閉じる


大男 
 

わすれない岸辺で
おおおとこに会った
夕陽のようなまなこが
さだまらないふたつ
 
「許した」と
かみなりよりも遠い声でいった
 
ハンマーひとつで
許せるなにがあったか
おれはしらない
だが じつにほらあなのような
おおきなおとこだった
 
「どこか 釘でも打ちに
 いくよりしかたがない」
おおおとこは
ふりむきもせず
あの川をまたいで行った

 
 

おとこがひとり
満月をみている
影がおとこだ おとこが影だ
そんな夕べ
 
椰子がかたむき
おとこがたおれ
槍ばかりつっ立ち
満月をみている
そんな夕べ
 
ゆうだちが夕焼けを始末し
始末されないおとこはぬれ
雨おとがしろい蛇のように這いまわる
ジャングルに夜がくる
 
槍のさきは
おとこの脾腹で
ねむたげな人形だったか
 
槍のさきは雲を裂き
すこし傷つけて
月をよんだか
 
それから槍はいっぴき
月のとおる道を先廻りする

 
 

壁のまえの
壁をたててやりながら
その壁と対になって
なんとなく壁のようである
 
壁と壁のあいだには
もういちまいの壁がおちこんでいて
鳥などが
首ごとわすれさられている
 
どの壁にだか
ときに はげしく
しょうべんをひっかける
さびしいおとがする
 
けりをつけようじゃないか
どなれば
おもいがかない壁までが
どなりかえす
けりをつけようじゃないか
 
鳥のぶんだけ
まえにでろ
どこの壁だか
やくざなことをいう
 
つめをたてても
おれをたてる壁はない

象と逢う朝 
 

いつかまた象と逢えるのだと
ぼくが生きているばかりに
象のゆめしか見たことがないかあさん
象と象のたわいないあいだで
酔いつぶれるかあさんをしりめに
あらそわなければならない
二頭ぶんのりくつもあるのだ
かあさんの悲鳴はもう一頭の
象のかたちをとるだろうし
三頭の象は鼻をぶらぶらさせて
いるだけだろう
ぼくのむすめがはじめて
象と逢う朝
象とさえつながれていない象とつながれた
かあさんのしわだらけの腹に
千頭の象よりもいたわりぶかい
目をむけているにちがいない
ほんとうの象よ
ほんとうに象なのよと 

 
 

雨はどこを降る
ひだりの耳のひろがりを
ついに鳴らぬ鍵穴を
闇のなかでの挨拶を降る
 
雨はなぜたたく
生皮の記憶を
めくれあがる高さを
うしろ手の火をまたなぜたたく
 
雨はいつぬらす
立ち去るばかりの宣告を
儀礼と棒のあわいを
いまつかみあう自由をぬらす


読者登録

ワニ・プロダクションさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について