも根が浮き上がったような 「根あがり松」 が有名です。





ここへ到着した時点では、最初の写真でお分かりのように空は再び曇っていて、地面は濡れていますね。

でも、またしてもこの道の駅にいる間に太陽が顔を出し、上の2枚の写真でははっきり “影” が写っています。

これで、私ははっきり “晴男” としての神通力がある、と確信したのです!(笑)

 

 


試し読みできます

自然公園に併設!“みろく”

本日の3か所目は海岸線の国道11号線を離れ、県道10号線に入ります。
少し山道を辿って、
道の駅みろく へ到着しました。






ここは、道路を挟んで両側に道の駅の施設があり、それを陸橋で繋いでいます。
上の写真が物産館、レストラン、情報コーナーなどのあるメインの施設です。
これは陸橋の上から撮ってみました。


そして道路の向かい側はこうなっています。





向かい側には、ふれあい市場、青果物の直売所などがあります。


さて、元に戻って左端の物産館に入ってみました。



スタンプはここに置いてあり、とりあえず3個目をゲット!
物産館といっても商品は少なく、大半は軽食のコーナーになっていました。




中央は “ありえす” という海鮮レストランで 「各種定食500円より」 ののぼりが目を引きます。
ここは、中央の石段を上った高台にあります。




一番右端にあるのが、トイレと情報コーナーですが、ここにはエレベータもあります。


さて、建物全体をご紹介したところで、実はここは “みろく自然公園” というでっかい公園の一角なのです。



中央にみろく池があり、「ゆ~とぴあみろく温泉」 という宿泊温泉施設があります。
そして周辺には、野球場、サッカー場、テニスコート、キャンプ場、ログハウス、バーベキューハウス、ちびっこランド、アスレチックなどのレジャー施設が点在します。

そしてもう一つ、このみろく自然公園を見下ろす位置に、四国最大の前方後円墳である “富田茶臼山古墳” があります。
この付近は、こういった重要な文化財と自然豊かな環境に恵まれた地域と言えます。

 

 



 



読者登録

よしだやすおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について